食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. 40代からのダイエットで「食事制限」が一番危険な理由

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

40代からのダイエットで「食事制限」が一番危険な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
40代からのダイエットで「食事制限」が一番危険な理由

この連載に登場してくださった、自己管理のプロともいえるビジネスアスリートの方々でさえ口にするのが、「40代になると本当に体重が落ちなくなる」という言葉です。

今回は、40代になるとダイエットが難しくなる理由を改めて探るとともに、その解決策をお話ししたいと思います。

40代のダイエット、
食事制限は一番避けるべき

これまでと同じ生活をしているのに40代になると痩せにくく、太りやすくなる理由としてよくいわれるのは、加齢に伴う基礎代謝量の低下です。加齢とともに、生きていくために最低限必要なエネルギー量が減るため、エネルギー摂取量とのバランスが崩れ、過剰なエネルギーが体内に蓄積されることになります。

そうなると、痩せるためには「食べない」という行動を取りがちですが、実は、それこそが40代以降の大人がもっとも避けたいダイエット法です。

なぜなら、40代以降の基礎代謝を上げるには筋肉量を維持することが必要不可欠なのに、食べないという選択をしてしまうと、その筋肉を維持するための材料までもが不足してしまうからです。食事を減らすことで減少するのは、摂取カロリーだけではありません。お昼のメインはサラダ、なんて生活を続けていると、代謝に必要な栄養さえ十分にとれなくなり、より痩せにくい体になってしまいます。

“思い込み太り”の可能性も
BMIが22以下ならちょっと待って!

そして、「最近、なんか太った…」と思ったら、“本当に太っているのか”を客観的に判断することも大切です。というのも、そもそも太っていないのに食事制限によるダイエットをすると、「痩せた」よりも「老けた」が先行しがちだからです。

「本当に太ったの!」という方も、まずはBMIを計算して、肥満度をみてみましょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

スポンサードリンク

2019/02/12 06:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「40代からのダイエットで「食事制限」が一番危険な理由」に関するコラム

「40代からのダイエットで「食事制限」が一番危険な理由」に関する動画

「40代からのダイエットで「食事制限」が一番危険な理由」に関する評判

@hiyoshi_diet

@@hiyoshi_diet

睡眠中は、基礎代謝以外のエネルギーがあまり消費されないのと、副交感神経の働きで食べたものを脂肪として蓄えようとする。食べてから3時間くらい経てばある程度エネルギーが消費されてしまうから、夕食は少なめにして、できるだけ寝る3時間くらい前までに済ませるようにすると効果が出るかもな
@dietmasterX

@@dietmasterX

夏と冬では、どちらが基礎代謝量が高いと思いますか?答えは冬です。 夏は暑く、汗もかくし、基礎代謝量が高いように思えますが、気温が低い冬は、体温を保とうと常にエネルギーを燃やしているので、基礎代謝量が増えるんです。
@info17301098

@@info17301098

基礎代謝って? 全く体を動かしてなくても、呼吸をする・心臓を動かす ・体温を保つなど生命活動に使っているエネルギーです。寝ていても 消費されるエネルギーです。
@taishibo_herasu

@@taishibo_herasu

冬は夏よりダイエットによい。 体温を維持するためにエネルギー消費が高い(基礎代謝量が高い)からです。温かくなるまであと3ヶ月、チャンスをものにしましょう。
@biishikino

@@biishikino

ダイエットは冬にスタートした方が成功します。冬は体を温めるためにエネルギーが必要なので基礎代謝が高まります。だから寒い時は少しくらい食べ過ぎても太りにくいんです。反対に夏は基礎代謝が落ちるので太りやすいんです。夏の楽しみの冷たいアイスやビールなども太る原因ですよ!
@hutorunoyada

@@hutorunoyada

【基礎代謝】 生きていくために最低限必要なエネルギーのことを基礎代謝といいます。 全く身体を動かさなくても、呼吸や臓器の活動など 常に使っているエネルギーのことです。
@mikenekomii_bot

@@mikenekomii_bot

☆身体活動レベル 総エネルギー消費量/日を、 基礎代謝量/日で除したもの ☆高齢者の身体活動レベル 自立した高齢者の値から算出 ☆小児推定エネルギー必要量 二重標識水法に基づく。 蓄積量を考慮する
@bot_300

@@bot_300

この基礎代謝の高さという生まれついての体質は変えられませんが、筋肉はエネルギーを大量に消費するため、筋肉をつける事で基礎代謝を高めて行く事は可能です。なので運動はとっても大事です!
@Kmath3rgT7vLO0P

@@Kmath3rgT7vLO0P

RT @kisoei_bot: 基礎代謝量のうち、消費エネルギーが最も大きいのは代謝が盛んに行われる肝臓です。いつも頑張ってくれているんですから感謝してあげてください。
@baliusll_bot

@@baliusll_bot

EER★ 乳児:総エネルギー消費量+エネルギー蓄積量 小児:基礎代謝量×身体活動レベル+エネルギー蓄積量

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム