ダイエットのためのレシピ
  1. HOME
  2. ダイエットのためのレシピ
  3. コラム
  4. 食べて胸を育てよう! 栄養士おすすめの“美乳育成レシピ”

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

食べて胸を育てよう! 栄養士おすすめの“美乳育成レシピ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
健やかな美乳には食べ物が重要!少し意識して変えれば、お胸の状態は変わるはず。美乳育成超簡単レシピをお届けします。女子栄養大学専任講師・浅尾貴子先生が教えてくれました。

胸の生育に欠かせないもののひとつが、女性ホルモン。

「女性ホルモンがきちんと分泌され、本来持っている力を発揮できるようなバランスのとれた食生活を送ることが第一です。さらに、働きを補完するイソフラボンや、胸の土台となる細胞作りに必要なタンパク質、肌のハリを出すのにいいとされるビタミン類などの食材を併せて摂ることが大切になります」(浅尾先生)

まずは、美乳を作ってくれる栄養素を知りましょう。

女性ホルモンを“整える”栄養素

イソフラボン蒸し豆、ボロンキャベツ「女性ホルモンと似た働きをする栄養素の代表格が、イソフラボン。1日100gを目安に大豆製品を摂るようにしましょう。また、同様の効果が期待できると注目されているのがボロン。キャベツに含まれています」

女性ホルモンを“サポートする”栄養素

オメガ3系オイルえごま油、コレステロール卵、発酵食品ヨーグルト「オイルはホルモンの材料になります。アマニ油やえごま油のような良質で鮮度が高いオイルを選びましょう。ホルモンの分泌を調整するコレステロールや、腸内環境を整えて分泌にアプローチする発酵食品も大切です」

細胞の“土台を作る”栄養素

タンパク質サラダチキン、ビタミンA、C、E緑黄色野菜「胸の基礎となる細胞には、タンパク質が不可欠。タンパク質を構成するアミノ酸の性質は食材により異なるので、様々な食材から摂取を。ビタミンA、C、Eは肌の弾力やツヤを作るのに役立ち、体の老化も防ぎます」

“血流を上げる”栄養素

カプサイシンとうがらし、ショウガオール生姜、硫化アリル玉ねぎ「摂取した栄養素を届ける役割を果たすのが、血液です。そのため、ビタミンEやカプサイシン、ショウガオール、玉ねぎに含まれる硫化アリルなど、血の巡りをよくする栄養素を摂ることが美胸作りのカギになります」

それでは、胸作りをサポートする栄養素を含む食材を使ったレシピを紹介。早速、挑戦を!

ジンジャー豆乳とお豆の冷製スープ

胸作りをサポートする栄養素:イソフラボン、ショウガオール

食べて胸を育てよう! 栄養士おすすめの“美乳育成レシピ”

【材料】蒸し豆(大豆)…50g、おろし生姜…1/2かけ分、コンソメ…小さじ1/2、豆乳(調製がおすすめですが、どちらでもお好みで)…1/2カップ、塩・胡椒…各少々

【作り方】すべての材料をミキサーに入れて撹拌する。

【POINT】蒸し豆と豆乳には女性ホルモンを整えるイソフラボンが多く含まれている。蒸し豆はスーパーで購入でき、カレーやチャーハンなどに足せるので常備すると便利。生姜は血流をよくし、体のすみずみにまで栄養を届けられる。

えごま油ドレッシングのサラダ

胸作りをサポートする栄養素:ビタミンA、C、E、イソフラボン、コレステロール、タンパク質、オメガ3系オイル

食べて胸を育てよう! 栄養士おすすめの“美乳育成レシピ”

【材料】レタス類…適量、蒸し豆(ミックス)…30g、ゆで卵…1個、アーモンド…5粒、ミニトマト…2個、チーズ(好みのものでOK)…20g、塩・胡椒・えごま油…各適宜

【作り方】(1)レタス類はちぎる。卵、チーズは、食べやすい大きさに切る。ミニトマトは4等分のくし形切り。(2)器に盛り合わせ、塩・胡椒、えごま油をかける。

【POINT】タンパク質とビタミンAが含まれたチーズに、ビタミンCとEが多いレタス、アーモンドと、たくさんの栄養素を効率よく摂取できる。卵に含まれるコレステロールやドレッシングのえごま油はホルモンの材料として活躍。

浅尾貴子先生女子栄養大学専任講師。ダイエットや美容の専門家、フードコンサルタントとして活躍中。『大豆力』(主婦と生活社)など著作多数。

※『anan』2018年9月19日号より。料理作製、スタイリング・田村つぼみ写真・土佐麻理子取材、文・重信綾

(byanan編集部)

食べて胸を育てよう! 栄養士おすすめの“美乳育成レシピ” 外部サイト 家に帰ったら“育乳タイム”胸のケア方法を達人がアドバイス! 日本女性が一番なりやすい“乳がん”きちんと知りたい5つの知識 桐谷美玲イチオシのモデル、玖瑠実はテレビドラマが大好き!

スポンサードリンク

2018/09/12 22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「食べて胸を育てよう! 栄養士おすすめの“美乳育成レシピ”」に関するコラム

「食べて胸を育てよう! 栄養士おすすめの“美乳育成レシピ”」に関する評判

@yakuzaimaster

@@yakuzaimaster

頭皮と髪に効く食事・栄養素 カプサイシン・イソフラボンを同時に摂取 大豆と唐辛子を同時接種すると効果あり
@yakuzaimaster

@@yakuzaimaster

頭皮と髪に効く食事・栄養素 カプサイシン・イソフラボンを同時に摂取 大豆と唐辛子を同時接種すると効果あり
@urkntn

@@urkntn

返信先:@1code_a (っ'-')╮ =͟͟͞͞ <亜鉛亜鉛!ビタミンB郡!!イソフラボン!!栄養素!! 睡眠!! 紫外線が🙅秋が一番抜けるんですって!頭皮マッサージなども効くそうですよ!
@tofu_10_2

@@tofu_10_2

イソフラボンは美容効果のある栄養素です。
@makeup_DIO

@@makeup_DIO

内側から肌をきれいにする栄養素…1イソフラボン 2ビタミンC 3ビタミンE、A
@yakuzaimaster

@@yakuzaimaster

頭皮と髪に効く食事・栄養素 カプサイシン・イソフラボンを同時に摂取 大豆と唐辛子を同時接種すると効果あり
@a_Piker

@@a_Piker

返信先:@SHIMAQ404 今までの食事から単に、肉または動物性食品全部を取り除くのはヤバいですね。不足する栄養素があるので、大量の豆(以前書かれていたように大豆イソフラボンはちょっと心配ですが)とできればビタミンB12のサプリは欲しいところです。
@marimama21

@@marimama21

RT @shizenshokkan: 疲れたときにはやっぱりチョコ🍫!しぜん食感 SOY しみこみチョコ大豆なら1袋当たり117kcalでカラダに嬉しい栄養素も摂れちゃいます😄 #SOY #ソイ #大豆スナック #大豆 #プロテイン #タンパク質 #カルシウム #イソフラボン…
@mihika_master

@@mihika_master

(2)無調整VS味付き豆乳飲料。カロリーは無調整の方が若干高めですが、味付きは糖質に注意。豆乳に期待する栄養素(タンパク質、イソフラボン)は約2倍の差で、無調整が良い。
@FitBuffet

@@FitBuffet

バストアップと食事💚 バストアップをサポートする栄養素として、イソフラボンとボロンがあり、 イソフラボンは大豆類に多く含まれます。(復習) ボロンが含まれる食材は、 キャベツ、ぶどう、りんご、ナッツ類、海藻などデス❗️ 普段から上手に摂りたいですね❣️ #筋トレ女子 #バストアップ pic.twitter.com/DCwYRwzNG4

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム