運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 季節の変わり目は寒暖差にご注意を

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

季節の変わり目は寒暖差にご注意を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
季節の変わり目は寒暖差にご注意を (全2枚)

日中と夜の寒暖差が激しいと体調を崩す人が多くなりますが、「なんとなく調子が悪い」と感じることはないでしょうか。

季節の変わり目で起きる体調不良の症状や対処方法について紹介します。


寒暖差が体のエネルギーを奪う!?

「寒暖差疲労」という言葉をきいたことがあるでしょうか。

人の体には体内環境を適切な状態にするため体温調整機能がありますが、気温が一定ならばこの調整に消費されるエネルギーは少なくてすみます。

しかし気温が急変すると、体は寒さから身を守るため、あわてて熱を作ろうとエネルギーを大量に消費するため疲労が蓄積していくのです。

寒暖差疲労が蓄積すると起こる症状

●血圧の上昇
冬の時期、暖かい部屋と寒い脱衣場の温度差は室内でも10℃以上になることは稀ではありません。

この時、体から熱が奪われないよう毛細血管が収縮するため血圧が急上昇します。特にお年寄りや高血圧症の人はこの「ヒートショック」に気をつける必要がありますが、健康な人であっても寒暖差の状態を繰り返すことで、寒暖差疲労は蓄積していくのです。

●冷え性
寒いと当然ながら血のめぐりが悪くなりますので、冷え性の原因になります。冷えは肩こりや手足が冷たい、肌荒れ、胃腸の不調など、体にさまざまな影響を及ぼします。

●自律神経の乱れ
さらに症状が悪化すると、自律神経の乱れにつながり自律神経失調症と同じ症状になります。

顔のほてり、頭痛、便秘、下痢や便秘、不眠症や情緒不安定などが主な症状です。

・合わせて読みたい→
夏疲れ解消で秋を元気に!(http://cocokara-next.com/lifestyle/cheerfully-the-fall-in-the-summer-tired-eliminated/)

季節の変わり目の寒暖差を乗り切るには

●冷え性対策を徹底する
寒暖差疲労を溜めないためには、体が「寒い」と感じる状態をできる限り防ぐことが大事です。

日中は暖かくなっても夜は冷え込むことが多いので、外出する際はストールなどの羽織物を持参する。

特に冷え性の人は足首、手首、首の「三首」をしっかり覆う服装にする。

「今日は冷えた!」と感じたら湯船に入りしっかり温まる。

●適度な運動をする
寒暖差に負けない体を作るには、適度な運動をして免疫力を高めましょう。軽いウォーキングだけでも体温が上昇します。また筋肉をつけることにより体内で熱が作られやすくなります。

●しっかり睡眠をとる
ちょっと体調が悪いなと感じたら、しっかり眠りコンディションを整えてください。

現代はエアコンの発達で室内では快適に過ごせる反面、寒暖差に対する耐性がない人が増えているのかもしれません。

日常生活の工夫で季節の変わり目の体調不良を乗り切りましょう。

「けんこうフィットNEWS-健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

季節の変わり目は寒暖差にご注意を 外部サイト 9月でも紫外線対策を! 夏の肌ダメージにサヨナラ!食事でできる秋のお肌改善法 夏疲れ解消で秋を元気に! 日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

スポンサードリンク

2018/10/06 03:34

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「季節の変わり目は寒暖差にご注意を」に関するコラム

「季節の変わり目は寒暖差にご注意を」に関する評判

@MIYUSICOVERDOSE

@@MIYUSICOVERDOSE

5度以上の温度差があると体のエネルギーを猛スピードで消費するので寒暖差疲労になりやすいです。なので疲れたら休む、リラックスして疲労を溜めないことが秋を乗り切る方法です。
@9NP48JLWauCbNvf

@@9NP48JLWauCbNvf

寒暖差疲労による体温調整のためにエネルギーを大量に使うため秋バテ防止のため根菜類等の体を温める栄養を取ることが重要ですよ🎵
自然に近い山里暮らしで感じた情報

@自然に近い山里暮らしで感じた情報

...を受けやすいと判定されたら、寒暖差のある時期に疲労感を感じたのならそれは寒暖差疲労なのかもしれませんね。 その場合には、いち早く体を温め、自律神経を元に戻すようにしましょう。 何れにしても、寒暖差疲労を感じているときは、自分のエネルギーはいっぱいいっぱいになっているので、それ以上エネルギーは使ってはいけないということです。 対策として 冷たい飲み物は取らない、常温以上のものを取る。 寒ければ...

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム