食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?

トマトのリコピンといえば、ダイエット・美白・日焼け予防、そのほか、疾病予防や、アンチエイジングが期待できると人気の栄養成分。リコピンは、カロテノイドの中でも特に抗酸化作用が高く、同じく抗酸化作用を持つビタミンEの100倍以上と言われていますから、高齢の方や、美肌が気になる方は、積極的に摂取したいですよね。

そのリコピンが、ちょっとだけ調理法を工夫するだけで何倍も効率よく吸収できることが名古屋大学とカゴメ株式会社の共同研究により判明しました。

生のトマトのリコピンは、体内吸収性が低い

リコピンの構造には大きくわけて「トランス体」と「シス体」の2種類があります。

トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?

これまでの研究で、「トランス体」よりも「シス体」のリコピンのほうが吸収率が高いことがわかっており、市販されているトマトに含まれるリコピンの多くは「トランス体」であるため、生のままでは、体内吸収性が低いということになります。

生トマトに「にんにく・玉ねぎ」を入れて「油で加熱」すると、「シス体」になる!

トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?

今回の研究では、「にんにく・たまねぎ」を入れて、「油で加熱調理」をすることにより、「トランス体」のリコピンが「シス体」へと変化(=「シス化」)することが、新たに判明しました。

体内吸収性アップは、にんにく・玉ねぎを炒めるときの「香り成分」による

過去の研究でも「油と一緒に加熱調理をする」ことが、シス体への変換を促進することは実証されていましたが、今回は新たに、「にんにく・たまねぎ」といったユリ科野菜と一緒に、「油と一緒に加熱調理をする」ことが、トマトに含まれるリコピンの「シス化」をより一層促すことがわかりました。

トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?

これは、にんにく・玉ねぎを加熱調理するときに発生する香り成分「ジアリルジスルフィド」によるものであることが明らかになりました。つまり、食欲をそそるにんにく・玉ねぎの香り成分が、「シス化」をさらに促進するということになります。

さらに、トマトソースは、「シス体」の比率が生のトマトのおよそ4倍!

「トマト」と「にんにく・たまねぎ」を、「油と一緒に加熱調理をする」メニューとしては、トマトソースを使った料理が代表的。

トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?

実際に、にんにく・たまねぎが入ったトマトソースは、生のトマトと比べて、「シス体」のリコピンの比率がおよそ4倍になることが実証されています。

「世界で最も健康な国ランキング」1位=イタリアなのは、トマトソースのおかげ?

なお、Bloombergが2017年3月に発表した「世界で最も健康な国ランキング」では、「イタリア」が1位になり、大きな話題となりました。リコピンが「シス化」された料理=トマトソースを使った料理が多い食事を普段から食べているとなると、それも一因と言えるかもしれませんね。

imageby:shutterstock

情報:トレンダーズ株式会社

MAG2NEWS

外部サイト WHO認定「コーヒーはガンを誘発しない」けど、熱すぎるのは要注意 WHO(世界保健機構)の定める「健康の定義」に衝撃を受ける人多数 「2日目のカレーに食中毒リスク」は本当?医学博士に聞いてみた 「野菜・果物」をもっと詳しく

女子のためのご褒美スイーツ!フレッシュな果物たっぷりのフルーツサ… 焼肉をヘルシーにおいしくする「葉もの」9種類を検証してランク付け 渋谷でヘルシーランチ!山盛り野菜に自家製パン

スポンサードリンク

2018/05/15 18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?」に関するコラム

「トマトの健康成分リコピンに新事実。油で加熱調理しないとダメ?」に関する評判

beauty_pharmbot

@beauty_pharmbot

リコピンはトマトの赤い色素であり、βカロテンの2倍、ビタミンEの1000倍の抗酸化作用を持ち、活性酸素除去作用があるとされる。
kika_kakyo

@kika_kakyo

抗酸化作用をもつビタミンEやβ-カロテン、コエンザイムQ10は、ビタミンCのはたらきをバックアップする。トマトの赤い色素のリコピンや、鮭の鮮やかな赤色の色素のアスタキサンチンなども最近話題の成分カロテノイドの一種で、これらも抗酸化力に優れています。
kenkoumame

@kenkoumame

トマトのリコピンに含まれる抗酸化作用はビタミンEの100倍以上ある
supple_2han

@supple_2han

ビタミンCやビタミンEだけでなく、βカロテンやリコピン、ビクノジェール、クルクミン、リコピンなどの成分も悪玉コレステロールの酸化防止効果がります。
beauty_pharmbot

@beauty_pharmbot

リコピンはトマトの赤い色素であり、βカロテンの2倍、ビタミンEの1000倍の抗酸化作用を持ち、活性酸素除去作用があるとされる。
kenkoumame

@kenkoumame

トマトのリコピンに含まれる抗酸化作用はビタミンEの100倍以上ある
ee_bzuj

@ee_bzuj

【しみ・メラニンを抑える食べ物】 ・リコピンを含むトマト ・フェルラ酸を含む玄米 ・アスタキサンチンを含む鮭 ・シス・ウンベル酸を含む韃靼蕎麦(ダッタンそば) この他にもビタミンCやビタミンEなども美白に役立つので、 好き嫌いせずにいろいろ食べることが大事☆
hea_meiku881

@hea_meiku881

【しみ・メラニンを抑える食べ物】 ・リコピンを含むトマト ・フェルラ酸を含む玄米 ・アスタキサンチンを含む鮭 ・シス・ウンベル酸を含む 韃靼蕎麦(ダッタンそば) この他にもビタミンCやビタミンEなども美白に役立つので 好き嫌いせずにいろいろ食べることが大事☆
girls_beautyup

@girls_beautyup

【美白パワーはトマトのO倍!? トマトジュースの効果】 ・トマトジュース1缶に含まれるリコピン量はトマト1個の約5倍! ・リコピンの活性酸素を除去する力はビタミンEの100倍! ・リコピンはメラニンの生成を抑える働きもある! トマトジュースの美肌力は絶大です♪
minky_55

@minky_55

とりあえずリコピンとビタミンEを摂取する!(訳:誘惑に勝てず、トマト豚しゃぶ冷製パスタ連れて帰ってきた。うまー🎶)

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム