運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 「大根おろし」で美味しく身体メンテナンス

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「大根おろし」で美味しく身体メンテナンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
「大根おろし」で美味しく身体メンテナンス (全2枚)

みずみずしく、甘味を蓄えた野菜の代表、大根。おだしをたっぷり吸ったおでん、コッテリのブリ大根…もう、たまりません。料理だけでなく、天ぷらに大根おろしを添えるように、胃腸の働きを整える「健胃野菜」としても優秀ですよね。

今回は美味しさと健康効果のイイトコ取り。「大根おろし」にフォーカスします。

・合わせて読みたい→
夏疲れ解消で秋を元気に!(http://cocokara-next.com/lifestyle/cheerfully-the-fall-in-the-summer-tired-eliminated/)


●身体をいたわる効能の宝庫!
大根を食べると胃腸がスッキリするのは、消化酵素の働きによるものです。特に炭水化物の分解酵素であるジアスターゼがたっぷり含まれているので、胃もたれや胸焼けを解消してくれるのです。さらに注目したいのは、辛味成分のイソチオシアネート。抗酸化作用があり、すりおろすことで大根の細胞が破壊されると多く生成されます。ただし、消化酵素は50度前後で働きが失われると言われていますので、「大根おろし」として食べることで効果を最大限に発揮してくれるのです!また、大根は野菜の中ではビタミンCが豊富なので風邪予防にもなり、食べることで健康管理を手助けしてくれる頼もしい存在なのです。

●基本は生食!でも、「汁」はどうする?
大根おろしは5分で辛味や酵素の働きがピークに達し、その後はどんどん減少するので食べる直前にすりおろすのがベスト。汁にも酵素や栄養がたっぷり含まれるので、汁ごと食べるのがおすすめです。あまりにも水分が多い場合は、余分な汁を料理に利用してはいがか。残念ながら消化酵素の効果は得られませんが、辛味成分は熱を加えることで甘味に変化するので、隠し味になります。お鍋や味噌汁など汁物に入れたり、ご飯を炊くときに使うと、甘味と旨味がぐんと増して美味しくなりますよ。

●簡単な辛さ対策は、レンジでチン
寒さで甘味が増した冬の大根は、手早くすりおろして、そのまま醤油やお酢をかけただけで十分に美味しいですよね。大根は下にいくほど辛みが強いので、葉に近い首の方が大根おろしに向いています。辛いのが苦手という方は、大根の繊維に沿って丁寧にゆっくりとすりおろしてみてください。辛さが抑えられると言われています。また、すりおろしてから少し時間を置いたり、30秒ほどレンジにかけたりすると辛さが抜けて食べやすくなります。

●大根おろし「+1品」で自分流アレンジ
大根おろしをもっと美味しくいただきたいなら、おろしに1品プラス!シラスや、かつお節、キムチ、塩辛、なめたけなど、いろいろありますが、おすすめは「納豆」。納豆をよくかき混ぜたらお醤油や付属のタレなどで味付けし、軽く汁を切った大根おろしを加えて、軽く和える。納豆の糸と大根おろしが合わさって、ふんわりした食感がクセになります。そのままでもご飯にかけてもいいし、生野菜に乗せて、おろし納豆サラダにしても!コクを出したいときには、おろし納豆に卵黄を加えるのもいいですよ。食欲のないときにもスルスル食べられます。

宴会やパーティが多い時期は、日ごろ気を付けている人でもついつい飲みすぎ食べすぎになりがち。日ごろの食事に大根を上手に取り入れて、しっかり健康管理していきましょう。

【監修】
スポーツクラブNAS
管理栄養士
市谷直美

「けんこうフィットNEWS-健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

「大根おろし」で美味しく身体メンテナンス 外部サイト 「食べ過ぎ防止」だけど低栄養素にならないためのポイント いつもの生活にプラス5つ!脳におすすめの新習慣 ダイエットや小顔効果も!よく噛んで食べると得られるメリット6つ 日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

スポンサードリンク

2018/10/10 02:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「「大根おろし」で美味しく身体メンテナンス」に関するコラム

「「大根おろし」で美味しく身体メンテナンス」に関する評判

@ko7101941

@@ko7101941

二日酔いに効く食べ物。ビタミンCを多く含む大根おろしは、アルコールの分解をすすめてくれます。また、大根に含まれる消化酵素には、はきけをおさえてくれる効果があります。豆知識より。
@SuzukoRinp2

@@SuzukoRinp2

お酒を飲む時は、枝豆、豆腐、納豆、卵、鶏肉、チーズ等の量質なたんぱく質をとりながら飲むと良い。大豆製品にはサポニンも解毒作用もありカロリーも低いのでおつまみに最適です。さらに二日酔いには大根おろし。ビタミンCが豊富でアルコールの分解を助けます。
@ruoka777ruoka

@@ruoka777ruoka

#美肌 効果抜群の #さんまの塩焼き さんまのわたには、シワ、たるみ予防の #レチノール 、すだちや大根おろしに含まれる、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収が高まります。DHA、EPAも豊富。#血液さらさら でないと、クマ、くすみの気になる肌に。 #インナービューティー #アンチエイジング pic.twitter.com/einlEoLOPC
@eiyou1390

@@eiyou1390

食肉の発色剤である亜硝酸アミンは摂りこまれ、胃で色素のヘモグロビンをニトロソ化して色を綺麗に保ってます。この発色剤は魚に含まれるジメチルアミンもニトロソ化して発がん物質を生成してしまう。ビタミンC存在下ではこの反応は抑制されます。魚は大根おろしや柑橘類とともにとりたいですね。
@bonygunejile

@@bonygunejile

大根おろしはビタミンCも豊富ですが、おろした瞬間からビタミンCが破壊されていくので、おろしたてを食べるようにしましょう。
@kicchinryouri

@@kicchinryouri

大根おろしは皮も一緒にすり下ろすのがベター★中心部よりも皮の部分に栄養素が集中★例えばビタミンCも中心部の2倍の量が皮に含まれています★☆
@SuzukoRinp2

@@SuzukoRinp2

お酒を飲む時は、枝豆、豆腐、納豆、卵、鶏肉、チーズ等の量質なたんぱく質をとりながら飲むと良い。大豆製品にはサポニンも解毒作用もありカロリーも低いのでおつまみに最適です。さらに二日酔いには大根おろし。ビタミンCが豊富でアルコールの分解を助けます。
@syoku_hingaku2

@@syoku_hingaku2

【にんじん】 ・代表的な緑黄色野菜 ・β-カロテンが多い ・アスコルビン酸酸化酵素を含むため、生で大根おろしに加えるとビタミンCを酸化させてしまう
@nontan4562

@@nontan4562

大根おろしは美肌のもとであるビタミンCが豊富ですが、おろした瞬間からビタミンCが破壊されていくので、おろしたてを食べるようにしましょう! pic.twitter.com/bockGOlUJ7
@tiebukuromj

@@tiebukuromj

もみじおろしを作る時、おろした人参に少し酢を加えてしばらく置いてから、大根おろしと混ぜ合わせましょう。人参に含まれる酵素で、大根のビタミンCが壊れるのを抑えてくれるのです

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム