運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. コンビニおにぎりの具で一番不健康なのは? 辛子明太子vsおか...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

コンビニおにぎりの具で一番不健康なのは? 辛子明太子vsおかかvsシーチキンvs梅干し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
コンビニおにぎりの具で一番不健康なのは? 辛子明太子vsおかかvsシーチキンvs梅干し 健康な食事をしたくとも、忙しさからコンビニや外食に頼ってしまう。そんな現代人は少なくない。サラリーマンがコンビニや外食で選びがちな食事を、ケース別に比較。どっちが不健康メシかを専門家に診断してもらった。

◆“おにぎり”対決
辛子明太子VSおかかVSシーチキンVS梅干し

コンビニで定番のおにぎり。何げなくチョイスしていた具材に、健康か不健康かを分ける要素はあるのか?

その前にマシな具材はなんなのか?一番支持されたのは意外にもマヨネーズの入ったシーチキン。

「EPAやDHAなどのn-3系脂肪酸や魚のタンパク質が摂れることに加え、魚油は血糖値を上がりにくくしてくれる効果があるんです」(城西大学教授の金本郁男氏)

また、「明太子のナイアシンは肌荒れにいいです」(管理栄養士の川村郁子氏)、「梅干しのクエン酸が体をアルカリ化させるので痛風の人には◎」(管理栄養士・浅野まみこ氏)などと、それぞれ栄養価値があるため、この3つはどれが不健康とは言い難いようだ。

一番パッとしなかったのがなんとおかか。食品表示アドバイザー・垣田達哉氏はこう指摘する。

「おかかにはカラメル色素という着色料が使われていることが多く、これには発がん性物質が含まれています。アメリカでは消費者運動によって、発がん性物質が低減されたカラメル色素を使った商品もありますが、日本ではそうした取り組みをしていないので注意したほうがいいでしょう」

《不健康なのはコレ!》
不健康指数★★★☆☆
おかかは、発がん性物質のリスクあり!カラメル色素に要注意

【川村郁子氏】
管理栄養士。Ikofood代表。病院栄養士経験後、独立。栄養専門学校講師や栄養ライターとして「食いしん坊でも健康になるコツ」を発信

【金本郁男氏】
城西大学薬学部教授。28年間の病院薬剤師としての経験を生かし、食事療法の研究を行う。著書に『ゆるい低糖質ダイエット』(池田書店)など

【浅野まみこ氏】
管理栄養士。エビータ代表。企業での栄養管理やコンサルティングを行う。著書に『「コンビニ・外食」で健康になる方法』(草思社)

【垣田達哉氏】
食品表示アドバイザー。食品問題評論家。消費者問題研究所代表。著書に『選ぶならこっち!〜食べて安心な食品の見分け方〜』(WAVE出版)

―不健康メシはどっち?―

スポンサードリンク

2018/12/03 08:52

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「コンビニおにぎりの具で一番不健康なのは? 辛子明太子vsおか...」に関するコラム

「コンビニおにぎりの具で一番不健康なのは? 辛子明太子vsおか...」に関する評判

@73fukurou

@@73fukurou

2018年度の韓国食品の違反リストでは「オキシテトラサイクリン」という物質の、基準値以上の検出が目立つ。食品問題評論家の垣田達哉さんはこう語る。 「6年後にまで韓国産海苔の輸入を倍増させる」と日本政府が韓国に約束 中国産にも劣る信頼性だ - U-1 NEWS japannews01.blog.jp/archives/50517…
@ultra_man_taro

@@ultra_man_taro

韓国で女児の胸が大きくなる「性早熟症」、囁かれる原因 news-postseven.com/archives/20190… 検査をすり抜けた危険な韓国食品が、今も日本のスーパーに出回っているのだ。食品問題評論家の垣田達哉さんは衛生面の影響が大きいと指摘する。
@ome_city_tokyo

@@ome_city_tokyo

【イベント】2月12日(火)に消費生活講座「食の安全と表示」を開催!食品表示問題の第一人者、垣田達哉氏をお招きし、講演いだきます。託児もありますので、お子さんのいる方も大歓迎です!詳細は市ホームページをご覧ください。<市民安全課>city.ome.tokyo.jp/s_seikatsu/201… pic.twitter.com/lFiO4ds458
@tabi405

@@tabi405

韓国のりを喜んで食べている方々は読んだ方がいいと思う。 食品問題評論家の垣田達哉氏が語る。 「韓国は下水処理施設が十分に完備されておらず、糞尿や汚泥を海に流すケースが多い。それゆえ、韓国近海の海産物は汚染されやすいという現実があります」
@Masa96182822

@@Masa96182822

注意喚起‼️ 不衛生な韓国からの食品💢 糞尿汚染水域で採取された韓国産貝類缶詰、米国FDAが“輸入禁止措置” 通告❗️ 垣田達哉食品問題評論家 「韓国は下水処理施設が完備されておらず、糞尿や汚泥を海に流す事が多い。韓国近海の海産物はバイ菌汚染され易いという現実」 news-postseven.com/archives/20190…
@noribeko

@@noribeko

食品問題評論家の垣田達哉氏が語る。 「韓国は下水処理施設が十分に完備されておらず、糞尿や汚泥を海に流すケースが多い。それゆえ、韓国近海の海産物は汚染されやすいという現実があります」

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム