ダイエット アプリ
  1. HOME
  2. ダイエット アプリ
  3. コラム
  4. 【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っ...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っているほうが恥ずかしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「婚活ってガツガツしてみっともない。そこまでして結婚したいわけじゃないし」「独身と決めているわけじゃなく、いつか結婚はできたらいいな。でも、婚活とか不自然な出会いじゃなくて自然に出会って好きな人と結婚したい」

そう思っていたら40代、50代ということに……。

婚活という言葉が生まれて10年。婚活するのは恥ずかしいと言っていますが、現状のまま10年たつ方が恥ずかしいのではないでしょうか?

必死に「結婚できない人」と思われないようにとりつくろう

私もそうですが20代後半のころ、必死に「私はモテないワケじゃない証明」を頑張っていました。周りから「彼氏ができない人」「結婚できない人」に見られたくないのです。そんなに周りは私にそこまで興味はなかったはずですが、その当時は自意識過剰だったのです。

素直に「彼氏が欲しい」「結婚したい」と言って行動すればいいわけですが、そうはできないのです。

それは、女性として自信がないから。失敗が怖いから。そして、自分と向き合うのが怖いから。自分がどれだけのレベルにいるかなんて直視したくないのです。こじらせ女子ですね。

素直に「モテたい」「彼氏欲しい」という人を「媚びている」「ガツガツしている」「自分を変えてまで男に好かれようって恥ずかしい」など見下し、謎の上から目線で自分を保っていただけなのです。

上・下、勝ち・負けに勝手にこだわり、「下にならないように」と一人相撲で20代をムダにしたのです。

中には、そうやって30代、40代も無駄にしようとしている方もいるのでは?

素直に「彼氏欲しい」「寂しい」「結婚したい」と言えない女たち

「彼氏ができない人」「結婚ができない人」「負け組」に見られたくないけれど、女性として自信がない人は、自分を「結婚しようと思えばできるけれど面倒くさいからあえて独身な女」「負け組じゃなく本気出していないだけ」とプロデュースしようとします。欲しがっていないように必死に強がるのです。滝川クリステルや石田ゆり子のような魅力的な美女じゃあるまいし、イタイだけです。

劣等感を原動力にして、美容やダイエットに努力していればそれなり魅力的な女性になっていたかもしれませんが、劣等感は別のところへ。

そんな「あえて独身」を気取る人の見分け方は「彼氏いるの?」「彼女いるの?」と聞いてみればわかります。

「いないよ」「いるよ」以外の答え方をする方々です。

「いないってわけでもないけど」「別にそういうのに興味ないから」「友だち以上恋人未満の人はいるけれど」など、はぐらかし、不快そうな態度をとることが多いのです。

恋愛・婚活相談に来られるアラフォー以上の方からも、「恥ずかしくて恋バナを避けて、紹介や誘いの話があっても条件反射で断っていた。またあると思ったらこなくなった」というお話をよく聞きます。

【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っているほうが恥ずかしい

「あえて独身」はこじらせると年齢を無駄に重ねるだけに……。

自然に出会いたいから、合コンなら行かないけどお花見なら参加する

「あえて独身なの」「負け組じゃなく本気出していないだけ」とセルフプロデュースをしてしまう方々は、出会いを欲しているような活動はしません。しかし、実は出会いが欲しいのです。

かつて、職場の部下が30〜40代の独身ばかりで結婚する気配がないというシステム会社の方から相談を受けたことがあります。お見合いや、合コンを企画しようとしても来ないのだとか。だからといって、予定があるわけではなくやっていることは、家でゲームだったのです。

合コンではなく、女性もいるお花見をやるから来ないと提案したら、部下の男性たちは「お花見だから」と参加し、お花見に同席していた女性にすごく食いついていたそうです。

男女に限らず、自然に出会いたい人が望むのはこんな調子のいいストーリーのようです。

・別に出会いが欲しかったわけではなく、お花見に誘われたから参加した

・別に出会いが欲しかったわけではなく、たまたま異性がいて親しくなった

・別に婚活をしたわけではなく、たまたま出会って恋をして結婚した

受け身で、自分の人生なのに主体性のないスタンスを「ガツガツしていない自然体」と勘違いしているのです。

自然な出会いのお花見なら参加した男性ですが、普段から女性に慣れていないため連絡先交換にも至らなかったようです。

婚活を恥ずかしいと言っているほうが恥ずかしくなる

近年、福利厚生で従業員向けに婚活を導入する企業があります。例えば、自衛隊との婚活イベントは人気ですね。行政も婚活に乗り出しています。

結婚情報サービスは、テレビCMが長く禁止されていました。2014年に結婚相談所のCMが解禁され、今は電車の中でも中刷り広告を見かけるようになりましたね。

近い将来、もっと婚活はオープンなものになるでしょう。20代はすでに、マッチングサービスを使った出会いに抵抗はありません。日本は元々、1960年代まではお見合い結婚の方が主流の国だったのですよ。

社会の風潮がもっと婚活にオープンになっていく中、それを待っていたら何歳になるんでしょうか?

自意識過剰になり、周りの目ばかり過剰に気にして、自分の人生に責任を持たない方が怖いことではないでしょうか?あなたが気にしてしまう周りの人は、あなたがずっと独身でも助けてくれるわけじゃないないんですよ!

妄想で不安を作り、行動しない「あえて独身」たち

自意識過剰な、自称「あえて独身」女子たちは、失敗を極度におそれて行動しません。「みっともなくて、彼氏が欲しいと言えずに10年たちました」という30代で一度もお付き合い経験がない方も実際にいました。

「この年で婚活をしてイタイって思われそうでできない」と数年間も悶々と悩み続けて、アラフォーになってしまった方も。

「婚活パーティーで彼氏ができたら、出会いのきっかけを友だちや家族になんて説明したらいいかわからなくて」と悩んで動けなかった方も。

そんなの、彼氏ができてから悩めばいいことなのに。参加もせず、告白もされないうちから悩むことじゃないんですよ。

彼女たちはそれでも自分が努力をしているつもりです。動かずにグルグル考えて悩み苦しんだから努力と錯覚したり、神社巡りや引き寄せの法則など祈って願って待っていたから頑張っていたつもりだったのです。

恥をかけず、考えすぎて行動しないのであれば、経験値は増えていきません。行動し続ければ、失敗じゃなく経験になっていくのです。

自然な出会いへのこだわりを捨てましょう

自然な出会いに固執するのは、「婚活』という言葉が生まれた時に20代後半ぐらいだったアラフォー世代が多いかもしれません。

今の20代は、スマホネイティブでネットでの出会いに抵抗がなく、出会いのサービスも身近なので、利用する心理的ハードルが低いのです。気軽に友達と婚活イベントに参加し、恋人との出会いのきっかけも「マッチングアプリで出会った」とサラッと言える方が多いです。

どんな出会い方で出会っても、それは付き合ってからの満足度とは何ら関係がありません。自然に出会って恋愛結婚というこだわりはすぐに捨てましょう。

結婚相談所や婚活サイトなどの婚活サービスを使って出会った男性と結婚したという方から、よく聞くエピソードがあります。独身の友だちや同僚の中に「おめでとう」より先に、「どこで出会ったの?」と聞く人がいるそうです。

「結婚相談所だよ。真面目な男性が多かったよ」「婚活サイトだよ。あなたも登録したら?」と勧めたものの、「私はまだそこまで妥協できない」などと言うらしいのです。

「失礼ですよね。なんで彼女がずっと独身かわかります」と彼女は言っていました。自然な出会いにこだわり、婚活で出会うことを「妥協」と思う人は友だちも失うことになるんですよ。

婚活も面接と同じ。練習しておかないと第一志望でうまくいかない

ご相談者の中にも、勇気を出して婚活を始める方々は多くいます。

「婚活ってモテない人がやることでしょ」と上から目線だった看護師の女性は、ほとんどお化粧をしていませんでした。「あ、私ブスだった」と気が付き、手抜きの事実を受け入れて服装、メイクを全部変えて婚活をスタート。数か月で真面目にお付き合いする方ができたそうです。

婚活サービスを使ううちに外見やコミュニケーション力が磨かれていき、同僚や友だちと結婚するというケースも多いです。あるいは、婚活を通して人として磨かれていったら、友達から紹介された相手とゴールインなどの実例も。

仮に自然な出会いがあったとしても、普段から受け身で何もしていない人は、いざ異性を目の前にすると緊張してうまくいきません。就活の面接と同じで、第一志望の企業の前にたくさん面接して慣れておきましょう。練習しないとチャンスをつかむことはできません。

彼氏ができた看護師の同僚は、数か月前の彼女と同じでノーメイクで彼氏いない歴10数年。そして彼女に「私はそこまでして結婚したいわけじゃない」と言ったそうです。

行動する人にも、行動する人を上から目線「ガツガツしている」と見下す人にも、今ならどちら側にでもなれる場合、あなたはどうなりたいでしょうか?

【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っているほうが恥ずかしい

「恋愛にガツガツしちゃって」と思っている女性たち。あなたの周りに異性はいますか?

【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っているほうが恥ずかしい

【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っているほうが恥ずかしい
 恋愛・婚活の賢人菊乃

出会いがない女性向けの恋愛婚活コンサルタント。29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活ブログが人気になり2011年に出版独立。著書は「あなたの『そこ』がもったいない。」他4冊。具体的で分かりやすいアドバイスは何からやったらいいか分からない方に好評。
ブログは今も毎日更新。https://ameblo.jp/koakuma-mt/山形県出身、静岡大学卒。

スポンサードリンク

2018/05/20 16:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っ...」に関するコラム

「【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っ...」に関する評判

momopiyomomo

@momopiyomomo

返信先:@GKGOOjSm4JY1I9E 本当はえっちなシーンだけ描きたかったのにいつもムダな前置き長く描いちゃってそして挫折するっていう…😢 媚薬飲んで発情状態な二匹なので、多分ガツガt…あっすみません… 私のはいつも顔漫画なので、鮫さんみたいに背景とか人物しっかり描き込み描けるのって本当すごい…尊敬します…😂✨
runo_ooc

@runo_ooc

返信先:@cocoa_love_mix でも行ってることふつうに変態だからね👮‍♀️🚨 このまま腰つかんでガツガ 艶かしいですな…
kasaaka_bot

@kasaaka_bot

【腹痛】赤「あ」笠「あ?」赤「……おなか、痛いです」笠「食いすぎだ!」赤「まだいける気がしたんですが……」笠「そりゃあ間違いなく気のせいだろ。珍しくガツガ食ってるからこうなるんだよ……」
qlffk1628

@qlffk1628

RT @cozuch710: ホエホエホエめっちゃありがとうございます〜〜!!!そうなんですよ、サビは凛の隷属願望と思わぬ化学反応を起こしてしまったイシュタルが神である自分にはない背徳という属性に対処しきれずてんやわんやしてるところを、女側の事情なんか知るかっつう最低王にガツガ…
POXSLY5jH4Gz71N

@POXSLY5jH4Gz71N

RT @Wameke_Uguisu: @kirsche_0227 ありがとー ラーメン大器:近い。君たちの好きな辛い系の担々麺。かなりうまい。 山之助:近い。割とメジャーかも。この時期はつけ麺がかなりうまい。 油そばつばさ:少し遠い。さっぱり系。うまい。 麺屋春馬:遠い。ガツガ…
ikaneko51

@ikaneko51

返信先:@hisane_1866 それ私も思ってました…腰つき…エロい…良き…(⋈◍>◡<◍)。✧♡ この腰でこなくんをガツガt(自主規制)
kasaaka_bot

@kasaaka_bot

【腹痛】赤「あ」笠「あ?」赤「……おなか、痛いです」笠「食いすぎだ!」赤「まだいける気がしたんですが……」笠「そりゃあ間違いなく気のせいだろ。珍しくガツガ食ってるからこうなるんだよ……」
orize0527

@orize0527

RT @shoichiqueco: 📽👾⚜️🔊💥🎶 #スペースインベーダーザクロ #YouTube に新ネタ一発目upされました:)) ・ full ver'📽 youtu.be/vKnP_cmRNZo Chek link in bio🙏🏼🌐 色んな所でやりたいガツガ…
kasaaka_bot

@kasaaka_bot

【腹痛】赤「あ」笠「あ?」赤「……おなか、痛いです」笠「食いすぎだ!」赤「まだいける気がしたんですが……」笠「そりゃあ間違いなく気のせいだろ。珍しくガツガ食ってるからこうなるんだよ……」
mr55345906

@mr55345906

返信先:@yuzuka131313 それな…😇😇😇😇😇😇 腰止まんなくてどうしよ…だとぉぉおおおおおおおお?????そんなもんおそ兄が腰掴んでガツガt((((((この後💩の姿を見たものはいない… ちょろまつくんのかわいさとえってぃさは全世界に伝わっているよ…😇😇😇😇 私もすでに死んでる🙋‍♀️⚰⚰⚰⚰⚰

「【20代で知りたかった30代の正解】婚活は恥ずかしい、と思っ...」に関するキーワード

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム