運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 痛風、糖尿病、心臓病、がん、認知症…… 「果糖」が健康に最悪...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

痛風、糖尿病、心臓病、がん、認知症…… 「果糖」が健康に最悪な11の医学的理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
痛風、糖尿病、心臓病、がん、認知症…… 「果糖」が健康に最悪な11の医学的理由

「低炭水化物ダイエットは正解か?」
「脳が砂糖をやたら欲しがるのはなぜか?」
「食べた分だけ動けば確実にやせるのか?」
「カロリーを減らせば体重は減るのか?」

これらの「食事の疑問」に答えつつ、「人が太るメカニズム」を医学的に徹底解明したNYタイムズベストセラー『果糖中毒』が9/13に発売された。

アメリカの一流メディカルスクール教授が229の医学論文から「食事の正解」を導き出し、「健康な脳と体」に戻るための処方せんをあざやかに提示したとして、原書はアメリカで12万部を超え、アマゾンレビュー987件、平均4.6と高評価をたたき出した。

最新のWHO統計によると、現在世界で約19億人が「体重過多」、約6億5000万人が「肥満」だという。これは世界中の人々が運動を怠けて、食べ過ぎた結果なのか?『果糖中毒』では、「肥満は自己責任論」を全面否定し、現在の「肥満の世界的大流行」は糖分、特に「果糖」が主な原因だと結論づけている。

ここで『果糖中毒』の一部を特別に無料で公開する。

果糖の代謝プロセスは
酒とそっくり

自然界では、果糖は決して単体では存在しない。無害な姉妹分子であるブドウ糖とつねに一緒だ。この2つの分子の化学組成は同じだが(C6H12O6)、同じものとはとても言えない。果糖はブドウ糖よりずっと多くの悪さをする。

まず、メイラード(褐色)反応について考えてみよう。これは赤血球のヘモグロビンをヘモグロビンA1c(エーワンシー)に変えるのと同じ反応だ。医師たちはこの反応を利用した検査によって、特定の時間内に糖尿病患者の血糖値がどこまで上がるかを知る。

反応生成物の色は褐色だ。だから、時間が経つとバナナは茶色くなり、熱を加えるとバーベキューソースにおおわれた肉がカラメル化される。あなたは自分の体の肉を摂氏190度で1時間焼くことによってメイラード反応を起こすこともできるし、摂氏37度で75年間焼くことによってメイラード反応を起こすこともできる。結果は同じだ。

そして果糖はメイラード反応をブドウ糖より7倍速く発生させることがわかっている[1]。この差異は一見すると微々たるものだが、体中の細胞をより速く老いらせ、老化現象、がん、認知機能の低下など、さまざまな退行変性プロセスを引き起こしかねない。今では、果糖がメタボ症候群の主要原因になっていることを示唆する研究がたくさんある。

実のところ、果糖の代謝はエタノール[酒の主成分]の代謝によく似ている。それを見ていくために、ここで120キロカロリー分のショ糖(ブドウ糖60キロカロリーと果糖60キロカロリー)を摂取した場合について考えてみよう。

たとえば、237ccのグラス1杯分のオレンジジュースがそれにあたる(ジュースは清涼飲料水より悪いとは言わないまでも、それが与えるダメージは同じぐらい悪い)。

60キロカロリー分のブドウ糖は、20%対80%に分かれ、12キロカロリー分のブドウ糖が肝臓に行く〔48キロカロリー分はほかの臓器で代謝される〕。しかし、あらゆる臓器で代謝されるブドウ糖とは違い、果糖はほぼ肝臓でしか代謝されない(ごく稀なケースでは腎臓も少量の果糖を代謝する能力を持つことがある)。

こうして、そのほとんどすべてが肝臓に行きつく60キロカロリーの果糖に、この12キロカロリー分のブドウ糖が加わり、肝臓には合計72キロカロリーが押し寄せることになる。

これは、ブドウ糖だけの場合に比べると3倍の量だ。この果糖独特の代謝方法は、メタボ症候群に関連付けられている現象を引き起こす可能性がある。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

スポンサードリンク

2018/09/28 06:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「痛風、糖尿病、心臓病、がん、認知症…… 「果糖」が健康に最悪...」に関するコラム

「痛風、糖尿病、心臓病、がん、認知症…… 「果糖」が健康に最悪...」に関する評判

@micanaitoh

@@micanaitoh

「果糖中毒――19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?」最近KindleでDLしてお風呂で読んでいる本。低所得の人が肥満傾向にあるという問題とジャンクフードとの関係など、いろいろ興味深いです。アメリカのスーパーには「太りすぎて歩けない人のための電動イス」が! amazon.co.jp/dp/B07GP5H3RM/…
@ag_tora

@@ag_tora

”あなたは「誰か」に太らされている!” しかも、”第I部 「肥満は自己責任」のウソ” 迷うことなくAmazonしました!☺ 果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか? amazon.co.jp/o/ASIN/4478069… pic.twitter.com/oUa6ItjBqd
「隠れ油」という大問題

@「隠れ油」という大問題

”あなたは「誰か」に太らされている!” しかも、”第I部 「肥満は自己責任」のウソ” 迷うことなくAmazonしました!☺ 果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?
ビジネス書の名言・書評読書「知識をチカラに」

@ビジネス書の名言・書評読書「知識をチカラに」

人はなぜ太りすぎるのか? 『果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』
@unit00echo

@@unit00echo

果糖の摂取量がこの100年で6倍に激増!肥満大流行を起こした物質の正体 | 果糖中毒 | ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/180…
@kuma_hachiouji

@@kuma_hachiouji

<売れている新刊> ロバート・H・ラスティグ「果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?」(ダイヤモンド社)…「『肥満は自己責任』とは言えない」、「『食べた分だけ動けばやせる』は大間違い」?! pic.twitter.com/dg29T6301o
@alohakcc

@@alohakcc

今日のブログ書評は、ロバート・H・ラスティグ『果糖中毒 19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』(ダイヤモンド社)です。たった30年という短期間に、なぜ世界でこれほどまでに肥満が広まってしまったのかを明らかにしている書です。 jun-ohsugi.com/column/katouch…
@kokachi

@@kokachi

果糖の摂取量がこの100年で6倍に激増!肥満大流行を起こした物質の正体 | 果糖中毒 | ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/180…
ダイヤモンド社

@ダイヤモンド社

【果糖中毒】 果糖の摂取量がこの100年で6倍に激増!肥満大流行を起こした物質の正体 diamond.jp/articles/-/1802...
@diamond_sns

@@diamond_sns

果糖の摂取量がこの100年で6倍に激増!肥満大流行を起こした物質の正体 | 果糖中毒 | ダイヤモンド・オンライン diamond.jp/articles/-/180…

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム