食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか
東京・新橋にある「スナックaeru」は、会員数1700人を誇る「出会えるスナック」だ。辣腕ママのアドバイスが婚活迷子たちを結婚へと導いている(編集部撮影)

いま日本では、結婚する人の割合が低下している。

2015年の国勢調査によると、50歳までに1度も結婚したことのない人の割合を示す「生涯未婚率」は、男性で約23%、女性で約14%と、過去最高を記録するなど、結婚離れが進んでいるようだ。その背景として、SNSを中心とした“非リアル”での交流が盛んになる中、「リアルな交流はうまくいかない」「出会いがない」、という切実な声も聞かれている。

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか
この連載の一覧はこちら

そんな中、会員数1700人を誇る「婚活の駆け込み寺」的なスナックがあると聞いた。会員の7割が女性であり、こじらせ女子、くせの強い男性、結婚相談所や合コンで惨敗続きの人など、数々の男女を成婚に導いてきた実績があるとのことで早速向かった。

出会いのシステムが確立されたスナック

新橋SL広場から徒歩5分。路地裏の飲み屋が密集する雑居ビルの2階に「スナックaeru(アエル)」はあった。扉はスナックにありがちな、店内がうかがえないオーソドックスタイプ。「会員制」プレートも掲げられ、なかなかハードルが高い。看板には「縁結びママがあなたの出会いをお手伝い!」と書かれ、曜日ごとに変わるシステムや料金が明記されていた。どうやら婚活や占いに特化した日と、スナックの日に分けられているようだ。

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか
「スナックaeru」の外観。新橋の飲み屋街にあるが、ちょっと入りにくい雰囲気か…(編集部撮影)

扉を開くと「チリンチリン」とベルが鳴り、2階に続く急な登り階段が出迎える。店内は10畳程度。カウンターには椅子が2つ。それ以外はソファー席となっており、約10人が座れば満員といったところか。アジアン調の小物が飾られており、だれかの家に遊びに来たかのようなアットホームな雰囲気だ。

「いらっしゃいませ」。とてもきれいな女性が出迎えてくれた。スナックaeruのママ、うららさんである。「うちはスナックだから、飲み放題・歌い放題が基本メニューなんだけど、出会いを求めてくるお客様には、年会費を払ってもらい、会員になっていただくシステムなの。これは、会員になった人々のプロフィールファイルよ」と言い、本棚からピンクとブルーのファイルを取り出し手渡してくれた。

ブルーのファイルは男性、ピンクのファイルは女性と分かれているようだ。開くと、1ページに1会員ずつ年齢や居住している都道府県や年収(女性は未記入が多い)、趣味、結婚相手に求める要望などが記載されている。

「会員になったら、このプロフィールを閲覧できるの。初回は、プロフィールの中から気に入った方を3名まで選んでもらい、私がその方のお写真をお見せするの。気に入った場合は、取次担当がお相手に連絡。OKだったら、まずは、お店のカウンター、通称“ペアリングシート”に座っていただいて約1時間お話してもらいます。初回はそれで終了。その後、双方の意見をお聞きして互いの気持ちがマッチしたら、それ以降はご本人同士でやり取りしてもらう。そういう流れになっているの。今では会員番号も1700番台になったわ」

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか
プロフィールを見て、気になった人がいたらまず写真閲覧の申し込みをし、そこで気に入ったらマッチングを申し込むことができる(編集部撮影)

どうやら、しっかりとしたシステムが構築されているようだ。

キャリアウーマンにありがちなのは…

2012年のオープンから約6年が経過し、客が客を呼ぶようにして、今では会員の7割を女性が占める。現時点において、活動している女性も200人ほどいるのだとか。確かに、取材に訪れた日も、オープンからほどなく20〜30代の女性が1人で来店し、慣れた様子でファイルをめくったり、ママに相談したりしている。

「年齢幅は20代から50代。とくに20代後半から40代の層が厚いわね。職業は、看護士、保育士、美容師が多いかしら。仕事が多忙なうえに男性との出会いがない、とおっしゃる方ばかりよ」

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか
ファイルは読み出すと、結構面白くて止まらない(編集部撮影)

スナックaeruは、単にマッチングを提供しているだけではない。男女の会話や、日々のたしなみ、見た目に至るまで、ママが気づいたことを積極的にアドバイスしてくれる。このスナック流お節介が、多くの人から選ばれている理由のようだ。

「女性はまじめな方が多いわね。きっちりしているがゆえに、コミュニケーションも考えすぎたり、とらわれすぎたりして、消極的になっちゃったり、動けなくなっちゃったり。キャリアウーマンによく見られるのは、男性が頑張って話をしているのに否定的な言葉で返しちゃったり、リアクションが薄かったり、最後まで話を聞かなかったり。でもそういう癖って自分ではわからないでしょ。だから気づいたときにはなるべくアドバイスしてあげるの」

なるほど、大人になればなるほど、自分の悪い癖を指摘してくれる人は少ない。だからこそ、このようなアドバイスは貴重である。コミュ力も高まりそうだ。では、早々に卒業していく人、あるいはそうでない人に違いはあるのだろうか。

「もちろん、タイミングもあるけれど、やっぱり素直な人はどんどん良いほうに変わっていくわ。私がアドバイスしたことを素直に受け止め、実践することで、どんどんすてきな女性に変化していくの。3カ月間集中して私のアドバイスを実践したことで10人から告白された、なんて人もいたわ。一方で、「だって」「でも」と言い訳する人、男性と良い時間を過ごす努力ができない人、男性が選んだお店やプレゼントに対して女子会で文句を言っているような人は、なかなか良い結果につながらないわね」

SNS上でのコミュニケーションに慣れてしまうと、つい相手のことを考える余裕をなくしてしまう。そこを指摘し、相手目線で物事を考えられるようにしてくれるうららママのアドバイスは、実に的確だ。

ウィークポイントを改善する人から成功する

一方、男性会員はどんな人が多いのだろうか。

「男性は、20代から50代までと幅広く、女性慣れしていない人、友人達に背中を押してもらって来ている人が多いわね。男性の傾向もほとんど一緒よ。自分のウィークポイントを改善しようと積極的にアドバイスを求める人、うまくいかなくても努力して次に切り替えられる人から、うれしい報告を受けることが多いわ」

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか
スナックなので、もちろんカラオケもある。婚活目的だけでなく、純粋にスナック利用で来る常連客も多い(編集部撮影)

実際、40代の男性常連客は、3年前にaeruに初めて訪れたときは、出会いすらなかったがここで出会った女性と最近同棲を始めたばかりだという。服装も髪型も、清潔感あふれるこの男性。ママからはどんなアドバイスを受けたのだろうか。

「それまで見た目を気にすることはありませんでした。それでまず、髪型をちゃんとしなさいと言われて。表参道の美容室に行き、カリスマ美容師にカットやスタイリングをしてもらいました(笑)」

友人の紹介で店を知った男性は、月2、3回のペースで来店。居心地がよかった、というが、女性との出会いという面ではどうだったのだろうか。

「今までお会いした人は5名ほど。ただ実際にお会いすると、印象が違うことが多く、好みの人に出会うまでは時間がかかりました。そんなある日、aeruが主催するクリスマスパーティに参加した際、たまたま近くの席に座った女性とカラオケの話で盛り上がり、一緒にカラオケ教室に通うことになりまして。レッスン後に食事を重ね、親交を深めていきました。そしてお付き合いが始まり、今では一緒に暮らしています」

そして、この店の良さについてこう振り返る。「初めは固定概念にとらわれていたことも多かったのですが、ママのアドバイスやお店の常連と話をしたことが、自分の中に良い変化をもたらしたのだと感じます。現在では、たまにこの店に来るのが楽しみです」

美大進学希望だったのに、飲食の道へ

血眼に、ガチにならずに結婚相手を探せるスナック。そんな店をやっているうららママ自身は、どうやってここへたどり着いたのだろうか。

「出身は九州の長崎県。美大に行くために上京したんだけど、いろいろな人と接することが楽しくて。そのうち、もっと広い世界を知りたいと、バックパッカーをしたり、語学留学をしてみたり、帰国後は旅行会社でツアーコンダクターもやったわ。結婚を機に事務職に就いたんだけど、7年ほど経ってから夫と離婚。それからは、再起をかけて調理師免許を取得し、飲食業界に飛び込んだの。カフェやダイニングバー、ギョーザ屋からガールズ居酒屋まで、さまざまな業態のお店を経験したわ」

もともと接客が好きだったこともあり、業種業態を問わず、うららママのお店には多くの常連客が通うようになったそうだ。

「人々が集う場づくりとして、常連を集めた合コンや婚活、異業種パーティなんかも数多く企画してきたんだけど、いつしか恋愛や結婚に対するアドバイスを求める人が増えてきて。それで『人と人とを結び付けるスキルを仕事に活かせるかも』と思い、これまでの仕事を当時の部下に譲って、知人の結婚相談所を手伝いながら、スナックの雇われママを始めたの」

この経験がaeruを形作る礎になった。

「スナックでは、恋愛相談から説教まで、日常的に行われているわよね。場の雰囲気も相まって、みんな真剣に話をするし、聞いてもくれるわ。飲み屋ならではの気軽さもある。そこにプロフ検索をはじめとする相談所の効率的なサポートシステムを導入したの」

われわれの隣のテーブルで豪快にビールを飲みながら、ファイルを眺めていた30代の女性も、うららママに出会って人生が変わった、と話す。

さまざな婚活パーティに参加したけど

「1年半前、上司の紹介でこの店に来ました。初めは失敗を繰り返してばかり。お酒を飲みながら男性と話をしていると、盛り上げなきゃいけないっていう使命感にかられて、ついつい話しすぎちゃって。ママに怒られて初めて気づきました。それからは、ママのアドバイスを受けて集中的に自分磨きをしました。ダイエット、髪型、メイク、服装など、やればやるほど自分が変わっていくのがわかり、どんどん楽しくなりました」

現在は婚活自体は少しペースを落としている、と話す女性は幸せそうだ。自分を良い方向へと変えてくれるスナックaeruの魅力を、垣間見た瞬間である。

もう1人、7連敗を経て、8人目の方と来月ゴールインするという40代の男性にも話を聞いた。

「婚活をはじめたのは10年ほど前。職場には既婚女性しかおらず、結婚相談所、カップリングパーティ、趣味別パーティなどさまざまな場に参加しました。でも、なかなか良い出会いにめぐり逢うことがなくて。それで昨年5月にこのお店を訪れました」

見た目も好青年の男性。すぐに多くの女性からオファーがあったそうだ。ただ、結婚までの道のりはそう平坦なものではなかったという。

「1回目で数名の方からOKをいただきましたが、話下手なこともあり、進展することなく連敗し続けて、気づいたら7連敗。それでも、ママから話の切り口に関してアドバイスしてもらいながら、どうにかあきらめることなく活動を続けていました」

婚活は続けることが大事。途中でやめてしまえば、どんな人でも、結婚に至ることはない。同じ志を持つ仲間と出会えることも、継続の秘訣となっているようだ。

「8回目にお会いした人は、年齢も5つ下、プロフィール上では趣味もマッチしていなかったので、また断られるかもと思っていたら、OKをいただけて。その後、度々お会いするようになって、お互いに気を使うことなく心地よい間柄になりました。これまでお付き合いした人とは異なり、積極的にリードしてくれるし、ちょっとした言い合いでもちゃんと逃げ道を用意してくれる。本当に、すばらしい女性と出会えたと感謝しています。スナックaeruは、自分にとって人生を変えてくれた場所、いわば究極のパワースポットです」

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか
aeruの5周年記念にと、常連客がくれたメッセージ。「夢をくれてありがとうございます」という言葉に涙する編集M(編集部撮影)

スナ女・五十嵐の評価は?

最後に、スナ女・五十嵐が「aeru」を評価してみたい。まずは、「入店スリル度」。冒頭でも触れたとおり、中がまったく見えない木目ドアであり、「会員制」プレートによるハードルはかなり高いだろう。電話をしてから訪れることをお勧めする。

次に「店内の雰囲気」であるが、優しい雰囲気で女性も安心できる空間は、まさにママの部屋にいるかのようなアットホームな雰囲気である。開店直後は婚活に真剣な男女利用が多いが、9時半を過ぎたころ、新橋で1次会を終えたグループが訪れママと楽しくおしゃべりを楽しんでいた。カラオケもあり、常連同士で盛り上がることも多いそう。そして、「初心者&スナ女受け入れられ度」だが、婚活中でなくとも、女性が1人で訪れても、ママのコミュニケーション力で、すぐに客同士の一体感を楽しむことができるであろう。

最後に、「初心者&スナ女受け入れられ度」だが、婚活中でなくとも、女性が1人で訪れても、ママのコミュニケーション力で、すぐに客同士の一体感を楽しむことができるであろう。

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか

お店を訪れる常連に話を聞いていると、人は、自らの固定概念から解き放たれたときに初めて、求めていた出会いを手にすることができるようだ。しかし、自らその境地に立つことは難しい。男女問わず、自分の良さや悪さを指摘し、良い方向に導いてくれるアドバイザーが必要だ。

たとえば、スナックaeruのうららママのように、独特な雰囲気と楽しさの中で、ちょうどいい具合に“お節介”をしてくれる人の存在が、婚活には欠かせない。この店で得られるのは、一般的な男女の出会いだけではなく、お節介なママと、同じゴールを持った仲間、そして新しい自分自身なのかもしれない。

新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか 外部サイト 妙齢女性がこぞって「徘徊」する町の吸引力 店が悲鳴あげる困った「スナック女子」の実態 アラサー女子が副業に「スナック」を選ぶ真意

スポンサードリンク

2018/10/19 09:20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「新橋「結婚できるスナック」は何がスゴいのか」に関するコラム

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム