食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ (全4枚)

季節の変わり目に疲れが出ている、気温の変化に体調がついていかないなど、この季節はなんだか体調が優れず、朝起きるのが辛い方が多いのではないでしょうか?

朝は、体内時計をリセットして身体のリズムを調える大切な時間帯です。とくに、朝食の後に腸の大きなぜん動運動がおこりますから、腸内フローラを調えるためにも朝の過ごし方は大切です。

お味噌汁にチョイ足しするだけで、朝の目覚めをサポートする食材を3つご紹介します。

■朝の目覚めをサポート!「お味噌汁にチョイ足し」食材3つ

(1)ジンジャーパウダー

朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ

東洋医学では、生のショウガを生姜(しょうきょう)、加熱乾燥させた生姜を乾姜(かんきょう)と呼び、加熱乾燥したショウガは、内臓を刺激して身体を内側から温める働きがあるとされています。

実際、生姜を加熱乾燥させることで、生のショウガに多く含まれる辛味成分ジンゲロールが、ショウガオールという成分に変わります。このショウガオールには、より身体を温める働きがあることがわかっています。

朝は一日のうちで一番体温の低い時間帯ですから、体温を上げて身体に朝がきたことを知らせましょう。

(2)柚子

朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ

柑橘系の皮に含まれる香り成分のリモネンには、交感神経を刺激する働きがあります。

体内時計がリセットされることで、副交感神経優位の睡眠モードから、交感神経優位の代謝モードへ切りかわります。その手助けとなるのがリモネンの香りです。

柚子の皮は冷凍保存できますから、冷凍した柚子の皮を温かいお味噌汁に入れて、いい香りを楽しみましょう。

(3)七味唐辛子

朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ

山椒や唐辛子が混ざった七味唐辛子の香りも、気持ちがシャキっとしますね。

また、唐辛子に含まれる辛味成分であるカプサイシンには、代謝を活発にする働きや、末梢血管の血流をスムーズにする働きがあることがわかっていますから、朝の冷えた身体を温めて、代謝UPをサポートします。

「朝は忙しくて、食事をとっている時間がない」という方でも、お味噌汁にチョイ足しするくらいなら簡単にできますよね。食欲がない方は、無理に具だくさんにせず、お味噌をお湯で溶いたものにチョイ足しするだけでもOK。寒くなるこれからの季節、朝は身体を温めて体内時計をリセットして元気に過ごしたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師岩田まなみ
料理教室Manami’sKitchen主宰。パリのEcoleRitzEscoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
・40代からの腸活に◎!「毎日食べたいフルーツ」3つ
・ダイエット中は「おにぎり」が正解!?加えたい具材2つ
・「酵素ジュース」は砂糖不使用で出来る!作り方のポイント
・ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ

【参考】
※あたたかパワーショウガ-永谷園
※成分情報リモネン-わかさ生活
※成分情報カプサイシン-わかさ生活

朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ 外部サイト 内から温め代謝アップ!朝のお味噌汁に入れたい具材3つ カプサイシン豊富!美容家おすすめ「七味&一味」3選 朝晩に飲み分けたい!身体ぽかぽか温めドリンクまとめ

スポンサードリンク

2018/10/03 12:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ」に関するコラム

「朝から腸活!目覚めを助ける「お味噌汁ちょい足し食材」3つ」に関する評判

ファスティング産後骨盤調整なら東砂ひかりクリニカル整体院

@ファスティング産後骨盤調整なら東砂ひかりクリニカル整体院

...胡湯は、日本の医療用漢方エキス製剤中最も繁用され、発熱性疾患、呼吸器疾患、胃腸病、肝炎、あるいは小児の虚弱体質にと幅広く応用されています。本方は柴胡(さいこ)、黄ごん、半夏(はんげ)、人参、生姜(しょうきょう)、大棗(たいそう)、甘草の7つの漢薬で構成されています。柴胡はサイコサポニンなどを含み、解熱・鎮痛・鎮静・消炎・抗アレルギー・抗ウイルス・肝機能改善の作用、人参はジンセノサイドその...
@momongafriend01

@@momongafriend01

生姜(しょうが)は干すと生姜(しょうきょう)になるんだって 生の生姜(しょうが)は体の中心部の熱を末端に拡げるけど、生姜(しょうきょう)は熱を産み出す手助けをしてくれるって聞いた 信じるか信じないかはあなた次第です
@yagen_koten

@@yagen_koten

お、今夜は牡蠣鍋か。身も旨いがこの殻が大事で、削って飲むと腹の痛いのなんかが…。ん?なんか変なこと言ったか? 「ぼれい」鍋。牡蠣は生薬だと「ぼれい」って呼ぶんだ。生姜は「しょうきょう」、杏仁は「きょうにん」。言われてみりゃあ、何でだろうな。
@R6txh

@@R6txh

生姜葛湯をみて、しょうきょうかっとう……?ってなってしまった
@kazuchan2010

@@kazuchan2010

冷えが気になる季節!【生姜】のカロリー、レシピ薬効が高い食材なので、生姜(しょうきょう)という呼び名で漢方薬としても使われている。ここ数年は若い女性を中心に生姜ブームが起こり、生姜専門店も登場。#オリーブオイルをひとまわし olive-hitomawashi.com/column/2018/10… pic.twitter.com/jtmVbL2Qud
@kazuchan2010

@@kazuchan2010

冷えが気になる季節!【生姜】のカロリー、レシピ薬効が高い食材なので、生姜(しょうきょう)という呼び名で漢方薬としても使われている。ここ数年は若い女性を中心に生姜ブームが起こり、生姜専門店も登場。#オリーブオイルをひとまわし olive-hitomawashi.com/column/2018/10… instagram.com/p/BpI6B7SF-QO/…
@kazuchan2010

@@kazuchan2010

返信先:@olihito_news 冷えが気になる季節!【生姜】のカロリー、レシピ薬効が高い食材なので、生姜(しょうきょう)という呼び名で漢方薬としても使われている。ここ数年は若い女性を中心に生姜ブームが起こり、生姜専門店も登場。#オリーブオイルをひとまわし olive-hitomawashi.com/column/2018/10…
@yagen_koten

@@yagen_koten

お、今夜は牡蠣鍋か。身も旨いがこの殻が大事で、削って飲むと腹の痛いのなんかが…。ん?なんか変なこと言ったか? 「ぼれい」鍋。牡蠣は生薬だと「ぼれい」って呼ぶんだ。生姜は「しょうきょう」、杏仁は「きょうにん」。言われてみりゃあ、何でだろうな。
ファスティング産後骨盤調整なら東砂ひかりクリニカル整体院

@ファスティング産後骨盤調整なら東砂ひかりクリニカル整体院

...するために、漢薬を蜂蜜などと一緒に炒めることを意味します。炙甘草湯はこのような処置をした炙甘草のほか、人参、桂枝(けいし)、地黄、麦門冬(ばくもんとう)、阿膠(あきょう)、麻子仁(ましにん)、生姜(しょうきょう)、大棗(たいそう)が処方されています。出典の『傷寒論(しょうかんろん)』に、「熱性疾患にかかって、脈が飛んだり、不規則になったりする“結代(けったい)”の脈が現れ、動悸するとき...
@kanpo_diet

@@kanpo_diet

「生姜」は「しょうが」と読むといつも私たちが食べる食材に、「しょうきょう」と読むと漢方薬になります。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム