脂肪燃焼
  1. HOME
  2. 脂肪燃焼
  3. コラム
  4. 脂肪燃焼をスムーズに。痩せたいときはカルニチンの力を借りよう

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

脂肪燃焼をスムーズに。痩せたいときはカルニチンの力を借りよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

運動を始めるきっかけはいろいろですが、ボディシェイプのため、というパターンはけっこう多いのではないでしょうか。余分な脂肪を燃やすには、運動も大切ですが、必要な栄養素が身体にきちんとあるのも重要なこと。脂肪を効率的に燃やすためにぜひチャージしておきたいのが、カルニチンです。

脂肪を効率的に燃やすカルニチン

脂肪燃焼をスムーズに。痩せたいときはカルニチンの力を借りよう imageviaShutterstock

私たちの身体は、食事に含まれる脂肪を脂肪酸という物質にまで細かくして吸収し、余った分は全身にある脂肪細胞にストックされます。そして使うときには再び脂肪細胞から取り出され、細胞の中にあるエネルギー産生工場・ミトコンドリアに入り、エネルギー源として使われ、燃焼されます。

実はこの脂肪酸は単独でミトコンドリアに入ることができません。そこで登場するのがカルニチン。脂肪酸をせっせとミトコンドリアに運び入れ、脂肪燃焼をスムーズにしてくれます。スポーツでウエイトダウンを狙う人には欠かせません。

そもそもカルニチンは、アミノ酸やビタミンCなどを材料に、体内で作られている物質でもあります。でも年を重ねるごとに作る量が減っていき、40歳をすぎると急降下。「年を取って太りやすくなった」の理由のひとつもカルニチンにある、と考えられています。

赤身肉は、常備菜としてコツコツと

カルニチンを多く含む食べ物は、ズバリ赤身の肉。牛肉や豚肉、ラム肉などに多く含まれます。これらには筋肉の材料となるタンパク質や、赤血球の材料となる鉄も豊富。スポーツ時のシミ対策にもひと役かってくれるので、しっかりとってほしい食材です。

牛の赤身肉をしぐれ煮にしたり、豚ヒレ肉を煮豚にしておけば、常備菜としてコツコツ食卓に取り入れることができます。

どうせ運動をするなら栄養の力を借りて、効率的にウエイトダウンを目指したいもの。薄着の季節はもうすぐ。締まった身体で夏のおしゃれをたくさん楽しむのも素敵ですね。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

スポンサードリンク

2018/04/25 20:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「脂肪燃焼をスムーズに。痩せたいときはカルニチンの力を借りよう」に関するコラム

「脂肪燃焼をスムーズに。痩せたいときはカルニチンの力を借りよう」に関する評判

chikan_max

@chikan_max

脂肪をエネルギーに変えるためには、脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ必要がある。この時に運ぶ役割を果たしているのがオレのチン、いや、Lカルニチン。 20歳過ぎるとほぼ体内生成されなくなるため、食物からLカルニチンを摂取しなきゃ!です。 <1Lカルニチン量/100g> 羊肉210mg 牛肉70mg 豚肉30mg
JIU15souen1

@JIU15souen1

パルミチン酸は細胞質で2ATPを使ってパルミトイルCoAとなります。それがミトコンドリア内膜を通過する時、パルミトイルカルニチンとなります。
JIU15souen1

@JIU15souen1

パルミチン酸は細胞質で2ATPを使ってパルミトイルCoAとなります。それがミトコンドリア内膜を通過する時、パルミトイルカルニチンとなります。
ueisal_

@ueisal_

マウスの実験においてL-カルニチンを投与するとミトコンドリアの機能低下が改善され卵胞の成熟を改善することが明らかとなっています。 卵子の質はミトコンドリアの機能と密接に関係しておりL-カルニチンの服用により改善する可能性があります。 とのこと😍
tanpaku_bot

@tanpaku_bot

カルニチンアシルカルニチントランスロカーゼ:カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼ(CPT)-Ⅰにより合成されたアシルカルニチンをミトコンドリア外膜からマトリックスに輸送する酵素。アシルCoAのミトコンドリア内への輸送(カルニチンシャトル)に重要な役割を果たす。
mansaqu

@mansaqu

#二次性カルニチン欠乏症 #ミトコンドリア 内に蓄積した毒性の高い #アシルCoA に見合うだけの #遊離カルニチン が不足の相対的欠乏により AC/FC が高値。蓄積の アシルCoAの毒性で種々の #代謝異常 #代謝障害 が起こり解毒のため 遊離カルニチンが使われFC も低下し二次性 #カルニチン 欠乏症 を発症 twitter.com/mansaqu/status…
JIU15souen1

@JIU15souen1

パルミチン酸は細胞質で2ATPを使ってパルミトイルCoAとなります。それがミトコンドリア内膜を通過する時、パルミトイルカルニチンとなります。
JIU15souen1

@JIU15souen1

パルミチン酸は細胞質で2ATPを使ってパルミトイルCoAとなります。それがミトコンドリア内膜を通過する時、パルミトイルカルニチンとなります。
BotSci

@BotSci

[CPTⅡ]ミトコンドリア内部のCo-Aがアシルカルニチンに付き、アシルCoAとカルニチンに別れる。 カルニチンはCPTⅠで最利用
JIU15souen1

@JIU15souen1

パルミチン酸は細胞質で2ATPを使ってパルミトイルCoAとなります。それがミトコンドリア内膜を通過する時、パルミトイルカルニチンとなります。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム