食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 悪酔いを防ぐ!?冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

悪酔いを防ぐ!?冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
悪酔いを防ぐ!?冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ

通年出回っている「ブロッコリー」ですが、実は冬が旬です。サラダなどに使われることも多く、女性にとっては身近な野菜ですよね。

ブロッコリーは「βーカロテン」や「ビタミンC」「スルフォラファン」と、さまざまな栄養素を含むことから、美肌キープや悪酔い防止のためにとっておきたい野菜の1つです。

ベジ活アドバイザーの筆者が、冬をより楽しく過ごすためにブロッコリーを食べた方が良い理由を3つご紹介します。

■冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ

(1)美肌キープ

ブロッコリーに多く含まれる「βーカロテン」ですが、体内で必要に応じて「ビタミンA」に変換されます。ビタミンAには、皮膚や粘膜を丈夫に保つ働きがあり、不足すると肌の乾燥を招くそうです。

湿度が下がる冬は、意識してとりたいですよね。

美肌、美白効果も期待

ブロッコリーに多く含まれる「ビタミンC」には、コラーゲンの合成をサポートし美肌に導く働きがあります。

最近、ブロッコリーをはじめとするアブラナ科の野菜に含まれる注目の成分「スルフォラファン」には、メラニン色素の生成を抑制することから美白効果も期待されているのだそうです。

若返りのビタミンと呼ばれる「ビタミンE」も含むことから、冬の美肌キープにおすすめです。

(2)悪酔い防止

ブロッコリーに含まれる「スルフォラファン」には、アルコールを飲んだ時に派生する「アセトアルデヒド」の代謝に関わる酵素の生成を促し、アルコール代謝を促進する働きがあることが報告されています。

同じアブラナ科の野菜である「ブロッコリースプラウト」にも多く含まれているので、お酒の量が増える年末年始は意識して食べてみてはいかがでしょうか。

(3)ダイエット

ブロッコリーは低カロリー&低糖質で栄養価も高いため、ダイエット中のサポートとしてもおすすめです。「食物繊維」も豊富なので、デトックス効果も期待できます。

「スルフォラファン」は、脂のとりすぎによる肥満にも有効なのだそうです。この時期は外食が多くなる時期でもあるので、上手に活用できると良いですね。

年末年始は、肌トラブルや体重管理などの悩みが多くなる時期です。トラブル回避には規則正しい生活とバランスの良い食事が大前提なので、栄養価が高くヘルシーな「ブロッコリー」を無理なく食事に加えてみると良いですね。

(ベジ活アドバイザー生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】
・なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
・今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
・カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
・「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】
※ブロッコリー-わかさ生活
※ビタミンC-わかさ生活
※スルフォラファンとは?-村上農園
※40代からの肝臓ケアにスルフォラファングルコシノレート-カゴメ

悪酔いを防ぐ!?冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ 外部サイト ダイエットにも◎!コンビーフと野菜のヘルシーレシピ3選 ダイエット成功に導く!「亜鉛」が豊富なレシピ3つ 3日に1度でアンチエイジング!「ブロッコリースプラウト」の食べ方

スポンサードリンク

2018/12/01 12:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「悪酔いを防ぐ!?冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ」に関するコラム

「悪酔いを防ぐ!?冬に食べたい「ブロッコリー」の魅力3つ」に関する評判

@EGcombat_bot

@@EGcombat_bot

フリーズドライベジタブルのビタミンA炒めカルシウムがけ一個。インスタントスープタイプBのビタミンC風一個。他は例によって例のごとし(カデナ隊食事当番/落下再び)
@Paseri_bot

@@Paseri_bot

パセリの栄養価は高く、ビタミンA (βカロチン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC など多くのビタミンを含み、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも豊富である。他にも食物繊維、葉緑素なども含み、これら栄養素の含有量は、野菜の中でもトップクラスである #paserei
@Paseri_bot

@@Paseri_bot

パセリの栄養価は高く、ビタミンA (βカロチン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC など多くのビタミンを含み、カルシウム、マグネシウム、鉄などのミネラルも豊富である。他にも食物繊維、葉緑素なども含み、これら栄養素の含有量は、野菜の中でもトップクラスである。
@kagakutisiki

@@kagakutisiki

ビタミンの例を1つ挙げ、その働きを記せ(三重大改) [答]ビタミンA:視力調節や発育促進 ※ビタミンAを挙げてみたが、他のならば、ビタミンB1:消化液の分泌促進、ビタミンC:歯や骨などの維持、ビタミンD:カルシウムの吸収、等。「人間生活と化学」分野であり、高校化学の範囲。
@kirimenoyaoya7

@@kirimenoyaoya7

ブロッコリーはビタミンAのもとになるカロテンや鉄、カルシウムなどの栄養価が高い野菜です。とくに花蕾(からい)のビタミンCは、レモンの約2倍だそうですよ~ 【bit.ly/QEpnGm】(゚д゚)ヤサイタベテル?
@yudainakata0422

@@yudainakata0422

外食などでは、特に緑黄色野菜が十分に食べられないことが大きな問題です。ビタミンAやビタミンCなどのビタミン類が不足して体の免疫機能が弱まって風邪を引きやすくなったり、慢性的に体がだるいなどの症状が出てきます。こうした食生活が続けば、当然ながら穏かな睡眠も遠ざかってしまいます。
@rittu_rittu_

@@rittu_rittu_

返信先:@_shfly_3432 調べたら、傷を早くふさぐにはタンパク質、鉄、ビタミンA、ビタミンCを摂ると良いらしいよ!
@hoorenso_bot

@@hoorenso_bot

ビタミンCには美肌効果や生活習慣病の予防効果があるけど、鉄と一緒に摂れば吸収率が高くなるんだ。ビタミンAやビタミンEと摂ると抗酸化作用が高まるしね、ほうれん草にはこれら全部含まれてるから、超健康野菜だぞ、
@sugiyakubot

@@sugiyakubot

評判商品紹介【かわいい肝油+(プラス)】ビタミンA・ビタミンD・ビタミンC、そして更にビタミンB12・葉酸がプラスされ「かわいい肝油」が新しくなりました!発育期の栄養補給にもおすすめです。 from 杉沢薬品株式会社健康食品オンラインストア
@kento5574

@@kento5574

食事は1日3食バランスよく。 特に肉、魚、大豆製品などのタンパク質は肌細胞を生成する大切な栄養素です。 また免疫力を高めるビタミンC、新陳代謝を促進するビタミンA、皮膚や粘膜を保護するビタミンB2やB6などのビタミン類も肌の育成に大切です。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム