むくみ解消
  1. HOME
  2. むくみ解消
  3. コラム
  4. 生理前の不調(PMS)むくみ・イライラ・頭痛に効果的な漢方薬...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

生理前の不調(PMS)むくみ・イライラ・頭痛に効果的な漢方薬とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
(編集・制作(株)法研)

漢方で月経異常や子宮、卵巣などの病気を予防しましょう。漢方では、気・血・水が滞って病気になるといわれています。自分の体調をチェックしてみましょう。

その人の体質、症状で診断する

漢方は、6世紀頃、中国医学が日本に伝えられ、それが日本で独自に発達した、伝統医学です。
西洋医学では、臓器や組織の異常のある部分を見つけ、病名を決定し、治療を行います。ところが、漢方では、その人の体質や症状などから診断を下し、処方を決定します。ですから、病名は同じでも、処方が西洋医学と異なることがあるのです。

女性の身体は、男性に比べて筋肉が少ないため、熱やエネルギーを作り出すことが苦手です。また、微妙な女性ホルモンバランスを保っているため、自律神経が狂いやすく、気温の変化や冷房、飲食物でも身体に影響が出てしまいます。このようなことから女性は血行不良になりやすく、冷え症や月経痛をはじめとするさまざまな体調不良がおきます。
漢方では、体内のエネルギーのバランスが整った状態を「健康」と考えます。ですから、女性の抱える体調不良はエネルギーのバランスが崩れている状態ととらえ、バランスを取り戻せるようトータルで治療していきます。その際使われる漢方薬は、月経痛や冷え症といったひとつの症状を消し去るための薬ではなく、体調不良が起こらないよう体質改善するための薬といえるのです。
漢方薬の原料は、薬草の茎や根、葉を乾燥させたものや、動物、鉱物など。一般には、漢方薬は副作用がないと思われがちですが、これは間違いです。薬である以上、体調になんらかの作用を及ぼします。素人判断で安易に利用せずに、必ず、医師や薬剤師の指示を受けるようにしましょう。

生理前の不調(PMS)むくみ・イライラ・頭痛に効果的な漢方薬とは?

婦人科系疾患の原因になる「淤血(おけつ)」

漢方では、人間の体内をめぐる「気・血・水」に着目します。「気」は全身をめぐるエネルギー。同時に、精神的なはたらきも意味しています。「血」は血液そのものや、その循環。そして「水」は血液以外の水分代謝のことを指します。これらの3要素が、順調に体内を循環している状態が、漢方で考える健康です。

「気・血・水」のどれかが、異常を起こすと、体に不調が起こり、ひどくなると病気の症状が現われます。血液の流れが悪くなることを「淤血(おけつ)」と呼び、女性の場合は、婦人科系疾患の原因の一つになりやすいのです。

「淤血」は、血液のとどこおりです。腹診で、へそのまわりや下腹部を手で押して、抵抗感やひびくような痛みがあるときは、淤血のサインです。
淤血によって起こりやすい婦人科系の症状は、月経異常や卵巣炎、子宮内膜症など。それを改善するために、漢方ではどのような処方が行われるのでしょうか。

さまざまな漢方薬を知っておこう

生理前に、イライラ、頭痛、むくみなどが起こる月経前緊張症は、淤血以外にも、気・血・水のバランスが乱れていることが多いのです。その原因は、主に冷えと考えられています。また、夏場に冷たい飲食物をとり過ぎたり、無理なダイエットで体温が低下した場合には、冷えによって無月経になることもあります。

これらのケースでは、体力がある人には桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を、体力がない人には当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を処方します。桂枝茯苓丸は、月経異常だけでなく、卵巣炎、卵管炎、子宮内膜症、更年期障害などにも効果があるといわれています。

また、子宮筋腫のようなはれものやできものも、血流の異常が原因と考えられています。淤血を解消するために、桂枝茯苓丸や当帰芍薬散、加味逍遥散(かみしょうようさん)などが用いられます。また、骨盤内のうっ血に対しては、温経湯(うんけいとう)が効果を示すことがあります。

さらに、漢方薬は精神状態の不調にも効き目を持っています。最近、うつ傾向の人が増えているようですが、漢方ではうつは「気」と「水」の流れが滞ることととらえます。体力のある人には柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつばれいとう)、体力のない人には香蘇散(こうそさん)などを処方します。

月経によってホルモンバランスが変化する、女性のからだは、不安定になりがち。体をトータルにとらえ、体液やエネルギーの循環をととのえる、漢方医学の知恵を参考にしたいものですね。

(「よくわかる女性のからだ事典」天野恵子監修、法研より)

※この記事は2006年8月に配信された記事です

スポンサードリンク

2018/07/09 23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「生理前の不調(PMS)むくみ・イライラ・頭痛に効果的な漢方薬...」に関するコラム

「生理前の不調(PMS)むくみ・イライラ・頭痛に効果的な漢方薬...」に関する評判

kiha_0519

@kiha_0519

【うつ・私の場合】を紹介 ・会社休職歴あり ・復帰したけど再発→退職 ・で、再就職! ・うつ症状、自律神経失調症 ・処方薬と漢方か高麗人参茶 ・体力気力つまり エネルギー小さい ・運動苦手でもかつては ダンス・ヨガした ・体調の波があり #うつ病
kasuoukakkou84

@kasuoukakkou84

返信先:@annampuaK 怪しい漢方医だから分からんけど、正確に言うとスタミナにはなるんだけど若さが無いと夏場は吸収するのにつかうエネルギーの方がでかくなりかねないって言ってた、カタコトで
buhesa_nakamura

@buhesa_nakamura

夏バテ予防📚 胃腸機能を低下させないことがポイントです🍀 胃腸は体の元気を支えるエネルギー工場です。 暑いからといって、冷たいものを摂りすぎると ・胃腸機能低下 ・体温上昇の為のエネルギー消耗 を招いて #夏バテ しやすくなりますよ😣 kocyoudou.com/koramu_k144349… #漢方 #金沢市 #津幡町 pic.twitter.com/48NCMUQDXW
yoqarabars

@yoqarabars

#漢方 #慢性的喘息持ちさん #夏の養生 夏に体力を温存して健やかに過ごす事で、秋冬の喘息発症を抑えたり、軽減したりできます。 足首にレッグウォーマー、腹巻き、それからお灸も効果的。 エネルギー補給の合谷(ごうこく)、肺強化の列缺(れっけつ)や尺沢(しゃくたく)があります。
yoqarabars

@yoqarabars

慢性的喘息持ちさんへ 酷暑の年は秋冬に喘息発症率が高くなります。漢方では汗をかくとエネルギーが出ていくと考えます。麦味散顆粒という漢方薬で補ってくださいね。 また、冷房で冷やしすぎたり、冷たい飲食の摂り過ぎにも注意を! #漢方 #喘息 #夏の養生
totaltama

@totaltama

ドリンク剤やビタミン剤をとってもなんだか疲れが取れないという方は、身体自体がエネルギーが落ちている状態なので、身体というエネルギーの場を上げるために漢方薬を飲むと疲れが取れてきますよ(^-^) 受け皿ができるって感じかな~?
okina017

@okina017

返信先:@abe_shinayaka ストレスって言っちゃうと大げさになりますが、漢方的には気(エネルギー)の巡りが滞る状態になると出てくることがありますょ〜喉になにかが引っかかるような違和感があれば、半夏厚朴湯。単に乾いたせきがあるなら麦門冬湯。しわがれ声や喉の不快感があれば響声破笛丸料がオススメですょ❣️
ブヘサ 中村固腸堂

@ブヘサ 中村固腸堂

...より疲れやすくもなります。 冷たいものを摂り過ぎたときは温かいお湯を飲んだり、お腹を湯たんぽで少しでも温めると◎ 続きは↓↓
HWV56_miki

@HWV56_miki

返信先:@tamaki0218 環さん、おはようございます☀ そうなのですか😳初めて知りました…!教えてくださりありがとうございます。意識していないところでエネルギー消費していたなんて…やはり歌う量も考えて大事に腎臓を使っていかなければと思いました(;_;)検査後の鈍痛が完全に引いてから、また漢方整体も通います😊💕
tamaki0218

@tamaki0218

返信先:@HWV56_miki 漢方整体の先生曰く、歌を歌うということは腎の気をたくさん放出することらしいです。心を込めて思いの丈を歌うほどエネルギーは消費するので、歌う量や歌のお仕事の間合いを上手に取って、身体に負担がかかり過ぎないようにする事が大切だと教えられました。

「生理前の不調(PMS)むくみ・イライラ・頭痛に効果的な漢方薬...」に関するキーワード

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム