食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 太る薬、骨が弱くなる薬……こんな薬に気をつけろ

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

太る薬、骨が弱くなる薬……こんな薬に気をつけろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

医学や健康の常識は、どんどん変わっている。昨日まで正しいと思われていたことが、いつの間にか誤りとなっていることも少なくない。古い知識のままで、間違った習慣を続けていると、かえって健康を損なわないとも限らない。

【表】薬の新常識、12の心得

そこで、最新の研究成果や知見に基づき、医学と健康の新常識を98項目集めてみた。7回目は「薬の新常識」。高血圧やコレステロールの薬を飲んでいる人が多いはずだが、薬は飲み過ぎるとかえって毒になることもある。適切に利用するためにはどんなことに気をつける必要があるのか、専門家にアドバイスをもらった。

高血圧といえば薬(降圧薬)が付きものだが、その常識も変わりつつある。降圧薬は、「一度飲んだら一生やめられない」と思い込んでいる人が多いのではないだろうか。だが、降圧薬は一生飲み続けなければいけない薬ではない。確かに、血圧が下がらず、やめられない人が多い。しかし、年齢や体調によって血圧は変動する。その中には、血圧が下がって、薬が不要になる人もいるのだ。神戸学院大学栄養学部教授の駒村和雄医師が解説する。

「脂ぎった食事が好きだった若い人の中には、年をとって和食中心になるにつれ、血圧が下がり、薬を減らせる人がいます。お酒、タバコを控えるだけで血圧が下がる人もいますし、太っている人は運動して体重を5kg減らすだけで血圧が下がり、薬を減らせることもあります」

季節に合わせて薬と付き合う

それに、血圧は日中だけでなく、季節によっても変動する。金沢大学附属病院総合診療部特任教授の野村英樹医師が解説する。

「冬は血管が収縮するので、血圧が高くなります。しかし、暖かくなるにつれて血管が緩みやすくなり、血圧は下がっていきます。一錠か半錠ほどしか薬を飲んでいない人は、夏が近づくにつれて降圧薬が不要になることもあります。ですから、薬を飲んでいる人は1週間に2、3回でもいいので、ぜひ家で血圧をチェックしてください」

太る薬、骨が弱くなる薬……こんな薬に気をつけろ
©iStock.com

動脈硬化にともなう心血管病を予防するために、コレステロール低下薬(スタチン)を飲んでいる人も多いはずだ。だが、この薬も年齢に応じてやめられる薬だ。実は米国慢性期医学会が、「高齢者では、コレステロールが高いと心臓病や死を招くという明確な証拠はなく、逆にコレステロール値が最も低い高齢者のほうが、最も死亡リスクが高い」として、「75歳以上の人にとっては、心臓病の症状がない限り、スタチンはよくないかもしれない」と勧告を出している。

「高齢者はいろいろな病気を持っている人が多く、たくさんの薬を服用している人も少なくありません。薬の相互作用のリスクなども考えると、これまで心筋梗塞になったことがなく、糖尿病もない方は、優先順位を考えてスタチンの服用を見直してもいいでしょう」(野村医師)

スタチンには、筋肉痛や筋力低下などの副作用があり、転倒などのリスクも指摘されている。高齢者の転倒は手首や大腿骨骨折の原因となり、それが寝たきりのきっかけになることも多い。なので、スタチンを飲んでいる高齢者は、筋力低下にも注意してほしい。

骨折のリスクがある薬も

それにここ数年、多くの人が飲んでいる薬の中には、骨折のリスクがある種類もあるとわかってきた。

『知っておくと役に立つ最新医学』などの著書がある、群星沖縄臨床研修センター長の徳田安春医師が話す。

「最近の研究で、SSRIとSNRIという抗うつ薬や、PPI(プロトンポンプ阻害薬)という胸やけや逆流性食道炎の薬が、骨粗鬆(こつそしょう)症を促進することがわかりました。長期に服用すると、骨折しやすくなる恐れがあります。ですからどちらも、服用する場合には短期間にとどめたほうがいいでしょう」

では、骨折を防ぐにはどうすればいいだろう。すぐに思いつくのが、カルシウムやビタミンDのサプリメントだろう。しかし、最近の研究で、これらを飲んでも、骨折のリスクは下がらないこともわかってきた。また、骨を強くするビスフォスフォネートという薬もあるが、これも長期に服用するとあごの骨が壊死したり、通常は起こりにくい場所を骨折したりする副作用が起こる可能性がある。

「高齢になってからの骨折を防ぐには、薬やサプリに頼るよりも、普段から骨量を増やしておくことが大切です。過度のダイエットは骨を弱くするのでよくありません。骨量を増やすには、カルシウムの豊富な肉や魚、野菜などをしっかり食べて、適度に運動をすることです。また、日光にあたれば、それだけで骨や筋肉を丈夫にするビタミンDの量が血中で増えます。ですから、高齢の人は外に出て、散歩することをお勧めします」(徳田医師)

インスリン注射をしている人は太りやすくなる

生活習慣病では、糖尿病の治療を受けている人も多い。だが、糖尿病の薬で太ることがあるのはご存知だろうか。とくに太りやすいのが、膵臓のインスリン分泌を助けるSU薬(スルホニル尿素薬)や、インスリンの効きをよくするチアゾリジン薬などだ。また、インスリンの注射をしている人も太りやすくなる。前出の野村医師が解説する。

「糖尿病は血糖を細胞に取り込めない病気なので、太るのは薬が効いて、糖を利用できている証拠と言えます。したがって、すぐに悪影響があるわけではありません。しかし、血糖を利用した結果太るのはエネルギーの摂り過ぎと考えられますので、食生活を見直す必要はあるでしょう」

SU薬には膵臓が疲弊して、インスリンが早く出なくなるデメリットがある。また、高齢者では血糖値が下がりすぎて、かえって危険な低血糖を起こすリスクもある。そこで近年は、昔からある安価な「メトホルミン」という薬が見直され、よく使われるようになった。腎機能や肝機能が悪い人には使えないこともあるが、実はメトホルミンには、糖尿病患者の寿命をのばすという研究結果もある。

「摂取カロリーを制限すると長寿になるという動物レベルの研究がありますが、メトホルミンの作用を分子レベルで見ると、カロリー制限に近い働きもあります。また、がんによる死亡のリスクを低下させるかもしれないという研究結果もあります。ただし、糖尿病の治療は、運動と食事療法が優先的に推奨されます」(徳田医師)

過度な期待は禁物だが、安くても価値の高い薬であるのは間違いない。糖尿病で別の薬を飲んでいる人は、メトホルミンを処方してもらえないか、主治医に相談してみるといいだろう。

(初出『週刊文春』2017年4月6日号)

(鳥集徹/文春ムック文藝春秋クリニック80人の専門家に聞きました命を守る!最強の食事)

スポンサードリンク

2018/11/05 11:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「太る薬、骨が弱くなる薬……こんな薬に気をつけろ」に関するコラム

「太る薬、骨が弱くなる薬……こんな薬に気をつけろ」に関する評判

@mikenekomii_bot

@@mikenekomii_bot

★死因順位 死因分類:WHOのICD-100を用いる 《死因別死亡率》 1位:悪性新生物 2位:心疾患 3位:肺炎 4位:脳血管疾患 ※脳血管疾患の死亡が減少したのは、 高血圧の降圧薬治療による。
@blood_donationJ

@@blood_donationJ

【採血当日服用していても献血できる薬物】 ・降圧薬 (高血圧症の治療用として一種類の医薬品のみの服用で、血圧が正常域にコントロールされている場合で、心臓・腎臓・血管系の合併症がないことが条件) #kenketsu
@mygoro762

@@mygoro762

妊娠高血圧症候群に対する降圧薬は? →メチルドパ,ヒドララジン(20w以降はニフェジピン)
@mygoro762

@@mygoro762

妊娠高血圧症候群に対する降圧薬は? →メチルドパ,ヒドララジン(20w以降はニフェジピン)
@keito8880

@@keito8880

高血圧も自覚症状が出てから治療でよいと思う。食事、運動と生活習慣に気をつけながら降圧薬を減らしていくのが理想。youtu.be/g2g7l3C3uWQ
@mikenekomii_bot

@@mikenekomii_bot

★死因順位 死因分類:WHOのICD-100を用いる 《死因別死亡率》 1位:悪性新生物 2位:心疾患 3位:肺炎 4位:脳血管疾患 ※脳血管疾患の死亡が減少したのは、 高血圧の降圧薬治療による。
@ykha5451

@@ykha5451

軽度の高血圧に薬は必要か? 降圧薬の利益と害 promea2014.com/blog/?p=6246
@aechanhoney

@@aechanhoney

【血圧抑制】蜂蜜には約200の栄養素が含まれており、その中でもカリウムが多く含まれている。カリウムは、体内の余分な塩分を排出し、高血圧を抑制するという特徴から「自然の降圧薬」と言われている。#生はちみつ
@blood_donationJ

@@blood_donationJ

【採血当日服用していても献血できる薬物】 ・降圧薬 (高血圧症の治療用として一種類の医薬品のみの服用で、血圧が正常域にコントロールされている場合で、心臓・腎臓・血管系の合併症がないことが条件) #kenketsu
@kanapin00

@@kanapin00

検査値のたぐいは入退院の前後でがらっと変わって大きく改善し、今ではどれも正常なのだが、それはまだ薬を服用しているのが大きいので、できれば薬を止められる状態に持っていきたいのよね。高血圧の人が降圧薬を服用して血圧を管理しているのと同じで、心配する状態ではないけど。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム