運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. ダイエットの秘訣「糖質+〇〇=痩せる?!」

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

ダイエットの秘訣「糖質+〇〇=痩せる?!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

痩せるためには、ずばり「エネルギー消費量が摂取エネルギー量を上回る」ことが必須です。

ダイエットの秘訣「糖質+〇〇=痩せる?!」

そのためのアプローチとして、

・食事制限をおこない、摂取カロリーを少なくする

・有酸素運動をおこない、消費カロリーを増やす

大きく分けると、上の食事と運動の2つになります。

・合わせて読みたい→
夜遅く食べても太らない?!夜遅い食事で守るべき3つのルール(https://cocokara-next.com/food_and_diet/eat-late-at-night-st/)

ダイエットの秘訣「糖質+〇〇=痩せる?!」


食事における注意点として、

・野菜、海藻類、きのこ類などを積極的に摂り、栄養バランスの良い食事

・過剰な脂質、糖質、アルコールを避けた、低カロリーの食事

これを最低限守った食事を続けていると、身体の変化として表われてきます。

ここで1点、更に痩せるための重要なポイントがあります。

・糖質+ビタミンB1を一緒に摂取する

糖質をエネルギー源として燃焼する過程で、ビタミンB1が使われます。

糖質過多な日は、豚肉、緑黄色野菜、大豆製品も併せて摂る必要があります。

ダイエットの秘訣「糖質+〇〇=痩せる?!」

ビタミンB1は、痩せるためにとても大切です。

しかし、大切なビタミンB1を欠乏させてしまう習慣があります。

・お菓子、清涼飲料水による糖分の過剰摂取

痩せるうえで、お菓子等の間食は非常に危険です。

エネルギーになりきれない糖分は、脂肪として蓄えられていきます。

間食の際は、ビタミンB1を含む、且つ低カロリーのものを選べると良いかと思います。

[記事提供:芸能人が日本一通うAppleGYM(アップルジム)https://applegym.jp/]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ダイエットの秘訣「糖質+〇〇=痩せる?!」 外部サイト こんなところにも嬉しい効果が!りんごの効果効能 糖質制限ダイエット後、リバウンドを防ぐ方法 食べ過ぎた日のリセットにも!カシコク使いたい低糖質商品4選 日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

スポンサードリンク

2019/03/15 12:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「ダイエットの秘訣「糖質+〇〇=痩せる?!」」に関するコラム

「ダイエットの秘訣「糖質+〇〇=痩せる?!」」に関する評判

@ajckbn6

@@ajckbn6

ビタミンB1欠乏は、赤血球のトランスケトラーゼ活性によって評価する。 ビタミンB1はトランスケトラーゼの補酵素である。そのため、不足するとトランスケトラーゼ活性は低下する。
@CBT_reminder

@@CBT_reminder

ビタミンB1→ピルビン酸の脱炭酸反応に必要(脚気,ウェルニッケ脳症) ビタミンB2→酸化還元反応の補酵素(口角炎) ビタミンB6→アミノ酸の代謝に関わる補酵素(貧血,多発性ニューロパチー) ビタミンB12→水素の移動,メチル基の移動を伴う酵素反応の補酵素(悪性貧血)
@rika76460927

@@rika76460927

ビタミンB群には、8種類の水溶性ビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、
@sobaya_no_bot

@@sobaya_no_bot

蕎麦は穀類の中では、ビタミンB1、B6、ナイアシン、パントテン酸等を多く含みます。ビタミンBは疲労回復に有効。荒れた皮膚の改善も。#soba #蕎麦
@11aoiwhale13

@@11aoiwhale13

髪の毛にはビタミンDや食物繊維が多く含まれています。みみたぶにはコラーゲン、ビタミンAが多く含まれます。おしりは脂質が多いですが、ビタミンB1をはじめとしたビタミンB群およぶ鉄分が特に多く含まれています。なお、これらの栄養素は例えばおしりをチューっと吸うだけで摂取できるのです
@sobaya_no_bot

@@sobaya_no_bot

蕎麦には非常に豊富なビタミンB群が含まれています。ビタミンB1は、お米の4倍、小麦粉の2倍。食欲不振、心臓病予防効果。ビタミンB2も、お米の4倍以上。動脈硬化予防、高血圧解消、皮膚や粘膜を正常に保ち美肌効果。また、肝臓の保護・強化を担うコリンと言うビタミンの一種も含んでいる。 #soba #蕎麦
@knkuztgk

@@knkuztgk

ビタミンB1 成人の摂取目安量は1日1.0mgです。ビタミンB1が不足すると食欲がなくなったり、疲れやすい、だるいなど夏バテのような症状になります。さらに不足すると倦怠感・手足のしびれ・むくみなどから始まり・末梢神経の麻痺や心臓衰弱になります。
@ym_1_1

@@ym_1_1

【ビタミンB1】炭水化物をエネルギーに変えるビタミンです。糖質を栄養源としている脳神経系の働きや皮膚・粘膜の健康維持にも関係しています。不足すると疲労しやすくなり、糖質をエネルギーに変えられず太りやすくなるといわれています。ビタミンB1は胚芽米や玄米、豚肉に多く含まれています。
@TokyoCozy_bot

@@TokyoCozy_bot

アルコールが長年蓄積した老人様痴呆は治療が困難だが、急性の錯乱状態、記憶障害の場合は、ビタミンB1が奇跡的な効果を示すことがままある。備えあれば憂いなし。酒量の多い人は、常日頃からビタミンB剤を服用しておくようにしよう。
@ajckbn6

@@ajckbn6

ビタミンB1欠乏は、赤血球のトランスケトラーゼ活性によって評価する。 ビタミンB1はトランスケトラーゼの補酵素である。そのため、不足するとトランスケトラーゼ活性は低下する。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム