食事によるダイエット
  1. HOME
  2. 食事によるダイエット
  3. コラム
  4. ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは (全2枚)

疲れた時に甘いものやおいしいものをお腹いっぱい食べると癒されたり満足することありますよね?そんな気持ちから食べ過ぎてしまうと、太ったり、他の病気の原因になったりすることもあります。わかっているのにやめられない、そんな過食の背景にはやっぱりストレスがあります。そこで、過食とストレスの関係、そしてその対策についてまとめてみました。

ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは

・合わせて読みたい→
人間関係だけではない意外に気づかないストレス要因とは(https://cocokara-next.com/stress/stress-factors-unaware/)

ホルモンが原因?ストレスを感じたらお腹がすく理由


胃腸が食べ物を消化するのにだいたい4〜7時間かかると言われています。

したがって、そのくらいの時間を空けたときにお腹がすくのは、人間の身体にとってごく普通のことと言えます。

しかし、ストレスを感じたとき、もっと頻繁にお腹がすいたり、普通の量を食べたはずなのに、食べたりないなんてことありますよね?

その大きな原因は、ホルモンにあると考えられています。空腹に関係するホルモンは、「グレリン」と「コルチゾール」です。

「グレリン」は、主に胃内分泌細胞で作られ、成長ホルモンの分泌などを促す重要な役割を果たしていますが、同時に、食欲増進、脂肪の蓄積による体重増加などの働きを持っています。

もう一つの「コルチゾール」は「ストレスホルモン」とも呼ばれていて、血糖値や血圧を上昇させたり、免疫力を低下させたりする働きがあります。

しかしその一方で、過剰に分泌されてしまうと、食欲を抑えるセロトニンの働きを妨げてしまうことがあるのです。

ストレスを感じると、それに耐えられるよう身体の機能を調節するため、グレリンやコルチゾールが分泌されます。

それによって、食欲が増してしまった結果、食べ過ぎてしまうのです!

「ちょっと食べ過ぎた…」が過食症になる危険が

ストレスを感じてしまった結果、たまに食べ過ぎることは仕方がないことなのかもしれません。

しかし、わかっていても過食が続いたり、体重が急に増えてきたりしたときには、注意が必要です。

体重増加は、糖尿病をはじめとした生活習慣病の温床になります。

また、意図しない過食や体重増加は、自己コントロールに対する自信を失わせ、精神的にも別のストレス要因になってしまいます。

さらに、食べ過ぎた分をどうにかしようと、極端に食事の量を抑えたり、自分で嘔吐したり、下剤を飲んだりすることが重なると、深刻な摂食障害である過食症に陥ってしまうことがあります。

過食症に陥ると、消化器をはじめ身体に大きな負担がかかるほか、その治療には専門医の助けが必要であり、完治まで長い時間がかかるのが通常です。

また、過食症は症状が進むとうつ病を併発することも多く、自分の心身だけではなく、仕事や人間関係にも悪影響が出てしまいます。

最近ストレスによる食べ過ぎが重なって過食症の可能性があるかも、と少しでも思うところがある人は、ダイエットよりも、早めに専門医に相談した方がよいでしょう。

「ストレス→過食」の流れを断ち切るための対策

そうは言うものの、ストレスを感じやすい日々の生活のなか、食べ過ぎをやめたくてもなかなかやめられない。そういう人も多いかと思います。

そこで、食べ過ぎに陥らないようにする対策について、いくつか紹介します。

・できるだけ誰かと一緒に食事を摂るようにする
誰かと一緒に食事をすると、量やペースについて、ある程度相手と合わせることになります。また、親しい友人や知人なら、過食に陥りそうな自分を抑えてくれるでしょう。
このように、他人の目を意識することで、食べ過ぎを防ぐことができます。

・食事に本当の幸せを感じられるようにする
過食しがちなときは、どうしてもジャンクフードや手軽なおやつに偏りがちです。
しかし、食事とは、栄養面を補うことはもちろん、それ自体を楽しむこともできるもののはず。例えば、過食しがちな時は、普段よりもちょっと高価で、量の少ないものを食べるなど。
また、舌だけでなく、目で味わい、香りを楽しむ、食器や雰囲気にこだわるなど、五感をフルに活かして楽しめるようにすれば、食事でストレスを解消することもできるでしょう。

・太陽の光を浴びる
食欲を抑える働きをする体内物質であるセロトニンは、太陽の光を浴びることで活性化され、より多く分泌されます。
普段は仕事で忙しいかもしれませんが、ランチ時に外出したり、休日には外に出る習慣をつけたりするなど、太陽の光を意識して浴びるようにしましょう。

・ストレスをこまめに解消する
ストレスによる過食には、やはりストレス対策が重要です。好きな音楽を聴いたり、入浴したり、友達とおしゃべりしたり、ストレス解消方法を把握しておき、ストレスを感じたときに「食べる」以外の方法を選択するようにしましょう。

食事だけでなく、睡眠や、早寝早起きなど、規則正しい生活習慣も、ストレスを溜めないコツです。

[文:ストレススキャン編集部]

「スマホで簡単にストレスをチェックできるアプリ-【ストレススキャン】-(https://stress-scan.com/)」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは 外部サイト 挨拶しても無視する人がいる場合、どうしますか? 職場の飲み会に参加するのが苦痛…対処法は? 職場に嫌いな人がいてストレス…対処法は? 日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

スポンサードリンク

2019/03/19 08:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは」に関するコラム

「ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは」に関する動画

  • 【1分】脂肪燃焼!ストレス発散!
    【1分】脂肪燃焼!ストレス発散!youtubeアップしました‼チャンネル登録お願いします🤲「筋トレ女子かよこ」で検索して下さいパーソナルトレーニングジムTODAY@tanaka1126yuj...

「ストレスによる過食はどうして起きるの!?すぐできる対策とは」に関する評判

@jyoshi_beauty

@@jyoshi_beauty

お腹が減ると、グレリンというホルモンが分泌されます。そして脳から成長ホルモンを分泌させ肌や内臓を修復します。さらにお腹がグーグー鳴ることにより若返り遺伝子のサーチュイン遺伝子が活性化されて様々な器官を若く保つことができます。
@zzz08172967

@@zzz08172967

睡眠が不足すると、食欲を増進させる働きを持つペプチドホルモンに「グレリン」が増加する傾向にあるため、睡眠不足のひとは太りやすいと言われています。
@ooeeuei286ab

@@ooeeuei286ab

睡眠が浅いと太りやすい。食欲を増加させるペプチドホルモンに「グレリン」が増加する傾向にあるため。何言ってるか分からないって?太りたくなかったら正しく寝ましょうということです。
@rituritu0802

@@rituritu0802

「慢性的な睡眠不足に陥ると、食欲を抑制するレプチンというホルモンが減少し、一方、食欲を増進させるグレリンというホルモンは増える。
@nakamura19441

@@nakamura19441

21時以降空腹にならない方法。睡眠時間が不足し疲れが取れない状態では欲求を抑えるレプチンというホルモンの機能が低下し、空腹感を与えるグレリンの活動を活発にしてしまうそうです。だから、寝る!
@eiyo_toratora

@@eiyo_toratora

『グレリン』絶食時に胃から分泌される。下垂体に働き成長ホルモン(GH)の分泌を促進し、視床下部に働いて 食欲を増進させる。
@soichinakatake

@@soichinakatake

断食の日は、朝、昼食を食べないのは平気ですが、夜は空腹感に襲われます。でも、夕食を食べないことは、断食の日じゃなくても難しい。空腹ホルモンであるグレリンは、習慣性があるらしいので、それも関係するでしょう。その空腹を乗り切れば、また空腹感は感じなくなります。
@D_kokusi

@@D_kokusi

消化管ホルモン ・GIP:十二指腸、空腸のK細胞から分泌。胃酸、ガストリン分泌抑制、胃の運動抑制 ・モチリン:十二指腸、空腸のEC細胞から。胃腸の運動性促進 ・グレリン:胃から。摂食促進 ・ソマトスタチン:膵臓(δ細胞)、腸から。ガストリン、セクレチン分泌抑制、消化管の運動性抑制
@rituritu0802

@@rituritu0802

「慢性的な睡眠不足に陥ると、食欲を抑制するレプチンというホルモンが減少し、一方、食欲を増進させるグレリンというホルモンは増える。
@Okiniiriboot

@@Okiniiriboot

空腹時に胃が分泌するグレリンというホルモンは、脳で記憶をつかさどる海馬に直接働きかけ活性化する。よって勉強をする時は空腹状態を保つほうがいい。

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム