運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 【その薬、本当に必要?】更年期症状に和漢生薬の効き目は !?

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

【その薬、本当に必要?】更年期症状に和漢生薬の効き目は !?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「最近、だるさが加速してきました。ホットフラッシュらしきものもしょっちゅう来ます。そして生理不順に…………。これって更年期障害でしょうか。症状を軽くしたいのですが、『命の母A』など更年期用のお薬って効くのでしょうか?」(42歳・通信)。

誰にでも起こることとはいえ、更年期障害は気になりますよね……早速、宇多川先生に聞いてみました。

更年期障害は病気ではない

はじめにお伝えしたいのは、「更年期障害」は病気ではないということです。閉経前後の生理現象です。その“現象”は激しく出る人もいれば、それほどでもない人もいます。長期間に及ぶ人もいれば、サッと過ぎてしまう人もいます。たとえばホットフラッシュがひどいと言う人もいれば、まったくない(あるいは自覚がない)と言う人もいて十人十色です。いずれにしろ、閉経後ずーっと続くわけではありません。ですから更年期障害はお薬で対処したり、治療したりするものではないというのが私の基本的な考え方です。

といってもつらい症状が続くわけですから、何とかしたいですよね。なるべく心身にストレスがたまらない生活環境にすることが一番ですが、質問者さんのあげた「命の母A」(小林製薬)のような生薬を試しに飲んでみるのはいいと思います。

更年期向けはオールマイティーな漢方薬が多い

ちなみにこの「命の母A」には、13種類の生薬とビタミン類が配合されています。

たとえば、血のめぐりをよくするダイオウ、センキュウ、コウカです。血液不足や血行不良症状を改善するシャクヤク、トウキ。気のめぐりをよくする、気分を落ち着ける生薬として知られるケイヒ(経皮)、コウブシなど。水の流れ、つまり利尿作用をもつのがソウジュツ、ブクリョウ、ゴシュユも配合されています。

基本的に漢方の処方は、その人の「証」をみてするものですが、こうした市販のお薬は証が「実」の人にも「虚」の人にも、うまく合うようにバランスが取れています。つまりオールマイティーな漢方薬といえます。

生薬に加えてビタミンB1、ビタミンB2、葉酸、タウリンなどなどが配合されています。特に副作用がこわいという成分もありません。こうしたお薬を1箱服用し、様子をみるのもいいでしょう。生薬ですからすぐ効果は出るものではないと思いますが、「飲んでると体にいいかも!」という気持ちがプラスに働けば、プラセボ効果も期待できます。

このほか、更年期障害のお薬で知られているのは「ラムールQ」(ツムラ)と「ルビーナ」(タケダ)です。

「ラムールQ」は19種類の生薬に8種類のビタミン、「ルビーナ」は9種類の生薬が入っています。特筆すべきは、「ルビーナ」の生薬の種類が少ないことでしょうか。漢方は基本的に組み合わせる生薬の種類が多いほど、バランスが取れ、効き目はおだやかに発揮されます。種類が少ないほど、その逆のことが言えます。

若年性の更年期障害には栄養と休養が必要

いずれも主成分が生薬系なのは、先述したように更年期障害は病気ではないからです。ホルモンバランスのくずれによる体調の変化、それに伴う不快な症状ですから、ゆるやかに体調を整える手助けをするものと考えてください。

最後に、近頃、若年性の更年期障害が増えていると聞きます。この場合はホルモンバランスのくずれによって生理が止まっているだけですから、閉経とは現象が違います。

生理が止まるというのは、そうとう体力が低下している状態です。たとえば無理なダイエットを続けていると生理が止まってしまうおそれがあります。しっかりと栄養バランスの取れた食事、休息を取ることが第一です。お薬を飲めば大丈夫というのは逆効果。あくまでサブで、プラセボ効果を期待するぐらいの気持ちで服用しましょう。もちろん、これもれっきとしたお薬ですから、用法を守るべきなのは当然ですよ。

【その薬、本当に必要?】更年期症状に和漢生薬の効き目は !?

更年期向けの薬の効き目はおだやかなものが多い。



■賢人のまとめ
更年期障害は病気ではなく生理現象ですので、基本的に薬で抑えるというものではないと思います。ただ症状がつらい場合はお薬を利用するのもいいでしょう。オールマイティーな漢方薬なら、副作用もあまり心配ありません。なお、若年性の場合は、お薬よりもまずは栄養と休養が必要です。

■プロフィール

薬の賢人 宇多川久美子

薬剤師、栄養学博士。(一社)国際感食協会理事長。明治薬科大学を卒業後、薬剤師として総合病院に勤務。46歳のときデューク更家の弟子に入り、ウォーキングをマスター。今は、オリジナルの「ハッピーウォーク」の主宰、栄養学と運動生理学の知識を取り入れた五感で食べる「感食」、オリジナルエクササイズ「ベジタサイズ」などを通じて薬に頼らない生き方を提案中。「食を断つことが最大の治療」と考え、ファスティング断食合宿も定期開催。著書に『薬剤師は薬を飲まない』(廣済堂出版)『それでも「コレステロール薬」を飲みますか?』(河出書房新社)など。LINEお友達限定で、絶対に知っておきたい薬のリスク情報配信中。

 

スポンサードリンク

2019/02/11 12:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「【その薬、本当に必要?】更年期症状に和漢生薬の効き目は !?」に関するコラム

「【その薬、本当に必要?】更年期症状に和漢生薬の効き目は !?」に関する評判

@kancolle0713

@@kancolle0713

渋谷心療内科・ゆうメンタルクリニック秘密コラム 「Mr.Children「未来」と、男性の更年期障害」 yusb.net/col/1086.html
@helpdiet

@@helpdiet

大豆に含まれるイソフラボン 女性ホルモンに似た働きをして ・骨の強化 ・女性らしい体の形成(美肌や保湿、バストアップも ・更年期障害の予防 などなど 納豆や豆腐、きな粉などの大豆製品に含まれてるよ ただし、食べ過ぎは逆効果になる可能性があるよ
@tiidori

@@tiidori

返信先:@Lotus49_BGreen ワンダーウーマンに難癖つけてたしな、更年期障害なんじゃね?
@beautymieko

@@beautymieko

プラセンタの効果⑧さまざまな精神疾患に効果があるとされ、うつ病や、自律神経失調などの精神疾患の改善効果、不眠や更年期障害の改善効果にも注目されています。
@chiyuuddd

@@chiyuuddd

RT @cocokarach: 一般的に42歳頃になるとプレ更年期の年代に入り、更年期障害で出るような症状がチラホラ出てきます。そして、49歳前後には閉経し更年期を迎えます。 大切なのは「血」「腎」のケアです(๑•̀ㅂ•́)و✧恐れる必要はありません!一緒に #スローエージング…
@hCYQDxrK4ZUBT87

@@hCYQDxrK4ZUBT87

返信先:@mainichirorikon どのタイミングで言われたの^_^; 「最近は若年性更年期障害とかいうものがあってホルモンバランスが崩れていたら辛いだろ。婦人科の採血検査で分かるから…」 更年期障害は40代後半あたりからが多いので年寄り扱いされた…と思われたのかも(^^;)
@uguisu_33

@@uguisu_33

助手がレントゲン押すなんて結構当たり前なのにザ・ホワイトデンタルクリニックだけが書類送検になるのがなぜなのか ここの永山幸という女歯科医がかなり恨みをかっている 常時更年期障害のようなやつだから 昇給なんかも運営元の気分らしいしそりゃ恨みもかうわ
@z8O2AkE9lXgUoMh

@@z8O2AkE9lXgUoMh

時々、喉が詰まったような感じになって、急に吐き気がくる(;´∀`) これも副作用なんだろうな。 確か、項目に入ってたから。 私、多分更年期障害キツイ系というか過敏な体質なんだろうと思う。 ジミ〜に、次から次へとやってくる感じ。 とりあえず、あと4年か。。。
@NeSasori

@@NeSasori

返信先:@BlacklistedProd 更年期障害かな?(違 いわゆる「落ちハイ」ってヤツでしょうか🤔 どちらにせよ無理はなさらないでください…😰
@mainichirorikon

@@mainichirorikon

嫁が怒りっぽい&キレやすいから心配して 「更年期障害っぽいから婦人科行って薬貰ってきたら?」 って言ったらマジギレして家出て行ったんだが。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム