運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 食べ物をよく噛んで食べるとなぜいいのか

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

食べ物をよく噛んで食べるとなぜいいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
食べ物をよく噛んで食べるとなぜいいのか (全2枚)

本日のテーマは『咀嚼(そしゃく)』についてです。

咀嚼とは口の中で食べ物をよくかみ砕き、味わうことです。

皆様は食事中よく噛んで物を食べることができてますか?

私は、あまりできていませんでした...

今は、ちゃんとよく噛んでます。

なぜよく噛んで食べるようになったかというとメリットがたくさんあるからです。

そこで、よく噛んで食べることのメリットについて!


消化・吸収によい
消化酵素のアミラーゼを含む唾液の分泌を促し、胃腸での食べ物の消化吸収を促進する。
また、よく噛まないと、消化器官に余負担がかるそうです。

ストレス解消と肥満防止

楽しく食事をするということは、緊張をほぐし精神を安定させ、ストレス解消が期待できます。
また、食事に時間をかけることにより、満腹感が得られ、食べ過ぎによる肥満防止の効果も期待できます。

・合わせて読みたい→
老化・肥満はカラダの酸化が原因!抗酸化物質を多く含む食べ物(http://cocokara-next.com/food_and_diet/including-many-antioxidant-food/)

強いあごをつくる
固い物をよく噛んで食べると、上下のあごの骨や顔の筋肉が発達し、丈夫なあごをつくる。あごが充分に発達していないと歯並びが悪くなり、運動能力が低下するなど、いろいろと健康を害する問題が生じる。

むし歯・歯周病予防
唾液の分泌がよくなり、唾液に含まれる免疫物質が細菌を減少させるため口腔内の清潔が保たれ、むし歯や歯周病の予防につながるそうです。

脳を刺激、活性化する
固い・軟らかい、熱い・冷たいなどと感じたり、噛むという作業により、頭部の骨や筋肉が動き、血液の循環がよくなることで脳神経が刺激され、脳の働きが活発になるそうです。

など体にとってのメリットがたくさんありますね。

皆様も本日からよく噛んで食べることを意識してみてください!

[文:shibuyasankakパーソナル・トレーナー]

「パーソナルトレーニングジムshibuyasankak(シブヤサンカク)(https://shibuya-sankak.com/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

食べ物をよく噛んで食べるとなぜいいのか 外部サイト ダイエット中に実践!空腹感を紛らわすテクニック6つ ついつい食べ過ぎちゃう人に朗報!食べ過ぎを抑える3つのコツ プロ野球選手がガムを噛むメリットとは 日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

スポンサードリンク

2018/09/26 02:30

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「食べ物をよく噛んで食べるとなぜいいのか」に関するコラム

「食べ物をよく噛んで食べるとなぜいいのか」に関する評判

@mikepurin

@@mikepurin

返信先:@dragoslyme_R 玄米はあごや消化器官に負担かかるので味噌汁に足す粉末メカブやきなこで調理の手間と消化器官と相談しながら気長に どれか効くといいね
@biishikino

@@biishikino

ニキビの原因はできる場所によって違います。あごや口周りのニキビはホルモンの変化や胃などの消化器系の不調、ビタミンBの不足など。頬のニキビは、頬の真ん中や上はホルモンバランス、便秘などの影響が大きく、頬の下側は血行不良や肝機能、小腸の不調等があげられます。
@mens_skincare1

@@mens_skincare1

ニキビの位置で原因が分かる!チェック② 【ほっぺの上】 副賢機能の低下、生理不順、生理痛 【ほっぺの下】 冷え、便秘、肝機能の低下 【鼻のまわり】 大腸の働きが弱い、便秘、宿便、軟便 【あご】 冷え、貧血、消化器官の弱まり☆
@biishikino

@@biishikino

ニキビの原因はできる場所によって違います。あごや口周りのニキビはホルモンの変化や胃などの消化器系の不調、ビタミンBの不足など。頬のニキビは、頬の真ん中や上はホルモンバランス、便秘などの影響が大きく、頬の下側は血行不良や肝機能、小腸の不調等があげられます。
@biishikino

@@biishikino

ニキビの原因はできる場所によって違います。あごや口周りのニキビはホルモンの変化や胃などの消化器系の不調、ビタミンBの不足など。頬のニキビは、頬の真ん中や上はホルモンバランス、便秘などの影響が大きく、頬の下側は血行不良や肝機能、小腸の不調等があげられます。
@na_meg

@@na_meg

あごぴっぴが痛くなるのでここ最近柔らかいものが主食なことが多いんだけど消化良すぎてめっちゃお腹減る
@skin_care_xx

@@skin_care_xx

ニキビの位置で原因が分かる!チェック 【ほっぺの上】 副賢機能の低下、生理不順、生理痛 【ほっぺの下】 冷え、便秘、肝機能の低下 【鼻のまわり】 大腸の働きが弱い、便秘、宿便、軟便 【あご】 冷え、貧血、消化器官の弱まり
@kawaikunarubot

@@kawaikunarubot

ニキビの位置で原因が分かる!チェック② 【ほっぺの上】 副賢機能の低下、生理不順、生理痛 【ほっぺの下】 冷え、便秘、肝機能の低下 【鼻のまわり】 大腸の働きが弱い、便秘、宿便、軟便 【あご】 冷え、貧血、消化器官の弱まり
@biishikino

@@biishikino

ニキビの原因はできる場所によって違います。あごや口周りのニキビはホルモンの変化や胃などの消化器系の不調、ビタミンBの不足など。頬のニキビは、頬の真ん中や上はホルモンバランス、便秘などの影響が大きく、頬の下側は血行不良や肝機能、小腸の不調等があげられます。
@biishikino

@@biishikino

ニキビの原因はできる場所によって違います。あごや口周りのニキビはホルモンの変化や胃などの消化器系の不調、ビタミンBの不足など。頬のニキビは、頬の真ん中や上はホルモンバランス、便秘などの影響が大きく、頬の下側は血行不良や肝機能、小腸の不調等があげられます。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム