運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 春から始めるダイエット!ムリなく痩せる3のコツ

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

春から始めるダイエット!ムリなく痩せる3のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
春から始めるダイエット!ムリなく痩せる3のコツ

春に始めるダイエットは成功しやすい理由!

春は、環境の変化とともに「何か新しいことを始めよう!」という気力や行動力がアップするシーズン。ダイエットに関しても、今までの悪習慣を断ち切って、心機一転スタートするのに最適です。体を動かすのが気持ちいい気温ですし、心身ともに健やかな状態でダイエットを継続しやすく、成功率も高まることでしょう。

そこでここでは、何かと忙しい女性たちが無理なく生活に取り入れながらやせやすい体質をつくる、春ダイエットにおける3つのコツを、食事・運動・生活習慣の側面から紹介します。

やせコツ1:食事は「旬の春野菜」を上手に活用!

食材を賢く選ぶことで食事による代謝が上がると同時に、腸内環境が整います。その結果、脂肪が落ちやすいやせ体質に近づきます。ぜひ意識して摂ってほしいのが、「抗酸化」と「デトックス」成分が豊富な食材です。

「抗酸化」成分が豊富な食材は、体内の活性酸素を減らすのに役立ちます。体内に活性酸素が多い状態では、せっかく食事で摂ったたんぱく質や脂質が酸化してしまい、細胞の働きが低下してしまいます。忙しくて外食続き……というときでも、抗酸化成分の高い食材を意識的に摂り入れるように心がけましょう。

また、「デトックス」成分が豊富な食材は、体内の老廃物をスムーズに排出するのに役立ちます。老廃物をデトックスすると体の機能が正常化して代謝もアップ。これが、やせコツにつながります。

そして、嬉しいことに、これから出回る春野菜には「抗酸化」と「デトックス」成分が豊富なものがいっぱいです。

例えば、新キャベツ、新玉ねぎ、菜の花、アスパラガス、たけのこなどを上手にとりいれてみると良いでしょう。記事「春野菜活用ダイエット」では、春野菜を使ったレシピも紹介しています!

やせコツ2:やってみたかった「楽しい運動」にトライ!

気温が高くなり過ごしやすい春は、寒さで縮こまっていた体を動かすにも最適なシーズンです。そこで、まず手軽にできる運動といえば、ウォーキングやジョギング。新緑や草花を楽しみながら行うと気分もアップするはず。

また、興味はあったけどやらずにいたジムやダンス教室などに通ってみるのもおすすめです。新しい季節のスタートと同時に、友達を誘って一緒にトライするのも良いきっかけになるでしょう。

最近は「楽しい!」に重点を置いたエンターテインメント性の高い運動施設やメニューも増えているので、活用するのも手。例えば、VRの中サイクリングを行う「VRサイクル」や暗闇でボクササイズを行う「ビーモンスター」等はいかがでしょうか?

いずれも、楽しみながら続け、春の新習慣にしていくことが重要です。なぜなら、このタイミングに筋力をつけて代謝が上がる体づくりを始めれば、夏まで3〜4カ月。ちょうど努力がボディラインに表れてくる時期なので、理想の夏ボディが叶うかもしれません!

やせコツ3:「暗い部屋&19℃の室温」で寝るのを習慣に!

睡眠とダイエットには密接な関係があります。睡眠中にちょっとした工夫をプラスすることも、やせコツのひとつ。

オックスフォード大学で2014年に行われた実験によれば、明るすぎる部屋で寝ている女性と肥満リスクには密接な関係があることが分かりました。これは、睡眠ホルモンであるメラトニンがうまく作れないためで、もっとも明るい部屋で寝た女性ともっとも暗い部屋で寝た女性を比較したところ、その肥満リスクの差は21%になるそうです!

また、「ベージュ脂肪細胞」という褐色脂肪細胞(体温を上げ代謝アップに役立つ細胞)と似た働きをする細胞は、室温を19℃にして6時間過ごすことで白色脂肪細胞がベージュ脂肪細胞に変化するそうです。

つまり、室温を19℃にキープしつつ、しっかり照明を落として寝ることは、やせコツに役立つ可能性があるということです。

春から新たな気持ちで楽しくダイエットをスタートさせ、夏までに自分なりの理想ボデイを手に入れましょう。
(文:和田清香)

スポンサードリンク

2018/04/19 20:45

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「春から始めるダイエット!ムリなく痩せる3のコツ」に関するコラム

「春から始めるダイエット!ムリなく痩せる3のコツ」に関する動画

「春から始めるダイエット!ムリなく痩せる3のコツ」に関する評判

eiyou7

@eiyou7

抗酸化作用⇒細胞を傷つける活性酸素から守るのでガン予防になる
heartbeautybody

@heartbeautybody

活性酸素は体を守るために体内に侵入した異物を排除するために白血球が作りだす物質です。でも活性酸素が増えすぎると自分の細胞まで酸化させて老化現象が起きてシミやシワの原因になったり動脈硬化など生活習慣病に影響を与えますが若いうちは体内の抗酸化酵素が減らしてくれます。
hsssk8118

@hsssk8118

【パープルフード】 抗酸化力の高いビーツやプルーン、グレープなどの 紫色の野菜や果物だけを週3日採るだけで、ダイエットやアンチエイジング はもちろん、動脈硬化などの生活習慣病の原因となる活性酸素の排出を促進する 効果あり。
SANRI_J

@SANRI_J

プラチナは非常に安定した金属で、強い抗菌作用・抗酸化作用を持つことが古くから分かっており、シワ、たるみ、老化の原因と言われる11種類すべての活性酸素を除去します。mtfujisan.jp #富士山 #溶岩 #美容 #石鹸
kyabetu__bot

@kyabetu__bot

キャベツの外側の葉の緑色部分には、カロチンが比較的多く含まれていて、体内で必要な量だけビタミンAに変わった残りは抗酸化物質として働くそうです。ビタミンAは、皮膚や粘膜を丈夫にし、がんの予防や、活性酸素の害から身体を守る働きもあります。
genmai_himawari

@genmai_himawari

■玄米発酵食(FBRA)の研究成果 ・がんの抑制(大腸、肺、膀胱、胃、大腸、食道、膵臓、口腔、転移) ・善玉菌を増やす ・大腸炎を緩和する ・肝炎発症を抑制する ・抗酸化作用(活性酸素を減少させる) ・高血圧に関わるACEを阻害する 学術研究「ふぶらぼ」を見る⇒⇒ genmaikoso-himawari.com pic.twitter.com/hHcL8qDJg8
ikumouhyouban

@ikumouhyouban

みかんにはビタミンcが豊富に含まれていて抗酸化作用があります。癌予防の第一歩は活性酸素の除去。これは抗酸化作用のある食べ物を摂ることです。
aechanhoney

@aechanhoney

【老化防止】老化が進行する原因は体内の酸化。蜂蜜に含まれるポリフェノールが体内の活性酸素の働きを抑えてくれる。抗酸化力に優れるナッツを蜂蜜に漬けたハニーナッツなんかもオススメ。#やってみたい人RT
kerexudanyt

@kerexudanyt

ビタミンC •副腎の働きを促進し、ストレス抵抗性を高めます。 •他の疲労回復に効果のある栄養素の吸収力を高めます。 •他の抗酸化物質(ビタミンE、コエンザイムQ10、αリポ酸、グルタチオンなど)とともに、活性酸素を除去します。
beautytopic_a

@beautytopic_a

【ビタミンC】・乾燥肌を防ぐために必要なお肌のコラーゲンの生成を促す・抗酸化作用(皮膚の老化や炎症を進める血液中の増えすぎた活性酸素を除去する働き) ■多く含まれている食材 パプリカ、レモンなどをはじめとする野菜、果物

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム