運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple ...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

iPhoneやMacのOSがアップデートするたび、新機能の登場に胸躍る。AppleWatchだって同じです。どうやら今秋に大きく進化するようです。6月上旬のWWDC2018では、AppleWatch用の次期OSである「watchOS5」が発表されました。今回は秋に進化を控える10個のポイントについて、おさらいしたいと思います。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑WWDC2018で「watchOS5」が発表された

 

1)友達とのダイエット競争が白熱へ

AppleWatchといえば、やっぱりヘルスケアですよね。watchOS5では、運動量をリングで表示する「アクティビティ」アプリについて、新機能が登場します。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑目標値の達成率を元に算出したポイントで競い合う

 

その名もずばり「競争」。1週間単位で、運動量を競い合えるようになりました。リアルタイムの順位や、勝負が明確に通知されて、しかも勝った方はトロフィーをゲットできるって……。運動好きの友達がいれば楽しくなりそうです。

 

2)「ヨガ」も「ハイキング」も計測できる

「ワークアウト」は、ランニングやウォーキングをするときに、タイムや消費カロリーなどを計測するのに使うアプリです。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑「Hiking(ハイキング)」の測定ができる

 

watchOS5では、新しい測定可能種目として「ヨガ」と「ハイキング」が登場します。従来は「その他」という項目で「まあいっか…」と思いながら計測してきた人も多いはず。各種目の愛好者には嬉しい知らせです。そうそう、AppleWatchはSeries3になって「高度」も測定できるようになっていましたよね。ってことは、「ハイキング」で高低差のログとかとれるのかな。

 

3)ガチのランナーでも嬉しい計測機能が

ランニングを「ワークアウト」で計測するときって、「計測時間」や「平均のペース」「心拍数」「移動距離」が表示されます。日頃のジョギングで使うくらいならこれで十分なんですけれど、「タイム狙うぞ!」ってトレーニングしている人の中には、少しだけ物足りないと感じる人もいたのかも。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑「ROLLOINGMILE」が直前のペース、「AVG.MILE」が平均ペースの意味

 

watchOS5では、表示される項目が増えます。「1分間あたりのステップ数」や「直前の走行ペース」などが確認できるように。こうした項目を重視するランナーには朗報ですね。あとは屋外ランニングの際に、目標ペースより遅いか早いかを通知してくれる機能も追加されます。筆者はこれがありがたいな。

 

4)「あっ…測り忘れた」も予防してくれるって

たまーにやっちゃいます。本当にたまーに。せっかく5キロとか10キロ走ったのに、計測アプリのスタートを忘れていて、走り終わってからショックを受けること。あとは、走り終わったのにストップし忘れて、気づいたらタイムと電池残量が大変なことになっていること。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑測定し忘れのまま走り出したらこんな通知が表示される

 

watchOS5だと、こういう凡ミス減りそうです。走り出しと走り終わりを自動で検知して、「スタート/ストップしますか?」ってレコメンドしてくれるから。

 

5)ラジオだってストリーミングで聴ける

watchOS5では、「Podcast」アプリが新登場。普段から聴いているお気に入りの配信がある人は、AppleWatchでも聴けるようになります。聴くときには、AirPodsみたいなワイヤレスイヤホンを接続してくださいね。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑英語表記だと複数形になって「Podcasts」。ストリーミング再生にも対応

 

ちなみに、従来もAppleWatchには「Radio」というアプリが表示されていましたが、これはAppleMusicの中の「Radio」タブをピックアップしたものでした。

 

6)新機能「トランシーバー」が登場

そもそもAppleWatchって「電話」も「メッセージ」も使えるんですけど、新たな選択肢として「トランシーバー」という機能が登場します。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑「トランシーバー」はいわゆるボイスメッセージ機能だ

 

内容は至ってシンプル。「TALK」と書かれたアイコンをタップして話すと、それがボイスメッセージとして相手に送信されるっていうもの。なんだか純粋に楽しそう。ちなみに、受信側は「いまはトランシーバー受けません」っていう設定も可能。会議中とかに急なボイスメッセージが鳴っちゃうかも……という心配は要りません。

 

7)もう“HeySiri”って言わないで

「HeySiri、今日の天気は?」とはもう言いません。「今日の天気は?」だけでOKになります。watchOS5では、AppleWatchを口元に近づけるだけで、Siriが起動するんです。すごく魅力的。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑冒頭に「HeySiri」って付けずに質問してOK

 

どうやら、文字盤を確認する動作もちゃんと識別するらしい。だから、パッと画面を見て、うっかりSiriが起動しちゃったなんて自体はあまりなさそう。

 

8)iPhoneで作成したSiriShortcutsも使える

「iOS12」では、Siriにオリジナルのボイスコマンドを登録できる「SiriShortcuts」機能が登場します。作成したコマンドは、AppleWatchでも使えるんです。「watchOS5で進化するポイント」って表現しちゃうと少しだけ語弊があるかもしれませんが、そこはご愛嬌。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑「SiriShortcuts」が連携すると便利だ

 

例えば、「家に帰るよ」って言うと、地図でナビゲーションが起動して、家族にメッセージが送信されます。iPhoneで一度設定しておけば、AppleWatchからでも使用可能に。既に書きましたが、AppleWatchでは「HeySiri」も言わなくてよくなるので、上手く連携させたらとても便利になりそうな予感がします。

 

9)文字盤から起動できるアプリが増える

Siri関連でもう一つ。Siriの文字盤も、パワーアップします。表示されるショートカットが増えて、「スポーツの試合結果」や「通勤時間の目安」なんかも表示されるようになるんだって。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑サーとパーティ製アプリもSiri文字盤に表示される

 

「Nike+RunClub」や「Mobile」など、サードパーティ製のアプリを操作するカードも使えるようになるそうです。今後どんなアプリが対応していくのか楽しみですね。

 

10)通知から直で操作できるように

通知の役割が大きく変わるかもしれません。基調講演では「インタラクティブな通知」として説明されましたが、要は通知内に操作用のボタンが表示されるようになります。

 

【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple Watch」が熟します! ↑「インタラクティブ」って直接操作できるみたいな意味だと思っておけばいい

 

例えば、「Yelp」アプリからの通知なら、予約の時刻や人数を変更できるようになるとのこと。これは筆者の妄想を含みますが、「そろそろいつもの時間だよ。走りますか?」→「Yes/No」みたいな通知とか、増えるのかもしれません。

 

最後に、watchOS5をサポートするモデルは、AppleWatchSeries1以降。初代AppleWatchでは利用できません。また、iOS12のiPhone5s以降とセットで利用する必要があります。そして繰り返しとなりますが、watchOS5は今秋にリリースされる予定。もうしばらく首を長くして待ちましょう。

スポンサードリンク

2018/06/22 19:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「【watchOS 5の10大進化ポイント】プロが断言、この秋「Apple ...」に関する評判

mibu_

@mibu_

相変わらずApple Watchのアップデートは遅い。WatchOS5はまだまだ
TeamOhmestrada

@TeamOhmestrada

Apple WatchのWatchOS5は初代対応ぜずですか。。。 Apple Watch確か8万くらいだったかな。 んー見限りの速さから考えるとちょっと微妙な心境になる朝でした。 #AppleWatch #WatchOS5
テクノモンキー(techno monkey)

@テクノモンキー(techno monkey)

Apple WatchはwatchOS5でどう変わる?現時点までで判明しているwatchOS5の新機能まとめ!
techno_mon_key

@techno_mon_key

Apple WatchはwatchOS5でどう変わる?現時点までで判明しているwatchOS5の新機能まとめ! techno-monkey.com/apple-watch-wa… pic.twitter.com/NbJnsetQlt
work_081

@work_081

Apple WatchはwatchOS5でどう変わる?現時点までで判明しているwatchOS5の新機能まとめ! techno-monkey.com/apple-watch-wa… pic.twitter.com/jbvYvapTLW
HANU_JEALOUSY

@HANU_JEALOUSY

watchOS5て初代Apple Watchには対応してないのかorz
Apple Watch Journal

@Apple Watch Journal

watchOS5の紹介ページの日本語版がようやく公開!新機能をチェックしよう! watchOS5の紹介ページの日本語版がようやく公開!新機能をチェックしよう! | Apple Watch Journal applewatchjournal.net/news/6276
koorin

@koorin

「Apple Watch」watchOS 5へのOSアップデートで、Webページのコンテンツが表示可能になるみたい〜これ地味に嬉しいかも!^^ funlike.org/wp/archives/26… #AppleWatch #watchos5 pic.twitter.com/5mZyGtHN7z

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム