お腹のダイエット
  1. HOME
  2. お腹のダイエット
  3. コラム
  4. モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ
モスバーガーは5月24日〜7月中旬の期間、限定ライスバーガー2種を販売する(撮影:今井康一)

モスバーガーと言えば、注文してから作り始めるため、しばらく待つのが前提のバーガーチェーン。ファストフードであってファストでない、不思議な存在のモスバーガーだが、このたび期間限定の新商品を発売した。「モスライスバーガー海老の天ぷら」「モスライスバーガーよくばり天海老とかきあげ」を、5月24日〜7月中旬の期間、販売する。

実は、1987年、ライスバーガーを日本で初めて発売したのがモスバーガー。焼肉やきんぴら、海鮮かきあげなど、日本の食文化を生かしたライスバーガーは老若男女に好かれるだけでなく、最近は外国人にも人気が高まっている。

それだけに、わざわざ期間限定で発売する商品には非常に力が入っているようだ。価格も、「海老の天ぷら」が450円、「海老とかきあげ」が480円と、定番ライスバーガーより高め(モスライスバーガー海鮮かきあげ340円、モスライスバーガー焼肉390円)。期間内販売に約200万食を目標としている。

「天ぷらの食感」にこだわった

そんな、満を持して発売されるモスライスバーガーは、いったいどこが特別なのだろうか。モスフードサービスが5月16日に開催した試食会にて詳細を聞いてきた。

モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ
海老が2尾サンドされている「海老の天ぷら」450円(編集部撮影)

モチーフとなったのは、江戸時代に始まるファストフード「天丼」だという。「海老の天ぷら」には海老の天ぷらが2尾、「よくばり天」と冠した「海老とかきあげ」には、海老の天ぷらと海鮮かきあげが1つずつ挟んである。

こだわりの第一は、天ぷらの食感だ。元日本食の料理人という、モスフードサービスにおいても特異な経歴を持つ商品開発部の荒木光晴氏は、このたびのこだわりポイントについて次のように語った。

「通常の海老の天ぷらは筋を切って、まっすぐに伸ばしてから揚げます。その筋切りをせず、また背わたも一つひとつ串で取り除くなど、『海老に優しく』仕上げています」(モスフードサービス商品開発部の荒木光晴氏)

天丼にせよエビフライにせよ、ぴんとまっすぐ天を向いた海老がビジュアルのポイントだ。海老はそのまま熱を加えると背がギュッと丸まってしまうので、筋切りを行って繊維を切って大きく見せるのが普通。ただ、海老の身にダメージを与え、特有の弾力を損ねてしまうというデメリットもある。ライスバーガーに挟むのなら、丸まっても問題ないし、むしろ丸いフォルムのバーガーに収まりやすい。ということで、筋切りせず、海老本来の、弾力のある食感を重視した。

モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ
海老と海鮮かきあげがサンドされている「海老とかきあげ」480円(編集部撮影)

こだわりの2つ目は、一つひとつ手で「花を咲かせるように」揚げていること。天つゆ風のタレに漬けた後もサクサクとした食感が残るように、とのことだ。また、焼津産かつおぶし粉と日高昆布をベースにした天つゆ風タレにはゆずのさっぱりとした風味を加えた。

「国産のゆずの皮パウダーにより苦みを、果汁によりフレッシュ感と酸味を、ゆずペーストにより“ゆずらしさ、ゆず感”を出しています」(荒木氏)

ランチとして成立しそうな「ボリューム」

このように“手塩にかけた”感のある新モスライスバーガーをそれぞれ、試食してみた。

ライスバーガーというと、小ぶりで厚みもそれほどなく、手のひらに収まるイメージだった。しかし、今回の2商品は具が2段に重ねてあるだけに、ボリューム感があり、持ち重りがする。モスでいえばチーズバーガーぐらいの厚みがあり、ほうれい線が深く刻まれるほど口を全開にしても、ライスと具を一度に口内に導くのは容易ではない。

そして、ボリューム感という意味では、丸っこい海老がダブルで挟まっている「海老の天ぷら」のほうがより勝っているようだ。さすが、筋繊維がダメージを受けていないだけに弾力が強く、跳ね返ってくるようなかみ応えが感じられる。海老のうま味と、天つゆ風タレの味わいもしっかりとしている。

「海老とかきあげ」は、軽い食感のかきあげによって、より優しくヘルシーみの感じられる味わいになっている。ライスと海老の味わいを、かきあげがうまくまとめている印象だ。

どちらも揚げ物だが、カラッとしているので、食後感はそれほど重くはない。ほっそりした同社の女性も「2ついっぺんでも、意外に食べられてしまいます」(広報担当の角田泰子氏)とのことだ。

しかし、従来のライスバーガーの「小腹がすいたときの軽食」というイメージではなく、しっかりランチとして成立しそうだ。というのも、実はモスライスバーガーのライスプレート、近年ボリュームアップをしているのだそうだ。

「2015年のミラノ万博で日本館フードコートに出店したのですが、ライスバーガーが非常に好評でした。そのときに提供した商品を、『モスライスバーガーとりの照り焼き』として、2016年の2月から3月末にかけて、日本で期間限定販売しています。同時に、ライスプレートをミラノ万博のときと同じサイズ(20%増し)にし、食事性を高めています」(角田氏)

しかし糖質制限が流行している昨今、ご飯を増量したり、ライスバーガーをフィーチャーしても売れないのでは、とひとごとながら心配になる。しかしモスフードサービスではあくまでも、5大栄養素をバランスよく食べるという、国が推奨する栄養基準にのっとってメニュー作りを行っているのだそうだ。

「モスの菜摘」は糖質制限ブーム前の発売

たとえば「モスの菜摘」という、バンズをレタスに変更した商品は、糖質制限にぴったりに思えるが、同社によると、特に意識しているわけではない。そもそも「モスの菜摘」が商品として発売されたのは2004年が最初で、糖質制限ダイエットブームよりはずっと前だ。「おいしいモスの生野菜をたっぷり食べてもらえるように」という思いから生まれた商品で、ヘルシー志向の女性に人気が高まった。

また、ライスバーガー自体、米の消費拡大を目指して生まれた商品だった。1987年に「モスライスバーガーつくね」が生まれ、1992年には、「お米のまったく新しい消費を拡大したことに対して」農林水産大臣賞を受賞しているという。

モスバーガーは“日本で生まれ、日本の味を大切にする”ハンバーガー専門店をうたっており、できるだけ国産の素材を用い、しょうゆやみそといった日本の食文化を取り入れた商品を提供している。モスライスバーガーは、そんな同社を象徴するようなメニューだと言うことができるだろう。
前述のように、ライスバーガーは海外でも人気で、特に250店以上の出店がある台湾では、むしろライスバーガーがメインだという。ラインナップも多く、日本で見られないメニューも並ぶそうだ。そのほか海外店舗としてはシンガポール、香港、タイ、インドネシア、中国、オーストラリア、韓国などに出店している。

モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ
毎月29日限定発売の「にくにくにくバーガー」850円(写真:モスフードサービス)

なおライスバーガーは2012年、2017年には、JAL欧米豪線の機内食にも“エアモス”として起用されているそうだ。

もっとも最近では、糖質制限を意識したサービスも行っているようだ。それが、「にくにくにくバーガー」。2017年6月、テレビ番組の企画で作られた商品で、モスライスバーガー焼肉のライスをパティに替え、さらに直火焼チキンとレタスを挟んだバーガーだ。約2週間で販売20数万食という好評を受け、2017年7月から、毎月29日(および2月9日)をニクの日として販売している。

惜しむらくは、知る人ぞ知るサービスにとどまっている点だろう。モスの特徴が、全国1335店舗中1296店舗がフランチャイズ(2018年4月末時点)というFC率の高さ。地域密着を重視し、店舗がアイデアを出して開発したご当地バーガーや、地域の子どもたちに向けた食育など、地域ごとの店舗を拠点としたさまざまな取り組みを行っている。お客との、顔と顔によるコミュニケーションを大切にしているようだ。

今は拡散手段がさまざまに発達しているので、新商品や、「にくにくにくバーガー」などのようなキャッチーなキャンペーンを利用することで、さらにブランドを広く印象づけることができそうだ。

一部店舗では午前中からビールが飲める

またあまり知られていないといえば、モスでは2017年6月より一部の店舗にて、「モスバル」というアルコール販売の取り組みも行っている。午前10時30分より、ハンバーガーにとポテトなどと、ドリンクを組み合わせた「通常セット」に、+140円でドリンクをビールに変更OK。また午後3時からは「バルセット」として、好きなハンバーガーに+620円で、ビール(プレミアムモルツ350ml缶)と単品なら290円のバルメニュー(ポテトやオニオンフライ、ソーセージなど)3種から選べるセットを提供する。都市部の約170店舗ほどという小規模なものだが、「お客様の選択肢の1つとして」(角田氏)始めたものだそうだ。

ちなみに「ちょい飲みブーム」がその数年前から始まっており、牛丼屋やファストフードチェーンなどはいち早く対応していた。

モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ
元日本食の料理人というモスフードサービス商品開発部の荒木光晴氏(編集部撮影)

「以前より一部店舗でアルコールを提供していましたが、このたび、お客様のニーズの高い立地への導入を意識して、『モスバル』というパッケージとして展開しました。バーガーとビールは相性がいい、という認知が広まり、利用機会の拡大につながればと考えています」(角田氏)

ちょい飲みブームやグルメバーガーブーム、アルコールを提供する海外チェーンの上陸で、ハンバーガーにビールというコンビは日本で定着とはいかないまでも、よく知られるようになってきた。ただ、お腹がいっぱいになってしまうのが難点。おつまみに最適なサイドメニューが豊富で、満腹になりすぎない「菜摘」といった商品もあるモスなら、ちょい飲みしやすそうだ。

今はこのサービスについてまだ知名度が低く、実施店舗も限られている。コアなモスファンにとっては「モスなのに飲める“穴場”」として利用できそうだが、裾野の拡大を目指すならば、「モスバル」の存在についてもっと知られる必要がありそうだ。

モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ 外部サイト 客数減が止まらない、「モスバーガー」の苦境 マックとモスで「太りにくい」メニュー選び 牛角がフレッシュネスバーガーを買った理由

スポンサードリンク

2018/05/26 18:41

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ」に関するコラム

「モス「海老天ぷらバーガー」は"非常識"の塊だ」に関する評判

mkkool

@mkkool

はやてさんがうまいといってたが高いよ。 モスライスバーガーよくばり天 海老とかきあげ | 期間・季節・数量限定メニュー | モスバーガー公式サイト mos.jp/menu/detail/02…
Aberu020

@Aberu020

モスライスバーガーよくばり天 海老とかきあげ | 期間・季節・数量限定メニュー | モスバーガー公式サイト mos.jp/menu/detail/02…
Aberu020

@Aberu020

モスライスバーガー海老の天ぷら | 期間・季節・数量限定メニュー | モスバーガー公式サイト mos.jp/menu/detail/02…
teturouhosino

@teturouhosino

…あ、これか…。 病院のTVで流れてたヤツ…w モスライスバーガー海老の天ぷら | モスライスバーガー/ホットドッグ | モスバーガー公式サイト mos.jp/menu/detail/02…
xken3x

@xken3x

モスバーガーおいしいっ!\(^-^)/ かき揚げだけどもー\(^-^)/ #モスライスバーガー海老の天ぷら #モスライスバーガー pic.twitter.com/Wi5SBA61tQ
michipokomichi

@michipokomichi

モスライスバーガーよくばり天 海老とかきあげ | 期間・季節・数量限定メニュー | モスバーガー公式サイト mos.jp/menu/detail/02… もうコイツを食らうぞって気持ちしかないので明日の昼休みは長いといいな
mypacetiger0717

@mypacetiger0717

やっぱりモスバーガー、 美味しいやんw 🍔モスライスバーガー ゆず香るよくばり天 エビとかき揚げ ¥480 🍔てりやきバーガー ¥360 pic.twitter.com/8sAdXGPucQ
Halmi_pandora

@Halmi_pandora

久しぶりにモスバーガーに来たら、モスライスバーガーの海老の天ぷらだって(゚д゚) 海老天好きな私としては頼まないわけには…ッ!(`Δ´) pic.twitter.com/k90B1EifEg
ayutaka0224

@ayutaka0224

やっと食べれた〜 めっちゃ美味しい(*´꒳`*) #モスライスバーガー #海老の天ぷら #モスバーガー pic.twitter.com/zwxqhEacbs
ikeru2011

@ikeru2011

ランチ食べそびれて夜会食までどうしたものかと、モスバーガーまでスープを飲みに来たが…モスライスバーガーを食べてしまった。。でも後悔はしていない。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム