食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 美肌をつくるコラーゲンの効果的な摂り方|若々しい肌を保つ秘訣

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

美肌をつくるコラーゲンの効果的な摂り方|若々しい肌を保つ秘訣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
(編集・制作(株)法研)

不足するとお肌だけでなく骨や目にも影響が!コラーゲン+ビタミンCで全身のアンチエイジングを手に入れましょう。

効果は美肌づくりだけではない

コラーゲンといえば美肌!?コラーゲンを主成分に「お肌のハリを保ちしわを防ぐ」とうたった化粧品や健康食品が数多く市販されていますから、みなさんよくご存じですね。でも、その効果は美肌づくりだけではなく、骨や目の老化も防ぐことを知っていましたか?

コラーゲンはたんぱく質の一種。人間の体重の約20%はたんぱく質で、そのうちの30%がコラーゲンです。人間の体は数えきれないほど多くの細胞からできていますが、細胞と細胞を接着剤のようにくっつけているのがこのコラーゲンなのです。
コラーゲンは全身に存在し、特に皮膚や腱(けん)、骨、軟骨、血管などに多く含まれます。皮膚にあるコラーゲンはハリのあるみずみずしい肌を保ち、軟骨ではクッションの役目をして体重を支える関節の負担を減らしています。また、血管を柔軟に保ち、骨を頑丈にするといった働きをしています。

このように、コラーゲンは体全体の健康を保つうえでなくてはならないものです。だから、コラーゲンが不足したり働きが悪くなると、皮膚だけでなく骨や血管など全身にさまざまな支障が出てきます。逆に、コラーゲンを若く保つことができれば、体全体を若々しく保つことも不可能ではありません。

コラーゲンの老化はシワやたるみの原因に

皮膚は、一番表面にある表皮と、その下にある真皮からなっています。このうちコラーゲンが含まれるのは真皮で、真皮の中ではコラーゲンの繊維の束が縦横にからみ合って網目のような組織を作っています。この網目構造が皮膚に弾力性と伸縮性をもたせ、力が加わっても元の状態に戻ることができるのです。

コラーゲンはもともと体内で作られる成分ですが、加齢とともに減少し、紫外線や喫煙による悪影響などで効果を失っていきます。そして、コラーゲンの繊維がまばらになり、細くなってからみが少なくなると、皮膚の弾力性がなくなり、シワやたるみができてしまうのです。たとえば、笑ったときにできる目元や口元のシワが戻らなくなって、老けた印象になってしまいます。

コラーゲンの老化による影響はそれだけではありません。血管の弾力が失われ、高血圧や動脈硬化を起こしやすくなったり、軟骨がすり減って関節が痛むようになったりします。骨のコラーゲンは、鉄筋コンクリートでいえば鉄筋の役目をして、コンクリートにあたるカルシウムをしっかりとつなぎとめる働きをしています。コラーゲンの老化により、骨の組織が粗くもろくなると、骨粗しょう症になってしまいます。目の水晶体にもコラーゲンが含まれているため、老眼や老人性の白内障になりやすくなります。

美肌をつくるコラーゲンの効果的な摂り方|若々しい肌を保つ秘訣

体内での再合成にはビタミンCが必要

体内では、常にコラーゲンの分解と合成が行われています。
たんぱく質であるコラーゲンは、アミノ酸がつながってできています。コラーゲンを含む食品を食べても、そのまま吸収されるわけではなく、いったん消化されてアミノ酸に分解され、それが再合成してコラーゲンができあがります。この再合成のためには、ビタミンC、酸素、鉄や酵素が必要です。つまり、コラーゲンを生み出すには、たんぱく質をとるだけでは十分ではなく、ビタミンCなどの手助けが必要なのです。コラーゲンの合成を促すために、野菜や果物をたっぷり食べてビタミンCをとりましょう。

また、女性ホルモンの一種であるエストロゲンも、コラーゲンを維持するのに不可欠です。ダイエットや生理不順の影響でエストロゲンの分泌が低下すると、コラーゲンも減少し肌のハリが失われます。コラーゲンを維持するためには、普段の生活や生理周期にも気を配ることが大切です。バランスのよい食事をこころがけ、早寝早起きで生活リズムを整えましょう。

ほかにも、以下のことに気をつけましょう。

●紫外線と喫煙はコラーゲンにダメージを与えるため、季節に応じたスキンケアで紫外線を防ぎ、禁煙する。
●ビタミンCを大量に消費するタバコやお酒、過度のストレスを避ける。
●深夜0時前に寝ると、睡眠直後に肌の新陳代謝が活発になるといわれるため、夜更かしをしない。

美肌をつくるコラーゲンの効果的な摂り方|若々しい肌を保つ秘訣 ※この記事は2007年4月に配信された記事です

スポンサードリンク

2018/04/24 23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「美肌をつくるコラーゲンの効果的な摂り方|若々しい肌を保つ秘訣」に関するコラム

「美肌をつくるコラーゲンの効果的な摂り方|若々しい肌を保つ秘訣」に関する評判

tst87385918

@tst87385918

エラスチン(Elastin) 哺乳動物の結合組織 (軟骨,腱,靭帯,大動脈など) にコラーゲンなどの蛋白質とともに広く存在する構造蛋白質。 コラーゲンの線維を支える役割を持つ線維であり弾性線維とも呼ばれる。
kuneni_Riyo

@kuneni_Riyo

コラーゲンとかの繊維状蛋白質は、家畜の消化酵素による分解を受けない。ってことはどうやって吸収されるんだ? いやそもそも動物性である繊維状蛋白質を、植物性飼料しか与えられない家畜はどうやって摂取してるんだろう… なんてこと言ったら講義聴いてたのかって教授に怒られそう…
yknk_flynn

@yknk_flynn

今僕が一番お勧めなお肉はテール。肉質的には硬めで筋張ったところもあるけど、スープの出汁にも使われる程の濃厚さは食べ辛さを補って余りある存在感だよ。たんぱく質やコラーゲンも豊富で美肌にも効果が期待できるね!骨が付いた状態で提供される事も多いから、じっくり焼いて豪快に齧り付こう!!
yasai_tubuyaki

@yasai_tubuyaki

【れんこん】 たんぱく質と一緒に摂ることで、コラーゲンの合成も高まります。糖質も豊富なため、血色の良い肌作りにも一役買ってくれます☆
mmmddduuuu

@mmmddduuuu

セルライト除去を考える上でコラーゲンの存在も無視することができません。セルライトの原因となるコラーゲンとは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成する蛋白質のひとつで、人間の体の新陳代謝を促進させるのに、より大切な働きをするのがコラーゲンです。
varitain

@varitain

バリっと生サプリ(゚▽゚*) ソフトカプセルは皮膜原料がゼラチンで、内容液を密封し酸化や成分劣化少なく、生の濃縮配合した新鮮な成分を素早く体に取り込め、また素早く濃縮成分を放出するので吸収性に優れ、体の中で溶けたゼラチンも良質なコラーゲンやたんぱく質としての栄養も期待できます
ak_chou

@ak_chou

コラーゲン 飲むコラーゲン、 食べるコラーゲン、 これって体に吸収されずらいって知ってますか!? たんぱく質とビタミンが体の中で合わさって初めてコラーゲンとなるので外から入れるものは実際身になりずらいんですよ。 しっかり栄養から摂りましょう☆ 体は正直です☆
hiboo2525

@hiboo2525

たんぱく質とビタミンCが結合するとコラーゲンになるって知ってました? 動物性のコラーゲンはほぼ意味がないらしいので、オススメしませんよ♪
TransNoid_Y

@TransNoid_Y

簡易成分分析の結果 ヒドロキシアパタイト 水 コラーゲン 蛋白質 その他…… これは人体の組織です
125Demon2958

@125Demon2958

【女性にうれしい美容成分がたっぷりなお肉】髪や爪・肌などすべての細胞の材料になる 「たんぱく質」のほか、「牛肉には鉄分」「豚肉にはビタミンB群」「鶏肉にはビタミンAとコラーゲン」が 含まれています。美容と健康に欠かせない栄養素です♪  #ガイアZ

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム