食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 代理店マンがキメの会食で見せた底意地。クライアントのキー...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

代理店マンがキメの会食で見せた底意地。クライアントのキーマンは、こうして落とす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

まるで90年代トレンディドラマの、主人公のような男がいる。

彼の名は、一ノ瀬瑛太。ニックネームは“イチエイ”。

華やかなイメージの広告代理店の中でも、「エリート」とされる、大手自動車メーカーの担当営業だ。

慶應義塾大学卒業。港区の大手広告代理店勤務。“花の第1営業部”所属、35歳、独身。

エリート街道をひた走ってきた瑛太は、このまま順調に出世できるのか…?

これは、東京でしのぎを削る30代サラリーマンの、リアルな心の叫びである。

後輩の航が競合プレゼンの主導権を握り、チームメンバーの信頼を奪われそうだったものの、同期の助けもあり、再び瑛太にもチャンスが回ってきた。そんな瑛太に、続いての試練が待っていた…。


代理店マンがキメの会食で見せた底意地。クライアントのキーマンは、こうして落とす


「さて、どうしたものかな」

競合プレゼンまで約2週間となり、チームメンバーが忙しく動き回っている中、瑛太は一人デスクで、PCを見つめていた。

今度のクライアントキーマンとの“会合”の段取りを考えていたのだ。

クライアントとの“会合”にも様々なバリエーションがある。

日頃の情報交換と称して、夕方の打ち合わせの流れで食事に誘う“会合”、

キャンペーンやイベントの打ち上げで、友人の女性にも参加してもらって楽しく飲む“会合”、

そして今回のように、大事な提案を前に、キーマンから少しでも情報を聞き出すための“会合”だ。

もちろん日頃のやり取りの中からクライアントの課題をしっかりと把握しておくのは大前提だが、“会合”の席で思わず出てくる本音をしっかり引き出すのも、営業の腕の見せ所である。

「えーと、確か先方は白金高輪にお住まいで、職場の場所を考えると…」

特に大事な会合でのお店選びに関して、初めて行くお店という選択肢は基本的にはありえない。

また、いくら馴染みのお店であっても、クライアントの職場や自宅とは遠く離れた場所ももってのほか。

他にも、最近の会合でどういったところにお連れしたか、食の好き嫌いや最近の好みなどの情報を加味して、お店を決める。

今回の、先方のキーマンは大和田部長、52歳。

食べることが大好きと公言しているが、外食続きがたたり、現在はダイエットを意識。好きなお酒はワイン全般。

-よし、あそこのお店にしよう。

こうして瑛太は、いくつか思い浮かんだ候補の中から、お店を決めた。


緊張の“会合”。瑛太の内に秘めた思い。


会合の舞台は赤坂にある『炭火割烹白坂』にした。


代理店マンがキメの会食で見せた底意地。クライアントのキーマンは、こうして落とす


ニューヨークで国連大使の専属公邸料理人を務めたシェフの和食をベースにしたコース料理と、絶妙にペアリングされるワインが印象的なお店だ。

-ここなら、ダイエットに気を使っていて、ワインが好きな大和田部長にも満足してもらえるだろう。

瑛太の読み通り、大和田部長も気に入ってくれたようで、和やかな雰囲気で会合はスタートした。

「今日は大和田部長、お忙しい中お時間を作って頂き、本当にありがとうございます」

もちろん普段の“会合”とは打って変わって、“イチエイくん”は見る影もない。

瑛太は、同席する航にも、会話の注意事項を書いたメモを共有していた。

部内のメンバーから聞いた話、共通の取引先の新聞社から聞いた話、クライアントの会社の受付スタッフから聞いた話など様々だ。

・早稲田大学の体育会出身。その為、瑛太の母校慶応義塾大学には並々ならぬライバル意識があるので、大学の話は避けるべし。

・社内で知り合った奥様と職場結婚、2児の父。長女がつい先日ご結婚されたことが、最近の一番嬉しいトピック。

・先日行ったゴルフで部下に負けたことを非常に悔しがっているので、その話題も厳禁。

もちろん瑛太たちは会話の合間に、自分たちが準備している提案の方向性に関しての反応を探るのが一番の目的。

別の話で盛り上がっただけで終わり、もしくは気分を害して解散、なんてもっての他だ。

今日の瑛太はいつもとは違う覚悟を決めて、“会合”に臨んでいた。

-いつまでも、クライアントに「YES」だけ言っていたらダメだ。きちんと自分たちの考えも理解してもらって、場合によってはクライアントの考えを変えるくらいじゃないと。

食事もお酒も進み、大和田部長も饒舌になってきた頃を見計らって、瑛太は切り出すことにした。

「ところで、大和田部長。正直“デジタル広告のみ”でキャンペーンを実施するというのは、まだリスキーではありませんか?」

瑛太の発言に、大和田部長は自らの考えを否定されたと感じたのか、やや不満げな顔でこう言った。

「これからは“デジタル戦略”重視の広告活動以外はできないと思っている。だから、今度の新型車のキャンペーンも、そういった提案をお願いしているんだが?」

クライアントの考えを否定してはいけない、ましてや会合の場でキーマンを不機嫌にさせるなんて言語道断だ。なのに…。

航が、ハラハラした表情で瑛太を見つめた。


今日の会合の成否が決まる?!瑛太の切り返し。


「もちろんデジタル戦略は今後非常に重要だと思っています」

瑛太は、一切ひるむことなく、切り返して続けた。

「ただし昨今の傾向として、特に対応が遅れていた企業が“過剰に”意識しすぎて、失敗しているキャンペーンも多数あるのはご存知ですか?」


代理店マンがキメの会食で見せた底意地。クライアントのキーマンは、こうして落とす


クライアントだって、サラリーマンだ。

自分の上司が示す方針に、疑問を感じても「YES」と言わざるを得ないことだってある。

そんな時に、きちんと自分の上司ともぶつかって、正しい方向に舵を向けてくれるような広告代理店の担当者には、自然と信頼が集まるのだ。

「そうなんです、実は先日行われたA社のキャンペーンは…」

瑛太の意気込みを感じた航も、すかさず助け舟を出す。

最初は少し強張っていた大和田部長の顔が、徐々に緩んでいくのがわかった。



「今日はありがとうございました!」

クライアントのメーカーであるタクシーを止め、家で待つ奥様への手土産のお菓子も渡して、瑛太と航は大和田部長を見送った。

「車が見えなくなるまで、顔上げるんじゃないぞ」

人通りの無い赤坂の裏路地で、二人は深々とおじぎをしながら見送った。

入社以来、様々な“会合”に参加してきた瑛太は、夜のお作法には厳しかった。

大和田部長は瑛太と航の話にすっかり聞き入り、また改めて話を聞かせて欲しいと、会はお開きとなった。

「いやー、でも瑛太さん。今日はいつになく切り込みましたね。正直ヒヤヒヤしてましたよ。いつ大和田部長が怒るんじゃないかって」

そう言いながらも、航も今日の“会合”に手応えを感じていたようだった。

心なしか、この数週間で航が瑛太を見る目も変わってきたようにも感じる。

「本当はこのまま飲みに行きたいけど、チームメンバーがまだ作業してるんだから会社に戻って、今日の報告をするか!」

自分たちが抜けている間に、作業をしてくれているチームメンバーの顔を浮かべながら、二人は急いで会社に戻った。

泣いても笑っても、競合プレゼンまであと2週間。

急ぎ足の瑛太は、奥歯をぐっと噛みしめながら、夜の赤坂を駆け抜けた。

▶Next:4月20日金曜更新予定
運命の競合プレゼン、果てして瑛太は?!

スポンサードリンク

2018/04/13 05:04

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「代理店マンがキメの会食で見せた底意地。クライアントのキー...」に関するコラム

「代理店マンがキメの会食で見せた底意地。クライアントのキー...」に関する評判

tokyo_calendar

@tokyo_calendar

成長を見せる瑛太が臨む、運命の競合プレゼン。ようやく瑛太が気づいた“本当の自分”とは。 「イケてる男って、こんな感じでしょ?」弱さを隠すため、自分を取り繕い続ける男の悲哀 tokyo-calendar.jp/article/12313

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム