食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 亜鉛を摂取し、「味覚改善」

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

亜鉛を摂取し、「味覚改善」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
亜鉛を摂取し、「味覚改善」  

太るのは分かっていても、こってり濃厚ラーメン、激辛メニュー、フワトロスイーツばかり選んでいませんか?

もしくは、カロリー制限はしているけど、お菓子やインスタント食品のどか食いはヤメられない……。

読者の皆さん、下の4つに、当てはまる項目はありますか?

□外食やファーストフード、お菓子、インスタント食品が多い

□太るのが怖くて、無理な食事制限や単品ダイエットを繰り返す

□食事の時間が取れず、早食い、単品食い、PC片手にながら食い

□お酒を「量」飲まないと気が済まない

このいずれかに当てはまる方は、ダイエット以前に"味覚改善"が必要です。味覚が改善すれば濃い味付けや食べ過ぎなどの、太りやすい食生活を自然と改善できるようになります。

本物の「食通」といわれる芸術家や文化人は、極端に太っておらず、いつまでも若々しく凛々しいものです。それは味覚を研ぎ澄ましていたからかもしれません。

[商業界オンラインの今日の記事(トップページ)へ]

味覚低下の原因は亜鉛不足による舌の味蕾の衰え

味覚を伝達する器官「味蕾(みらい)」は、約1カ月という早い周期で細胞分裂が行われます。そして、味蕾の新陳代謝に必要不可欠なのが「亜鉛」です。亜鉛が不足すると、新しい味蕾を作る細胞分裂がうまくいかなくなり、味覚低下を引き起こすのです。

亜鉛は日本人の最も不足しがちな栄養素の1つ

亜鉛の1日分の摂取推奨量は、成人男性で10mg、成人女性で8mg。現在の日本人の亜鉛平均摂取量は、男性平均8.8mg、女性平均7.2mgで推奨量を下回っています。

亜鉛は基本的に動物性食品に多く含まれているんです。例えば、ステーキ、ウナギ、カニ、串焼き、チーズ……、どれもおいしくて、みんな大好きな食材ですよね。おいしい食事を楽しくしっかりと摂ることが、味覚を取り戻すこと、そして、ダイエットの成功につながります。

味覚を改善すれば濃い味付けや食べ過ぎなどの、太りやすい食生活を自然と改善できます。今回は、味覚のカギを握る栄養素「亜鉛」を上手に摂り入れる、効果的な食材や食べ方を紹介します。

実は、ウチ飲みでよく登場する、プチご馳走メニューに、亜鉛は豊富。

きっと皆さんが好きなメニューがあるはずです!

プチご馳走・亜鉛メニューのベスト3はこれ!

1.カキ缶

代表的な亜鉛食材といえば、カキ!カキの亜鉛含有量は群を抜いており、生ガキ1個(20g)で2.6mg。男性なら4個、女性なら3個で1日に必要な量をクリア。レモンを絞れば、さらに効率よく吸収できます。

「でも生ガキはなかなか……」という忙しい現代人の心強い助っ人があります。

それは「カキ缶」。今や、コンビニでも燻製カキなどそのまま食べられる缶詰が充実。サバ缶に比べてやや値段は高めなプチご馳走。これが効果的なんです。

2.ウナギかば焼き

ウナギは代謝アップに役立つビタミンも豊富。1切れ(40g)で1.9mgの亜鉛が含まれています。甘いタレは太りやすいわけですが、少量なら問題ありません。

キュウリやワカメと一緒に酢の物「うざく」として食べると、タレの塩分や糖質の吸収を抑止してくれるのでダイエットには最適です!

3.ローストビーフ

牛肉は亜鉛の宝庫です。ビタミンCたっぷりの野菜と一緒に食べると吸収率アップが見込めます。赤身肉の牛モモ肉50g当たりの亜鉛含有量は2.2mgです。

スーパーマーケット(SM)でも品揃えが充実してきたローストビーフ!ローストビーフサラダとして食べるとベターです!

タンパク質の王様は筋力アップに最適なので、60代以上のシニア世代には特におすすめです!

お手軽・亜鉛メニュー5も紹介します!

1.レバニラ

豚レバー串1本(40g)の亜鉛含有量は2.8mg。焼き豚などでもOKですが、レバニラはとっても効率がいいメニューです。ニラのビタミンCと一緒に摂取できて吸収効率がアップ!どちらもSMやコンビニでもおなじみのお手軽お惣菜ですよね!

亜鉛を摂取し、「味覚改善」  

2.卵

もっとお手軽に、おなじみの卵で、毎朝の亜鉛チャージを習慣にしましょう。

卵1個(20g)の亜鉛含有量は2.4mgです。毎日食べるなら、生卵もよし。ゆで卵、おでんの煮卵、温泉玉子など、シンプルな調理法ほどよいでしょう。

3.納豆

こちらもコンビニの定番商品!大豆製品は亜鉛が豊富。1パック(50g)の亜鉛含有量は1mgです。

ビタミンCやビタミンEたっぷりの黄金食材。体を老化から守ってくれる食材としても取り入れたいところです!

パック納豆はもちろん、納豆巻きは、時間がないときでも主食にもなって便利ですよね!

4.カマンベールチーズ

おやつでも味覚改善OKです。しかもコンビニで買える手軽なカマンベールチーズで。亜鉛含有量は、カマンベールチーズ1切れ(20g)で0.5mgです。

コンビニやSMでも定番となったカマンベールチーズは、チーズの中でも「ナチュラルチーズ」に分類され、加工されていない天然に近い食材です。

だから日常食としても、とても安心。老化太りの原因となる代謝の良い体を維持する「良質なタンパク質」が豊富なヘルシー食材なのです。

5.アーモンド

コンビニで充実しているナッツ類。その中でも、「素煎りアーモンド」は亜鉛が豊富。アーモンド10粒で0.4mg程度チャージできます。

アーモンドは「若返りビタミン」と呼ばれるビタミンEの宝庫。ダイエットに欠かせない食物繊維はレタスの9倍です!

最近増えてきた「素煎り」の無塩、ノンフライのものを選べば、安心して日常食にできますよね!

いかがでしたか?

食べ物を一時的に減らして減量しても、本当の意味での体質改善にはなりません。

まずは、生き物としての備わった体の感性を研ぎ澄ましてみてはいかがでしょうか?

亜鉛を摂取し、「味覚改善」 外部サイト お家ラーメンの太りにくい「10の食べ方」 セブン‐イレブンの焼サンマで血から若返る! 40才を過ぎたら「色」で食べる!

スポンサードリンク

2018/09/23 06:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「亜鉛を摂取し、「味覚改善」」に関するコラム

「亜鉛を摂取し、「味覚改善」」に関する評判

@Kazuha_Nikaido

@@Kazuha_Nikaido

辛味で味蕾を刺激しているはずなのに苦味は感じるから 自分の味蕾は頑丈、痛覚は軟弱
@siranaito_son

@@siranaito_son

歯磨きした後に口がスースーして物を食べても味が変なのは 歯磨き粉に含まれる硫酸で舌の味蕾という味を感じる突起が 火傷状態で爛れている
@TetsuDimitrov

@@TetsuDimitrov

【残念】お肉を好むのはライオンやハイエナだからヒトがお肉を口にするのはおかしい。野菜も炒めるよりポトフやグリルのほうが身体に優しいと思うし濃い味を習慣化すると味蕾が麻痺しやすい。料理が不味く感じることがよくある。普段から薄味に慣れておく必要がある。 ⏩味の素は神経毒⏪ #GoVeggie
@TetsuDimitrov

@@TetsuDimitrov

【残念】時間がたったお肉を好むのはハイエナくらいだからヒトがお肉を口にするのはおかしい。野菜も炒めるよりポトフ系やグリル系のほうが身体に優しいと思う。濃い味を習慣化すると味蕾が麻痺しやすい。料理が不味く感じることがよくある。普段から薄味に慣れておく必要がある。味の素は神経毒。
@imnjjjbjbhjvhhb

@@imnjjjbjbhjvhhb

歯磨き粉に含まれる硫酸で舌の味蕾(味を感じる突起)が火傷状態で爛れている。 #知らなかったほうがいい雑学
@kyukyoku_tisiki

@@kyukyoku_tisiki

歯磨き粉に含まれる硫酸で舌の味蕾(味を感じる突起)が火傷状態で爛れてい # #雑学 #トリビア #へぇ~→RT
@eiyo_toratora

@@eiyo_toratora

『味蕾からの刺激を伝える脳神経』 顔面神経、舌咽神経、迷走神経が 延髄につたえる。
@saltadem

@@saltadem

必須栄養素の中で特に優先度の高いのがカリウムとナトリウム。 で、あればだし昆布から作った昆布茶か梅昆布茶に水を取れば脂肪さえあれば結構生きられそうだな。 一応万全を期すなら亜鉛で味蕾を正常化すれば塩分過剰も防げる。 脚気?知らんよ。というかデータ不足で何とも言えん。
@anjelaakitakejo

@@anjelaakitakejo

歯磨きした後に口がスースーして物を食べても味が変なのは、歯磨き粉に含まれる硫酸で舌の味蕾(味を感じる突起)が火傷状態で爛れているから。 しばらくすると細胞が再生されて基に戻るけど、長く続けると味蕾が鈍くなって 薄味じゃ物足りなくなったりする。
@saltadem

@@saltadem

休眠していた味蕾が歓声を上げとるわい…ただの熱い塩水がこんなにも旨いとは… まあ、固形物とかカロリーゼロ制限とかはまだまだ続くんだけどね!今回のは断食続行のための処置だし。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム