食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 「腎臓を揉むと健康になる」は本当なのか? 整体師が書いた20...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「腎臓を揉むと健康になる」は本当なのか? 整体師が書いた20万部のベストセラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
「腎臓を揉むと健康になる」は本当なのか? 整体師が書いた20万部のベストセラー

20万部売れる健康本はそうそうないが、ベストセラーだからといって、その内容を鵜呑みにしていいとは限らない。新聞宣伝を見て気になっていたあなたのために、本誌がこの健康法を徹底検証する。

■「沈黙の臓器」だからこそ

「腎臓は地味な臓器で、その働きについてよく知らない人も多いでしょう。しかし、人間の身体にとって心臓の次といってもいいくらい、大切な臓器です。

私たちがふだん腎臓を意識することはあまりありません。身体の奥まったところにあり、心臓や胃、肺などと比べてどこにあるのか実感しにくいですし、具合が悪くなっても、最初のうちはハッキリとした症状が表れにくいからです。

腎臓は肝臓や膵臓と並んで『沈黙の臓器』と呼ばれています。しかし、腎臓は非常に重要な役割を担っており、この臓器に問題があると身体全体の疲れにもつながるのです」

こう語るのは、『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』の監修者で、金町脳神経内科・耳鼻咽喉科院長の内野勝行氏である。同書の著者、寺林陽介氏はあんまマッサージ指圧師・鍼師・灸師で、東京・六本木で治療院を開業している。

「1日1分の自分でできる簡単なマッサージで腎臓を整え、弱った体を修復できる」ことを謳う同書は版を重ねており、現在発行部数が20万部を超えるベストセラーになっている。読者からは「全身のだるさ、腰痛が軽くなった」「悩んでいた体の疲れ、むくみがとれ、寝起きがスッキリ!」といった声が寄せられているそうだ。

「腎臓は老廃物が混じった血液を濾過する役割を果たしています。必要なものと不要なものを分け、身体にとって不要なものだけを尿にして排出するという機能です。

腎臓が疲れて機能しなくなってしまうと、身体にとって必要なものが外へ流れ出てしまったり、逆に不要な老廃物が排出されずに身体や血液の中にたまって血行が悪くなったりします。

血行が悪くなると身体が活動するのに必要な酸素や栄養が全身に行きわたらなくなる。また血がドロドロになると血管や心臓に負担がかかり心筋梗塞や脳梗塞などさまざまな病気にもかかりやすくなるのです」(前出の内野氏)

腎機能の衰えについて、筑波技術大学東西医学統合医療センターの平山暁医師が語る。

「西洋医学では腎臓の機能は、尿の濾過能力を示すeGFR(推算糸球体濾過量)の値で評価することが多い。正常値はだいたい100くらいです。

この値が20を切るとさまざまな症状が出てくるのですが、20以下というと機能が8割も低下しているということなので、かなり末期的状況にならないと気づけないということです」

日本の基準ではeGFRが60未満になると、慢性腎臓病とみなされ、成人人口の約18%がその範囲に含まれる。かなり数が多いが、症状を感じていない人がほとんどだ。

「『疲れやすい』とか、『だるい』とかいうだけでは腎機能が低下していると気づかない人が多いのが現実です。

また、疾患にもよりますが、腎機能に障害が出ると、むくみが出る場合もあります」(平山氏)

PhotobyiStock

■西洋医学的には「眉唾」

では、このような腎臓のダメージに対して、「マッサージ」は本当に効果があるのか。そして、そもそも腎臓を揉みほぐすことは可能なのか?

腎臓移植の専門家で、大塚台クリニック院長の高橋公太氏が語る。

「『腎臓を揉みなさい』という腎臓内科医には、会ったことがありません。私自身も患者さんに腎臓を揉んだほうがよいということはアドバイスしません。

そもそも腎臓はお腹からも背中からも筋肉で守られています。ですから直接揉むことは難しいと思います。ツボを押すことで間接的に刺激を与えたとしても、それが本当に腎機能の回復に役立つのか、正直わかりません。腎臓マッサージをまったく否定するわけではありませんが、その効果についてはわからないのが現状です」

このように西洋医学的な見地からは、「眉唾もの」扱いを受けているが、マッサージ本の監修者の内野氏は以下のように答える。

「確かに本のタイトルにあるように、腎臓を『文字通り』揉むことはできません。腎臓は人間の体内の奥にありますからね。では、なぜ『腎臓を揉む』という表現にしたかといえば、腎臓の周りにはとても大切なポイントがあるからです。

腎臓自体も老廃物を出したり、血圧を調整したり、赤血球を作る手助けをするホルモンを分泌したり、さまざまな役割を担っています。

それに加えて、重要なのは腎臓の上にある副腎の働きです。これは親指ほどの大きさの臓器ですが、アドレナリン、女性ホルモン、男性ホルモン等のたくさんのホルモンを分泌しています。東洋医学では腎臓と副腎をまとめて腎と呼んでいるのです。

私たちの提案する腎臓マッサージは、西洋医学でいうところの腎臓病には効きません。だから透析をしている方、慢性腎不全の方がそれで回復するわけではないのです。それらの病気になる前に未病の段階で治していくのに有効なマッサージだと考えていただきたいと思います」

内野氏がとりわけ注目しているのは、副腎の機能だという。

「私は現代人の疲れが取れない大きな理由の一つに副腎疲労があると見ています。
副腎が分泌するホルモンのひとつにDHEAがあります。DHEAはステロイドホルモンの一種ですが、体内で数十種類ものホルモンに変換されるためマザーホルモンと呼ばれています。

また、人がストレスを感じたときに出て、体内の炎症を抑える働きをしてくれるコルチゾールも副腎から分泌されています。

しかし、身体が冷えたり、アルコールを摂りすぎたりすると副腎疲労になって、適切なホルモン分泌ができなくなります。そうなると身体の自浄作用や免疫力が低下してしまい、甘く見ていると脳梗塞や心筋梗塞、がんといったあらゆる病気のリスクが上がってしまうのです。

副腎が活性化すると自律神経が整い、自律神経が整うと腎機能も回復し、そして血液の循環も良くなるのです」

PhotobyiStock

■揉むと危険な場合もある

本の中で紹介されている腎マッサージは腹部を指でさするだけという簡単なもの。「腎臓を揉む」という表現を文字通り受け取っていた人にとっては、意外に思えるかもしれない。

内野氏は「1回あたり1分程度、手でお腹から腰にかけて自分の気持ちいい強さでこすれば、さまざまなツボが刺激され、身体がポカポカと温まってきます」と語る。

「たとえば、へその周りには『兪』という腎臓疾患、慢性的消化器疾患の改善に効果のあるツボがあります。また背中には腎臓の疲れ、生殖器疾患、疲労やだるさに効果的な『志室』というツボや腎臓の他に膀胱や前立腺の疾患に効く『腎兪』というツボもあります。

他にも、さまざまな疾患に有効なツボが腹部の周りには散在しているので、思い立ったら揉む習慣をつけるといいでしょう。

例えば電話をしながら、あるいはテレビを見ながら、空いた手でちょっとさすってやるだけでもいいんです。何日か続けるうちに、疲れがとれたり、髪や肌が若返ったりするのを実感できたりすると思います。

また疲れがとれるだけでなく、ダイエット効果も期待できます。腎マッサージによって血流が良くなれば、冷えが改善され基礎代謝がアップしますし、むくみがとれることも期待できるからです」

前出の平山氏は「東洋医学でいう『腎』と西洋医学でいう『腎臓』は違うことをよく理解する必要がある」と語る。

「もともと東洋医学は、人体を解剖して臓器を見て判断しているわけではありません。東洋医学でいうツボの考え方も、なにか見えているのではなく、概念的なところから発想している。

ですから東洋医学で『腎』に対して効果があるというものと、西洋医学で『腎臓』の機能を改善するということには差があるのです」

西洋医学の立場からは、素人がむやみに力を入れて押しすぎると危ないと指摘する声もある。虎ノ門・日比谷クリニック院長の大和宣介氏が語る。

「先日も医師の仲間たちと『腎臓を揉め』という本があるらしいという話になりましたが、皆『揉むときは注意が必要』という意見でした。腎臓をマッサージすることは、マラソンやスポーツの後に筋肉を揉みほぐすのとはまったく別の話です」

実際、長いあいだのストレスや食生活の乱れで慢性腎不全の一歩手前になっている人が「疲れた」「だるい」からといって、正しいマッサージのやりかたもあやふやなまま、揉んだりさすったりして刺激を与えると、腎臓にどのような影響があるか予測できない。

「腎臓の位置はベルトの高さの2〜3?ほど上の背中の左右にありますが、尿管結石や腎結石のタネがある人は、そこを揉むことによって、それまで腎臓の中でおとなしくしていた石が動いたり、尿管を傷つけたりする可能性があります。

またエコー検査をやるときに腎臓の上を軽く押すのですが、水腎症(腎盂、尿管、膀胱、尿道のいずれかで尿が詰まり、腎機能が低下する病気)の患者さんはそこがへこみ、わずかに変形します。

そこを必要以上に強い力で押したら大変なことになります。水腎症が破裂し、溜まっている尿が腹腔内に漏れ出すことも考えられます」(大和氏)

■腎臓をいたわる良い方法

このようにマッサージ自体は必ずしもすべての医者が推奨しているわけではない。下手にツボを刺激すれば、どのような問題が生じるか未知数だからだ。

しかし、腎機能が身体の健康を保つために非常に重要な役割を果たしていることは紛れもない事実で、洋の東西を問わずすべての医者が認めていること。マッサージ以外に、腎臓をいたわる方法はあるのだろうか。

要町病院副院長の吉澤明孝氏が語る。

「まずは塩分を控えることです。腎臓は塩分と水分の排出をコントロールして、血圧の調整を行っています。日本人の食事は塩分の摂取量が他の国の人たちに比べて多く、腎臓に負担をかけがちなのです」

また、風呂に入って汗をかくことも効果的だ。

「現代では腎臓病が悪化すると人工透析が行われますが、一番古い透析療法は、ゆっくりぬるめの湯につかることだという説もあります。

実際、ローマ時代にも腎臓が悪い人に対しては風呂に入って汗を出すという治療法が行われていたようです。汗と一緒に老廃物を出してしまおうというわけです。入浴には血流を良くする効果もあります。

ただし、汗をかきすぎて脱水状態になってしまうのは危険です。ですからお風呂には、水を一杯飲んでから入るようにしたほうがいいでしょう」(前出の平山氏)

PhotobyiStock

また、しっかりと睡眠を取ることも大切だ。'15年にアメリカのブリガム・アンド・ウィメンズ病院が発表した、4000人以上を対象にした大規模調査によると、一晩当たりの睡眠時間が5時間以下の女性は、睡眠時間が7〜8時間の女性に比べて、腎機能が早く衰えるリスクが65%も高かった。

「腎臓をしっかり休ませるためには、睡眠時間だけでなく、睡眠の質も重要です。特に気をつけたいのが『眠る前の3〜4時間は、ものを食べないこと』です。食べものが体内にあると、腎臓は睡眠中も水分や塩分の調整をしなければならず、ゆっくり休めなくなってしまう」(前出の内野氏)

腎機能保全のためには生活習慣の心がけが最も重要なのだ。その上で、まだ腎機能の低下に不安を覚えているならば、試しに腰回りを軽く揉んでみればいい。

人間の身体はまだまだ科学的に解明できない神秘に満ちている。西洋医学では説明できない思わぬ効能があるかもしれないのだ。

「週刊現代」2017年4月8日号より

スポンサードリンク

2017/04/05 23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「「腎臓を揉むと健康になる」は本当なのか? 整体師が書いた20...」に関するコラム

「「腎臓を揉むと健康になる」は本当なのか? 整体師が書いた20...」に関する評判

amaebooksale

@amaebooksale

疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい (健康プレミアムシリーズ) (寺林 陽介,内野 勝行(監修)) が、Kindle5周年記念キャンペーンで506円引きの594円(50%OFF)になりました。10/19(木)まで。 j.mp/2rWs4rn

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム