ダイエットのためのレシピ
  1. HOME
  2. ダイエットのためのレシピ
  3. コラム
  4. 2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリ...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

2018年も、フード&ドリンク界では多種多様のヒットアイテムが生まれました。これらすべてを一概に語ることは容易ではありませんが、全体を見渡してみたときに、傾向として「プチリッチ」というキーワードが浮上します。

 

新ジャンルにして“ビール感”を得られる本麒麟や、1缶で適度に酔える高アルチューハイは、「家飲み」充実化の切り札。高級食パンや夜マックはもとより、チーズドッグも若者のおやつとしては決して安いものではありません。

 

ガチのリッチは求めていないが、コスパを追求するだけでは物足りない。そんなカオスなニーズを捉えた、絶妙な秀作揃いの1年でした。

 

【その?】本麒麟

3月の発売から約半年で累計2億本(※)を突破!

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

キリン

本麒麟

130円(350㎖)

従来の1.5倍の長期低温熟成を採用した新ジャンル。アルコール度数は6%と高めで、コクと飲み応えを強化しました。一部にドイツ産ホップを使用したことで、リーズナブルな価格ながら上品な苦みと爽快感を実現しています。

※約550万ケースを350mℓ缶換算

 

【ヒットの真相】

「本当はビールが飲みたい」層に刺さった

同社の調査では、新ジャンルユーザーの6割以上が「本当はビールを飲みたい」と回答。このニーズを踏まえて製法や素材にこだわり、ビールらしいコクと飲み応えを実現しました。

 

【こちらもチェック!】

独自のプロモーションがウケた!

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

サントリー

ザ・プレミアム・モルツ

神泡体感キット

本製品ならではのクリーミーな「神泡」を、家庭で手軽に楽しめる購入特典。6缶セット(手動/写真)と24缶ケース(電動)で展開されました。

 

 

【その?】高アルチューハイ

発売約5か月で累計1億本突破

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

キリン

キリン・ザ・ストロング

実売価格116円(350㎖)

クリアウォッカを使用し、アルコール度数は9%。「ハードな炭酸感」と「ハードな味わい」も相まって刺激的な飲み応えに。

 

発売約3か月で年間販売目標の200万ケースを達成(※)

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

サッポロチューハイ

99.99

141円(350㎖)

純度99.99%のウォッカを使用し、透明感のあるクリアな味わいを実現。飲み応えはありながらも飽きない、スムースな飲み口です。クリアレモン(写真下)はキリッと引き締まった酸味が特徴。アルコール度数は9%。

※250㎖×24本換算

 

【ヒットの真相】

“高コスパ”で酔える手軽さがウケた

「働き方改革」推進の社会背景もあり、家飲みにシフトする層が増加。価格も安く手軽に酔える高アルコール飲料がヒットしました。RTDの新製品はアルコール度数9%が主流となりました。

 

 

【その?】サバ缶

販売数は累計で300万個以上に

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

岩手県産

サヴァ缶

実売価格1700円(3缶セット)

オシャレなパッケージが特徴的な、国産さばのオリーブオイル漬。プレーンな塩味(写真)のほか、レモンバジル味、パプリカチリ味といったバリエーションが好評です。「Çava(サヴァ)?」はフランス語で「元気ですか?」の意味。

 

【ヒットの真相】

美容・健康志向のユーザーが支持

サバ缶には、美容や健康に効果的といわれるオメガ3脂肪酸のDHAとEPAが豊富に含まれます。多くのメディアでサバ缶を利用したダイエットが紹介され、大きな支持を集めました。

 

 

【その?】チーズドッグ

SNS映えするチーズドッグに平日昼から行列が絶えない

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

アリラン・ホットドッグ

チェダーレーラ(上)480円

ポテトレーラ(下)480円

とろ〜り伸びるチーズがたっぷり入った韓国風ホットドッグ。ケチャップやマスタードのほか、ココナッツシュガーなどの甘いトッピングも用意する点がユニークです。2017年に韓国から上陸し、新大久保店に1号店をオープンしました。

 

【ヒットの真相】

伸び〜るチーズがSNSで映えまくり

SNS映えフードとして、若い女性を中心に人気を集めました。2018年12月にオープンした表参道店はイートインメニューを用意する初のカフェタイプで、従来とは異なる客層を狙います。

 

 

【その?】透明ドリンク

発売から約3週間で出荷累計2000万本突破

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

コカ・コーラ

コカ・コーラクリア

140円(500㎖)

強い炭酸の刺激とレモンフレーバーをゼロカロリーで楽しめる、カラメル不使用の透明飲料。様々な原材料とフレーバーを吟味し、調整と試飲を重ねて50種類以上のサンプルを作り、レモン果汁を加えて完成しました。

 

【ヒットの真相】

透明なら周囲の目を気にせず飲める?

あのコカ・コーラが透明になったことは大きな話題となり、認知拡大につながりました。また、透明ならオフィスでも周囲の目を気にせず飲める心理も働き、購買に影響しているようです。

 

【コチラもチェック!】

無糖のストロング炭酸水もヒット!スノーピークとの共同開発としても話題に

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

サントリー

南アルプススパークリング

108円

従来品に比べて製造充填時のガス圧を大幅にアップし、爽快な刺激と後味の良さを楽しめます。ペットボトルの先端をシャープな形状にすることで、口に流れ込む量を約1.25倍に増加させました。

 

 

【その?】バターコーヒー

発売から約1年でシリーズ累計750万本を突破

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

ファミリーマート

バターコーヒーオリジナル

198円

アラビカ種のみを使用したコーヒーに、ニュージーランド産のグラスフェッドバターと、吸収や分解燃焼の早いMCTオイルを配合。味わい深く、まろやかですっきりした口当たりに仕上げました。

 

【ヒットの真相】

高感度なファミマがブームの裾野を広げた

一部の健康志向ユーザーの間で話題となっていたバターコーヒーを、2017年12月にファミリーマートがいち早く製品化しました。200円以下で手軽に買えることで裾野を拡大させました。

 

テイクアウト専門店も大人気!

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

最強のバターコーヒー

代々木店

テイクアウト専門のバターコーヒー店。バターをはじめとする素材や製法に徹底してこだわります。管理栄養士がショップに常駐して製造・販売を行うため、食生活の悩みなどを気軽に相談できるのもうれしい。

住所:東京都渋谷区代々木1-38-6

営業時間:8:00〜20:00

休日:年中無休

 

 

【その?】高級食パン戦争

大阪で人気の食パン店が東京に進出して話題に

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

LeBRESSO

レブレッソブレッド

650円

北米産の小麦粉を使用し、卵と防腐剤は使用しないで作られます。炊き立てのご飯のようなもっちりとした食感と、ほんのり甘さを感じる独特のうまみが特徴。トーストにぴったりな、飽きのこない味に仕上がっています。

 

多い日には全国で2万本以上も販売

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

乃が美

高級「生」食パン

432円(1斤)

多い日には全国で合計2万本以上を売り上げる人気商品。同店オリジナルブレンドの小麦を使用し、卵は不使用です。一度食べたらやみつきになる、しっとりもちもちの食感を実現しています。2018年11月に東京出店。

 

【ヒットの真相】

食パンの名店がしのぎを削る!

2018年7月に大阪で人気のLeBRESSOが東京・武蔵小山に進出。いまや全国で展開する人気店・乃が美などとしのぎを削ります。田園調布の嵜本や、清瀬の考えた人すごいわなども注目。

 

【こちらもチェック!】

乃が美クオリティを自宅で再現!

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

パナソニック

SD-MDX101

実売価格4万1950円

乃が美は、パナソニックのホームベーカリー専用の「生」食パンレシピ「おうち乃が美」を監修。レシピはパナソニック公式HPなどで公開されており、SD-MDX101などの対応製品を使って作れます。

 

 

【その?】夜マック

100円UPでパティが2倍に!サービスを開始した月の売上が前年比で10%アップ

2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリッチ”

マクドナルド

倍グランクラブハウス

590円

17時以降に、プラス100円でパティを倍増できるサービス。ジューシーな100%ビーフパティが倍になると、おいしさもボリュームもアップします。手丸めでスチームしたバンズやスマートベーコン、ホワイトチーズとの相性も抜群です。

 

【ヒットの真相】

高カロリーでもユーザーの約4割が女性

18年3月に全国展開すると、投入した店の売上高は前年同月比で10%アップ。レギュラーメニューに定着した。高カロリーの商品ながら、同社調べではユーザーの約4割が女性。

スポンサードリンク

2019/01/12 17:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリ...」に関するコラム

「2018年に流行った「グルメ」といえば? キーワードは“プチリ...」に関する評判

@sodesitta

@@sodesitta

キリンのネーミングって一番搾り(他の製品は二番搾りで作ってんのかい?)、本麒麟(他のは偽物かい?)って感じでなんだかなーと思う。:ビール類の新ジャンル市場に強い追い風、大手4社が火花(日本食糧新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-… @YahooNewsTopics
@1014_kz

@@1014_kz

本格新ジャンルに商機あり 消費増税と「本麒麟」にらみ投入相次ぐ(食品新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-… @YahooNewsTopics
@gorinotsukudani

@@gorinotsukudani

ビール類課税出荷、18年は2.5%減 14年連続マイナス reut.rs/2MhhWUI 唯一シェアを上げたキリンは昨年3月に発売した新ジャンルの「本麒麟」が好調だった。
@veng0731

@@veng0731

#ビール #発泡酒 #新ジャンル #飲み比べ 目隠ししようと鼻つまもうとビールと発泡酒と第三の区別はつく。本麒麟にも騙されない
@foodjournal2

@@foodjournal2

19年のビール類市場は新ジャンルで大手4社が火花を散らす。ビールは全社が基幹ブランドを強化する一方、新ジャンルは新商品の積極的な投入が目立つ。昨年「本麒麟」のヒットで、キリン以外の3社が「本麒麟」包囲網を敷き、キレや辛口といった潜在ニーズに取込む。
@neighbors_lab

@@neighbors_lab

今年も新ジャンルは各社攻めるだろうよ。本麒麟の成功要因は何だったのかを振り返り、そこから再現性を見いだせるのか。
@bornbeer2018

@@bornbeer2018

キリン一人勝ちを支える「本麒麟」の死角 過去10年で最もヒットした新商品:PRESIDENT Online - プレジデント president.jp/articles/-/271… via @Pre_Online #ビール #キリン #新ジャンル #第3のビール #本麒麟 #酒税改正
@haruhito_m

@@haruhito_m

基本発泡酒や新ジャンルは買わないけどためしに買ってみようかな。 キリン一人勝ちを支える「本麒麟」の死角(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… @YahooNewsTopics
@alwayslovebeert

@@alwayslovebeert

キリン一人勝ちを支える「本麒麟」の死角 過去10年で最もヒットした新商品:PRESIDENT Online - プレジデント president.jp/articles/-/271… @Pre_Onlineさんから #新ジャンル #第三のビール
@sakeraku_tweet

@@sakeraku_tweet

【キリン】2019年1月中旬「本麒麟」リニューアル【2019年】 #酒楽SAKERAKU #キリン #リニューアル #新ジャンル #本麒麟 osake.good-price-japan.com/blog/201901_ho…

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム