むくみ解消
  1. HOME
  2. むくみ解消
  3. コラム
  4. いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学」の食事法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
朝を楽しむ「朝美人アンバサダー」のみなさんに「お気に入りの朝の過ごし方」を教えていただく連載!今回は1回めのコラム「朝シャキッとしたい方にオススメ♪気分を高めてくれる「朝の儀式」」、2回めのコラム「“非日常感”を楽しもう♪シカゴの旅で見つけた私のお気に入り朝時間」に続き、山下枝利子さんの3回めのコラムです♪

おはようございます。朝美人アンバサダーの山下枝利子です。

暦の上ではもう春ですが、実際はまだまだ寒く、朝目覚めてからもなかなか布団から出られずにいる私です。皆さまはいかがでしょうか?

今日は、栄養士でベジフルビューティーアドバイザーの私が普段の食事でも意識している、カラダの調子を整えてくれる栄養学についてご紹介しますね。

何を、いつ、どのように、どれだけ食べる?

みなさんは、時間栄養学という言葉を耳にしたことや意識したことはありますか?初めて聞いた、と言う方もいらっしゃるかもしれません。

時間栄養学とは、「何を、どれだけ食べるか」ということに加え、「いつ」「どのように」食べるかという視点を取り入れる考え方です。

AM4:00〜PM12:00排泄の時間

朝方〜昼にかけて、体は老廃物を排出するための機能が一番高まっています。

朝ごはんは、まずフルーツから食べるのがオススメです。フルーツは、胃での消化がほとんどなく、20〜30分で小腸に届きます。私は、いろんな食事法を試し、一時期朝ごはんをフルーツだけにしていたこともありました。

フルーツに含まれる酵素やビタミン・ミネラルなどは、老廃物や毒素の排出力を高め、便秘やむくみ解消の効果があります。特に起床後、体が排泄を行う際、糖質と水分が一番必要となります。

果物には果糖、抗酸化作用の高いポリフェノールを多く含むことから、代謝を促進させます。便通を促す食物繊維も豊富ですので、フルーツは「排泄時間の朝」にはピッタリです。

いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学」の食事法とは

さらに、腸美人は肌美人といわれるほど、腸内環境と美肌作りは切ってもきれない関係にあります。

フルーツや野菜の栄養がたっぷり詰まったビューティージュースやグリーンスムージーなど液体にすると腸に吸収されやすいので、体内への吸収率がよりアップします。

酵素たっぷりのビューティージュースは、身体に溜まった老廃物や毒素の排出を促しながら、身体に必要な栄養を補給し、代謝をスムーズに高めます。

いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学」の食事法とは

とはいっても、寒い冬に冷たい果物やジュースはちょっと…と言う方や、朝は和食をしっかりと食べたい!と言う方もいらっしゃると思います。

そんな方は、ポタージュなどのあたたかいスープはいかがでしょうか。身体だけでなくココロもホッと温まりますよ。

フルーツと違って酵素は摂れませんが、体も温めますし、野菜もたくさん摂取できるので、個人的にはスープもオススメです。

いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学」の食事法とは

ご自身の体調や気分に合わせ、今何を欲しているのかを身体に聞いて、食事をチョイスしてみてくださいね。

身体を目覚めさせる為には、日光を浴びることも大切です。

いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学」の食事法とは

PM12:00〜PM8:00消化・吸収の時間

昼から夜にかけては、消化&吸収に一番エネルギーが注がれます。

胃腸が活発に動く時間帯なので、野菜やたんぱく質を中心にバランス良く、この間にしっかりと食事を取りましょう。

PM8:00〜AM4:00修復・再生の時間

この時間帯は、体の悪いところを治したり、新しい細胞やホルモンを作り出したりする時間です。

寝る3時間前には食事を済ませ、消化が終わった状態で眠りにつくのがベストです。

夜遅くの食事は、寝ている間も消化のために内臓が働いているので休まらず、本来の目的である細胞の修復や再生に十分なエネルギーを向けられなくなってしまいます。

もちろん、お肌にとっても、良いとはいえません。こう書きながら自分にも言い聞かせていたりするのですが…(笑)

私が特に意識をしていることは、野菜を多めにバランス良く食べること。

そして腹8分目!←美味しいものが多い季節。これがなかなかできません(笑)

夜8時以降はなるべく食べない!←これもなかなかできません(苦笑)

そして、どの時間帯の食事にも共通して大切なことは、明るい気持ちや楽しい環境で食べること♪

これは、体にとっても心にとっても一番の栄養と美容液なのではないかなぁと思ってます。実際に、楽しい環境での食事は消化吸収が違うことも体感しています。

***

以上、時間栄養学について書かせていただきましたが、いろんな食事法を試してきた私が思うことは、あまりにも極端な食事は別として、やはり食べたいときに食べたいものを食べるのが一番ということ。

その時にこういった理論的なことを少しでも知っているのとそうでないのとでは、体への影響も違ってくるのではないかなぁと思っています。

幸せになるための人生、楽しむための人生ですので、「〜しなくちゃ、〜でなければならない」よりも、「〜したい♪」が多い人生にしていきたいなぁと思うのです。

食事の話から大分スケールの大きな話になってしました(笑)が、何事もバランスが大切ですね♪

いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学」の食事法とは

個人差や人によって合うあわないがあると思うので、自分にとっての心地良さや喜びを基準に、取り入れていってもらえたら嬉しいなぁと思います。

私のInstagram(@eri_k_o_)でも、簡単に作れるスープレシピや朝食写真等を更新しておりますので、よろしければそちらもご覧くださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回ご紹介してくれた朝美人アンバサダーさん

いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学」の食事法とは

山下枝利子さん(栄養士/ベジフルビューティーアドバイザー)

保育園栄養士、大手食品メーカーにて分析業務を経験後、静岡、東京にてカフェに勤務。『美味しく食べて体の中からキレイに健康に』をモットーに、レシピ開発やコラム執筆、料理教室、ココロとカラダに優しい焼菓子やグラノーラの製作販売をしています。

1日の始まりが、より心地良くHappyになれるような情報をお伝えできればと思います。ライフスタイルを含めたレシピ本を出版するのがひとつの夢です。朝と朝ごはんが大好き。

■Instagram:@eri_k_o_

■Blog:https://ameblo.jp/peeeach04/

朝美人アンバサダー2018のみなさんのプロフィールはこちら>>(https://asajikan.jp/ambassador_2018)

いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学」の食事法とは 外部サイト 料理と写真が大好きな私が見つけた「朝ごはんの写真」をうまく撮るコツ 気軽に取り入れて快眠&キレイに。私の「アロマ」活用法 寝坊しちゃう方必見!休日の「朝ラン」を続けるコツ

スポンサードリンク

2019/02/19 04:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「いつ何をどう食べるべき?カラダの調子を整える「時間栄養学...」に関するコラム

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム