ダイエット アプリ
  1. HOME
  2. ダイエット アプリ
  3. コラム
  4. フランス「加工写真」告知義務は是か非か

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

フランス「加工写真」告知義務は是か非か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

フランス「加工写真」告知義務は是か非か
モデルなどの加工写真に関する新しい法律が施行された(写真:jaspe/PIXTA)

“撮ったその瞬間がすべてだった。よき時代だった、というのは簡単だ。けれど今は今の良さがあるのさ。技術だけではなく精神も進化し続けないとね”カメラマンリシャール氏

10月初めのファッションウイークのパリ、あちこちで盛り上がった話題があります。

この月から施行された修整写真に関する新しい法律のことです。修整された写真を公共の用に供す場合には、修整されたものであることを表示しなければいけないことになりました。これに反したら罰金約500万円(約3万7500ユーロ)です。

タイヘンなことじゃありませんか!写真は修整するのが当たり前みたいなもの、写真の修整がよくなくて化粧で化けるのは構わないというのでしょうか?化粧だけじゃない、ライティングひとつで見間違うような変身は可能です。美容整形はどうでもいいというのでしょうか。

なにも法律まで作らなくても…

さっそくパリマダ(パリのマダム)に尋ねてみました。

「その話、最初に聞いたとき、“へぇ!”と驚いたわよ。フランス人は美しいものが好きなのよ。パリの警察官はイケメンじゃないと採用されない、と言われていたもの。理由は、パリの美観を損ねないためですって。それがどこまでホントかは知らないけど、写真って撮ってもらったら修整するのが当たり前じゃない、なにも法律まで作らなくてもね。修整済みと必ず書かれるとなったら、誰も頼まなくなるわよ……。フェイスブックやインスタグラムなどのSNSの投稿にも、いちいち“修整しています”とか記載しなきゃいけないわけ?」と話は尽きません。

スッピン丸出しなんて、きょうび中学生だってやっておりません。そんな法律なんかないニッポンは大丈夫でしょうけど、かわいそうなフランス人。

まぁ、一般庶民はそこまで気にしなくていいみたいです。対象は、有名人やモデルなどに限られているとのこと。そうは言っても、こうした法律が世界の先陣を切って、こともあろうにフランスでつくられるなんて。美の殿堂ですよ、フランスは。フェイクニュースが駆け巡る現代社会、ホントに本当の真実なのでありましょうか。

若い女の子たちの深刻な健康被害

この法律は実は子どもたちの成長にとって若干、いや大きな問題を提起していることが特徴です。

まず、法律の正確な内容です。「コマーシャル用写真に撮影されたモデルがデジタル編集によってやせているように加工されていたり、あるいは体の一部が大きく見えるように加工されている場合は“Photographieretouchée(画像は編集されています)”というクレジットを表示しなければならないこと。この規定に反した場合は約500万円(約3万7500ユーロ)もしくは広告制作費の30%が罰則金となる」のです。

写真をデジタル編集する代表的アプリ「フォトショップ」で編集加工することを“フォトショップする”と動詞化するほど、写真の加工は当たり前となっています。法律が指定しているのはフォトショップされたCM写真であって、モデルの髪の色・鼻の形・肌のしみを消すなどは対象外となっています。

法律を所管するのは保健省です。やせているモデルの女性を、フォトショップしてさらにやせさせ、通常ではありえないプロポーションに加工してCMに使うことがファッション業界を風靡していることと、その影響を受けた若い女の子たちが理想体形を誤解して深刻な健康被害が発生していることが、法律成立の背景なのだそうです。保健相のマリソル・トゥーレーヌのコメントは、「若い子どもたちに非現実的な体形の画像を見せて、これが規範だと思わせることは、自分自身の価値を低く思わせてしまい、自信の喪失につながり、健康的な習慣に悪影響を与える可能性があるので、法律は子どもたちの健全なセルフイメージと健康的な習慣にとって重要なのだ」と説明します。

これを受けて、写真提供サービス企業は次々に、モデルの体形が実際よりもやせて見えたり、大きく見えるようにレタッチされた写真を使わないことを発表しています。これからはリアルな体形をモデルたちに反映させるという動きは、フランスにとどまらず世界的に広がっていくだろうとメディアは伝えています。

保健相の言い分は一理があるようですが、少し苦しいかもしれません。フォトショップはプロだけでなく誰もが利用するアプリですし、フォトショップしないボディ写真をSNSに流している人がいるとは考えられません。商品としての写真に限定することも無理があります。インターネットは「情報を流すメディアと受ける大衆」の境界をすでになくしてしまっています。

フランス女性が太りつつあるのは事実です(パリ男女にとって「下着」は何のためにあるか)。だからといって、拒食症による健康への悪影響がフォトショップに原因があるというのもおかしな話。でしたら太く加工するのも禁止なのはいったいなぜか。裏にどんな魂胆があるのか勘繰ろうにも見当がつきません。「なんでも疑ってかかる」という哲学が好きなフランス人でしょうに、よくぞ法律になったものです。

パリコレで闊歩しているリアルモデルたちは(こちらも法律でやせすぎを制御しているものの)正真正銘、BMIも体脂肪率も低そうです。けれど「フォトショップされているから細いしキレイなのよ」という庶民の安堵感も必要じゃないでしょうか。

先ほどのパリマダは「でも、悪くない法律じゃないの、と言う人も多いのよ」と伝えてきます。ジェラシーで言っているのではなく、事実のままを見たいからなのだそうです。フランス人も変わってきたのでしょうか?

表現の自由があっていい

フランス「加工写真」告知義務は是か非か

たとえばダイエット商品の詐欺まがいのビフォアアフター写真などは論外にして、私はデフォルメ含めた表現の自由があっていいと思うのです。なんといっても芸術の国なのですから。人体にとって不可能な理想の体型なんて、言葉そのものがおかしいのです。それを若い女の子があこがれて拒食症となるというのは暴論がすぎます。

お化粧だって、美容整形だって、男性も女性も「そうなりたい」と思って主体的に選択したことに非難されることはありません。美しくなるのに遠慮はいらないのです。

今回のフォトショップされたCM写真表示問題。それが若い女の子が健康になるための方策であるとすれば、フランスも陳腐になっている気がします。芸術などの思想表現への規制まで展望しているとしたら大問題です。さっさと尻尾を巻いて退場したほうがいいと思いますが、皆さんはどう思われますか?

フランス「加工写真」告知義務は是か非か 外部サイト フランス人は日本の不倫叩きが心底フシギだ パリっ子の社交性は「毎朝のパン買い」で育つ フランスの子は勉強の際に「鉛筆」を使わない

スポンサードリンク

2017/10/22 10:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「フランス「加工写真」告知義務は是か非か」に関するコラム

「フランス「加工写真」告知義務は是か非か」に関する評判

jobslifer33

@jobslifer33

撮ったその瞬間がすべてだった。よき時代だった、というのは簡単だ。けれど今は今の良さがあるのさ。技術だけではなく精神も進化し続けないとね。 カメラマン リシャール氏 フランス「加工写真」告知義務は是か非か 「若い女の子の為」というが toyokeizai.net/articles/-/193…

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム