運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

同じ食事なのに、なぜ体重の増減が人によって違うんだろう?家族や友人を見てそう思うことって時々ありますよね。この違いは代謝と関係していますが、最近、手軽な方法で代謝を測定してくれるテクノロジーがクラウドファンディングに登場して大きな注目を集めています。

息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える

その名も「Lumen」。Indiegogoで圧倒的な注目を集めるこのデバイスは「食べ物をエネルギーに変えるメタボリズムは人や日にち、タイミングによって異なる」ことに目をつけて、その時々のメタボリズムを測りながら食事のコーチングをしてくれるプロダクトなんです。価格はひとつ約2万8000円(発送料別)と決して安くはありませんが、多くの人たちから支援を得ることに成功。2億円を越える資金を集めました(目標金額の約3500%)。

 

Lumenは2つの要素から成り立っています。ひとつは息を吹きかけることでユーザーの身体が「脂質を燃焼」しているのか「糖質を燃焼」しているのかを検知するデバイス。そして、その結果に基づいて、専用アプリがどのような食事を摂ればよいのかを提案してくれます。

息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える

例えば、下の画像を見ると、メーターは左側の「脂質燃焼」に少し振れており、「昨日の低炭水化物ダイエットの効果ですね。今は脂質が燃焼されています」というコメントが。さらに、その下には「好きなパスタを食べてもよし」「いつもより長めの睡眠を取りましょう」「ブートキャンプ形式のエクササイズをしましょう」というアドバイスも表示されています。

息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える

本製品は一日の献立も提案。例えば、「低炭水化物の日」向けの朝食として、グラノーラ、アーモンド、ヨーグルト、そしてフルーツが提案されています。

息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える

Lumenを使えば、前日の睡眠や運動、食事が私たちの代謝にどのような影響を与えているのかをチェックすることが可能。毎朝Lumenで自分の代謝の状況を確認することで、その日ごとにベストな食事計画やワークアウト計画を立てることができるというわけですね。

 

エクササイズもより効果的になるかもしれません。本製品はトレーニングに必要なエネルギーがちゃんとあるかどうかをチェックするのにも使えます。「この距離をランニングするにはエネルギーが不足しているようです。間食で炭水化物を多く摂りましょう」というようなアドバイスがもらえるんですね。

 

科学者、医師、栄養士からなるチームが4年かけて制作したLumen。呼気に含まれる酸素と二酸化炭素の割合を調べることで身体の代謝の状態を分析するという仕組みですが、この技術自体は真新しいものではなく、トップアスリートたちのトレーニングなどに長年活用されていました。しかし、従来では検査時間に60分ほどかかり、そのうえ分析にも時間を要していたのですが、本製品はその時間を大幅に短縮することに成功。デバイスに息を吹きかけるだけで検査が終わり、結果もすぐに見れるところにその最大の価値があるでしょう。

 

既にベータ版を使った実験が300人を対象に行われており、最初の1か月で平均して約3キロの体重減少という結果が得られたとのこと。

類似プロダクト「PATH」との違い

ここまで聞くと「自分のメタボリズムにピッタリの食事を毎日チェックできるなんて最高!」と感動してしまいそうになりますが、実際、多くの人がIndiegogoに前向きなコメントを残しています。それでも、クラウドファンディングを注意深く観察している人は、過去にも似たようなプロダクトがあったことを覚えているかもしれません。

息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える

そのひとつが「PATHBreath+Band」です(上の画像)。ウェアラブルのバンドと呼気を吹きかけるデバイスで24時間の代謝を予測し、ユーザーそれぞれに最適なエクササイズの内容を提案するというものでした。16年にKickstarterに提出されたこのプロダクトですが、完成予定の2017年7月になっても完成せず、Kickstarterのページには怒りのコメントが殺到しています。

 

そんな類似ケースを思い出すと、「Lumenはどうやって睡眠データを取るのか?」「本当に完成するのか?」「食事メニューのバラエティは?」と疑問や懸念が次々に湧いてきます。それは予約購入者たちも同じ。Indiegogoのコメント欄には称賛の声と並んで、質問がたくさん書かれています。

 

ある人はPATHを例に挙げて、こうコメントしています。

 

「PATHのクリエーターたちが直面した問題のひとつは、高度の違いから生まれる気圧の影響に対応するために、デザインの抜本的な見直しを迫られたこと。Lumenは異なる高度における使用にもちゃんと対応しているのか?」

 

このように、類似製品が失敗していると具体的かつ鋭い質問が飛んできます。まさにこれはコミュニティーがプロダクトをチェックするというクラウドファンディングの真髄なのですが、そんな質問に対してクリエーターのDanielTal氏は次のように回答しています。

 

「Lumenのシステムは、デバイス内のセンサーとスマートフォンが持つ気圧センサーの両方から調整することで高度の変化に対応する設計。我々もPATHのことはもちろん知っており、Lumenは多くの点でそれと異なります。自社開発のセンサーを使い、計測方法もまったく別。しかも、我々はコロラド州ボールダーの高度1600メートルの土地で本製品をテストしました」

 

そのほかにも、湿気の影響や寒い地域の屋外で使えるかどうかといった質問にも丁寧に回答しています(前者に対する回答は「ない」、後者は「使用環境は摂氏15℃以上」)。

Lumenには「早くこのプロダクトを使いたい!」「素晴らしいアイデア!」といった称賛のコメントがたくさん集まっていますが、海外メディアの論調は慎重。例えば、TheNextWebは「体重を減らすなら、単純にカロリーを摂取した分よりも多く消費するだけのこと」であり、それを達成するのであれば、「フィットネストラッカーでも十分だ」と述べていますが、それでも「Lumenを使うことで運動を始め、自分が食べる内容を気にするようになり、気分がよくなるのであれば、それはそれでよいことだ」と評価しているんですね。

 

忙しい現代人にとってLumenは、エクササイズや食生活の改善に対するモチベーションを高めるのに役立つでしょう。しかし、それ以上の目覚ましい効果があるかどうかは、発送予定である19年5月以降に聞こえてくるユーザーたちの感想を待つしかなさそうです。

スポンサードリンク

2018/10/18 18:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える」に関するコラム

「息を吐いて「代謝」を測定するデバイスがダイエットを変える」に関する評判

@k_katsura

@@k_katsura

RT @r0ckies: 中銀カプセルタワーの保存は理解出来るんだが、とにかく残せみたいな方針はそもそものメタボリズム建築の思想と相反してる感じがしてなんかシュール
@k_katsura

@@k_katsura

傑作だから気持ちはわからんでもないけど、それはその建築が表したメタボリズム(新陳代謝)を否定しているのではないか。古いものは壊されて新しいものに代謝するべきなのでは、とも思います pic.twitter.com/r8J2GeFBRg
@linsbar

@@linsbar

(この概念は、「メタボリズム」と言う。東京オリンピック🇯🇵1964前後に日本の建築から発信された。)←海洋都市というのと、上に伸びるパージョンがある。
@jota_IndigoSoul

@@jota_IndigoSoul

RT @shariabull: #素敵なものときれいなものの話だけをする 旧都城市民会館の屋根(メタボリズム) pic.twitter.com/eITVpyCnMy
@shariabull

@@shariabull

メタボリズムの代表的建築
@shariabull

@@shariabull

RT @shariabull: #素敵なものときれいなものの話だけをする 旧都城市民会館の屋根(メタボリズム) pic.twitter.com/eITVpyCnMy
@04Avril04

@@04Avril04

メタボリズムに問題が……(自身の怠惰)
@wholeearthjp

@@wholeearthjp

オーストラリアの生物学者ティム・フラナリーは、こう語っている。「経済の新メ タボリズム陳代謝は、地球の新陳代謝と真っ向から衝突している」(第1章「地球の趨勢」P22)bit.ly/rqRcqZ
@tamakazurakaoru

@@tamakazurakaoru

RT @00ur0b0r0s: 柏の葉の三井ホテルロビー、チラッと覗いてみると、最近流行の書籍ブース、その中でも1枚目のファーブル昆虫記全集とか写真全集とかよくあるな、と思って詳しく見ると、なんとズントー作品集5冊やOMAメタボリズム本が、しかも都市のイメージやコラージュシティ…
@FKameisan

@@FKameisan

メタボリズムを聴いてみよっと。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム