むくみ解消
  1. HOME
  2. むくみ解消
  3. コラム
  4. 顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
執筆:月刊『からだにいいこと』編集-株式会社からだにいいこと

顔がたるむ原因は、一見顔とはかけ離れたように見える生活理習慣に要因が。その理由と改善法を解説。

“たるみ”は年のせいだけではない

年齢を重ねると現れる、老け見えの大きな原因“顔のたるみ”。たとえば「ほうれい線」はシワのようにも見えますが、その原因は頬の肉のたるみです。
また、若い頃の「目の下のクマ」は、血行不良による青っぽいタイプが多いですが、年を重ねてからのクマは、下まぶたのたるみによる影が原因に。「頬の毛穴」も、涙型に流れているものは、たるみによって毛穴が開いたためにできたものです。
こうしたたるみは、年のせいと思いがちですが、実は毎日なにげなくやっている習慣が原因になっている、と指摘するのは理学療法士の小野睛康先生(アンチエイジングサロン・ソリデンテ南青山代表)。その習慣を今すぐストップして、顔のたるみを予防しましょう。

顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防

顔のたるみを引き起こす4つの生活習慣

1“食いしばり”で顔がどんどん大きく

エラが張っていたり、頬が外に張り出している人は、寝ている間など気づかないうちに歯を食いしばっているかも。食いしばりグセのある人は、筋肉がどんどん外側に張って硬くなり、顔が横に広がってたるみます。そもそも、歯の上下は、食べ物を噛むとき以外は、離れているのが正しい状態です。口を閉じているとき、歯の上下がくっついていたら、筋肉が硬くなって、たるみの原因に。歯の上下は、いつも意識して少し離しておきましょう。また、エラの周囲をよくマッサージするのも、たるみの改善、防止に効果があります。

2“下半身むくみ”放置で、たれ顔まっしぐら!

頭と体はボディスーツのように、筋肉を包む1枚の「筋膜」でつながっています。離れているから無関係と思われがちですが、下半身のむくみを放置すると、そのむくみが筋膜を下へ引っ張り、顔の筋膜も一緒に引っ張られてたるみ顔に!むくみやすい人は、足を上げて寝るなど、むくみ対策を行って。

3筋肉をゆがめる“横向き寝”は避けて

いつも顔の同じ側を下にして寝ていると、そちら側の筋肉ばかりが伸びてしまいます。それが続くと骨や筋肉がゆがんでいき、顔のたるみを引き起こすことに。寝ている間は無意識に体を動かして、日中のゆがみをとる大切な時間。寝返りがスムーズに打てるよう、体に合った枕を使うなどして、ずっと同じ向きで寝ないように工夫しましょう。

4“肩こりさん”は、顔のたるみ率100%

肩こりのある人は、ほぼ全員顔がたるんでいます!なぜなら、ワキや首の血管やリンパ菅が、こりで押しつぶされて顔に老廃物がたまり、栄養も行き届かないため。いくら顔をマッサージしても、体のめぐりが悪ければ、効果は長く続きません。肩こり解消に働く「ワキの後ろもみ」を行いましょう。

<ワキの後ろもみのやり方>

右手の親指を左のワキの中央に押し込み、残りの指をわきの後ろにあてる。親指と4指でワキをつかむように強めに10回もむ。反対側も同様に。

スポンサードリンク

2018/07/05 22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防」に関するコラム

「顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防」に関する動画

「顔のたるみを加速させる4つのNG習慣|顔のシワ・目のクマを予防」に関する評判

gogocrox

@gogocrox

肌の老化を早める紫外線⇒紫外線の浴びすぎは肌には大敵で、「しみ・ソバカス」の原因となるメラニン色素を過剰に生成したり肌のコラーゲンを傷つけ「しわ・たるみ」を引き起こす可能性があります。
_girls_power_

@_girls_power_

【寝ている間に美脚になる方法!】 ①脚まくら 血流が促進・脚のむくみにも効き、疲れが軽くなります♪ ②着圧ソックス 20mmHg以下の弱圧か極弱圧がオススメ ③仰向けに眠る うつ伏せ・横向きは、体の歪みやO脚だけでなく、 顔の歪みやシワやたるみを引き起こす原因になるので注意!
no_niki_bi

@no_niki_bi

ビタミンCはコラーゲンの合成に必要で肌のシワ、たるみを抑え、丈夫な血管や骨をつくります。ニキビへの効果としては炎症を引き起こす活性酸素の除去、ニキビの原因になるストレスの緩和などの効果があります。
mens_skincare1

@mens_skincare1

日光に当たって皮膚が赤くなったりするのは、UV-Bという紫外線!!しわ・たるみの原因になるのはUV-Aという紫外線です!!UV-Aは雲や窓ガラスも通過し皮膚の奥まで届きます!!室内でも長時間窓側にいることが多い人は、日焼け止めを塗りましょう!!☆
ホリスティックスパ・ルシア

@ホリスティックスパ・ルシア

...円(税込) ※コースの有効期限につきましてはご購入日より1ヶ月間とさせて頂きます。 生理中はお受け頂けないコースとなっておりますので、 毎月の生理が終わった頃にご購入頂くのがおすすめです♪ むくみ、たるみ、冷え性の原因となるセルライトは 皮下脂肪細胞とアンモニア(老廃物)とが結合し、 さらに毛細血管や神経と絡まって血液の流れを阻害します。 つまり「身体にとって不必要なもの」です。 セルライトは食事...
こころ整骨院 池田院

@こころ整骨院 池田院

...ついて 鍼治療は、体の様々な不調の改善や病気の予防などに用いられていることはよく知られていると思いますが、それを美容の分野に応用した「美容鍼」を今回はご紹介します。 美容鍼は、むくみやしわ、たるみ、くすみ、肌荒れ等の症状がお顔に表れている場合、その原因を細かく分析し、症状が出ているお顔に施術するのはもちろん、その根本となる原因(内臓の不調など)を改善するために体に施術をすることも...
kid_sae

@kid_sae

【日焼け止めのSPFとPAの違い】 SPFは皮膚ガンや日焼け、しみ、そばかすの原因となるUV-Bを防ぐ効果 PAはしわやたるみの原因となるUV-Aを防ぐ効果 つまりSPFの数値が高いほど肌の炎症、日焼けを防ぐ効果が高く PAの+が多いほど肌の黒化や弾力を失わせるのを防ぐ効果が高いのです。
kantan_meiku3

@kantan_meiku3

シートタイプのクレンジングは便利ですが、ついついこすってしまいがち。 お肌にくすみやたるみの原因にもなるダメージを与えてしまいます。 シートタイプを使用する際は、落としたい部分にしっかりあてて、滑らすようにメイクを落としていきます。 #メイク #化粧 #美容
hacchi_8801

@hacchi_8801

老けて見える「目袋」、涙袋との違いはどこ? 原因と改善法について紹介 alluxeweb.com/post/758/ 目袋と涙袋って根本的にちがうんだね。年取って見える目の下のたるみは脂肪だったんだ。
suppingazo

@suppingazo

【目のクマの原因】 ①茶グマ シミ、くすみ、 →色素沈着によるもの。湿疹、目の皮がむけやすい人に多い ②黒グマ →むくみやたるみによって目立ち、皮膚の小じわやたるみも原因 ③青グマ →血行不良、寝不足、疲れによるストレス、冷え性、喫煙が原因

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム