ダイエットのためのレシピ
  1. HOME
  2. ダイエットのためのレシピ
  3. コラム
  4. 食べなきゃソン!美容効果も期待できる「柿」の栄養素とは...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

食べなきゃソン!美容効果も期待できる「柿」の栄養素とは⁈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
食べなきゃソン!美容効果も期待できる「柿」の栄養素とは⁈ (全3枚)

美容面でも優秀!柿の凄すぎる栄養素と効能とは?!


何と言っても柿の代表的な成分はビタミンCです。その含有量はいちごより豊富に含まれており、中くらいの大きさのものを1個食べると、1日の必要量を満たすことができます。ビタミンCは美容効果が期待できるビタミンの代表的な存在ですが、コラーゲンの合成を助け、シワを防ぐ働きや、シミ、そばかすの原因になるメラニンの沈着を防ぎ、透明感のある若々しい肌を保つ効果が期待できます。また、ビタミンCは、疲労回復、風邪予防、ガン予防、ストレスの緩和にも◎。

ビタミンAも比較的多く、皮膚や粘膜を強化する作用や、免疫力向上が期待できます。お肌を乾燥から守ってくれる機能もあるため、これから秋冬にかけて空気が乾燥し、風邪も流行りだす季節にはありがたい果物です。

柿特有の渋み成分であるタンニンは、柿ポリフェノールと呼ばれるもので、渋みを抜いた甘い柿にも柿ポリフェノールは含まれているため、わざわざ渋い柿を食べる必要はありません。

さらに、柿がアンチエイジングにどのようにアプローチするのかに関しては、上記で紹介した栄養素に含まれる、抗酸化成分が鍵を握っています。

老化の原因は、主に活性酸素だと言われています。もともと人間の身体には酸化した物質を除去する力が備わっていますが、バランスの悪い食生活や紫外線、添加物、大気汚染などが原因で除去機能が低下すると、活性酸素が溜まり、身体が酸化してしまいます。活性酸素が細胞を傷つけ、病気や肌荒れの原因を引きおこします。

ポリフェノールやビタミンA、ビタミンCには抗酸化作用があり酸化を防ぐ効果が期待できることから、柿はアンチエイジング効果に優れたスーパーフルーツと言えるのです。

関連画像をもっと見る

フードコーディネーター監修!美容効果を高める食べ方と、切って和えるだけレシピ!


食べなきゃソン!美容効果も期待できる「柿」の栄養素とは⁈

柿に含まれるビタミンAやβカロテンは、油に溶けやすい脂溶性ビタミン。より美容効果を発揮するためには、オイルと一緒にとることで吸収率をアップさせることができます。

おすすめの調理法は、材料を切って調味料で合えるだけ。ミントなどのハーブを飾ると彩りもよく、おもてなしにもぴったりで、ワインのおつまみにもおすすめな、簡単レシピをご紹介いたします。是非、ハロウィンやクリスマスの際に、ご家族やご友人と楽しまれてはいかがでしょうか?

◆ワインにピッタリ!柿とタコのさっぱりマリネ

<材料(2人分)>
・柿1/2個
・茹でたタコ(スライス)6枚
・ワインビネガー(または米酢小さじ1〜2
・オリーブオイル小さじ1
・塩少々
・ミント(みじん切り)適量

<作り方>
1.柿は皮を向いてひと口大に切る。
2.1、タコ、ワインビネガー、オリーブオイル、塩をボウルに入れて和え、冷蔵庫で2〜3時間冷やす。器に盛りミントを飾る。

<ポイント>
・柿は熟れたものを選ぶとよい。
・ミントの代わりにイタリアンパセリでもOK!
・ワインだけではなく日本酒にも合います。

いかがでしたか?美容に優れたスーパーフードと聞くと、ついついそれだけに頼りたくなるものですが、偏った食生活は美容にとってNG。美容の基本は、バランスの良い食生活と適度な運動、質の高い睡眠です。過度な摂取は避けて、毎日適量を食べることを心がけてください。


 Profile

<執筆>
藤井瑠美(ふじいるみ)
日本ビューティーフード協会インストラクター・栄養士・フードコーディネーター・フィンガーフードプロフェッショナル・1児の母として子供の才能を開花させる食を提案している。
ブログ:https://ameblo.jp/comfort-food-made-health

<監修>
一般社団日本ビューティーフード協会代表理事鈴木梨沙(すずきりさ)
体の内側から整えキレイと幸せを叶える一生継続可能な食事を提案する専門家として、延べ1200名以上の方にセミナー講演会を実施。著書「美女になる簡単ヘルシーダイエットBook」がある。
一般社団日本ビューティーフード協会公式サイト:http://beauty-food-lisa.com/

スポンサードリンク

2018/10/12 11:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「食べなきゃソン!美容効果も期待できる「柿」の栄養素とは...」に関するコラム

「食べなきゃソン!美容効果も期待できる「柿」の栄養素とは...」に関する評判

@girls_up_matome

@@girls_up_matome

【美白に効く食べ物】 かぼちゃ にんじん ほうれん草 ウナギ レバー レモン イチゴ 美白に必要な栄養素は、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、亜鉛です。 特にビタミンCは、肌のハリを保つコラーゲンを生成する大事な役割を担っているので、積極的に摂取するようにしましょう♪
@DgObdqYxADykMz6

@@DgObdqYxADykMz6

バナナを毎朝とりましょう! 植物繊維や鉄分、マグネシウムなどのミネラルも豊富。 ビタミンB・ビタミンCに加え、体内でビタミンAに代わるカロテンも含まれているから、肌のコンディションを保つ働きが期待できるとのこと!
@mens_skincare1

@@mens_skincare1

紫外線が強いこの季節は、肌が傷みやすくなります!!そんな時にお勧めな献立は「具だくさんカレー」です!!栄養バランスがよく、ビタミンもしっかり摂れます!!じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れませんし、にんじんに入っているビタミンAはカレーの油分と組み合わされ吸収が高まりますよ☆☆
@yuki234123

@@yuki234123

チョコです^^ 絶対に覚えて!ビタミン別お肌補助機能一覧その1。 ビタミンC(お肌の再生を助け、ニキビの赤みを防ぐ) ビタミンA(お肌の再生を助け、お肌にハリ・ツヤを与える) ビタミンE(血行を良くして、お肌を美しくさせる) サプリメントの参考にしてね。
@Bisou_no_Neko

@@Bisou_no_Neko

返信先:@noarinnn ビタミンCの原液とビタミンAの塊おすすめです(ง ˙ω˙)ว✩.*゜ pic.twitter.com/zclDF90qZr
@Paseri_bot

@@Paseri_bot

パセリの栄養価は高く、ビタミンA (βカロチン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC など多くのビタミンを含み、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも豊富である。他にも食物繊維、葉緑素なども含み、これら栄養素の含有量は、野菜の中でもトップクラスである #paserei
@_heart24

@@_heart24

風邪予防にはバランスの取れた食生活も重要です。風邪予防に特に有効なのは、体を内側から温めてくれる脂肪。のどや花の粘膜を強くしてくれるビタミンA。いろいろなストレスに対する抵抗力をつけてくれるビタミンC。この4つが風邪予防の3大栄養素といわれています。
Noble esthetic(ノーブルエステティック)

@Noble esthetic(ノーブルエステティック)

福山市エステサロンNobleesthetic岩倉です☆ 秋の味覚かぼちゃ♪ ☆美肌☆ 皮膚の粘膜を保護して美肌効果のあるビタミンが沢山含まれています♪ (βカロテン、ビタミンCなど) ☆抗酸化で身体のサビ予防☆ ストレスなどにより発生した活性酸素は、お肌のサビの原因に(/ω\) サビはしみ・シワ・タルミなどお肌の老化を早めます。 そのダメージからお肌を守ります(*^^*) (ビタミン...
@ptotstudy

@@ptotstudy

★ビタミン総まとめ★ 欠乏症が基礎問題によく出る!! ビタミンA:夜盲症 ビタミンD:小児ではくる病、成人では骨軟化症 ビタミンE:溶血性貧血 ビタミンB1:脚気 ビタミンB12:悪性貧血 ニコチン酸(ナイアシン):ペラグラ 葉酸:巨大赤血球性貧血 ビタミンC:壊血病
@yaki_tori_bot

@@yaki_tori_bot

[鶏]レバー:肝臓部位。うなぎの4倍のビタミンA、ビタミンC、E、B2、グルタチオンなどが含まれており栄養の塊。低カロリーなのもうれしい。きも、レバー、ちぎも。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム