脂肪燃焼
  1. HOME
  2. 脂肪燃焼
  3. コラム
  4. TRF・SAM「体が動く限りダンスは続けたい」トレーニング本で...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

TRF・SAM「体が動く限りダンスは続けたい」トレーニング本で体づくり伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

TRFのSAM(56)が23日、都内で、自身初の自叙伝『年齢に負けない動ける体のつくり方』(クロスメディア・パブリッシング発行、発売中)出版記念イベントを開催。報道陣の取材にも応じた。

56歳になった現在もダンサーとして第一線で活躍するSMAが「年齢に負けない動ける体」をキープするためのオリジナルメソッドを本書で初公開する。

これまで、TRFを通して高齢者や女性を中心したエクササイズ本を出してきたが、今回は男性が対象。その理由を「僕も含めて齢を取ってくる体の衰えを実感して。世の中のお父さんたちは普段は運動から離れてしまっていると聞くので、そういう方々に体を動かしてもらって気持ちも体もリフレッシュして頂きたいという気持ち」と語った。

本書では、「体幹」「瞬発力」「脂肪燃焼」「脳の活性化」と4つのパートに分けて、合計12種類のエクササイズを紹介。SAMオリジナルのダンサー式ストレッチを1日3分実践するだけで体が軽くなり「動ける体」を養うことができるそうだ。

「ダンスを40年間やってきたなかで体を鍛えるトレーニングは色々とやってきました。その中ででも一番手軽にできて効果的で、それぞれの部位に効くというのを紹介しています。簡単な運動ですが、濃縮しています。最低3分やれば変わってきます。忙しい方がエレベーターや電車を待っている間にできる、ながら運動です」

トレーニングはなかなか続かないところもあるが「自分が続けるときに心がけていることが、ノルマを作らない。腕立て伏せ30回やろうと思うと、それが苦痛になる。1回でもいいからやろうとすると続く。少ない回数を意識することが続けやすくなることだと思います」とアドバイスした。

そんなSAMだが、40年ダンスを続けるとは当時は思ってもいなかったという。「体がどこまで動くかというのは、10代20代の頃は未知だった。その当時の僕らから見た50歳は『おじさんだな』という印象。良く仲間と言っていたのは50歳になっても踊っていようね、ということ。それを過ぎたのが不思議な感じ」とし、「体が動く限りはダンスは続けたい」とも語った。

書籍後半では、SAMの学生時代からダンサーになった経緯、小室哲哉氏との出会い、TRFのブレーク、現在までの歩みなど自身の半生を語っている。

SAMが所属するTRFは結成25周年。日本におけるダンス&ボーカルグループの草分け的な存在でもある。「続けてこられたことは自分でも体が元気でいられるし、健康にも恵まれているのでものすごくラッキー。でも周りの環境や協力してくださる方もたくさんいるのでそういう方々の力があってのもの」と謙虚。

メンバーの仲は「紆余曲折ありましたけど、今は年齢も近いので人生を生き抜いてきた良い仲間」とした。書籍には、ヒットした当時は「嬉しくなかった」とも書かれている。「僕たちが最初に1位を取ったのが『survivaldAnce』という曲で、事務所は大騒ぎだったけど、僕とダンサーのCHIHARUとETSUは何も嬉しくなくて。僕たちは何もしていないし、小室さんのおかげ。『小室さん、おめでとうございます』みたいな感じ」だったという。

その意識が変わったの95年ごろ。「当時、グループのなかにダンサーがメンバーにいるのがいなくて、周りが認識できない状態。仕事に行っても『バックダンサーの方はこちらです』と違う部屋に通された。それも徐々に変わっていくんですが、変わったなと実感したのはファーストコンサートの時。ものすごい反応が返ってきて、俄然やる気が出ていた感じですね」と振り返った。

また、当時、プロデューサーの小室氏とは頻繁に打ち合わせをやっていたそうだ。「当時は毎回、小室さんと打合わせしていました。小室さん発信で。ライブに関しても3回目のライブまではお題をくれて。それに沿って。ダンスは一切言われたことはなかったです。『任せるよ』と言われました」

TRF・SAM「体が動く限りダンスは続けたい」トレーニング本で体づくり伝授

TRF・SAM

TRF・SAM「体が動く限りダンスは続けたい」トレーニング本で体づくり伝授

開脚を披露したTRF・SAM

TRFとしての今後は「TRFは良くも悪くも目標を立てないグループ。この先も望まる場所があればそこでライブをしたい」と意気込みを語った。

スポンサードリンク

2018/10/23 19:41

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「TRF・SAM「体が動く限りダンスは続けたい」トレーニング本で...」に関するコラム

「TRF・SAM「体が動く限りダンスは続けたい」トレーニング本で...」に関する動画

「TRF・SAM「体が動く限りダンスは続けたい」トレーニング本で...」に関する評判

@KID_A1005

@@KID_A1005

今日もイケすぎてるB-BOY2名を治療&運動指導。 昨日のダンサー勉強会の後、 また新作の治療とエクササイズセットでひらめくと言う (原理が一緒だから必ずセットなのです) 中国で頑張ってる日本B-BOYとも 動画などで怪我予防のアイデアやりとりしてるし、 おっさんもっと頑張らねば…
@kazukami0728

@@kazukami0728

テレビに出るシンガーやダンサーなどは人に見せる、人に聞かせるという職業である。だから、レッスンはプロ意識を持って精一杯どういうパフォーマンスをしなくてはいけないか考えなければいけない。 トレーナーはそのエクササイズを提供し、もっと良いパフォーマンスさせなくてはならない!
@RihaClinicians

@@RihaClinicians

モッキー(@chinesu4 )が記事を上げてくれたのと関連して背骨、体幹の柔軟性を出すエクササイズ。 これはダンサーがやっている体を分節的に動かすための練習の一つ。 久々にやると背骨・肩甲骨固すぎて上手くできないけど、良く効きますのでチャレンジしてみてください。 頭・腰が動かないように pic.twitter.com/dQCtWE7uyj
@TaksNishiHulot

@@TaksNishiHulot

バレエ団は大体1時間15分のクラスだから短い、そして人数が多いここは。「右からのピルエットだけ馬鹿みたいに繰り返さないでよ!」って言ったらまた爆笑(絶対ピルエットのエクササイズってそうなるから) 真剣に取り組んでとっても柔軟(体じゃなくて)なダンサー達です、プッシュしがいがある。
@TaksNishiHulot

@@TaksNishiHulot

私のパドシュバルのエクササイズで、ダンサー全員大爆笑で今朝は本当皆で涙ちょちょぎれながら笑ったわ〜😂 「i feel bad,i look bad!」と自分と見つめ合えるエクササイズ。笑
@KID_A1005

@@KID_A1005

次に脚の真ん中の軸を体感させるエクササイズで、 脚全体の内側・外側ラインの使い分けを覚えさせます。 しかし、ストリートダンサーや他の競技選手などは、 強力に固まっている事も多いので、 さらにしっかりほぐす方法を伝えなければなりません。
@loosegirl_ayuka

@@loosegirl_ayuka

午後の運動終わり! ダンサーYU-SUKEさんのエクササイズ動画にお世話になってます😺❤️
@Mika0b

@@Mika0b

ダンサーYU-SUKEの1ヶ月で3キロ痩せるエクササイズをしています。たくさん食べるので多分3キロは無理だと思います。
@KID_A1005

@@KID_A1005

武道空手の『千鳥足』とカポエラの基本ステップ『ジンガ』、 そしてブレイキンの『トップロック』に似た原理がありそうだと研究中。 共通するのは『横の重心移動』 ダンサー、格闘技選手、高齢者にも活かせるエクササイズに応用できそう! youtube.com/watch?v=htu8zy…
@daisuke1013

@@daisuke1013

ランニング時の足首の安定のなさや、左右のバランスの悪さ。 さらにベアフットランの走り方を考えているうちに、ランニングより、クラシックバレーやダンサーのエクササイズに興味深々になった。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム