脂肪燃焼
  1. HOME
  2. 脂肪燃焼
  3. コラム
  4. 知っていますか?本当の「平熱」の測り方 自分の平熱を知らな...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

知っていますか?本当の「平熱」の測り方 自分の平熱を知らない人は要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
知っていますか?本当の「平熱」の測り方 自分の平熱を知らない人は要注意!

体調がすぐれないときにだけ、体温計でピピッと測る。体温なんてその程度のもの。そう思ったら大間違い。実は、体の状態を如実に反映する「最高の指標」なのである。

あなたの平熱は?

「体温は人間にとって非常に重要なものです。低すぎても、高すぎても問題が起きます。

実感では近年、全体として体温が低い人が増えてきていると思いますが、平熱が35℃台、まれにですが35℃を切るような状態が慢性的に続くと、様々な健康問題が出てきます。

そうした人は、体内の血液の流れや神経系の伝達が悪くなっている可能性が高く、臓器の働きや免疫力も低下していると考えられます」

こう語るのは、体温などについて研究を行う「和温療法研究所」の所長で獨協医科大学特任教授の鄭忠和氏である。

人間は自分の体を切り開いて中身を見ることはできない。その見えない内側がどのような状態にあるのかを的確に教えてくれるもっとも身近なバロメーターが、「体温」である。

近年の研究では、寿命と体温の間にも関係があることがわかってきた。体温は体調のサインになるうえ、それを上げたり下げたりすることで、体調をいい状態に維持することもできるのである。

まず何より、自分の「平熱」を知っておくことが重要だ。

早稲田大学人間科学学術院教授で体液・体温の専門家である永島計氏が解説する。

「平熱とは、健康で安静にした状態で測った体温のことです。『自分の平熱』を知っておけば、発熱したときや自分の体に異変が起きたとき、そのことに気づきやすい。

体温に大きな変化があった際には、体に何か異常が起きている可能性があるからです」

自宅で、普通の体温計を使って体温を計測するのにはコツがいる。永島氏が続ける。

「ひとくちに『体温』と言っても、体の内部の温度である『深部体温』や表面の温度である『被殻体温』などがあります。腋に挟むタイプの体温計で測定するのは『腋窩温』と言われ、これは、深部体温と被殻体温の中間くらいのものです。

腕の付け根にあるくぼみ『アームピット』に体温計の先端が来るようにはさんで、腋をギュッと締めて計測してください。3〜4分で測れる体温計もありますが、これは『予測値』といって、実際の体温の近似値を出すものです。

最近は10分間かけてきちんと腋窩温を測れるモードを備えた体温計もあります。その方法で計測してみてください」

体温は一日の時間帯によっても変化している。朝起きた後は体温が低いが、昼から夕方にかけては体温が上がり、再び夜に向けて下がっていく。自分の平熱を把握するためには、毎日同じ時間に計測することもポイントとなる。

どれくらいが「平均的な平熱」なのか。日本老年医学会雑誌に掲載された研究では、人間ドックに入所した男性931人の体温を調べたところ(午後2時に計測)、平均は36.26℃だった。

「平熱の高い、低いには、個人差があります。太った人は体温が高そうなイメージがありますが、冷たい脂肪が多いので腋窩温は低くなりがちです。

一方、なかには平均の腋窩温が37℃台の人もいます。実際、私は平熱が37℃です。よく『体が熱い』と言われます」(前出・永島氏)

PhotobyiStock

個々人の平熱の違いによって、様々な「感じ方」にも差が出てくる。

「たとえ同じ37℃の熱であっても、普段の平熱が低い人は、平熱が高い人に比べて、体はキツく感じるし、症状も重い可能性が高いのです」(生命創成探究センターの富永真琴教授)

体温が高ければ「暑がり」に、低ければ「寒がり」になるという傾向もある。

さて、平熱に個人差があると言われて何よりも気になるのは、どのくらいの体温が理想的なのかということだ。前出の鄭氏はこう語る。

「私の考える理想的な体温は、腋窩温で36.5℃を超えることです。上は37.0℃くらいまでは十分正常な温度と言えます。平熱が37.0℃というと驚かれるかもしれませんが、このくらいの体温だと、むしろ臓器は健康で、血行も非常にいい状態にあることが多いと思います」

鄭氏が指摘するとおり、体温が高いと、まず体内の様々な器官が活発に働くようになると考えられている。

名古屋大学大学院医学系研究科・統合生理学分野で生理学を専門とする中村和弘教授が解説する。

「体の内部では様々な化学反応が起きており、そのことによって臓器は機能していますが、体内の温度が高くなると、その反応が速くなります。

たとえば、肝臓は有害なものを外に出す『解毒』の機能を果たしますが、この際、『酵素』と呼ばれるタンパク質が働いています。体温が高いと、酵素の処理速度が上がり、解毒の機能が活発化、活性化すると考えられています」

免疫力も上がる

筋肉にも同じことが言えるという。筋肉を温めることによって、体内の化学反応が活発になり、効率よく、スムーズに筋肉が動くのである。

体温が高く、臓器や筋肉が活性化していれば、自然と活動的になり外出への意欲も出るだろう。一方で、体温が低ければ体が動きにくく、出不精になってしまう――そう考えれば、体温は、人生を左右する影響力を持っているのである。

続いて体温と免疫の関係はどうか。「体温が上がると免疫力が上がる」という話を聞いたことがある人もいるだろう。

前出の中村氏が言う。

「免疫細胞には、体内の温度が高くなると攻撃活性が上がるものが存在すると指摘している論文があります。また、動物実験ですが、ウサギをわざと細菌に感染させて、薬で発熱を起こさないようにすると、致死率が高くなるという論文もあります。

つまりこれは、体温を上げることが、免疫細胞の活性化につながっているということ。体温と免疫力の関係を支持する科学的事実は存在していると言えます」

前出の富永氏も体温と免疫の関係について、こう話す。

「最近では、インフルエンザになった患者でも、熱が39℃を超えなければ、積極的には解熱剤を使いません。体温が高いほうが、免疫が活性化することがわかってきたからです」

反対に、体温が低い人は、風邪など感染症にかかりやすいこともわかっている。

腋窩温で36.5℃を超える平熱を保つことが快調な生活につながることはわかった。では、平熱はどのようにして決まるのか。

体温を決めている要因には、人種や食習慣など様々なものがあるが、なかでも重要なのが、筋肉の量である。

「平熱に大きな影響を与えているのは、取り込んだ栄養をエネルギーに変える『代謝』の良し悪しです。これは、代謝の際に熱が産生されるためです。

代謝量は筋肉の量と相関しており、筋肉が増えれば基礎代謝は高くなるし、筋肉が減れば低くなる。筋肉の量が平熱を決める大きな要因となっているのです」(前出・永島氏)

体温を36.5℃超に保つためには、体を動かし、筋肉をつけることがもっとも手っ取り早いようだ。しかし、運動と言っても何をすればいいのだろうか……。

多くの識者が口を揃えて主張するのは、大きな筋肉を鍛えること、そして、通勤の際に徒歩や自転車を使うなど、「持続可能」な運動をすることで、体温を上げていくことだ。

大きな筋肉を鍛えれば、筋量は増えやすく、効率的に体温を上げることができる。大きな筋肉といえば太ももの「大腿筋」だが、これは階段の上り下りで鍛えることができる。

また、特別なことをせずとも、身近な「歩く」という運動で体温を上げることができる。

PhotobyiStock

東京都健康長寿医療センター研究所の青柳幸利氏の研究によれば、毎日8000歩を歩くことに加え、約20分の「中強度の運動」(うっすら汗ばむ程度の早歩きなど)をすることで、様々な病気を予防することができるようになるという。

これは、運動によって代謝が良くなり、体温が上がることで免疫力が上がった結果だと考えられている。

さらに、食事によっても体温を変化させることができる。ものを食べた後に、体温が上昇することがあるが、これを「食事誘発性熱産生」といい、これも平熱を上げるひとつの要因となる。

「高タンパク食は食事誘発性熱産生が大きく、体温上昇が望めます。また、筋肉の材料にもなりますから、筋量を増やす効果もあると考えられます」(前出・永島氏)

タンパク質というと、肉、魚が思い浮かぶが、高カロリーの肉は、内臓脂肪を増やし、かえって動脈硬化などを促進してしまう可能性がある。カロリーが低く、タンパク質を豊富に含む鶏肉のささみなどが体温を上げるのには最適の食材と言える。

また、京都大学大学院農学研究科の河田照雄教授らの研究によれば、動物実験によって、魚油(EPAやDHAなどを含む)の摂取で体温が上昇することが明らかになっている。魚油は、脂肪燃焼を促進する「褐色脂肪細胞」を増やすのだという。

EPAやDHAを含む、サンマ、サバ、アジなどの青魚を摂取することが体温上昇には効果的だ。

体温を36.5℃以上に保つことは、健康でハツラツと毎日を過ごすためには欠かせない「必須条件」だ。

「週刊現代」2018年4月28日号より

スポンサードリンク

2018/06/23 14:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「知っていますか?本当の「平熱」の測り方 自分の平熱を知らな...」に関するコラム

「知っていますか?本当の「平熱」の測り方 自分の平熱を知らな...」に関する評判

cfs_kakusan

@cfs_kakusan

「和温療法研究所」の所長で獨協医科大学特任教授の鄭忠和先生のお話もあります。体温と免疫力の関係など。 twitter.com/gendai_biz/sta…

「知っていますか?本当の「平熱」の測り方 自分の平熱を知らな...」に関するキーワード

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム