運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
(編集・制作(株)法研)

デスクワークばかりの運動不足はご用心。血行改善と生活習慣の見直し、漢方薬でむくみを解消しよう。全身性のむくみは要注意!

女性だけでなく男性にも起こるむくみ

一日中出歩いたり、長い時間立ち仕事をした日の夕方、靴がきつくなったり、足がパンパンになったりしたことはありませんか?足のすねを押すと引っ込んで戻らない、いつまでも靴下のあとがとれないなら、それは「むくみ」です。

「むくみ=女性の症状」と思われがちですが、外歩きの多い営業マンや、運動不足で筋力が低下している人の場合、男性にもむくみは起こります。むくみは心臓病や肝臓病など、病気が原因で起こることもありますから男性も要注意です!

そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法

むくみはなぜ起こるの?

からだの中の水分は血管内、細胞内、細胞外(細胞と細胞の間)にあって一定のバランスを保っていますが、何らかの原因でこれらのバランスが崩れ、細胞外に水分が増えすぎ腫れぼったくなった状態が「むくみ」です。むくみは、重力によって水分がたまりやすい下半身に起こることが多く、特に足首やすねなど、筋肉の少ない場所がむくみやすくなります。

足は第二の心臓といわれるように、足の筋肉は心臓から送られてきた血液を心臓に戻すポンプのような働きをしています。筋肉が発達していてよく動く人はこのポンプの働きがうまくいくため血行がよく、水分の排出もスムーズに行われます。
逆にいえば、長時間の立ち仕事やデスクワークなど、仕事中一定の姿勢であまり動かない人は、血行が滞ってむくみやすくなります。また、運動をしない人は筋力が弱く、冷えも血行を悪くしますから、冷え性で筋力の弱い女性に、むくみで悩む人が多いのです。

ほかにも、むくみの原因には次のようなことがあります。
●塩分のとりすぎ:血液中の塩分の濃度が高まり、濃度を一定に保つため水分を体内にためこもうとして飲水量が増え、細胞外の水分が増える。
●アルコールの飲みすぎ:細胞内が脱水状態となり、逆に細胞外に水がたまる。
●過度のストレス:手足の血流が悪くなったりホルモンが乱れ、体内の水分調整がくずれる。
●女性ホルモンの影響:特に月経前や妊娠中、更年期にはむくみやすい。

こうした日常生活で起こりがちなむくみは、お風呂にゆっくりつかって十分な睡眠をとれば解消されることがほとんどで、特に心配のないものといってよいでしょう。

むくみはからだの異常をあらわすサイン。こんなむくみは要注意!

足や顔がむくんでも、翌朝解消されていれば問題ありませんが、なかなかむくみが取れなかったり、時間とともにひどくなる場合、下記のような病気の可能性があります。むくみが全身に出る、1日中持続する、急に体重が増えた、尿の出が悪いなどの症状があったら、すぐに内科を受診しましょう。

●全身にむくみがあり、特にまぶたのむくみが続く→腎臓病
●足にむくみがあり、どうきや息切れもある→心臓病
●全身にむくみがあり、ひどい場合はおなかに水がたまる(腹水)→肝臓病
●足のすねを数秒間強く指で押しても、はじかれる→甲状腺(こうじょうせん)の病気

血行を改善してむくみを防ごう

たとえ病気ではなくても、足や顔がむくむのは不快なものです。そこで、むくみを起こさないための工夫や、むくんだときの対処法を覚えておきましょう。

なんといっても血行を改善させること!顔のむくみなら蒸しタオルを顔に当てる、足のむくみなら足湯や青竹踏み、軽いストレッチやマッサージでむくんだ部分をほぐすのも効果的です。例えば足指の間に手指を交互に入れ、足首を大きく回します。
よく立ち仕事をする人は、足の下にクッションなどを当て足を高くして寝るとよいでしょう。長時間座ったまま仕事をする人は、合い間を見て伸びをしたり軽いストレッチをするなど、こまめに体を動かしましょう。
歩くことや足の屈伸運動は、足の筋肉を動かすことで血液の循環を改善し、むくみの予防と解消に大変効果があります。

睡眠不足や不規則な生活、無理なダイエットなどもむくみを起こしやすくしています。そんな生活習慣はただちに見直しましょう。利尿作用のあるコーヒーや日本茶、ミントやローズなどのハーブティーなどをとり、水分代謝を促すのもよいでしょう。

そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法

漢方薬で改善できる体質的なむくみ

血行をよくする努力をしてみても、生活習慣を見直してみても、冷え性で体力のない女性など、なかなかむくみが改善しない人もいるでしょう。そんな人は、体質だからとあきらめがちですが、漢方薬で改善されることがありますから、漢方も扱っている専門医に受診するか、専門の薬局に相談してみましょう。

漢方に詳しい医師なら、その人の体質に合わせて漢方薬の処方と日常生活の指導をしてくれます。体力や胃腸の丈夫さなどによって、処方される漢方薬は異なりますが、五苓散(ごれいさん)、真武湯(しんぶとう)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)などが多く処方されます。むくみそのものには短期間で効果が現れますが、冷えや疲れといった症状の改善には時間がかかるため、根気強い服薬が必要です。

※この記事は2007年1月に配信された記事です

スポンサードリンク

2018/09/18 23:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法」に関するコラム

「そのむくみ、病気のサインかも? むくみの原因と解消法」に関する評判

@beauty41874

@@beauty41874

【ムクミ】通常、細胞間液はリンパ管に入りリンパ液となり代謝されますが、このリンパ液が正常に代謝されないと余分な水分や老廃物が皮膚の下に過剰にたまります。このような状態を「ムクミ(むくみ)」といいます。#美容
@MENSJACK

@@MENSJACK

隣の席のサプリオタクさんが教えてくれた 太もも筋トレ! 太ももを鍛えると血液の循環がスムーズになり、むくみに◎! 筋肉は血液を運ぶポンプの役割をしています。 大きな筋肉を鍛えることで、細胞が活性化して疲れにくいカラダになれるようです😍 #BASEec #筋トレ女子 bmp100.jp pic.twitter.com/xfNslyNGce
モトカラ(原材料の知識を発信)

@モトカラ(原材料の知識を発信)

🍁読みやすい👀モトカラの記事🍁
@sirusiru4_bot

@@sirusiru4_bot

硬化性間質腫瘍は黄体化莢膜細胞様空胞細胞がVEGFを分泌しているので血管新生が起きて富細胞領域では顕著に血管が増えて血管周皮腫パターンを示すし血管が増えると透過性が多少あればすんごい浮腫が目立ったりするので乏細胞領域が出現するという富細胞領域と乏細胞領域の偽小葉パターンになる
@Kyoto_top_beau

@@Kyoto_top_beau

【手のむくみ改善①】 気になる手のむくみの改善には、指圧マッサージが効果的! 手には多くの血管やツボがあるので、マッサージとツボの刺激で体内の老廃物や細胞組織内の水分排泄の効果が促進されます。その結果、手のむくみが解消するわけです♪ 皆さんも空いた時間にモミモミしてみては?
@beauty_seacrets

@@beauty_seacrets

脚のむくみが気になる人は、カリウムが多い海草類、大豆、小豆、かぼちゃ、スイカ、バナナ、イチゴ、キウイなどを積極的に摂りましょう。カリウムにはナトリウムの細胞内外のバランスを正常に戻し、水分を効率良く排出してむくみを改善してくれる効果があります。
@skincare_day

@@skincare_day

【ムクミ】通常、細胞間液はリンパ管に入りリンパ液となり代謝されますが、このリンパ液が正常に代謝されないと余分な水分や老廃物が皮膚の下に過剰にたまります★このような状態を「ムクミ(むくみ)」といいます★!!!
@capymedQB

@@capymedQB

低Na血症の診断と症状について述べよ。 診断:血清Na濃度130〜135mEq/L以下 症状:頭痛、嘔吐、傾眠、昏睡、認知機能低下、脱力、痙攣 →細胞内浮腫による頭蓋内圧亢進、脳ヘルニア
@G310R_miso

@@G310R_miso

返信先:@UK7pdm6k8JwqOYv フレグモーネは皮膚と筋肉の間で細菌が増えてしまって、それに対抗するために発熱し、痛みが生じます。浮腫は細菌が出す毒素や死んだ細胞から出た水分です。浮腫を放置させるのはあんまり良くないので、何か圧迫できるものがあれば巻いておくと細菌の繁殖は抑えれます。
@jesthe120

@@jesthe120

むくみは、細胞の間に水がたまっている状態です。水分や塩分の摂りすぎ、運動不足や疲労などで水分の排出がおいつかなくなると、余分な水分が細胞の間にたまるのです。立っているときは足にたまり、寝ていると顔にもたまります。 #川越 #むくみ

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム