脂肪燃焼
  1. HOME
  2. 脂肪燃焼
  3. コラム
  4. 肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには

「皮下脂肪」と「内臓脂肪」は別もの?

生活習慣病の多くは肥満と関係しています。肥満=皮下脂肪と考えると、皮下脂肪を悪玉と考えがちです。実は生活習慣病と関係しているのは、消化管の間の脂肪組織である「内臓脂肪」なのです。

お腹の皮膚の下にあって、つまむことができるのが皮下脂肪。一方、腹部の内臓の周りにあるのが内臓脂肪です。というわけで、皮下脂肪と内臓脂肪は別ものですが、構造的な差はありません。

代謝を見ると、内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、より機能的に活発な細胞です。活発というのは、「脂肪を溜めやすく出し易い」という意味と、「生理的活性物質を多く作る」という2つの意味があります。この意味については、後ほど説明します。

お腹が出ている方は要チェック!お肉を手でつまめますか?

内臓脂肪の増加は、CTスキャンを用いて腹部の適当な場所の断面像を撮影しないと医学的には判断できません。『Fatscan』という専用の解析ソフトウェアもありますが、CTスキャンは浴びる放射線の量が大量なので、内臓脂肪の確認のためだけにCTスキャンで検査するのは考えもの。

そこで1つの目安になるのが「お腹まわりのサイズ」です。日本人男性では、お腹まわりが85cm以上あるとBMI(体重kg/身長m/身長m)の数値を問わず、内臓脂肪が増加している可能性があります。

特にお腹まわりがあるのに、腹部の皮下脂肪を手でつまめないようだと内臓脂肪が増加している可能性が高くなります。

同じ体脂肪率でも内臓脂肪が多いのは「男性」

内臓脂肪は、脂肪酸の出し入れが容易。筋肉が体重に対して女性より10%増しの男性は、筋肉を動かすための熱源となる内臓脂肪を、女性よりも多く持ちやすい傾向にあります。

男性ホルモンは筋肉を増加させると共に、その熱源の内臓脂肪を増加させる作用があります。男性は内臓脂肪がつきやすく「太っ腹」になりやすいのです。一方、女性ホルモンは内臓脂肪よりも皮下脂肪を蓄える傾向があります。男性のお腹まわりは、内臓脂肪だけではなく腹筋も多いため、女性より太くなります。つまり、同じ体脂肪率の男性と女性ならば、男性のほうが内臓脂肪が多くなるのです。

それでは次に内臓脂肪と生活習慣病の関係、内臓脂肪を減らす方法を解説します。

内臓脂肪は生活習慣病の元!内臓脂肪を減らす方法は?

内臓脂肪の増加は、糖尿病、血栓症、動脈硬化・高血圧症の促進につながります。

内臓脂肪が多く作る悪玉物質の1つは、腫瘍壊死因子(TNF-α:TumorNecrosisFactor-α)という物質です。名前の通り、悪性細胞を攻撃します。ただ、攻撃の中に、兵糧攻め的な作用があり、細胞が血糖を取り込むために必要なインスリンの効果を低下させるのです。このため、体全体のインスリンの効果が悪くなり、糖尿病の原因となります。また、腫瘍壊死因子には、別のインスリンの作用を低下させる物質の産生も確認できています。

血栓を作りやすくするPAI-1(plasminogenactivatorinhibitor-1)の産生も活発です。全身に作用すれば、脳梗塞などの血栓症を起こしやすくする原因となります。

その他、血管の平滑筋の増殖を引き起こす物質を産生することで、動脈硬化を促進したり、血圧の上昇をきたす物質の産生が高血圧症の原因になったりと、生活習慣病に大きく関わっているのです。

これらの物質は皮下脂肪もある程度産生していますが、代謝の活発な内臓脂肪のほうがより産生が多くなっています。

内臓脂肪を減らすには、総「有酸素運動」時間が大事!

内臓脂肪は預金に例えると、普通預金です。定期預金に例えられる皮下脂肪より引き出しやすい、つまり減らすことはそれほど困難ではありません。

内臓脂肪は腹部にあるから、腹筋運動と考える方がいるかもしれません。しかし、腹筋運動は腹筋を強くしますが、直接、内臓脂肪を減らす効果はありません。

では、何が有効なのでしょう?

脂肪を燃焼させる「有酸素運動」が、内臓脂肪を減らします。有酸素運動を行った場合、筋肉は蓄えたグリコーゲンを使い、次に血中の脂質(遊離脂肪酸)、肝臓や脂肪細胞が放出する遊離脂肪酸を使います。この時に皮下脂肪よりも、代謝が盛んな内臓脂肪のほうが多くの遊離脂肪酸を放出します。内臓脂肪は代謝が活発、ということは溜まり易く、減り易い性質を持っているということなのです。

よく有酸素運動は、運動の持続時間が20〜30分以上ないと脂肪の燃焼が起きないとされています。この解釈は、20〜30分以上の持続時間があれば確実という意味です。これより短い持続時間では脂肪燃焼が起きないというわけではありません。

一番大切なのは、「総有酸素運動時間」です。30分を1回よりも、10分を5回のほうが総運動時間は長くなります。1回に20分以上と考えると億劫ですが、分割してもよいと考えると有酸素運動を行う時の精神的な負担が軽くなります。

内臓脂肪を減らすために、誰でもできる有酸素運動、“歩くこと”を、おすすめします。内臓脂肪を減らす生活をさっそく始めてみましょう。
(文:西園寺克)

スポンサードリンク

2018/06/14 12:35

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには」に関するコラム

「肥満=皮下脂肪ではない!内臓脂肪を減らすには」に関する評判

B_e_e_B_e_e_

@B_e_e_B_e_e_

返信先:@Foxyuun 男性ホルモンのおかげで男性は皮下脂肪より内臓脂肪が付きやすく落としやすいらしいんですが、40位までってことはちょうど内分泌が変容してくるので厄介になってくるってことなんでせうかね…
momocafeU

@momocafeU

返信先:@maribanimari あっちゅい_:(´Д ` 」∠ ):_ どうせなら皮下脂肪とか内臓脂肪とかしてほしい…(それなら我慢する!)
ストレッチの鬼

@ストレッチの鬼

■ 本日の動画 ■ 紹介、シェアさせていただく動画は MuscleWatching さんの 【4分ラジオ体操】内臓脂肪と皮下脂肪を落とすねじり有酸素運動ラジオ体操!#1 という動画です。 有酸素運動 ラジオ体操 « ストレッチの鬼 stretchnooni.com/oni/%e6%9c%89%e...
Ch_MicWatson

@Ch_MicWatson

内臓脂肪を減らさないと!皮下脂肪より内臓脂肪なんだよ!!
kazesaku310

@kazesaku310

皮下脂肪は諦めてたけど内臓脂肪はクソ低かったのでバランスとってたのにやっぱ会社のおやつのせいだわ
hotea123

@hotea123

マジでこれは知ってて欲しいけど 皮下脂肪→食べる前(お腹が若干空いてる時) 内臓脂肪→食べたあと に運動だからな
masahirookada71

@masahirookada71

体重は-3㎏で今88㎏ 内臓脂肪は減ってきたの実感してますが、皮下脂肪がまだまだ( ^∀^) 脱ぐのは当分先でやんす( ̄^ ̄) pic.twitter.com/0aS9ESqd0Q
chocomint_sei

@chocomint_sei

スポーツジムに入会してきた!!現在私の身体は、筋肉があまりないせいで太りやすくなっているらしい…筋トレしつつ皮下脂肪を落とす有酸素運動をしっかりせねば!内臓脂肪じゃなくてよかった… #MakeS運動部
clarakeene

@clarakeene

みんな薄着で平気な顔してる中、一人だけ上着羽織ってるとなんか心細い。別に熱があるわけではないので、ずいぶん皮下脂肪がなくなってしまったか。落ちてほしいのは内臓脂肪なのだが。
kurenai_san_21

@kurenai_san_21

小数点切り捨てれば秋頃から8kg落とせたンゴ!! 74から66へ でも腹回りが減った感覚は無い模様…内臓脂肪なのか皮下脂肪なのか

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム