運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 実はヘビースモーカー、20年前からインシュリン注射… 「西城...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

実はヘビースモーカー、20年前からインシュリン注射… 「西城秀樹さん」が抱えていた不摂生のリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
実はヘビースモーカー、20年前からインシュリン注射… 「西城秀樹さん」が抱えていた不摂生のリスク (全2枚)

痩身のスポーツマン、激しいアクション。健康的なイメージと裏腹に西城秀樹の後半生は病との格闘だった。いったい、なぜ?実は若いころに重ねた不摂生が、その体に大きく影を落としていた。

***

秀樹は2003年6月と11年末の2度、脳梗塞を発症している。76年から23年間、マネージャーを務めた天下井(あまがい)隆二氏は、

「秀樹さんは健康的イメージで売っていたこともあって体を鍛えていて、空き時間があればジムに通い、毎週、ニューオータニのサウナにも通っていました。その一方でお酒は飲み、タバコもセブンスターを1日3、4箱吸っていました」

と打ち明け、続ける。

「タバコについては、ある年の正月に何人かで“今年は禁煙しよう”と決めたんですが、春にロケ先の香港から“ダメだ、イライラして吸っちゃった”と電話がありました。禁煙を1年続けた僕は、秀樹さんから700万円するダイヤの時計を贈られましたよ。自分ができないことへのリスペクトがあったのでしょう。お酒に関しては、紅白歌合戦の打ち合わせに珍しく遅刻して、“原田芳雄さん、松田優作、桃井かおりと朝まで飲んじゃって”と言ってたことがありました」

実はヘビースモーカー、20年前からインシュリン注射… 「西城秀樹さん」が抱えていた不摂生のリスク 糖尿病も患っていた

結果として、早くから病気と無縁ではなかった。

「84年、髄液が漏れて脳圧が下がる低髄液圧症候群という病気で1カ月ほど入院し、一時は面会謝絶になるほどでした。それに、実は秀樹さんは糖尿病でした。96年か97年、秀樹さんと僕とで健康診断を受けたら2人とも血糖値が高く、僕は糖尿病と診断されて薬を処方され、秀樹さんはインシュリンで治療することに。コンサートなどで激しく動き、その後打上げなどで爆食いすると、血糖値の上がり下がりの幅が大きくなりすぎるんだそうです」

実はヘビースモーカー、20年前からインシュリン注射… 「西城秀樹さん」が抱えていた不摂生のリスク 十朱幸代

「ヤングマン」誕生秘話

健康以外の秘話も交えてもらうと、

「79年の正月コンサートで『Y.M.C.A』を歌うと反響が大きく、急遽2月下旬のレコード発売が決まりましたが、スケジュールに無理があるという。秀樹さんと一緒に製造工場を訪れると、“従業員が残業になるので厳しい”と工場長。そこで秀樹さんは、従業員に集まってもらってビールケース上で歌い、“こんな素敵な曲が出ます。残業をお願いできますか”と。みなさん、“いいですよ”と答えてくれたんです」

「ヤングマン」誕生秘話だが、日ごろも気さくで、

「スナックで“『ヤングマン』歌ってくれよ”と頼まれると、僕が断っても“いいから、歌うよ”と。ただ自分の曲を歌うと仕事になってしまうので、細川たかしさんの『北酒場』とかを歌っていました」

ところで、天下井氏は秀樹と喧嘩したことが3回だけあるという。

「超多忙の秀樹さんが“飯ぐらい食わせろ”と言うので、“俺も食ってません”と返したのが2回。残り1回は、秀樹さんが付き合っていた女性芸能人が“性悪女だ”と噂を聞いて、“あんな女と付き合うのはやめろ”と言うと、“好きになるのは勝手だろ”と返すので、“あんたの後ろにどれだけファンがいると思っているんだ”と怒ったんです。結局、その方とは別れてしまいましたね」

ほかに女性関係はどうだったのだろうか。

「アイドル時代は女性と遊ぶ暇もなく、そもそも女遊びは激しくない。一度好きになると、浮気もしなかったですね。低髄液圧症候群で入院したときは、松田聖子が密かにお見舞いに来てくれましたが、“(郷)ひろみはいいなあ。いつもこんなかわいい子がそばにいてくれて”なんて笑っていた」

と天下井氏。テリー伊藤氏も逸話を披露する。

「秀樹さんから“実は、山口百恵ちゃんは僕のことが好きで、ラブレターもらったことがあるんです”って聞いたんですよ。駆け出しのころの百恵ちゃんで、でも付き合わなかったんだって。“同じ業界内で付き合うのはカッコ悪いと思ったんですよ”と」

過酷なダイエット

名立たるアイドルには見向きもせず、89年から浮名を流した相手は12歳年上の十朱幸代だった。

「“演技のこととか、仕事についてアドバイスをもらっている”“年上の彼女には自分をさらけ出せる。そういうキャパシティがあるから好きなんだ”と話していましたね」(天下井氏)

だが、やがて破局。痩身のスポーツマンも、40代半ばまで独り身でいたばかりに病を呼び寄せてしまったのか。秀樹の知人が言う。

「結婚して子どもも生まれ、張り切りすぎた。それまでも181センチ、70キロ強を維持していましたが、よい仕事につなげるためにもさらなる減量をめざし、3時間汗を流して最後はサウナに入る。しかもその間、水はあまり飲まない、という過酷なダイエットに臨み、数キロ減量したんです」

それがたたったのか、直後、最初の脳梗塞に。くどうちあき脳神経外科クリニックの工藤千秋院長が言う。

「タバコや過度の飲酒は動脈硬化を促進する要因になります。タバコは血中酸素を減らし、煙にふくまれる過酸化水素は血管の内皮を傷つけます。すると傷ついた部分にコレステロールや血小板が詰まってかさぶたができ、それが厚くなると血管が詰まって梗塞になるのです。水分をあまり摂取しないダイエットは最悪。激しい運動で汗をかいたあとに水分をとらなければ、血液はドロドロになっていたことでしょう」

秀樹が患ったのは「ラクナ梗塞」だという。

「脳内の太い血管ではなく、毛細血管が詰まってしまうもので、高血圧、高コレステロール、糖尿病などの持病がある人によく見られるものです」(同)

コンサート後の暴飲暴食

すると気になるのが、秀樹がインシュリンを投与されていた、という証言である。東京慈恵会医科大学客員教授の阪本要一氏は、

「病院で血糖値が高いと診断され、インシュリンを投与されていたなら、西城さんが糖尿病と診断されていたのは間違いないと思う」

と見立てて、続ける。

「糖尿病の状態が続くと、血管の内皮細胞が異常をきたして動脈硬化が進み、脳の血管が詰まって脳梗塞などを引き起こす危険性がより高まります。また、糖尿病につながるような不規則な食生活、それに喫煙は、高コレステロールや高血圧などにも影響し、合わせて動脈硬化が進んでしまうこともあります」

では、どんな生活が糖尿病につながるのか。

「食事のリズムが不規則で、一度にたくさん食べがちだとか、夜遅くに食べてすぐに寝てしまう、お酒を週5日以上飲む、歩くのは1日2000歩以下、といったことが挙げられます。西城さんはコンサートなどで激しく動いたあと、暴飲暴食しがちだったそうですが、血糖値が急激に上下に変動する原因になり、動脈硬化が進むことにもなります」

秀樹の体型に無縁なように思える糖尿病だが、I型とII型があり、I型は比較的若く、やせ型の人が罹患しやすく、インシュリン不足で症状が急激に現れるケースが多いのだという。

リハビリの負担が蓄積か

三貴エージェンシーの小川茂雄代表は、主催した秀樹のイベントについてこう語る。

「4月14日、栃木県足利で行われた“同窓会コンサート”では調子がよく、体調がすぐれないときは座って歌うこともありましたが、この日は『ブーメランストリート』『激しい恋』など5曲とアンコールの『ヤングマン』を立って歌いました。4年後のデビュー50周年に向けてリハビリに専念するため、今年は仕事をセーブする意向でした」

先を、先を、と考えながら、日々、リハビリに取り組んでいたが、

「心房細動や不整脈などの病気が隠れていて、心臓から血の塊が脳に飛んでいくこともあります。西城さんも心臓になんらかの持病があった可能性があり、リハビリで負担が蓄積し、急性心不全が起きた可能性も考えられます」(工藤院長)

家族のための努力が、家族を悲しませる結果につながったとしたら、秀樹の無念はいかばかりだろうか。

「週刊新潮」2018年5月31日号掲載

スポンサードリンク

2018/06/01 08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「実はヘビースモーカー、20年前からインシュリン注射… 「西城...」に関するコラム

「実はヘビースモーカー、20年前からインシュリン注射… 「西城...」に関する評判

heart89

@heart89

秀樹ってロン毛だよね? 中学生の頃、原田芳雄さんが 好きだったんだけど、あの人も ロン毛だったような・・・ 私ロン毛が好きだったのかしらw あ!原田芳雄さんも中居くんと共演してるよね 父ちゃん! あ・・・・よろしく哀愁の気分・・・

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム