運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. ストレスが判断力を鈍らせる?! 投資判断とストレスの関係

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

ストレスが判断力を鈍らせる?! 投資判断とストレスの関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
ストレスが判断力を鈍らせる?! 投資判断とストレスの関係 (全2枚)

近年、普通の会社員でも、お金を株式などの投資で運用し始めています。しかし、いざ投資を始めても、株価などが気になってかえってストレスを感じてしまったり、ストレスによって正常な投資判断ができず、損をしてしまったりすることもあります。そこで今回はストレスと投資判断との関係をお伝えします。

個人投資家の状況


投資をしていない人からすると、投資家のイメージとしては、ジョージ・ソロスのような高収入の人が巨額の資産を運用する姿であったり、モニターに張り付いては株式の値動きに一喜一憂するデイトレーダーなどがあげられるのではないでしょうか。

しかし、日本証券業協会が平成28年に公表した調査結果などによれば、そのようなイメージとはちょっと異なる投資家の姿が浮かんできます。

主なデータについては、以下のとおりです。

●個人投資家の70%以上は、収入が500万円以下
●個人投資家の主な収入の上位2つは、「給与所得」「恩給・年金」
●保有している証券商品の金額では、300万円未満が約47%
●証券の主な購入目的は、短期的な売買でなく、配当などを得るため

このように、株式などへの投資は、特別な人たちだけではなく、普通に働いている人や年金暮らしの高齢者の資産運用の選択肢の一つとして考えられています。

また、2014年1月からNISA(少額投資非課税制度)がスタートし、少額の投資の非課税枠が広がったことから、コツコツ型の投資をする人は増えてくると思われます。

・合わせて読みたい→
人間関係だけではない意外に気づかないストレス要因とは(http://cocokara-next.com/stress/stress-factors-unaware/)

ストレスが狂わせる投資判断

短期的な売買目的ではないにしても、値下がりが続きそうな株式を損切りのために売却しなければならない場合もあれば、将来の値上がりのために同じ銘柄を買い足すこともあるでしょう。

物事にはすべからくリスクがあり、そのような売買の判断で、利益を得る一方でかえって損失を広げる可能性もあります。

やはり、株式などの投資対象の値動きは気になるものです。しかし、その値動きが気になって他の活動に支障が出るようであれば、それは立派なストレス要因になると言えるでしょう。

実際、投資を専業にやっている投資銀行のトレーダーの多くは、数年でストレスに関連した疾患にかかったという、アメリカでの研究結果もあります。また、仕事や家庭環境などでストレスを抱えてしまった状態では、投資判断が狂ってしまうなどということも考えられます。

ストレスが判断力を鈍らせるメカニズムは次のとおりです。

まずストレスを感じると、ノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質が脳内に放出されます。これらの濃度が脳の前頭前野で高まると、神経細胞間の活動が弱まり、それにつれて脳内で情報をやりとりするネットワークの活動が弱まります。その結果、行動を調節する能力も低下して、自制心はバランスを崩していくのです!

このように、ストレスに悩んでいる状態では、冷静な判断ができず、投資判断を誤るリスクが高まります。

投資対象の値動きに一喜一憂してほかのことに手がつかなかったり、仕事や私生活でストレスを感じがちだったりする時期には、いくら目先の値動きが好ましく見えるものであっても、重要な投資判断を避けた方が無難と言えるでしょう。

堅実な投資のためにストレス対策は不可欠

資産を増やすためには何らかの投資は必要です。しかし、投資がストレス要因になったり、ストレスを抱えたりした状態で投資判断をすれば、せっかくの運用も台無しになってしまうでしょう。そうならないようにするための投資に関するストレス対策が以下の通りです。

対策1:リスクに備えておく
身も蓋も無い話ですが、100%儲かる話なんてありません。投資にはリスクがつきものであり、そしてそのリスクへの不安がさらなるストレスを引き起こします。そこで、いくらまで値が下がったら損切りの売却をするというルールを決めておくなど、リスクへの備えを取るようにしましょう。

対策2:取引の時間を決めておく
現在は、ネット証券会社の普及により、スマホやパソコンで事実上いつでも取引ができるようになりました。しかし一方で常に値動きや取引が気になってしまい、ストレス要因となってしまうことがあります。ストレス防止のためにも、取引の時間を決めておき、振り回されないようにしましょう。

対策3:日ごろのストレス対策をおろそかにしない
投資でストレスはたまらなくても、ストレスのたまった状態で投資判断をすることは危険です。適度な睡眠と、栄養のバランスのとれた食事を心がけるとともに、自分なりのストレス解消方法を作っておき、こまめなストレス解消を心がけましょう。

近年投資は、普通の人の資産運用手法として定着しています。しかし、仕事などのストレスから投資の判断基準が鈍ったり、はたまた投資自体にストレスを感じることも出てきます。投資自体がストレス要因にならないよう、またストレスで投資判断が狂うことのないよう、ストレス対策をおろそかにしないことが大切です。

[文:ストレススキャン編集部]

「スマホで簡単にストレスをチェックできるアプリ-【ストレススキャン】-(https://stress-scan.com/)」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ストレスが判断力を鈍らせる?! 投資判断とストレスの関係 外部サイト 職場に嫌いな人がいてストレス…対処法は? 「自覚無いストレス」に注意!ストレスの可視化と対策とは うつ病、ストレスで休職...一般企業はなぜ「コンディショニンググループ」を置かない? 日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

スポンサードリンク

2018/08/10 08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「ストレスが判断力を鈍らせる?! 投資判断とストレスの関係」に関するコラム

「ストレスが判断力を鈍らせる?! 投資判断とストレスの関係」に関する評判

planet_f108

@planet_f108

返信先:@Naokoro_ 日本証券業協会の個人投資家向けアンケートに理由が書いてあります。数は少ないかもですが、やる必要ないと考えてる人もいたと思います
masa_tora11

@masa_tora11

RT @MikageHoshii: 前にも言ったけど株初めてする人は個人投資家のブログなんかより日本証券業協会発行の「資産運用と証券投資スタートブック」見たほうが100倍いいよ blog.turtlewalks.net/shisanunyou_sh…
alice_bana9

@alice_bana9

RT @MikageHoshii: 前にも言ったけど株初めてする人は個人投資家のブログなんかより日本証券業協会発行の「資産運用と証券投資スタートブック」見たほうが100倍いいよ blog.turtlewalks.net/shisanunyou_sh…

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム