運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 今話題の「ベターッと開脚」がはらむ危険性 毎日1分「正しく...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

今話題の「ベターッと開脚」がはらむ危険性 毎日1分「正しく」歩けばそれでOK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
今話題の「ベターッと開脚」がはらむ危険性 毎日1分「正しく」歩けばそれでOK

ストレッチ不要、筋トレ不要

「からだが柔らかいことと、健康は関係ないのです。さらに言うと、ベターッと開脚しようとがんばることで、からだに負担をかけてしまい、なにかしらの不調が出ることも少なくありません。そして実際に、からだを柔らかくしようとストレッチを必死に続けたばかりに、あちこちに痛みが出てしまった人に何人も出会ってきました」

人間が日常生活を送るうえで180度もの開脚をする必要性はない。なのに必要以上に股関節を柔らかくしようと頑張れば、からだを傷めるリスクが高まるばかり。歩くという必要最小限な動作ができるのであれば、からだは固くてもいいと断言します。

「私の治療院をおとずれるクライアントさんのなかには、からだに不調が現れるのは『柔軟性がないから』『筋力がないから』と思い込んでいる人がとても多い気がします。

でも、治療院まで歩いてたどり着けるのであれば、柔軟性や筋力よりも、からだの使い方とバランスを変えることが、もっとも大切です。

からだの柔軟性を高めても、日常生活で使わなければ意味がありません。筋力をつけても日常で使わないのであれば、筋肉は落ちていきます。からだの機能を最大限に使いきること。これが健康や美容への近道というわけです。

今のからだの状態は、普段のからだの使い方からつくられています。つまり、いつものからだの使い方を正すことができれば、健康になっていきます。

その基本は『正しく立つこと』『正しく歩くこと』。そのことによってからだは変化していき、本来のからだになっていくのです」

PhotobyiStock

1日1万歩、歩いてはいけない。

必要なのは、1分でも「正しく」歩くこと。正しい歩き方を覚えれば、不調が消えていく。美肌やダイエット効果も期待できると言います。

「でも、実際には正しく歩くことができている人はほとんどいません。私たち人間はこの世に産声をあげて1歳前後で歩き始めますが、おそらく一度たりとも正しい歩き方を習う機会がないままにこれまで年を重ねています。ということは、歩き方が正しいかどうかを考えることなく、自分オリジナルの歩き方を、何年、何十年も続けているということ。

しかも、よかれと思って1日1万歩を目標にウォーキングしたり、エスカレーターではなく階段を必死に使ったりしている人も珍しくないでしょう。でもそれこそ、腰痛などの不調をまねく大きな要因のひとつになっているのです。

なぜなら間違った歩き方をすればするほど、からだに負担をかけてしまうためです」

【CHECK!】ひとつでもあてはまれば、正しく歩けているとは言えません。
□からだに左右差がある
□がに股、または、内股
□歩いて立ち止まったときに、足の向きがまっすぐ正面を向いていない
□自然に立ったときに、左右の爪先の開きに差がある
□地面を蹴って歩いている感覚がある
□歩くとき、太ももやふくらはぎ、または全身に力が入っている気がする
□歩くと疲れる、長時間歩くことができない
□たくさん歩くと、足がだるくて重い、むくむ
□靴底の減り方が左右で違う
□歩くたび、からだが上下に、または、左右に大きく揺れる
□足音のリズムや大きさが左右で異なる
□猫背、反り腰など姿勢が悪い
□一歩踏み出したとき、後ろ脚の足首から、ひざ、鼠径部、腰までが一直線になっていない

なぜ、「正しく」歩くだけで健康になれるのか?

歩くことによって、筋力の低下を防ぐ、心肺機能を高める、血行がよくなる、代謝が上がる、ストレス解消になるなど利点はたくさんあるが、これは、正しく歩いてこそ。正しい歩き方がどのようにからだにいいのか、その効果と理由は?

PhotobyiStock

呼吸が深くなって、老化やイライラにブレーキ

「正しい歩き方を実践するためには、正しい姿勢を心がけることが不可欠です。正しい姿勢で立つことができなければ、正しく歩くことができません。猫背の状態では胸郭が狭くなってしまい、呼吸が浅くなります。

一方、胸を開くような正しい姿勢を保っていると、胸郭が広くなるため呼吸が自然と深くなります。この、呼吸が深くなる、ということがからだにいい効果をもたらしてくれるのです。

まず、なにより呼吸が楽になります。忙しく働く人のなかには、無意識に息を止めていたり、息苦しく感じていたり、呼吸がスムーズに行われていない人もいるようです。そんな状態では、からだに新鮮な空気をきちんと取り込むことができません。

でも、正しい姿勢でさえいれば、意識しなくても息を吸ったり吐いたりすることが楽になり、いつもからだにたくさんの酸素を取り込むことができるようになります」

酸素は、全身の細胞ひとつひとつに必要なもの。そこに新鮮な酸素がたくさん行き届くようになれば、細胞の老化にブレーキをかけて若々しいからだをキープしたり、脳の神経細胞が活性化されて認知症を予防したりできることでしょう。

「また、深い呼吸をすることで、副交感神経が優位にもなります。からだがリラックス状態になるということです。

私たちは、仕事、家事、育児など忙しい毎日に追われ、心身ともに休まる時間がなかなかありません。いつも交感神経が優位になっていて、自覚がなくても心もからだも緊張している人が多いようです。自律神経のバランスが乱れているのです。

そのため、過剰なほどにちょっとしたことでイライラしてしまったりしませんか?でも、深い呼吸ができるようになるだけで、自然と心が穏やかになったり、からだに入っていた力が抜けたりするなどリラックスできます。

深呼吸をしてみればその効果を誰でも実感できると思いますが、正しい姿勢で正しく歩くことは、深い呼吸をわざわざ意識することなしに、それと同じくらいのリラックス効果を得られるということなのです」

いつもイライラしていた人が落ち着きを取り戻すなど、正しい姿勢、正しい歩き方だけで自律神経のバランスが整い、精神面にまでいい作用が!

効率のいい有酸素運動だから、ダイエット効果や美肌効果も

「正しい歩き方をするときには、できるだけ脚の力を抜きます。そうすることで股関節や足首などの関節可動域を最大限に生かした動きができるようになります。

関節をめいっぱい動かすということは、関節を動かすための筋肉もしっかり動かすことになりますから、からだは多くのエネルギーを必要とします。そのエネルギーを得るために、からだに蓄えられていた脂肪がたくさん燃焼されます。

つまり、正しく歩くことは、効率よくダイエット効果を得られる最強の有酸素運動ということです。

さらに、有酸素運動を続けていると、筋肉のすみずみまで酸素や栄養を届けようとして、自然と血流がよくなります。血流がよくなると同時にリンパの流れもよくなり、滞っていた老廃物を回収・排出することができるので、脚などのむくみが解消されます。

また、酸素や栄養が行き届くようになった細胞は代謝が活発になるため、脂肪をためにくく、かつ、燃焼しやすいからだが手に入ることでしょう」

代謝がいいからだになれば、肌、爪、髪などもいい状態をキープできたり、胃腸など内臓の働きがよくなったり、心肺機能が高まったり、脳もしっかり働くようになったりと、ダイエット効果以外にもからだにうれしい効果を得ることに。

PhotobyiStock

左右バランスを意識することで、肩こりや胃痛・生理痛も解消

「ほとんどの人がからだの左右のバランスがくずれていて、からだがゆがんでいます。肩の位置、骨盤の向きや開き、筋肉のつき方、脚の長さなどがきちんと左右対称になっている人は実に少ないのです。

このからだのゆがみは、歩きグセと大きく関係しているので、左右バランスよく正しく歩けるようになれば、ひざや腰の痛みはもちろん、背中のハリや肩こりまで解消されることが珍しくありません。

また、左右のアンバランスな動きは、骨盤近くに位置する内臓に負担をかけてしまうので、何度病院に足を運んでも明らかな原因がわからなかった胃痛や生理痛などが、歩き方ひとつ変えることで和らぐことがあります」

足首が安定すれば、眼精疲労や視力低下も防げる

「正しく歩くためには足首がぶれないことがとても重要です。足が着地するたびに、足首がぐらぐらしたり、足首が外側や内側に倒れ込むようでは、ひざや骨盤、上半身の動きにも悪影響を与えてしまいます。

この足首のぶれを改善して正しく歩けるようになると、意外かもしれませんが、眼精疲労、ドライアイ、視力低下、視力の左右差、緑内障など眼科系のトラブルから解放されることがあります。

歩くときの足首の動きは、ひざ、太もも、腰、上半身などの動きに連動しています。つまり、一歩踏み出すときに足首がぶれるということは、そのたびにひざ、太もも、腰、上半身などが、足首のぶれをカバーするようにがんばって動かざるを得ないということです。

とりわけ重い頭をバランスよく支えるために、首や肩にまで大きな負担がかかることも少なくありません。

そういった負荷は筋肉を固く緊張させ、血流を悪くしてしまいます。頸椎動脈という大きな血管も圧迫されて、肩から首、頭にかけての血流も悪くなります。そのため、目に十分な酸素や栄養が届かなくなってしまいます。

足首がぶれないように正しく歩くと、目が疲れにくくなったり、ものが見えやすくなったり、という実感が得られるのは不思議ではないのです」

ふくらはぎのポンプ機能が働き、脚のむくみや冷え、肩こりと決別

「正しく歩くためには、足首を伸ばす、曲げる、という連続した動きを繰り返すことが大切です。当然の動きのように思うかもしれませんが、特に後ろ脚の足首を伸ばす、という動作をせずに歩いている人が珍しくありません。

足首を伸ばしたり曲げたりして足首をきちんと使うということは、ふくらはぎの筋肉をしっかり使わなければできません。ふくらはぎの筋肉は「第二の心臓」と呼ばれるように、収縮⇔弛緩を繰り返すことで血液を送り出すポンプのような働きをするので、脚の血液を心臓へ戻し、全身の血流もよくなります。

たくさん歩くと脚がむくむと言う人がいますが、足首を正しく使った歩き方をしていれば、脚に血液が滞りにくくなるため、むくみは減るはずです。

全身の血流がよくなれば、こわばっていた肩や首の筋肉が温まってほぐれ、肩こりや首のこりが解消、足や手などからだの末端にまで血液が流れやすくなるので、手足の冷えも和らぎます」

腸腰筋や鼠径部が刺激されて、便秘やむくみが改善

「正しい歩き方では、一歩踏み出したときに後ろ脚のつけ根をしっかり伸ばします。腰から鼠径部、ひざにかけて一直線になるようなイメージです。

そのとき、骨盤から下腹あたりに位置する腸腰筋を使うことになるのですが、この動きが実は便秘解消にとても役立ちます。というのも、腸腰筋のそばにある腸が刺激を受けるので、正しく歩くだけで“腸もみ”ができるからです。

PhotobyiStock

また、脚のつけ根を伸ばして歩くということは、鼠径部にあるリンパ節までも刺激することになるので、リンパマッサージを受けているようなもの。リンパの詰まりがなくなり、脚のむくみもなくなります」

1日1分でOK!

「わざわざウォーキングの時間をつくる必要はありません。駅まで歩くわずかな距離でもいいですし、雨の日なら自宅でも行えます。とにかく、毎日たった1分だけ正しい歩き方を意識しましょう。

私の治療院では、実際に多くの人が長時間のウォーキングをすることなく、ほんのちょっとした時間、正しい歩き方を意識しただけで心身ともに健康を取り戻しています。さらに、期待していなかった思わぬ効果を実感している人もいて、私自身もびっくりするほどです。

正しい歩き方は一度マスターすれば一生ものとなりますから、まさに今実感している不調だけでなく、将来も元気よく過ごすためにきっと役に立つことでしょう。ぜひ、正しく歩けるようになってください。今すぐ、誰にでもできます。あとは行動するのみです」

1.歩き始める前に正しい姿勢で立つ。

2.一歩踏み出したら、前脚のひざをまっすぐ伸ばして、かかとで着地。

3.前足に体重移動
後ろ脚のつけ根と足首をしっかり伸ばすことがなにより重要です。後ろ脚は、腰から鼠径部、ひざ、足首、足先までがまっすぐ伸びており、前脚はくるぶし、ひざ、腰、肩、頭を結ぶ線が一直線になっているのが正解。

4.後ろ足を離す
足指で地面を蹴って無理に前に進めないように注意。後ろ足の中指が最後まで地面に接するようにイメージするとよい。

5.ひざを伸ばして前へ
2と同じようにひざを伸ばしてかかとから着地し、反対の脚でも同じように歩きます。

スポンサードリンク

2017/08/13 14:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「今話題の「ベターッと開脚」がはらむ危険性 毎日1分「正しく...」に関するコラム

「今話題の「ベターッと開脚」がはらむ危険性 毎日1分「正しく...」に関する評判

Miyuki Hori

@Miyuki Hori

...は頸椎ヘルニア。今年は腱鞘炎になってしまいました。 「年齢」のせい。とは言いたくないけど…(;´・ω・) これからもやりたいことをやるため、からだづくりをすることに。 筋力・柔軟性をつけて不調を感じることのないからだにしたいと思います。 「作品から気持ちが伝わってくる」 そういわれたことがあります。 とても...
gururi_aya

@gururi_aya

この前のアールの法則のトレーニング、からだの柔軟性が皆無のわたしでは出来ない動きばかりだった…… うつぶせになって足の裏をあわせるとか、そんなの出来ないっての。 なのでとりあえずはヒップアップより下っ腹のにくにくんにサヨナラするのを目的にしようと思います。はい。
ptyt2013

@ptyt2013

からだ作りには、個人差があります。年齢 性別 身長 体重 筋肉量 姿勢 柔軟性 連動性などなど。自分の今現在のからだをしっかり理解し鍛える事が大切です。闇雲にやる事は時に大事ですが、理解し行う方が大事だと思います。
superkunichan

@superkunichan

本日のプログラム、1つ目は『バレトン』。バレエのコンディショニングで、筋力、柔軟性、心とからだの融合を得る。 初参加のプログラムである。
train119

@train119

からだの柔軟性を高めておきたい
honeycomb803

@honeycomb803

今日は月いちの足の勉強会の日 足(膝から下)の運動を中心に テニスボールを使ったり オイルでセルフマッサージしたり 私が浮腫みのある方の脚を マッサージしたり 予定外のからだの柔軟性アップや… instagram.com/p/BXj_q8CDkHi/
amdotibet

@amdotibet

伝統的ヨーガの教典には、からだの柔軟性に関する言及はほぼないらしい。
u3_HnU

@u3_HnU

4枚目とか番長くんに比べて陽介足ほっそいしからだ薄いし柔軟性良さそう……がっしりしてる番長くんとの差が……差がヤバイ…………
ptyt2013

@ptyt2013

からだ作りには、個人差があります。年齢 性別 身長 体重 筋肉量 姿勢 柔軟性 連動性などなど。自分の今現在のからだをしっかり理解し鍛える事が大切です。闇雲にやる事は時に大事ですが、理解し行う方が大事だと思います。
Reiko Koyago Nakagawa

@Reiko Koyago Nakagawa

...関わる方々が集まり出会いと再会を楽しむ1日でした。午前中は分科会での体験ワークショップでしたので身体も十分にほぐれました。私は一年ぶりに野口体操を体験。からだの中の水のような流れや柔軟性を体感しました。 午後は講演会。そもそもソマティクスという言葉は哲学者のトーマス・ハンナが創った言葉のせいか、テーマが限りなく...

「今話題の「ベターッと開脚」がはらむ危険性 毎日1分「正しく...」に関するキーワード

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム