ヒスチジンに関するダイエット

ヒスチジン

  1. HOME
  2. ヒスチジンに関するダイエット

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「ヒスチジン」最新コラム

最新コラム一覧

ボディメイクにおいて重要な「アミノ酸スコア」!これ...

ボディメイクにおいて重要な「アミノ酸スコア」!これ...

2018-10-24 01:54

(全3枚) ボディメイクにおいて大切なことは「筋肉を維持しながら余分な脂肪を落とす」ことです。筋肉を維持することで、身体の張りも作れますし、何より基礎代謝の低下やリバウンドを防ぐことができます。筋肉を維持・作ることは良いことづくしなのです! この筋肉を維持するにあたって大切になってくるのが「...

動画

Q&A

「ヒスチジン」に関するワード

「ヒスチジン」に関する口コミ・評判

@dietbot2014

@@dietbot2014

ヒスチジン(アミノ酸)の脱炭酸反応によりヒスタミン(アミン)が生じる。 #kokushi
@psycology_bot

@@psycology_bot

ヒスチジン(Histidine) :ヒスチジンはアミノ酸の一種。名前はギリシャ語で「組織」という意味。塩基性アミノ酸の一種で,必須アミノ酸。糖原性を持つ。側鎖にイミダゾイル基という複素芳香環を持ち,この部分の特殊な性質により酵素の活性中心や,蛋白質 #psycology_bot
@nanameyukai

@@nanameyukai

RT 本当に脳というやつはアメ車かってくらい燃費が悪いけど、疲労は身体にくるから体力を回復しようとしちゃうんだよね。でもダルさは取れないから負のスパイラルに陥ってしまうのよ。ヒスチジンを飲み始めて、それがよくわかった。
@Ryo_kinntore

@@Ryo_kinntore

必須アミノ酸の覚え方 一人住めばエロい ヒ:ヒスチジン ト:トリプトファン リ:リジン ス:スレオニン メ:メチオニン バ:バリン エ(フェ):フェニルアラニン ロ:ロイシン イ:イソロイシン うんうん、確かにエロいなぁ
@adviser_health

@@adviser_health

必須アミノ酸とは体内で合成できないアミノ酸の事です。必須アミノ酸はイソロイシン・ロイシン・バリン・ヒスチジン・リシン・メチオニン・トリプトファン・フェニルアラニン・スレオニンなどがあります。
@operationv_rake

@@operationv_rake

天才過ぎて必須アミノ酸の画期的な覚えた方、 「非ロリバイト太め」(ヒスチジン・ロイシン・リシン・バリン・イソロイシン・トレオニン・フェニルアラニン・トリプトファン・メチオニン)を発明してしまった
@OTS_bot

@@OTS_bot

【必須アミノ酸】バリン リジン ロイシン イソロイシン スレオニン フェニルアラニン トリプトファン メチオニン ヒスチジン
@doctor_tomemon

@@doctor_tomemon

<必須アミノ酸> フェニルアラニン、ロイシン、バリン、イソロイシン、スレオニン、ヒスチジン、トリプトファン、リジン、メチオニン 「風呂場イスひとりじめ」
@chii1515

@@chii1515

#国菊あまざけ を味わい尽くす95日目🍚 成分表示が気になるこの頃😊 むかし家庭科で、必須アミノ酸は9種類って習ったのに、表示には8つ。なんでやか? ヒスチジン、あんまり含まれとらんのかな🤔調べてみます👍 pic.twitter.com/LQFp3dGXGK
@nuturition_bot2

@@nuturition_bot2

尿中3-メチルヒスチジン排泄量は、筋たんぱく質の異化の程度を知る指標として有用である。 #kokushi

用語の意味

ヒスチジン

ヒスチジン (histidine) はアミノ酸の一種で2-アミノ-3-(1H-イミダゾ-4-イル)プロピオン酸のこと。名前はギリシャ語で「組織」という意味。 塩基性アミノ酸の一種で、必須アミノ酸。糖原性を持つ。側鎖にイミダゾイル基という複素芳香環を持ち、この部分の特殊な性質により酵素の活性中心や、蛋白質分子内でのプロトン移動に関与している。蛋白質中では金属との結合部位となり、あるいは水素結合やイオン結合を介してとしてその高次構造の維持に重要な役割を果たしている。 ヒスタミンおよびカルノシン生合成の前駆体でもある。 イミダゾイル基 窒素原子に結合したプロトン (H+) の着脱を起こし、塩基または非常に弱い酸として働く。また、二重結合の位置と水素原子が移動した互変異性体が平衡状態にある。いずれの構造の場合でも、水素原子を持たない側の窒素原子が容易に水素原子と反応し、同時に他方の窒素原子上にある水素原子を放出する。結果として、水素原子を運ぶ担体として機能することができる。 炭酸脱水酵素中では活性中心の亜鉛に結合した水分子からプロトンを引き抜いて活性型を再生させ、触媒三残基においてはセリン、トレオニン、システインからプロトンを引き抜き、それらを求核剤として活性化させる役割を果たす。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム