運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. あなたが太る本当の原因は……成功するダイエットにある2つの共...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

あなたが太る本当の原因は……成功するダイエットにある2つの共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
あなたが太る本当の原因は……成功するダイエットにある2つの共通点

これまで肥満というものは、本人の意志や行動の結果起きるものだと考えられていた。つまり、自己責任だ。うっかりおやつを食べてしまったり、つい運動をさぼったりしてしまうのが悪いというわけである。

しかし、本書『果糖中毒――19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?』(ロバート・H・ラスティグ/ダイヤモンド社)によればそれは大きな誤りだという。著者に言わせると、肥満は自己責任で起きるものではないのだ。もし肥満が自己責任で起きるものだとしたら、乳幼児や動物までもが太ってきている現象をどう説明すればいいのだろう。

肥満の世界的大流行は私たちの生化学的反応の変化が原因で、それを引き起こしたのは環境の変化なのである。

この「環境」には、さまざまな要素が含まれている。大気汚染やエストロゲンを始めとする化学物質、風邪のウイルスに至るまで、私たちは無数の「太らせ因子」に囲まれて生きているのだ。

これらの「太らせ因子」は食欲や代謝に影響するホルモンの分泌を狂わせ、私たちの食欲を暴走させたり、代謝に悪影響を与えたりする原因になる。それを意志の力だけでどうにかしようとするのは困難だ。

なかでも著者がもっとも問題視しているのが食生活の変化、なかでも果糖のとり過ぎである。

果糖はノンカロリー甘味料をのぞく、すべての甘味料に含まれている糖の一種だ。私たちが普段「甘い」と感じるものには果糖が含まれている可能性が非常に高い。調味料として欠かせない存在である砂糖(ショ糖)も半分はブドウ糖、半分は果糖でできている。

世界の人口は2倍しか増えていないのに、砂糖の消費量は過去50年間で3倍になった。

甘いお菓子や清涼飲料水といった糖分を含む加工食品が日常的に、それも安く手に入るようになり、私たちは人類史上これまで想像できなかったような量の果糖を消費するようになっている。著者によれば、こうした状況こそが世界中の人々の肥満を招いている原因だという。

果糖がここまで問題視されるのは、果糖の代謝プロセスが肝臓に大きな負担をかけるからだ。果糖はほぼすべてが肝臓で代謝されるため、大量に摂取すると肝臓の処理能力を超えてしまう。その結果、血糖値を下げるのに必要なインスリンが肝臓で効かなくなってしまい、膵臓から大量のインスリンが分泌されることになる。

インスリンは余分なエネルギーを脂肪に変えて貯蔵する作用のあるホルモンであり、インスリンの分泌量が多ければ多いほどより多くの脂肪が身体に蓄えられることになる。さらに、大量のインスリンは食欲増加も招く。食欲をコントロールするホルモン・レプチンの働きを邪魔して、「飢餓状態にある」と脳を勘違いさせてしまうからだ。

大量の果糖は確実に、私たちの代謝や体重のコントロールに悪影響を与えるのである。どうやら、糖分の摂取量を制限することは健康的に減量するためには避けて通れない道といえそうだ。

実際、著者の検証によれば、成功するダイエットには2つの共通点があるという。それが、低糖、高食物繊維である。低糖とは砂糖や果糖といった添加された糖分が少ないこと、高食物繊維とは野菜や全粒穀物といった食物繊維を多く含む食材をふんだんに取り入れることを指す。食物繊維にはインスリンの大量分泌を抑えるなどの働きがあり、果糖の害を抑える「解毒剤」になってくれる。白米を食べる伝統的な和食が「ダイエットによい」と評価されるのも、大量の野菜で食物繊維をきちんと補っているからである。

そして、果糖の害から身を守り、ホルモンの分泌を正常化するために、著者は果糖や添加物を大量に含む加工食品を避け、低糖・高食物繊維の自然に近い食品を食べて生活することをすすめる。

本書は『果糖中毒』という邦題の通り、果糖の過剰摂取への警鐘が中心的なテーマとなっているが、他にも運動の効用、代謝のメカニズムなどダイエットや健康を考える上で有用なさまざまなテーマが扱われている。また、単純な糖質制限本というわけでもないので、流行の糖質制限に抵抗がある人でも読みやすいだろう。

なかなかダイエットがうまくいかない人、食生活を見直したい人におすすめの一冊だ。

文=紀村真利

スポンサードリンク

2018/10/28 15:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「あなたが太る本当の原因は……成功するダイエットにある2つの共...」に関するコラム

「あなたが太る本当の原因は……成功するダイエットにある2つの共...」に関する動画

「あなたが太る本当の原因は……成功するダイエットにある2つの共...」に関する評判

@Poko_IDOHORININ

@@Poko_IDOHORININ

肥満は「自己管理不足」「努力不足」「自己責任」みたいに言われることが多いけれども、僕の知っている限りは、根底に社会的な抑圧やストレスのあることがほとんど。多くの肥満女性と関わって感じたのは、特に多いのが親子関係の問題、機能不全家族で育った方が多いということ。
@kokomi0629s

@@kokomi0629s

どうしても運転手は座りっぱなしで体を動かす状況が少ない、なので運動も義務付けて健康維持にも積極的に取り組まないといけないのかな…。まぁ自己責任な部分なのだが、事故を起こしたら多数の方にも迷惑をかけてしまうので。#意識を失う #睡眠時無呼吸症候群 #肥満 #メタボ
@NozomiTokyo

@@NozomiTokyo

量子力学ほどでは無いが、自他とも認める貧者がiPhone使ってたり、申告な肥満だったりするのは”直感的”には受け入れ難い所がある。相対貧困の概念、あえて札ビラを切る事をアピールする事でしか承認欲求が満たされない、現代の病的肥満はほとんど自己責任では無い・・など”勉強”的なものがいる。
@coziekan

@@coziekan

RT @DiabetesCafe: @mitokachi 生活習慣病という行政用語は健康は自己責任という意識を国民に醸成しようとして官僚が命名したもの。2型でも肥満や食生活と無縁な人達は山程います。彼らはある意味,1型以上に生活習慣病という言葉に傷ついています。DMの病因はもっ…
@eMtXo6dCGr9OUBE

@@eMtXo6dCGr9OUBE

安くて元気が出て栄養価の低い食材は糖質系、コメ、うどん、パン、菓子…食後急激に血糖値を上げる。体質だろうが貧困米国人は超肥満に貧困日本人は糖尿病に アクセス:糖尿病って自己責任? 麻生氏「不摂生で病気に医療費 あほらしい」 貧困層ほど発症率上昇 - 毎日新聞 mainichi.jp/articles/20181…
@aV8SiPlfr7Oipq6

@@aV8SiPlfr7Oipq6

返信先:@amneris84 アメリカでは 貧困層の激肥満が問題になってますよね。とにかく 安くてお腹いっぱいになればいいから。バランスの良いお食事なんて摂れない😓自己責任とは言えない😨😡
@asatarou2000

@@asatarou2000

糖尿病若年患者の典型的ケースとは「子どもの頃から栄養バランスを欠いた食事で肥満となり、その後は非正規雇用や長時間労働を強いられる。不規則な食事やストレスで、さらに体重が増え糖尿病を発症するが、健康診断も受けれず重症化する。もはや自己責任とは言えない」mainichi.jp/articles/20181…
@akky924

@@akky924

通風→✖︎ 痛風→◯ 私は17年やってる。 17年前は情報も少なかったし本を読む読んで1人で始めたので孤独だった。 他人のせいなんかにできない自己責任しかない。 肥満で虐められた心の傷とDMで母親を看取った記憶。 私の実生活の周りのDMの人より私の方が食事は律せていると自負してるよ。
@false_bay_max

@@false_bay_max

肥満は自己責任で起きるものではない 太ってしまう本当の原因 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…
@tomatokecapp

@@tomatokecapp

医療費の国負担は #麻生太郎 不摂生に『喫煙者、肥満体型』に税金使うの馬鹿らしい!自己責任論理論で タバコ吸った瞬間から国民健康保険対象外にすれば税金カットになって絶対良い! あとは安楽死施設を作れば完璧♪ #安倍晋三 何とか大臣ちゃっちゃとやっちゃいな♪ #プライムサンデー #フジテレビ

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム