サプリによるダイエット
  1. HOME
  2. サプリによるダイエット
  3. コラム
  4. 下処理ゼロで栄養面も〇!「春の山菜」はなぜ体にいいのか?

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

下処理ゼロで栄養面も〇!「春の山菜」はなぜ体にいいのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
下処理ゼロで栄養面も〇!「春の山菜」はなぜ体にいいのか?
 
「“下処理が大変そうだから使わない”と山菜を敬遠される方が多いのですが、それは完全な勘違い!山菜の多くはアク抜きすらせず使えます。春の味覚を楽しめるうえ、栄養面も素晴らしいので、ぜひ挑戦してほしいです」
 
そう熱く語るのは、「季節料理・酒処さそう」の店主・佐宗桂さん。下処理のほか、春の山菜は「使い方がわからない」「日持ちしなそう」と思っている人も。しかし、春の山菜の下処理は超カンタンな上、敬遠している人は損をしているという。
 
「うるい、ふきのとうは、そもそも下処理がゼロ。うどは数分間水にさらすだけですし、たけのこはぬかで煮る必要があるものの、あとはひと晩放っておくだけなので簡単です。そのままでは日持ちしませんが、きんぴらや塩漬け、ペーストなどにすれば春の味覚を長く楽しむこともできます」(佐宗さん)
 
おいしいだけではない。山菜の特徴である“苦味”の正体はポリフェノール。強い抗酸化作用で老化を防止してくれる。代謝アップ、温活啓発でも有名な美女医の石原新菜先生はこう語る。
 
「活性酸素を除去する抗酸化作用が強いので、老化の予防、動脈硬化の予防、免疫力アップ、代謝アップ、さらにデトックス作用もあります。旬の野菜を食べることは体をつねによい効果をもたらしますが、春に食べる山菜は冬の間に蓄えた余分な脂肪や老廃物、塩分などの排出を助けてくれるんです」(石原先生)
 
ポリフェノールのほかにも、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富な山菜は、まさに“食べる春サプリ”。冬眠していた熊が目覚めて最初にふきのとうを食べるという話もあるが……。
 
「冬眠明けに初めて食べるのがふきのとうかどうかはわかりませんが(笑)、熊が山菜を食べるのは、冬の間にたまった不要な物質をデトックスする助けになります。猫や犬などの肉食動物が、体調が悪いときに自ら草を食べるのと同じ原理ですね」(石原先生)
 
冬眠をしない私たちも、同様のデトックス効果が得られると言っていい。そこで、手に入りやすくて健康効果も高い“山菜四天王”の健康効果を紹介。
 
【うど】ダイエット効果
 
コーヒーにも含まれているクロロゲン酸の含有量が多い。抗酸化作用が高く、がん予防効果もある。また、メラニンを抑制して肌を白くしたり、脂肪や糖分を燃焼する役割も。
 
【うるい】免疫力UP
 
山菜のなかではビタミンCがもっとも豊富。美肌効果はもちろん、鉄分の吸収力もアップしてくれる。血圧降下作用も高いので、高血圧の人はぜひ。
 
【たけのこ】生活習慣病予防
 
神経伝達物質や甲状腺ホルモンの原料となるチロシンが豊富。また、豊富な食物繊維が腸内環境を整え、生活習慣病の予防にもなる。
 
【ふきのとう】老化防止
 
もっとも抗酸化力が高い山菜のひとつ。フキノール酸などのポリフェノールが、免疫力を上げてくれる。さらに胃腸の働きを整えてくれる作用もある。

スポンサードリンク

2018/03/21 11:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「下処理ゼロで栄養面も〇!「春の山菜」はなぜ体にいいのか?」に関するコラム

「下処理ゼロで栄養面も〇!「春の山菜」はなぜ体にいいのか?」に関する評判

heartland1486

@heartland1486

返信先:@naaaaakayan 下処理して冷凍して愛知まで送って😋💓笑
aikososube

@aikososube

返信先:@zuiko1240 おはようございます。そうですね。ホルモンは「ほる」ということからもわかるように、関西から始まったものです。日本人が肉だけを食べて捨てていた内臓を、貧しかった在日が拾って食べられるように下処理をして食べ始めたのが起源だと言われています。
Mayumifight

@Mayumifight

富山でほたるいか大漁みたい!暖かいからいっぱい上がってきてくれたって〜!生の冷凍して送ってもらおうかな〜。あ、ボイル後の下処理はこちらでね! cookpad.com/recipe/4963754…
chiiyamachii

@chiiyamachii

今からこれ湯がきます……… 沢山ありすぎて下処理して冷凍室へGO!の予定。面倒臭い。昨日娘に筋とりしてもらった……😔 pic.twitter.com/pCYkCTRkk7
pasy21

@pasy21

返信先:@damagedroom ほぅほぅ下処理と味付けがポイントですな_φ(・v・ ) DVDみちゃうよね〜♪どんなの好きなのかな〜って♪皆んなも見てたみたいで面白かった( *´艸`)♡ ホラー好きだなんて意外!! イヤはぁ〜んってオネエっぽく観てるのしか想像できない笑笑
ShabuLye_Bot

@ShabuLye_Bot

灰汁は旨味も含んでいるので神経質に取らなくても大丈夫です。野菜の灰汁は下処理をして少なくするなど、一手間加えて、今年の冬は一段と美味しい鍋を作ってみてはいかがでしょう。
kuukimore

@kuukimore

てか下処理面倒かったな(ー ー;)
ginhane2525

@ginhane2525

味付け、下処理、仕上げ含めて今まででピカイチ! 鳥レバーの甘露煮 pic.twitter.com/MC1S5L7DMb
8929bot

@8929bot

[正肉]中落ちカルビ(ゲタ、ゲタカルビ):肋骨と肋骨の間にあるバラ肉。骨、皮や欠陥を除去する下処理をしてから繊維や筋が多いためよく叩いて筋を切り、さらに包丁を入れるという手間をかける。さしが入っているわりにはひつこくなく、ちょうどよい。
ShabuLye_Bot

@ShabuLye_Bot

【お鍋を美味しくするコツ】 ◆魚介類・肉類の下処理 一尾の場合は魚の血やうろこ、わたなどをきれいにする。切った魚に塩をふってしばらくして から霜降りする(沸騰したお湯に魚を一瞬浸し、表面が白くなったらすぐに取り出し、冷水で 軽く洗う)。貝類や鶏肉もさっと湯通し、臭みをとる。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム