お腹のダイエット
  1. HOME
  2. お腹のダイエット
  3. コラム
  4. 正月太りの対策法や原因、リセットのコツを医師に聞いた

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

正月太りの対策法や原因、リセットのコツを医師に聞いた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
正月太りの対策法や原因、リセットのコツを医師に聞いた ●おせちに潜む意外な罠

2019年が目前に迫ってきた。日々多忙なビジネスマンも、お正月ばかりは自宅でゆっくりしたり、実家に帰省したりとのんびりした時間を過ごす人がほとんどのはずだ。ただ、この正月休暇はお餅やおせちをたらふく食べたり、新年を祝うための飲みの席が増えたりすることでお腹周りにお肉が付きやすい時期でもある。

加齢に伴い基礎代謝が減って体重が落ちにくくなるため、このいわゆる「正月太り」で増えた体重は、年を重ねるごとに数字以上の「重荷」になってしまう。休み明けに出社した際に「あれ、ちょっと太った……?」などと言われないようにするには、きちんと対策を講じる必要があると言えよう。

そこで今回、糖尿病専門医、内分泌代謝専門医の山本咲医師に正月太りを防ぐためのコツなどについてうかがった。

○正月太りが起きる理由

一般的に太る原因として、カロリーの過剰な摂取や運動不足による消費カロリーの低下などがある。正月太りはこれらに加え、食事の内容も太る要因になりうると山本医師は解説する。

「お正月メニューの代表例にはおせちがあります。おせちは昆布巻きや伊達巻き、黒豆、煮しめなど、野菜や海の幸が中心で一見するとヘルシーなメニューに見えます。しかし、『お正月の三が日は火を使わず過ごす』という昔の風習により、おせちには食材が傷みにくくなるための工夫が施されています。具体的には、保存がきくように塩分および糖分を多めに調理しているということです」

例えば、伊達巻き一切れ(約30g)には7gほどの砂糖が入っており、カロリーは約60kcal。約200gの黒豆には約150gの砂糖が入っており、350kcalほどになる(※自社調べ味付けなどによる増減あり)。

また、餅も正月に欠かせない食べ物だが、五訂増補日本食品標準成分表によると餅(100g)のカロリーは235kcal。一般的な丸餅1つ(約33g)は約80kcalとなり、子ども茶碗一杯のごはん(100g/168kcal)の約半分に相当する計算となる。砂糖やしょうゆなどで味付けした餅を2〜3個食べる食事を続けていれば、カロリー過多に陥るのは容易に想像がつく。

○塩分や糖分、アルコールも肥満を招く

塩分に注意するものとしては、昆布巻きやかまぼこなどがあげられるという。おせち内のさまざまな食材を複数食べていけば、結果としてトータルではかなりの糖分と塩分を摂取してしまうことになる。

「糖を摂(と)り過ぎると太るというのはよく知られていますが、実は塩分の摂り過ぎも太る原因になります。太るといっても脂肪がたまるのではなく、体内に水がたまることによるむくみが体重増加をもたらします。体内に塩分がたまると、体はその濃度を薄めようとして体内に水分を引き寄せようとします。そのため喉が渇いて水分を摂り過ぎ、水分がたまってむくみを起こし体重が増えるという仕組みです」

また、おめでたい席ではお酒も進みがち。アルコールは食欲を増進させるし、部屋でゆっくりしていれば当然運動不足にもなる。

(1)手軽に食べられるわりにカロリーが高い餅

(2)おせちなどの正月特有の料理に含まれる塩分や糖分

(3)食欲を増進させるアルコール

(4)家でゆっくりすることに伴う運動不足

これらが正月太りを引き起こす主因と覚えておこう。

●正月太りを回避するためのポイント

正月太りは避けたいが、一年に1度しかない新年を祝うイベントを節制だらけで過ごすのも面白くない。特段厳しい制限を設けずに正月太りを回避するには、普段通りの生活を心がけることがポイントになるという。

「普段の日常とお正月休みで大きく違う点は『生活習慣』にあると思います。休日であるがゆえに一日中家でごろごろして運動不足になったり、食事や酒の量が普段より増えてカロリーオーバーになったりしがちです。一日のうち30分だけでも外に出て、ウォーキングやストレッチなどで少し体を動かすだけでも、体の代謝を上げられます」

普段は朝夜の通勤時に駅まで歩いたり、出先でちょっとした階段を上り下りしたりしてカロリーを消費しているが、お正月中はこういった動きが少なくなる。そのため、意識的に体を動かして普段の生活習慣とあまり差が出ないようにすることが重要だと山本医師は指摘する。

食事面では、ドレッシングやしょうゆなどの料理にかける調味料を少なくするよう心がければ、塩分を控えることが可能。また食事の際はゆっくり咀嚼して満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐようにしよう。

○増えてしまった体重をリセットさせるコツ

暴飲暴食をしないようにし、初詣や初売りなどで積極的に外出して体を動かしていたとしても、体重が増えてしまうケースはどうしても出てくる。「そのような際は、一日も早く普段の生活習慣に戻るよう心がけていただくと、体重を落としやすくなります」と山本医師はアドバイスを送る。

「塩分を控えて食事を普段の量に戻し、日ごろの運動習慣があるならば早めに再開するようにしましょう。極端な食事制限や無理な運動はリバウンドの原因になりますので、普段通りの生活を送るようにしてください」

体重はすぐに増やせるが、減らすには時間がかかる。毎日の摂取カロリーを普段より少し減らしたり、いつもより1駅余分に歩いたりすることで、「数週間をかけて以前の体重に戻す」ぐらいの気持ちでダイエットするのがいいだろう。

※写真と本文は関係ありません

○取材協力:山本咲(ヤマモト・サキ)

都内の大学病院で初期臨床研修後、同病院の糖尿病代謝内分泌内科医局に入局。糖尿病専門医、内分泌代謝専門医を取得。現在は神奈川県内の大学病院にて糖尿病代謝内分泌分野を中心とした内科診療に携わっている。En女医会所属。

En女医会とは

En女医会は150人以上の女性医師(医科・歯科)が参加している会。さまざまな形でボランティア活動を行うことによって、女性の意識の向上と社会貢献の実現を目指している。会員が持つ医療知識や経験を活かして商品開発を行い、利益の一部を社会貢献に使用。また、健康や美容についてより良い情報を発信し、医療分野での啓発活動を積極的に行う。

スポンサードリンク

2018/12/29 10:31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「正月太りの対策法や原因、リセットのコツを医師に聞いた」に関するコラム

「正月太りの対策法や原因、リセットのコツを医師に聞いた」に関する評判

@hiragi_sora

@@hiragi_sora

正月太りする👔 「美味いおせちがあるとどうしてもたべすぎちゃいますよね」 「どこのですかー?」 「どこ、??…あぁ、買うんじゃなくて手作りなんです。毎年ありがたいですね。」 「あぁ、、…(察し)」
@ccoy99

@@ccoy99

正月太りしないおせち料理の食べ方 ccoy.net/diet/414/?utm_…
@pota_pota_0323

@@pota_pota_0323

返信先:@1632sukidayo 私の家におせちとかおもちとか食べる習慣ないから正月太りしたことないし、そもそもデブい笑
@ccoy99

@@ccoy99

正月太りしないおせち料理の食べ方 ccoy.net/diet/414/?utm_…
@xmnts

@@xmnts

おせち料理を食べるとDHMOの摂取を促進させるから、太りやすくなって、かつ痩せにくいから危険だよ 正月太りの原因はこれ
@new_kata_kami

@@new_kata_kami

なおたんとわいとの1年 1月 一緒におせち食べて正月太り 2月 わいからのバレンタインデーに喜ぶなおたん 3月 ホワイトデーに豪華なお返しをくれるなおたん 4月 学生時代懐かしいなぁって出会った頃を思い出すわいとなおたん 5月 子供の日が好きななおたん 6月 梅雨でテンション上がってるなおたん

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム