ダイエットのためのレシピ
  1. HOME
  2. ダイエットのためのレシピ
  3. コラム
  4. ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が思うこと 27歳の今考える「勉強とはなにか」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

日本の大学を卒業後ドイツに移住、大学入学や就職の苦労などもしながらも住み続け、『ドイツ人と日本人比べてみたらどっちもどっち』という著書もあるライターの雨宮紫苑さん。ドイツに興味を持ち始めたのは大学生のときで、授業だけではなく、独学でもドイツ語を学ぶようになった。そこでいつも言われたのは「なんで英語じゃないの?」だったという。その問いを紐解くと、「学ぶとは何か」という問いの答えも見えてくる――。

なんの役に立つの?

「なんで英語じゃなくてドイツ語を勉強するの?なんの役に立つの?」

大学でドイツ語を勉強し、卒業後ドイツへ移住、現在もドイツ在住のわたしは、ときどきこういう質問をされる。ドイツの公用語はドイツ語だが、「海外在住=英語がペラペラ」だと思っている人も一定数いて、わたしがドイツ語で生活していると知ると「なんでわざわざドイツ語?」と怪訝な顔をされることもある。

その一方で、「ドイツ語を勉強しているなんてすごい」と言われることも少なくない。ドイツ語なんてそんなにマイナーではないと思うのだが、英語以外の言語を「あえて」勉強しているのはすごい、という認識の人もいるようだ。

雨宮さんがずっと使っているドイツ語のテキスト写真提供/雨宮紫苑

こういった言葉に正直「ん?」と思ったりはするが、悪意がないことはわかっているし、いちいち腹がたつ、というほどでもない。

たしかに、将来役に立つ可能性や需要を考えれば圧倒的に英語>ドイツ語だ。だから、「なんでわざわざドイツ語なの?」という質問も理解はできる。

でもわたしは、こういった類の質問がちょっと苦手だ。「勉強とは将来役に立つことを見越してするもの」という前提に、違和感を覚えてしまう。

「勉強する=えらい」ではなかった

わたしは小さい頃から、突然妙なものに興味をもつクセ、というか、性質があった。興味の対象には脈絡がなく、いつも唐突に「これが知りたい!!」と言い出す。

小学3年生のときには漢字辞典にハマって1日何時間も読んでいたし、小学校6年生のときには家にあった横山光輝さんの漫画『三国志』を全巻暗記するレベルで読み込んだ。中学生になってからはギリシア神話や哲学、心理学の本を読み漁った記憶がある。

突然湧き上がるわたしの興味に対し、親は「なんでそんなもの」などとは一度も言わず、にこやかに振り回されてくれた。

香川県に住んでいた2年間で、父はわたしのお気に入りの歴史資料館に20回は連れて行ってくれたと思う。小さな歴史資料館に何度も行くなんて退屈だったかもしれないが、一度もイヤな顔をされたことはない。母だって、うだるような暑さが続く夏休みでもわたしがねだれば図書館に行き、本を選び終わるまでずっと待っていてくれた。

これは現在も変わっておらず、去年父と千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館を6時間かけて見て回ったし(すべては見きれなかったけれど)、函館家族旅行では漫画『ゴールデンカムイ』の影響で「アイヌ博物館に行きたい!」と急に言い出したわたしのために時間をとってくれた。図書館にも相変わらず付き合ってくれる。

こういった家庭環境なものだから、わたしは勉強することが「すごいこと」や「えらいこと」だなんて思ったことはない。そもそも親から「勉強しなさい」と言われたことすらないのだ。

RPGゲームで試行錯誤の結果隠しダンジョンを見つけたらうれしい。料理で新しいレシピを作り出すのは楽しい。わたしにとって勉強というのはそれと同じで、「新発見する楽しいもの」だった。だれかに強制されることではないし、耐え忍んでまでやるようなものでもない。しいていえば「娯楽」だ。

一方で、多くの大人は「勉強する子はえらい」と言うし、同級生はいつも「勉強なんてしたくない」と言う。

そんな空気のなかでは、積極的に学ぼうとする自分がどこかおかしい気がして、あえて先生に反抗して優等生ではないアピールをしたり、「意識が高い」と言われないように図書館に通っていることを黙っていたりした。でも心の中では、勉強を楽しむことにちょっとした罪悪感をもってしまう環境に、言いようのない居心地の悪さを感じていた。

模範解答でないと×にされる学校

しかし歳を重ねるごとに、なぜほかの人たちが「勉強は苦痛だけど将来のためには仕方ない」と思うのかがわかってきた。学校では、新しい発見をする快感がなかなか得られないのだ。

塾で習った方法で解くと「学校で習った方法にしなさい」と言われ、試行錯誤して数学の問題を解いても、想定していた公式を使っていなければダメ。すでに理解しているものでも、途中式をすべて書かないと減点。

漢字辞典で知った漢字を使いたくて、算数の問題の答えを「1まい」ではなく「1毎(本当は「枚」)」と書いたことがある。そのとき先生に「習ってない漢字は使うんじゃありません。だからまちがえるんですよ」と言われ、新しい漢字を知ったうれしさは粉々に砕かれた。

自分なりにいろいろと調べて和歌を翻訳したのに、それがどうやら期待通りの答えじゃなかったようで、先生に「たとえばこういう訳はどうでしょう」とわたしの訳を完全に無視した模範解答を提示されたこともあった。テンションはだだ下がりである。

学校の授業は「勉強」と違った

先生に恨み言を言いたいわけではない。日本の教員の平均労働時間は長く、そのなかでもいろんな努力をしているのだろうとは思う。ただ、こういったことが続いたから、わたしは「学校の授業は想定されている答えを出していくクリエイティブさがない作業」と割り切るようになってしまった。

だから、授業中はその日に出された宿題を終わらせたり、小説を読んだり、プリクラを整理する時間に当てた。授業中に質問すればまわりから内申点目的だと思われそうだったし、教科書を読むだけの授業は予習していたわたしにとって新しい発見がなく退屈だったからだ。

それでも勉強嫌いにならなかったのは、知的好奇心を満たせる環境を常に用意してくれた両親のおかげだと思う。「知りたい」という気持ちを持て余さずに済んだし、どんな分野であれ「勉強することはいいことだ」と普通に受け止めてくれた。どんなにニッチな興味でも笑われることもなかった。

でももし、好奇心の受け皿がなかったらどうだっただろう。ただ教科書を読み、先生が望む答えを用意することだけが「勉強」だと思わざるをえない環境にいたら。新しい発見をする快感がないまま、ひたすら暗記させられたら。

なるほど、そうであれば「勉強」はたしかに苦痛で避けたいものだし、それをがんばる子どもは「えらい」のだろう。そして勉強が苦痛となった環境でも勉強させるために、大人は口々に「将来役に立つからイヤでも勉強しろ」と言うしかなくなる。だから子どもはやりたくない勉強をする。

きっとわたしは、みんながそうやってつらく苦しい勉強を「やらされている」のを横目に、生き生きと勉強を楽しんでしまう自分がなんだか申し訳なくて、罪悪感があったのだと思う。

でも、なんだかおかしくないか?

人間は本来、新しいことを知ることに快感を覚える動物のはずだ。「糖質ダイエットってなんだろう」とグーグルで検索するとか、好きな漫画の新刊を待ちきれずに帰りの電車で読んでしまうとか、たまたま見たクイズ番組の難読漢字の読み方が気になって掃除機を切って答えを待ってみたりだとか。「知りたい」という知的欲求は、誰しもがもっているもののはず。子どもがその最たるものだ。

それなのに、勉強=苦痛で我慢してやらなきゃいけないものだと認識している人が多いのであれば、それはちょっとヘンじゃないか?

楽しいから、それだけじゃダメですか

「なんで英語じゃなくてドイツ語なの?なんの役に立つの?」

改めて、この質問に対する、わたしの率直な答えを書いておこう。

「ドイツ語の勉強が楽しいから」。それだけである。

役に立とうが立たまいが、楽しいからそれでいい。なにかを知りたい、と思うのに、「ちゃんとした」理由はなくたっていいはずだ。「そこに山があるから登る」ようなもの。

しかし正直なところ、心のどこかで、ちょっとした焦りがあったのもまた事実だ。「もっと役立つ知識、たとえばプログラミングとかマーケティングとかを勉強すべきじゃないのか?」「遊牧民の歴史書を読んでていいのか?」と。「やっぱりドイツ語より英語をやっとけばよかったかも……」と思わなかったわけではない。

それでもわたしは、役立つ知識よりも楽しむ学びを優先してきた。

そして現在。さまざまなことに興味をもってきたわたしの性質は、ライターとして大いに役に立っている。だれが読むの?ってくらいニッチな分野の本を引用したら記事がよくなったり、マイナー博物館からインスピレーションを得たり。ドイツ語ができることでいただいた仕事もある。

役に立つなんて思ってなかったし、役に立つから勉強したわけではなかった。それでもふとした瞬間に、わたしの血肉になった知識がわたしを支えてくれている。だからわたしは、今日もマニアックな本を楽しんで読んでいるのだ。役に立たなくてもいいし、役に立ったらラッキー。それくらいの気持ちで。

知らなかったことを知るのは、楽しい。興味を持ったものをとことん追いかけるのは「やらされる勉強」では得られないものを得られるPhotobyiStock

勉強は苦痛という前提をやめよう

「なぜ勉強するのか」という問いに、ある程度論理的な答えを出すことは可能だろう。学ぶことの意義を改めて考えることは無意味じゃないし、一度立ち止まって勉強のあり方を見直すことも大事だ。

実用的な知識を身につけることで人生が豊かになることもあるし、社会的に成功するために勉強することもある。場合によっては、イヤイヤでも学んだことが糧になるのも事実。

しかし「なんで勉強するのか」という質問に対し、そもそも立派な大義名分が必要だろうか。知りたいから勉強する、新しいことを知ることは楽しい。そんな素朴でバカみたいに単純な答えだって、別にいいんじゃないだろうか。

「なんで英語じゃなくてドイツ語を勉強するの?」という何気ない質問の奥には、学ぶことの楽しさが忘れ去られ、「勉強=苦痛だけど役に立つからやらなきゃいけない」という認識が根付いている、残念な現実があるような気がしてならない。

学ぶ理由を合理的に説明して「だから勉強しなさい」と説得するよりも、学ぶ楽しさを伝えるほうに注力するほうがいいと思うのだが、いかがだろうか。そうすれば、知的好奇心をもった人間はだれでもきっと、進んで学ぶようになるのだから。

スポンサードリンク

2019/02/11 10:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が...」に関する評判

@german_info_

@@german_info_

ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が思うこと(雨宮 紫苑) | 現代ビジネス | 講談社(1/3) bit.ly/2WQaRiR
@english_info_

@@english_info_

ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が思うこと(雨宮 紫苑) | 現代ビジネス | 講談社(1/3) bit.ly/2WQaRiR
@WoRLD_a_HoLiC

@@WoRLD_a_HoLiC

ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が思うこと(雨宮 紫苑) | 現代ビジネス | 講談社(1/3) gendai.ismedia.jp/articles/-/597…
@standal13348059

@@standal13348059

ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が思うこと(雨宮 紫苑) | 現代ビジネス | 講談社(3/3) gendai.ismedia.jp/articles/-/597…
@ishilinguist

@@ishilinguist

1件のコメント b.hatena.ne.jp/entry/s/gendai… “ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が思うこと(雨宮 紫苑) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)” (2 users) htn.to/pLmkj3
@consaba

@@consaba

雨宮紫苑「なんで英語じゃなくてドイツ語を勉強するの? なんの役に立つの?」大学でドイツ語を勉強し、卒業後ドイツへ移住、現在もドイツ在住のわたしは、ときどきこういう質問をされる。 gendai.ismedia.jp/articles/-/597… #現代ビジネス

「ドイツ語を学び「なぜ英語じゃないの?」と言われ続けた私が...」に関するキーワード

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム