運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは?

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは? (全8枚)

暑い夏の時期ですが、ダイエットをしていたり筋トレをしている人には欠かすことができない運動です。夏の時期にする運動に関して疑問に感じること、知っておくと良いポイントなどをご紹介します!

ちょっと外出するだけでも汗が出てしまう暑い夏の時期。

なるべく動きたくないと思っていても、ダイエットをしていたり筋トレを続けている方たちにとっては、暑い夏の時期でも毎日の運動は続けていかなければなりませんよね。

知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは? 出典:GODMake.

そんなに運動量は多くないのにも関わらず、簡単に疲れてしまう理由は何なのか、夏に運動をするとすぐに汗をかきやすいからダイエットには向いている?などといった、夏の運動で疑問に感じることについての豆知識をご紹介します!

夏の時期の運動に関する豆知識

1.夏に運動するとどうしてすぐに疲れを感じてしまうのか?

夏に運動をするとき冬の時期などに比べると、運動を始めてから疲れを感じるまでの時間がとても短くなってきますよね。

もちろん夏の暑い時期なので、疲れを感じる原因として暑さというものもありますが、夏の時期に運動をすると心拍数が簡単に上がってしまい、心臓に負担がかかってしまうことで疲れを感じやすくなってしまいます。

知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは? 出典:GODMake.

さらには夏の時期に運動することで血液の量が減少し筋肉の収縮力が落ちてしまい、疲れを感じてしまう原因となる乳酸菌がたくさん筋肉内に溜まってしまいます。

心拍数が簡単に上がってしまう暑い夏の時期に、ダイエットをしているから・筋トレをしているからと長時間キツイ運動を続けてしまうと、心臓への負担が大きくなりケガをしてしまう確率も高くなります。

ダイエット・筋トレのためにたくさん運動したくなる気持ちもありますが、疲れやすく心臓にも大きな負担がかかりやすい夏の時期は、いつも行っている運動量を20パーセントから30パーセントほど下げた運動量を行うことをおすすめします!

2.夏に運動をすることはダイエットの効果も大きい?

少しの運動をしただけでも汗をたくさんかいてしまう夏の季節です。そんな暑い時期は冬の時期よりもたくさん汗をかくことができて、ダイエットの効果もなんだかアップしそうですよね。

運動しながらたくさん汗を流すことで、運動が終わったあとに体重を計ってみると1〜2キロほど体重が減っていた!といった経験のある方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは? 出典:GODMake.

夏の時期にたくさん汗をかきながら運動をした後は、体重が簡単に1〜2キロ減るということもありますが、これは体の中の水分がたくさんかいた汗によって排出され水分不足による体重減少といった場合が多く、運動が終わったあとにのどが渇いて水分補給をすると元の体重に戻ってしまいます。

汗をかきやすい夏にたくさん運動するよりも、基礎代謝量が夏よりも高くなる冬の時期にこまめに運動を行うほうが、ダイエットには効果があるという研究もされています。

3.運動をしたらどのくらい水を飲まなければならない?

運動を行う30分前にトイレに行き尿の色を確認して、もし色が濃いようであれば運動しながら脱水症状を引き起こしてしまう可能性があるので、運動を始めてからではなく運動をする前に十分に水を飲むことが重要なポイントとなってきます。

知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは? 出典:GODMake.

運動をはじめてから飲む水の量としては、運動をスタートさせてからだいたい20分間隔くらいで200〜250mlの水を補給していきましょう。

短時間で終わる運動ではなく1時間以上運動を続ける場合は、水よりもイオン飲料や果物ジュースといった飲み物を摂取することもおすすめです。

4.夏は夜に運動するほうが良い?

気温が高くなって熱中症になってしまう恐れもある夏の季節の運動は、高血圧・糖尿病にかかっている人にとっては危険な行為となっています。

暑い夏とはいえ、日が沈んで夜になると気温も少しは下がり運動しやすい環境になるので、夏の時期はなるべく日が照っている昼間に行うのではなく、涼しくなった夜に行うことがおすすめです。

知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは? 出典:GODMake.

気を付けなければならないのが、糖尿病にかかっている人が朝方も涼しいからと早朝何も食べずに空腹のまま運動を行ってしまうと、低血糖を引き起こしてしまう危険があるので要注意です!

夜に運動をするときは就寝2時間前には運動を終わらせ、ゆっくりと休むようにしましょう。

5.夏の時期におすすめの運動は?

夏の時期におすすめの運動としてあげられるのは、暑さを回避してくれる水泳やアクアロビックなどといった水中でできる運動です。

水とエアロビとが合わさったアクアロビックは、地上で運動するよりも約3倍ほど効果が高いといわれており、ダイエット効果だけでなく筋肉の弾力や心肺機能の向上といった効果もある運動法となっています。

知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは? 出典:GODMake.

また水中だけでなく、日陰があって日が照りすぎていない場所での登山や、自転車に乗ることもおすすめします。

自転車に乗ることで、運動しながら受ける風によって体温が急に上昇してしまうのを防いでくれる効果があるので、夏には日陰の多い場所で自転車に乗るのも良い運動法となっています。

水分補給をしっかりしながら適度な運動を

いかがでしたでしょうか?

暑い夏の時期はちょっと動いただけでも汗をたくさんかいてしまって、体が水分不足になりがちとなってきます。

知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは? 出典:GODMake.

こまめに水分補給をしながら脱水症状になってしまわないように気をつけて、自分に合った運動法を見つけていくことが大切です!

スポンサードリンク

2018/07/15 16:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは?」に関するコラム

「知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは?」に関する動画

「知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは?」に関する評判

tanisakukoi

@tanisakukoi

なんか急に豆知識なんですけど、ナマケモノって運動しすぎるとその発熱で死んじゃうらしいです(ナマケモノどこから出てきた)
diet____bot

@diet____bot

【豆知識】バストを残すお風呂運動 体重が落ちたのはうれしいけど、バストも一緒に落ちてしまった。こういう事態は避けたいものです。体重が落ちても、バストが落ちないようにするには、大胸筋を鍛えることがポイントです。大胸筋が落ちると、胸が垂れ気味になり、バストダウンにつながっていきます。
nonbiri_usagi

@nonbiri_usagi

【整体豆知識】4.股関節痛「4-5、変形性股関節症の筋力増強運動」です。話のネタにどうぞ。続きはブログで。bit.ly/1yMXRa5
sakasyou0875

@sakasyou0875

返信先:@dabadatw他2人 え? そんなムードないでしょ フラッグに関しては野間さんの解釈が運動の理に叶ってると思いました。だから発案者がどっちでも良いと言ってることはみんなが知ってる豆知識レベルになるまで広まると良いと思います。 揚げるほうも見るほうも瑣末で削られる要素ひとつ減るし twitter.com/kdxn/status/10…
vaticon_kun

@vaticon_kun

【豆知識】グンマーの小学校の運動会では「赤城団」「妙義団」「榛名団」「浅間団」の四つに別れて争う。ただ人数が少ない学校だと浅間団がなかったりする。
healthtech_us

@healthtech_us

【医療の豆知識】 ▼生体データ 人間の体や心理に関わるあらゆる情報。身長、体重、持病、健康状態のほか、睡眠時間や日々の運動といった行動パターンも含まれる。 #ヘルステック #健康 #ビックデータ
coffee_news_bot

@coffee_news_bot

コーヒーはカフェインが含まれているので、・眠気を覚ます・集中力アップ・解熱鎮痛作用・利尿作用・自律神経の運動促進の効果があります #コーヒー #coffee #豆知識
girlwomencue

@girlwomencue

*豆知識*~リンパ編~ 【リンパが滞ることでおきること】 □むくみ □老廃物が輩出されないため免疫の低下 □疲労 □肩こり 【リンパが滞る原因】 ▼原因 □運動不足 □冷え症 □ストレス □塩分の取り過ぎ
harisienne

@harisienne

【エラスチン豆知識】 エラスチンは、バストのハリを支えているクーパー靭帯にもたくさん含まれているんですよ!年齢とともにバストが下垂するのを防ぐために、運動や肥満で伸びきってしまわないよう注意しましょう! #エラスチン #バストアップ pic.twitter.com/Tz5F774Gbe
coffee_news_bot

@coffee_news_bot

コーヒーはカフェインが含まれているので、・眠気を覚ます・集中力アップ・解熱鎮痛作用・利尿作用・自律神経の運動促進の効果があります #コーヒー #coffee #豆知識

「知っておきたい夏の時期の運動に関する豆知識とは?」に関するキーワード

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム