ダイエット アプリ
  1. HOME
  2. ダイエット アプリ
  3. コラム
  4. 「お金のライザップ」の正体

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

「お金のライザップ」の正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「お金のライザップ」の正体
自分と一緒にお金に向き合う一人ひとりにつく担当コンサルタントとの二人三脚で、金融の基礎を学びながら自信を付けていく(写真:kikuo/PIXTA)

投資顧問業でも、パーソナルバンキングでもない、”パーソナルトレーニング”と銘打った金融サービスが出現した。今年3月、サイバーエージェント出身の児玉隆洋氏が立ち上げた「bookee(ブーキー)」だ。

金融商品を「一切、扱わない」金融アドバイス

金融アドバイスと称し、特定の金融商品を販売するビジネスも多いがbookeeの特徴は金融商品を一切、扱わない点にある。どんな金融商品を選択するかをアドバイスするのではなく、自らの判断で金融商品を選ぶための基礎知識や考え方、注目すべきポイントを教えるのだという。

「お金のライザップ」の正体
bookeeの児玉隆洋社長は大学卒業後、2007年サイバーエージェントに入社。Amebaブログ事業部長、テクノロジーイノベーション室長、インターネットテレビ局であるAbemaTVの広告開発局長などを歴任。2018年2月、株式会社bookee(ブーキー)を設立した(写真:bookee)

こうした「お金の学校」のようなものはこれまでも存在したが、実際の家計バランスや資産運用状況を見ながら、お金をより効率的に運用するためのカリキュラムを、OnetoOneで顧客を担当する専任コンサルタントがカスタムメードで作成する点が新しい点だ。

社長の児玉氏は「新卒で11年間、サイバーエージェントで仕事をして充実はしていたが、いざ”結婚”というとき、自分がお金に関する知識をまったく持っていないことに愕然とした。基礎的なことすら知らなかったため、数十冊の本を読みあさって、やっと理解できる状況だった」と、創業に至ったきっかけについて話す。

結婚という人生の大きなイベントを契機に生命保険を見直したところ、貯蓄と掛け捨てが複雑に入り組んだ保険商品を理解できなかったという。同時に検討を始めた住宅ローンも、数字面ではお得に見える低金利ローンが本当にお得なのかどうか、細かく見ていくと条件が異なることがわかった。

当然、資産運用についてもさっぱりわからない。仕事面で充実し、着実に実績を上げてきたこともあり、どのように効率的に資産を運用し、増やしていくかという視点がなかったためだ。積立型保険も投資信託も何も知らず、NISAもiDeCoの意味を知ったのも、このときだったという。

読者の中には「そんなことは基本の中の基本じゃないか」と思う方もいるだろう。もっともな話だ。低金利時代の中、さまざまな金融商品が個人向けに開発されているが、一方で複雑化もしている。

基礎的な知識がないまま、忙しい毎日の中で生きていると、基本ではないかと思われることにも考えが向かいにくい。まして、投資信託の目論見書を読み、手数料などの詳細な条件を評価、目利きできる人が、どれほどいるだろう。

日本銀行調査統計局によると、アメリカでは”お金のカリキュラム”が幼稚園から高校まで用意され、特に高校では16.4%が必修科目としているほか、英国でも小学校から高校まで金融リテラシーの授業が組み込まれているという。

一方、日本では金融リテラシーを学ぶ機会が義務教育から高校にかけて一切ない。こうしたことが、”お金に対して向き合うこと”から遠ざけているのは、金融個人資産の51.5%が現金・貯金で管理されていることからもわかる。

こうした状況を背景に、”毎月の家計を安定させる”といったレベルから、”個人向け金融商品の扱い方”、あるいは”金融商品の目論見書を読み取る””住宅は賃貸か分譲か、あるいは一戸建てか””生命保険の選び方”などについて、一人ひとりの顧客からヒアリングをしたうえでトレーニングのカリキュラムを作成するのがbookeeというわけだ。

担当トレーナーとの「心の距離の近さ」がポイント

カリキュラムの基礎は、提携先である47万人の卒業生を持つファイナンシャルアカデミーの教材を活用し、特定ジャンル(たとえば住宅ローンや生命保険など)に関してはファイナンシャルアカデミーの講師が直接、bookeeの利用者にレッスンすることもあるという。

しかし、重要な点はカリキュラムそのものよりも、自分と一緒にお金に向き合う一人ひとりにつく担当コンサルタントとの二人三脚で金融の基礎を学びながら、第一歩を実際に踏み出して自信を付けながら、”資産が増える体質”を身に付けることだと話す。

「本を読んで知識を付ければ、おおよその”お金を増やす仕組み””減らさない、浪費しないコツ”は理解できます。でも、理解できたとしても実行に移せるかというと、実はなかなか移せない。これは自分自身が経験したことなのですが、自分が選んだ金融商品が正しいかどうか自信が持てないからです」(児玉氏)

こうした自分自身の経験を基に、個人顧客一人ひとりと向き合い、コンサルタントが顧客と一緒になって小さな目標を探しながら前へと進み、達成を繰り返すことで大きな目標を達成していく。そんな”心の距離の近さ”がポイントというわけだ。

以前、松村邦洋氏のライザップでのダイエットについて取材レポートしたことがあったが、彼らの手法はライザップと極めてよく似ている。ライザップに限らず、どのようにすれば減量できるのか。食習慣や生活習慣の中で、何が肥満要素で、どのようにすれば解消できるかといったメソッドは、ある程度確立されている。

その際にわかったのは、ライザップのメソッドが特殊なのではなく、一人ひとりに合わせたカスタムメードのトレーニングメニューを”一緒に作り、一緒に目標を立て、一緒に目標達成に向けて頑張る”という、担当トレーナーとの距離の近さがポイントだった。

”資産を増やす行動と判断”を習慣化

bookeeも”お金にまつわる基礎知識”については、出資者にもなっているファイナンシャルアカデミーのノウハウを活用している。単に知識を得るだけならば、ファイナンシャルアカデミーに通うという手もある。

しかし、それだけで”資産を増やす行動と判断”を習慣化し、将来に対する不安を完全に払拭できない人もいる。このために行動学の専門家の協力を得て、義務としてミッションをこなすのではなく、自らの選択として自然にお金が増える考え方を身に付ける。

これはライザップをはじめとする、近年の減量プログラムとも共通する考え方、手法で、ライザップがゴルフや英会話などに幅を拡げている様子とも類似している。

しかし、疑問もある。まだスタートアップなだけに、事業プランが全方位に向かっていないことは理解できるものの、比較的カジュアルな金融知識を身に付けるパーソナルトレーニングを受けたい消費者が、どのぐらいいるのか。また、bookeeの卒業生たちと、どうリレーションシップを継続するのかといった、事業継続性へのイメージが湧きにくい点である。

この点について児玉氏は「私は一貫してITで世の中を変えることに挑戦してきました。まずはパーソナルトレーニングという形で、どんな人たちが、どんな悩みを抱え、具体的にどのようにすれば資産を増やしていけるか。カスタムメードの改善プランを開発していくことで、いずれはアプリを通じて継続的にアドバイスを与えたり、あるいはアプリだけで店舗に通わずに金融リテラシーを身に付ける”1対n”のプログラムに発展させていきます。これが”金融のパーソナルトレーニング”という最初の目標に続く、bookeeの2つ目の設立趣意です」と話した。

現在、bookeeの無料体験を受けたいと申し込みをしている人たちは累計で1000人。ミレニアル世代の女性が7割を占め、結婚の直前、直後に受講しにくることが多いという。こうしたこともあり、2店舗目を表参道のWeWorkに構えて規模を拡大した。

3カ月のコンサルティング期間と、リバウンド防止のためのメンテナンス期間が1年。コンサルティング期間には担当コンサルタントによる10回の直接指導、保険・住宅に関する専門家による面談4回、毎日新しいカリキュラムが届けられる3カ月分のオンライン学習プログラムが含まれる。これらがセットになって29万8000円だ。

また1年のアフターサポートではLINEを通じた金融知識に関する相談に加え、お金に関する教養講座、あるいは個別面談を4回まで受けられるアフターフォローが行われる。

こうした教育カリキュラムに加え、毎日の支出をレシートの写真などでLINEを通じて提出してもらい、それを担当コンサルタントが支出カテゴリごとに集計し、次回の面談時にチャート化してみせて、カリキュラムの調整をしていく。顧客に寄り添った本当の意味でのカスタムメードプログラムへと寄せていく。

ライザップの基本プランと同じ価格設定

合計で29万8000円という価格設定は、ライザップの基本プランと同水準の価格だ。「bookeeではお客様ごと、たとえば”資産増加額”や、”1年後に無理なく家を買える財務バランスと準備資金を実現したい”といった具体的な目標を設定するため、投資に対する成果が見やすい。決して高い設定ではない」(児玉氏)。

ライザップでは6年間に10万人をトレーニングしたという数字があるが、同じように顧客を増やしていけるだろうか。

成長できるかどうかは、顧客からのニーズがあるか否かもあるが、トレーニングを担うコンサルタントの育成もカギになる。児玉氏によると、金融商品の開発や販売を行うのではなく、本来ならば知っているべき知識を教え、取るべき行動を取るための”コーチ”に近い能力が必要であり、ファイナンシャルアカデミーのカリキュラムをベースに、認定コンサルタントの育成も並行して行う予定だという。

「お金のパーソナルトレーニング」を根付かせるための道のりは始まったばかりだ。

「お金のライザップ」の正体 外部サイト 銀行員が勧める金融商品の9割がダメな理由 「つみたてNISA」が盛り上がらない根本理由 NHK「クロ現」の生命保険特集は、秀逸だった

スポンサードリンク

2018/10/18 08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「「お金のライザップ」の正体」に関するコラム

「「お金のライザップ」の正体」に関する評判

@lifehacknewsp

@@lifehacknewsp

お金のパーソナルトレーニング「bookee(ブーキー)」の評判は?無料体験に参加して気づいたメリットと実際の費用まとめ lfportal.xsrv.jp/?p=2365
@ftomgo

@@ftomgo

『イメージはライザップのお金版です。お金のパーソナルトレーニング!「GINZA SIX」内にbookee(ブーキー)3号店目OPEN!!』お役立ち教材ブログ|akalia-kyouzai.blog.so-net.ne.jp/2018-11-17
@tokyokeizai

@@tokyokeizai

#東経情報「資産管理・運用・金融学習をマンツーマンでサポート」 #bookee(東京都新宿区 ファイナンシャルコンサルティング)は6月1号店 新宿店 8月 2号店 表参道原宿店をオープン ともに入会希望者の受入可能人数の上限に達し 計画前倒しで #GINZASIX 内に3号店 銀座店をオープンした
@yuppyjappy

@@yuppyjappy

RT @yuppyjappy: 【潜入取材】bookeeでお金のパーソナルトレーニングの無料体験を受けました! - 粉雪の日に snow0-0wnos.com/entry/bookee
@yuppyjappy

@@yuppyjappy

【潜入取材】bookeeでお金のパーソナルトレーニングの無料体験を受けました! - 粉雪の日に snow0-0wnos.com/entry/bookee
@tiny4da

@@tiny4da

なにこれ受けたい お金のパーソナルトレーニング「bookee」がGINZA SIXに新スタジオをオープン:MONEYzine:資産運用とお金のこと、もっと身近に moneyzine.jp/article/detail… @moneyzine_jpより
@CFJ45kLfACZNCrN

@@CFJ45kLfACZNCrN

お金のパーソナルトレーニング「bookee(ブーキー)」の動画公開! 詳しくは→bookee-money.net/249/
@kopooh1031

@@kopooh1031

倍返しの半沢くん(@moneyhanzawakun)さんの「『お金のライザップ』はじめてみませんか?」という記事を紹介します。 「bookee」というお金について1から100まで伝授してくれるサービスです。 これから資産運用やフリーランスになる人は長い目で見たら絶対受けるべきサービスです! 詳しくは記事を!
@junkun28

@@junkun28

bookee お金に困らなくなるかも??
@yuppyjappy

@@yuppyjappy

RT @yuppyjappy: 【潜入取材】bookeeでお金のパーソナルトレーニングの無料体験を受けました! - 粉雪の日に snow0-0wnos.com/entry/bookee

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム