食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 「大君」ユン・シユン“日本には何度も行って、今では家みたい...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「大君」ユン・シユン“日本には何度も行って、今では家みたいな感じです”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
「大君」ユン・シユン“日本には何度も行って、今では家みたいな感じです” (全4枚)

韓国の総合編成チャンネルTV朝鮮で放送された大ヒット時代劇「大君−愛を描く(原題)」がCS放送局・衛星劇場にて、8月17日(金)より日本初放送!

今作はユン・シユンが朝鮮時代最高のイケメンを熱演した話題作で、一人の女性をめぐる兄弟の熱い欲望と純情の記録を描いたロマンス時代劇。今回、日本初放送を記念して、ユン・シユンにインタビュー!ドラマの撮影エピソードや最近の活動についてたっぷり語ってくれた。

【プレゼント】ユン・シユン直筆サイン入りチェキを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――「大君」のオファーを受けたときの感想をお聞かせください。

ユン・シユン:とてもおもしろい内容だったので出演したいと思いました。それから、3人の中で僕は最後に出演が決定したのですが、チュ・サンウクさん、チン・セヨンさんとの共演がとても楽しみでした。ドラマというものは僕ひとりでセッティングできるものではありません。素晴らしい俳優の方々と、一緒にストーリーを引っ張っていけるという点にいちばん惹かれましたし、それが一番嬉しくて、ぜひやりたいなと思いました。

――時代劇としては二作目の出演作ですが、ホ・ジュン役を演じた初の時代劇「魔女宝鑑〜ホジュン、若き日の恋〜」とはどんな違いがありましたか?

ユン・シユン:「魔女宝鑑」はホ・ジュンという歴史上の人物の名前を借りていますが、あくまでモチーフであって、ファンタジーでした。魔法や呪いなどが出てきましたし、史実にない部分を想像力で補いながら演じた部分が多かった作品です。今回の「大君」は韓国でとても有名な歴史上の人物や史実を基盤として作られた作品だったので、もちろん想像によって作られた部分も多かったですが、歴史的な事実をリアルに描き出そうという試み、そういった点に集中しました。

――「魔女宝鑑」の出演経験が役に立った部分はありましたか?

ユン・シユン:そうですね。役立ったのは、時代劇はひとつのファンタジーでもあって、僕たちが想像の翼をのびのびと広げることのできるイマジネーションの宝庫であり、そういう世界観であるので、決してとっつきにくかったり、重たかったりするジャンルではないという考えを持つことができていた点です。それで、撮影に入る前のプレッシャーを減らすことができました。


「チュ・サンウクさんの演技にどっぷり引き込まれて見てました」 ――文武に長け、幼い頃からイケメン王子だったイ・フィを演じるためにどんな準備をしましたか?

ユン・シユン:序盤の3話ぐらいに露出シーンがありました。僕はドラマの中で笑わせようとして脱いだことはありましたが、カッコよく見せるために脱いだのは初めてだったような気がします。そのために2〜3ヶ月間、食事制限を続けて、鶏ササミ肉やプロテインを摂ったりしながら体重のコントロールをしました。以前は顔がシャープに写ればいいのでダイエットだけに集中していたのですが、今回はダイエットをしつつ筋肉をつけていかなければならないという作業だったので、容易ではありませんでした。外見はシャープながらも敏捷な姿、そしてキラキラした姿を描き出すための準備をしました。

――雪山でのシーンなど、大変な撮影が多かったと思いますが、最も大変だったのは?

ユン・シユン:序盤の雪山のシーンは、ルシゲ役のソン・ジヒョンさんも本当に苦労していました。実は、放送されたシーンはBカット(放送される予定のないNGカット)でした。もともと台本にはなかったのですが、雪野原を歩いているときにソン・ジヒョンさんが雪に埋もれてしまい、僕が引っ張っていく場面があります。後ろを振り返ったら、雪の中から抜け出せずにいたので、僕が引っ張り上げました。(ソン・ジヒョンさんの)胸の高さぐらいまで雪が積もっていて、僕も引き上げられそうにないほどの大雪でした。そんなこともありましたが、最も大変だったことと言えば、1月の寒い時期に海洋ドラマセット場で実際に海に入って撮影をしたことがありました。チン・セヨンさんも水泳が大得意というわけではなく、水に浮いて遊んだ程度で、海で泳いだことはほとんどないそうです。危険との闘いでもありましたし、セヨンさんを抱きかかえて立ち泳ぎをしなければなかったのですが、1分ぐらい経ったら、自分が泳いでいるという感覚がなくなってきたんです。脚が凍りついてしまって。本当にヒヤッとする経験でした。韓服を着て泳ぐというのは本当に大変でした。

――反対に、最も楽しかったシーン、あるいは最も好きなシーンはどんなシーンでしょうか?

ユン・シユン:「製パン王キム・タック」のときもそうでしたが、やっぱり僕は家族について描かれた場面が好きなんです。それで、上のお兄さん(王/ソン・ジェヒ扮)が死んだ場面、兄との対立、母との再会といった場面において、名俳優の方々と一緒に演技をすることができたことが本当に嬉しかったです。ソン・ビョンホ先生が演じたヤンアン大君と最後のシーンを撮影したときも、数日間、台本を読み込んでセリフを完璧に覚えました。万が一セリフのNGを出してしまったら、大切なシーンを台無しにしてしまうのではないかと心配で。エンディング部分も本当に好きです。劇中のパートナーだったチン・セヨンさんとのシーンですね。チン・セヨンさんは、序盤で明るくピュアなエネルギーを放っていて、そのエネルギーは周囲の人々を笑顔にします。後半でその明るくピュアなエネルギーが再び出てきたとき、一緒に演じる立場としても撮影がとても楽しかったです。自分が演じる場面もとても楽しかったですが、共演した俳優さんたちの自然で最も美しい姿が出てきたとき、一緒に演技ができるということがとても嬉しいです。

――チン・セヨンさんとは初共演でしたが、どんな方でしたか?

ユン・シユン:ドラマに登場するジャヒョンととてもよく似ています。まったく同じだと言えるほどあたたかい人で、聡明で賢い子です。女優さんというと、自分自身を守り、自分にとって大切なもののために他人を排除する面も持ち得ますが、チン・セヨンさんにはまったくそういうところがありません。自分よりも先に他人を思いやることのできる人、あたたかい人です。大変な状況のときこそ、そういう面が現れるんです。とても寒くてつらい撮影の最中でも、自分がカメラに映るシーンではないにもかかわらず視線を合わせてくれたり、全身全霊をかけて演技を合わせてくれたり、いつでも相手の演技を称賛する、とても性格のいい子です。撮影が後半に進むにつれて、そんな姿がいっそう輝きを放っていました。大変でナーバスにならざるを得ない状況の中でも、最後まで彼女らしいあたたかさを失うことがありませんでした。僕が最後まで楽しく撮影をすることができたいちばんの理由は、ヒロインを演じたチン・セヨンさんが撮影現場の雰囲気を作ってくれて、俳優たちと親しく過ごしていたからだと思います。

――チュ・サンウクさんとも初共演でしたが、どんな俳優でしたか?

ユン・シユン:大韓民国で最も素敵な、カリスマ性があって男らしい俳優でありながらも、かわいらしさを持った方だと思います(笑)。カメラの前以外ではものすごくかわいいんです!ドラマに緊張感をもたらして葛藤の状況を引き起こすエッジの利いた悪役にもかかわらず、僕たちがチュ・サンウクさんの演技に心を引かれたのは、緩急の調節があり、そこにセンスがあったからでした。これまでに首陽大君を演じてきた綺羅星のようなスターたちがいたにもかかわらず、チュ・サンウク先輩印の首陽大君が競争力を持ち得た理由は、その緩急の調節とセンスだと思います。「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」という言葉がありますよね。サンウク兄さんは、本当にそうした緩急の調節があまりにもうまい俳優です。とても洗練された俳優だと思います。僕は一緒に演技をしながら、どっぷり引き込まれながら演技を見ていました。「カッコいいなぁ」って。

――歴代最高のワイルドな姿を見せましたが、武士の姿や髭を伸ばした姿などをご自身ではどんなふうに感じましたか?

ユン・シユン:僕はあえてワイルドに演じたわけではなくて、台本にそう書かれていて、衣装もそう見えるように着せていただいて、付け髭のメイクをしてもらい、音楽でも盛り上げていただいて……。そう考えると、俳優自らが一人で完成させられる領域ではないということを悟った気がします。僕は少年っぽいイメージが自分の強みであるとも思いますが、乗り越えなければならない部分でもあると思っています。これからも演技の経験を積み重ねて、その演技に対する信頼を基盤にそんな姿をお見せできる作品とシナリオ、演出陣とスタッフに出会えば、十分により男くさくてワイルドな姿を出せるだろうと思います。今回は僕の演技の変身であるというよりは、スタッフのみなさんが作ってくれた一つの産物ではないかなと思います。

――撮影が終わりましたが、いちばんやりたいこと、あるいは最初にやったことは?

ユン・シユン:いちばん、いちばん、いちばんやりたかったことは……僕はドラマの撮影前から3ヶ月間ダイエットをして、鶏ささみ肉を食べて、減塩食を食べていました。ほとんど塩を摂らなかったんです。少しでも塩を口にしたら、水を1リットル飲んだりして過ごしていたんです。撮影中も維持しなければなりませんでしたし、後半にも脱ぐシーンが何度かありました。それで6ヶ月も減塩生活をしたので、ものすごくラーメンが食べたくて。一口でいいからラーメンが食べたい、という気持ちでした。撮影が終わってすぐに打ち上げパーティーがあって、その翌朝、眠くて死にそうでしたが、ラーメンを作ったんです。でも2口ぐらいしか食べられませんでした。しょっぱすぎるんです、それまでずっと減塩食を食べていたので。お湯を足しながら食べても大変なぐらいでした。


「日本には何度も行って、今では家みたいな感じです」 ――6月には日本でのファンミーティングも開催。日本のイベントでどんなことをやりたいと思っていますか?

ユン・シユン:これまではコンテンツをお見せするショーのような感じでしたが、6月のファンミーティングは完全に密着してお見せするリアルバラエティみたいな感じです。今までよりももっとみなさんと近い、いちばん親しみやすい姿をお見せするのかどうかと思っています。180度変える方向で考えていますので、ご期待いただいていいと思います。いらっしゃって、もし楽しくなかったらまた次の機会がありますから。8回目のファンミーティングではまた昔に戻します。ハハッ。

――日本に行くと楽しみなことはありますか?

ユン・シユン:日本には何度も行って、食べ物もとてもたくさん食べたので、今では家みたいな感じです。本当に楽しくて。東京に行ったら、親しい友達と行きつけの場所に行ってごはんを食べながら、会えなかった間の話をしたいです。ファンのみなさんともそうです。(ファンミーティングに)ものすごくたくさんのファンが来てくれたらいいなとは思います。僕のイベントにも韓流の全盛期みたいに数万人が集まって、東京ドームでもやって、そうなったら幸せだろうなとは思います。でも、ユン・シユンとしての幸せは、僕を愛してくれる人々と一緒に、自分の好きな空間で好きなことをするということなんですね。ですから東京であっても大阪であっても、今ではもう僕にとって旅行地ではなくて、第二の家のようです。いつも来てくださるファンのみなさんが来て、いつもと同じように緊張しながら僕と対面する姿を見て冗談を言ったりして、いつも同じ場所で過ごしたいです。

――除隊後はバラエティにもレギュラー出演し、活躍していますが、活躍の幅が広がったことで、演技への影響はありましたか?

ユン・シユン:大きな影響を受けています。俳優としてのイメージが壊れるのではないかと心配されることも多いのですが、それとはまったく関係ありません。視聴者のみなさんもバラエティと演技は区別して見ていらっしゃいますし、僕の演技的な力量に関する問題なので、そこは問題になりません。ただ僕は、カメラの前に堂々と立つことができない部分があって、僕のありのままの姿が出てくることについて、自分の短所が出てくることについての怖さがあるのですが、「一泊二日」に出演しながら、やむを得ず出てしまうことになりました。そんな姿が自然にテレビ画面を通して演技の中でも出てくることになって、たとえそれがカッコいい場面や女性の心をときめかせるような場面ではなくても、もっとも自分らしい姿を出すことができるようになった気がします。

――「一泊二日」では先輩たちにいじられながらもご自身のキャラクターを確立しているように思いますが、秘訣や意識していることはありますか?

ユン・シユン:誰かが誰かを愛してくれるということは、理由は一つだと思います。それは本当に偶然であり、その方が僕を好きになろうとしてくれたからで、僕が何かをうまくやったからということでは決してないと思います。うまくやったからといって、憎もうと思えば憎むこともできるし、僕に至らない点があっても好きになってくれて理解してくださろうとする気持ちがあれば、悪い部分も理解していただけて愛してくださることになるのだと思います。つまり、僕は運のいい人間で、人に恵まれているのだと思います。みなさんにいつも感謝していることを態度でお伝えしようとしています。

でも、何よりも重要なことは、演技も未熟ですし、歳もまだ若いし、いろいろな経験も浅いのでやり遂げなければならないことがたくさんありますが、先輩方においてはこのドラマで僕が誰よりも真心を持って、一生懸命に臨んでいて、最善を尽くしているという姿、信頼感をお見せすることがいちばんの礼儀だと思います。きちんと挨拶をして笑顔を忘れないということは、基本中の基本ですが、経験も浅い子が来て、誰よりも責任感を持ってまじめにこなしていく姿、そうした信頼感をお伝えすることができなければ、とても憎らしく見えるのではないでしょうか?

――最後に、<「大君」はユン・シユンにとってこんな作品だ!>という出演後の感想をお聞かせください。

ユン・シユン:やはり、どのような結果が出るかというのは自分だけの力によるものではないんだな、ドラマというものはチームプレイであり、一人で作るものではないなということを悟った作品です。僕が思うように演じられなかったシーンでも、スタッフや共演者の力を借りて乗り切ることができました。多くの人々の夢と希望と努力が結晶となって、宝石のような作品が出来上がるということを知りました。これからどんな作品に出演するとしても、僕ができる1人分の役目をやり遂げることが最も重要だ、ときに1人分をこなせなかったときは共演の俳優たちや演出陣が助けてくれるだろうと思いますし、僕もがんばって他の方がこなせなかった部分をカバーして、一緒にやり遂げていく作業だということを悟らせてくれた作品です。

■放送情報
「大君−愛を描く(原題)」
CS放送局・衛星劇場にて、8月17日(金)より日本初放送!
毎週(金)午後11:00〜深夜1:30(2話連続放送)
再放送翌週(木)午後1:30〜4:00(2話連続放送)

スポンサードリンク

2018/08/10 14:31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「「大君」ユン・シユン“日本には何度も行って、今では家みたい...」に関する評判

nonpy310

@nonpy310

明日から衛星劇場で始まる大君を見ようか迷い中(´-`).。oO久々の史劇になるかな。ユンシユンとチュサンウクだし見ようかなぁ。にしても、金曜日はプデュ48だから、再放送捕獲だわね。 pic.twitter.com/G5pScNUvS9

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム