セルライトの除去
  1. HOME
  2. セルライトの除去
  3. コラム
  4. 美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう (全10枚)

裏ももにある筋肉「ハムストリングス」。鍛えれば美尻に美脚と女性にうれしい効果があります。今回はハムストリングスの鍛え方をご紹介しますので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

太ももが太い、お尻が垂れる、セルライトがひどい!と悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?それらの原因はもしかしたら太ももの裏にある筋肉「ハムストリングス」が弱っているからかもしれません。

今回は美脚や美尻に影響するハムストリングスについてご紹介します。

ハムストリングスとは?

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.

ハムストリングス(ハムストリング、裏もも)とは「太ももの裏にある3つの筋肉」の総称の事です。「半膜様筋(はんまくようきん)」「半腱様筋(はんけんようけん)」「大腿二頭筋(だいたいにとうきん)の3つで構成されています。

主に膝を曲げるときに使われるのですが、「太ももやお尻の形」にも大きく影響する筋肉です。普段の生活では、前屈のときや歩行時などによく使われます。

ハムストリングスが弱いと

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.

ハムストリングスの筋肉が弱いと、どのようなデメリットがあるのでしょうか?ご紹介します。

1.腰痛の原因

ハムストリングスを使わないでいると固くなります。固くなってしまうと、前傾姿勢のときにハムストリングスがじゃまして、骨盤が前傾できなくなってしまうのです。そうなると腰の角度と骨盤の角度にズレが生じ、「腰痛を引き起こす」と言われています。

2.お尻の形が悪く見える

ハムストリングスはお尻と太ももの境界線をつくる効果があります。弱くなると「お尻が垂れて」いるように見えてしまうのです。

3.脚が太くなる

血流が悪くなり、「むくみやセルライト」が発生して脚が太く見えます。脚を引き締めたい人はまず、ハムストリングスを鍛えて血流を改善する事からはじめてみましょう。

ハムストリングスを鍛えるメリット

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.

ハムストリングスは見えない場所なので軽視しがちですが、実は美容にはかかせない筋肉なのです。鍛えるメリットをご紹介します。

1.太ももの引き締め

前ももと裏ももの筋肉のバランスがとれると、全体的に「引き締まって見えます」。逆にヒールを履いているときのように膝を曲げて歩く人は、前ももばかりが発達して脚全体が太く見えてしまうのです。

2.美尻効果

お尻と太ももの境界線がハッキリしますので、「美尻効果と脚長効果」が期待できます。ハムストリングスが弱いと、お尻が垂れて大きく見えてしまうのです。

3.セルライトの除去

セルライトやむくみなど、太ももの裏は老廃物が溜まりやすい部位です。ハムストリングスを鍛える事で血流が促進されて「老廃物が流されます」。リンパマッサージも併用するとより効果的です。

ハムストリングスの鍛え方

ハムストリングスは膝を曲げる動作のときに刺激が入ります。どの種目も太ももの引き締めとヒップアップ効果が期待できますので、やってみてくださいね!

1.ヒップリフト

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.膝を立てて仰向けになります。腕は身体のすぐ横で真っすぐ伸ばしましょう。太ももとラインが揃うまでおしりを持ち上げます。このとき床についているのは脚の裏、背中上部、腕、後頭部だけです。3秒キープします。ゆっくり降ろします。床にはつけないようにしてください。繰り返します。

ヒップアップと太ももの引き締めに効果的です。お尻の筋肉の動きを意識しながらやってみてください。

2.レッグカール

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.脚を伸ばしてうつ伏せになります。手は自由ですが、顔の下がいいでしょう。脚先で水入りペットボトル挟みます。膝を曲げてペットボトルを90度まで持ちあげます。床につかないようにゆっくり降ろします。繰り返しましょう。

ハムストリングスを集中して鍛えられます。太もも全体の引き締めに効果的です。

3.ブルガリアンスクワット

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.椅子から一歩前に立ちます。腕は胸の前で組みます。右脚のつま先は椅子の座面に乗せましょう。左膝がつま先より前にでないように、膝を80〜90度まで曲げていきます。左脚の力で立ち上がります。15回以上やったら右脚も同じようにやってみてください。

少し難易度は高いかもしれませんが、美脚のための筋肉のほとんどを鍛える事ができます。

4.ワンレッグデッドリフト

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.背筋を伸ばし立ちます。左右の手には水入りペットボトルを持ちましょう。右脚をお尻の高さまで上げると同時に、上半身も床と平行になるまで倒します。腕は肩の下に自然に降ろしておきましょう。くれぐれも背中が丸まらないようにしてくださいね!脚を戻すと同時に上半身も起こします。左脚もやってみましょう。

ヒップアップと脚の引き締め以外にも、背中のバランスを保つ筋肉が鍛えられます。姿勢改善や腰痛にも効果的です。

5.ワイドスクワット

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.背筋を伸ばし脚を肩幅より広く開きます。つま先は45度。腕は前に伸ばすか頭の後ろで組みましょう。膝がつま先より前に出ないように、ゆっくり膝を曲げていきます。お尻を後方に突き出しながらやると、ヒップアップに効果的です。膝を80〜90度まで曲げたら1秒停止して、すばやく起き上がります。内股にならないように意識しましょう。繰り返します。

ヒップアップと太ももの隙間づくりに効果的です。足全体の筋肉バランスも整うので、メインでやってみてくださいね!

美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう 出典:GODMake.

ハムストリングスは美を求める女性にとって欠かせない筋肉です。普段あまり歩かない人、ヒールをよく履く人は特に意識して鍛えてみるといいかもしれません。

普段あまり使わないからこそ効果が実感しやすくなりますので、ぜひ鍛えてみてくださいね!

スポンサードリンク

2019/03/24 16:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう」に関するコラム

「美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう」に関する動画

「美脚に美尻も!ハムストリングスを鍛えよう」に関する評判

@muscle_brawn_

@@muscle_brawn_

スクワット(大腿四頭筋・ハムストリングス・大臀筋) 注意点、背筋はまっすぐ、で膝はつま先より前に出さない、膝とつま先の方向は一緒。
@broken_wings000

@@broken_wings000

加えて右足のハムストリングスも筋肉痛でドラムメィニアのバスドラが踏めない案件
@okugawaseitai

@@okugawaseitai

通常の股関節伸展時の股関節周囲筋の収縮の順番は、ハムストリングス→大臀筋→同側脊柱起立筋といわれていますが、大臀筋が弱化していますと脊柱起立筋が先に収縮すると言われています。『股関節伸展時の代償動作の見分け方』 ⇒ amba.to/SEPgzP
@umeboshi9999

@@umeboshi9999

拮抗筋の具体例 ①肩甲骨系「胸(大胸筋)と、背中(広背筋、僧帽筋)」のバランス ②骨盤系「太もも(大腿四頭筋)と、もも裏(ハムストリングス)」 この肩甲骨と骨盤の二箇所のパワーバランスが崩れすぎないようにすると姿勢が良くなります。大抵の人は身体の裏側がおろそかになりがちかと思います。
@yms15gyan

@@yms15gyan

返信先:@PcloveRj ハムストリングス知らないのか?( ̄▽ ̄;) 焼肉は僕は日曜に食べてくるわーw お腹すいたよね、僕はまだ働くわ
@yms15gyan

@@yms15gyan

ジムでハムストリングスやふくらはぎの筋肉を鍛えてきたら、歩くのが楽になったり、バランス取りやすくなった気がする。コスプレ筋やね。
@YaMaTaRoo

@@YaMaTaRoo

今日は秋に100マイルのトレイルレースに挑戦する友人の身体をチェックさせてもらいました。 ●既往歴 ・右シンスプリント ・左腸脛靭帯炎 ・左ハムストリングスの張り ●気になるポイント ・片足スクワットでのknee-in/toe-out ・両足背屈制限/しゃがみこみ制限(右>左) ・脛骨内彎/外旋 (右>左) pic.twitter.com/tcb2zfi4Rd
@ohzappamuchi

@@ohzappamuchi

未だかつてないくらいハムストリングスがムキムキなのに体重が減らない
@DLGXXX

@@DLGXXX

ヤバイ…ハムストリングスと中臀筋がお葬式だ⚰
@unnyou15

@@unnyou15

返信先:@mizu_0313 股関節伸展とハムストリングスには自信あるんでその点は大丈夫です!

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム