食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 体重38キロ、月経が止まった高校時代 競歩・岡田久美子、「...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

体重38キロ、月経が止まった高校時代 競歩・岡田久美子、「陸上選手と体」と競技人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
体重38キロ、月経が止まった高校時代 競歩・岡田久美子、「陸上選手と体」と競技人生 (全2枚)

THEANSWER連載「私とカラダ」―現役の東京五輪メダル候補が告白した競技人生

2018年アジア大会の女子競歩20キロで銅メダルを獲得。女子競歩で最も東京五輪代表の座、そしてメダルに近いところに位置する岡田久美子(ビックカメラ)。「現実から遠かったとしても五輪を目指すものとして、メダルは目指すべきもの」。小学生で高橋尚子に憧れ、五輪出場を夢見て競技生活を続けてきた岡田を今、突き動かしているのは、日本新記録そしてメダルへの想いだ。

「岡田、おまえは競歩で世界を目指せる」

「……何言っているんだ、このおじさん……」

18年アジア大会、女子20キロ競歩で銅メダルを獲得した岡田。中1から陸上を始め、高校は熊谷女子(埼玉)へ進学。「世界を目指せる」と監督に言われたのは、入学して間もなくのことだった。

「当時、熊谷女子は競歩の強豪校。陸上部に入部すると、まずは全員、競歩を行い、競技に向いている選手は競歩も始めるという形でした。最初に監督の言葉を聞いたときは『私なんて(無理だろう)』と思いましたが、チームには、世界ジュニア選手権で金メダルを獲る選手や、世界やアジアのユース大会に出場する先輩が結構いました。その先輩たちを見ている監督が言うのであれば、もしかして私にもできるのかもしれない、という気持ちになりました」

走ることは、子どもの頃から得意だった。バスケットボールやバレーボールをやっても、足の速さを生かしたプレーで、ほかの子よりもうまくやれた。

「小さい頃からオリンピックを見ていましたし、スポーツをやるならば世界を目指したい気持ちは、子どもの頃からありました。一番のきっかけは、小学校の授業中に担任の先生が見せてくれたシドニー五輪のテレビ中継。高橋尚子さんの金メダルを決めるゴールシーンは、とても印象に残りました。そこからですね。何の種目でもいいからオリンピックに出たいな、と思うようになったのは」

元々は「駅伝をやりたい」と熊谷女子に進学したため、陸上部では駅伝と競歩を掛け持ちする。そして、高校2年時、世界ジュニアの10キロ競歩で8位入賞。

私は競歩でオリンピックを目指そう。岡田のなかで、気持ちが固まった瞬間だった。

高校卒業後は、立大に進学。目指すは2年後に控えたロンドン五輪出場。だが、入学後まもなく、成長に伴う体の変化に対処できず、スランプに苦しむ。

母が作った弁当を捨てて…体重38キロ、月経止まった高校時代「病的だった」

「高校時代のレースは3000メートルから長くても1万メートル。体を絞りながら歩きの技術を高めることで記録も伸びました。でも、大学ではレースの距離は20キロ。しっかり食べないとスタミナ切れを起こしてしまうため、食べないわけにはいかなかった。そうしたら、高校時代は止まっていた月経が大学1年生で再開。体重コントロールが難しくなり、体重が一気に10キロも増え、丸みをおびた体型に変わってしまいました」

高校時代、岡田の体重は38キロだった。1日5回は体重計に乗り、太ることを気にして、母親が作ってくれた弁当も捨ててしまうこともあった。中3から始まった月経は止まり、高校時代は一度もなかった。当時の自分を「病的だった」と振り返る。

「部活の仲間はみんな細かったし、部活の時間に顧問の先生の前で体重を測っていたから体重ばかり気になっていた。月経があり、ふっくらしてしまう子に向かって『なんで太っているんだろうね』という視線を向ける空気でした。だから大学で月経が再開した時も、女性としては自然なことなのに受け止めきれなかった。何もかもが、ぎくしゃくしてしまいました」

岡田を救ったのは立大陸上部の監督だった。「4年間、結果が出なくてもいい。焦らず、まずは体をしっかり体を作ろう」。この言葉を受け、心が軽くなった。

「監督なら自分が見ている選手には、まず結果を出してほしいと思うのが普通だと思います。ゆっくりやろう、と言ってくれたことに、今でも感謝しています。それからは、体組成計で自分の体を見るようになった。脂肪だけでなく筋肉もついていることが数値でわかると、体重の変動にも一喜一憂しないようになりました。ただ、記録は伸びなかった。ロンドン五輪で代表になれなかったのは、少しつらかったですね」

今はナショナルトレーニングセンターで食の細い選手を見かけると、「もっと食べなよ!」と、声をかけるという。「自分が苦しんだので、体や食事の話になるとつい熱くなってしまう」と笑う。

「特に高校生や大学生の選手は、食の細い選手が多いと感じます。海外では、20歳ぐらいから世界で活躍するようになる選手もいるので、何が違うのかな?と考えました。例えば中国の選手たちはきちんと月経を起こし、10代から無理な食事制限をせず、しっかり練習し、しっかり食べて体を作るサイクルができている。

私も高校時代にしっかり食べていれば、大学で苦労しなかったかなと思うし、大学で食べるようになったおかげで、社会人になってからの飛躍につながっていると思う。バランスが難しいんですけどね。ずっと細いままいける体質の人もいますが、多くの選手が一回うわっとくる(体重が増える)ので、悩んでしまう。

私も大学時代、『岡田は終わった』と言われ、傷ついたこともありました。それでも『いつか世界の舞台に立つ』という目標はぶらさなかったし、体を作ってきたおかげで、今、ここまでこれている」

目標は28歳で迎える東京五輪メダル「爆発的に速くなる気がしている」

岡田の言葉にあるように、ビックカメラに入社後は順調に記録が伸び、優勝経験を重ねていく。入社1年目で迎えた日本選手権で女子20キロ競歩で優勝。苦しい時期から抜け、あっという間に国内では抜け出た存在となった。

「今はナショナルトレーニングセンターの近くに住んでいるので、何かあればトレセンのクリニックで相談できるし、食事もとれる。月経もピルでうまくコントロールできている。成績が出るようになったのは、練習や体作り、私生活の環境が整い、精神的に落ち着いて競技に取り組めるようになったことが大きいですね」

そして16年リオデジャネイロ五輪出場権を獲得。女子20キロ競歩に出場し、小学生の頃から夢見た舞台で、16位でフィニッシュ。目標に掲げていたベスト16の座を掴んだ。

「スタートラインに立っただけで、オリンピックって特別だなと感じました。辛いこともたくさんあったけれど、今まで、競技をやってきてよかった、と思う瞬間でしたね。レースも、暑さでスピードが落ちていくヨーロッパの強豪選手たちをコツコツと拾っていく、という思い通りの展開で、気持ち良くゴールできましたね」

東京五輪を翌年に控え、出場への切符をかけた戦いはスタートを切った。岡田は照準を本大会に合わせている。次の目標は、メダルだ。

「五輪を目指す選手であるならば、現実的にはすごく遠かったとしても、メダルは目指すべきものだと思っています。今、骨盤を前傾させたフォーム作りに取り組んでいます。骨盤の前傾は力強い推進力につながり、世界の強豪選手をみると、特に女性選手に骨盤を前傾させたフォームの選手が多い。まだ色々と足りない点はありますが、短い距離では自己ベストが出たので、光が見えてきた。20キロで同じことができれば、爆発的に速くなる気がしているんです」

自分は28歳で迎える東京五輪で競技力のピークを迎える気がする、と岡田。そして東京五輪で、積み上げたものをすべて出し切りたい、と。

「東京五輪では、スタートに立っただけで感動している場合じゃないよ、と(笑)。まずは2月の全日本選手権で、自己ベストを1分早めることが目標。その後のトレーニング次第で自ずと日本記録、後の五輪でメダルに届くタイムが出せると思います」

◇岡田久美子(おかだ・くみこ)

1991年10月17日生まれ、埼玉県出身。熊谷女子高入学後、競歩を始める。立大を経て、14年にビックカメラ入社。1年目で迎えた15年日本選手権で女子20キロで優勝し、以来4連覇中。初の五輪となった16年リオデジャネイロ大会では女子20キロで16位。18年アジア大会では同種目で銅メダルを獲得する。競歩は採点競技でもある。警告が3つで失格。18年アジア大会でも、出場した男女すべての競歩選手のなかで唯一、注意も取られなかった。(長島恭子/KyokoNagashima)

長島恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

スポンサードリンク

2019/02/09 10:35

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「体重38キロ、月経が止まった高校時代 競歩・岡田久美子、「...」に関するコラム

「体重38キロ、月経が止まった高校時代 競歩・岡田久美子、「...」に関する評判

@hecyapon

@@hecyapon

忘れちゃいけない競歩日本選手権 で谷井さんラストウォーク。 競歩の谷井が現役引退へ 15年世界選手権銅メダル sanspo.com/sports/news/20… @sanspocomさんから
@moccyan0121

@@moccyan0121

RT @soutarou_t: 競歩の荒井、自衛隊を退職 リオ五輪銅メダル - SANSPO.COM sanspo.com/sports/news/20… @sanspocomより
@shippookaze3

@@shippookaze3

RT @soutarou_t: 競歩の荒井、自衛隊を退職 リオ五輪銅メダル - SANSPO.COM sanspo.com/sports/news/20… @sanspocomより
@rikujouterada

@@rikujouterada

競歩の荒井、自衛隊を退職 リオ五輪銅メダル - SANSPO.COM sanspo.com/sports/news/20… @sanspocomさんから
@soutarou_t

@@soutarou_t

競歩の荒井、自衛隊を退職 リオ五輪銅メダル - SANSPO.COM sanspo.com/sports/news/20… @sanspocomより
@junwalk12

@@junwalk12

RT @bicrikujo: 【小林快選手 退部のお知らせ】 2018年11月末日をもって小林快選手が退部(退社)となりました。2016年高畠大会50km競歩優勝、2017年ロンドン世界選手権50km競歩(日本代表)銅メダル獲得等、当社陸上部ならびに企業全体を大いに盛上げる存在…
@m_gimmick

@@m_gimmick

RT @bicrikujo: 【小林快選手 退部のお知らせ】 2018年11月末日をもって小林快選手が退部(退社)となりました。2016年高畠大会50km競歩優勝、2017年ロンドン世界選手権50km競歩(日本代表)銅メダル獲得等、当社陸上部ならびに企業全体を大いに盛上げる存在…

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム