運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. 【バズーカ岡田の最強の筋肉ゼミ2限目】1日何キロカロリーな...

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

【バズーカ岡田の最強の筋肉ゼミ2限目】1日何キロカロリーなら食べても痩せられますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
【バズーカ岡田の最強の筋肉ゼミ2限目】1日何キロカロリーなら食べても痩せられますか? (全2枚)

連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」2限目

「THEANSWER」の連載「骨格筋評論家・バズーカ岡田の『最強の筋肉ゼミ』」。現役ボディビルダーであり、「バズーカ岡田」の異名でメディアでも活躍する岡田隆氏(日体大准教授)が日本の男女の“ボディメイクの悩み”に熱くお答えする。2限目のお題は「カロリー」について。

◇◇◇

Q.1日何キロカロリー食べれば本当に痩せられるのか教えて!

大原則として「何キロカロリーなら、食べても痩せられる」という数値はありません。完璧な数値を求めるだけムダです。

体脂肪(体重)を落としたい時、一般的な計算式で自分の基礎代謝量を算出するところから始まり1日の消費カロリー全体を計算。そして、食べた物から摂取カロリーを計算し、それらを比べるのは、ダイエットの王道的な方法です。

しかし、このような一般的な数値を守って進めても、うまくいかないことが多いのが現実。人間の体は、人それぞれ異なります。カロリーの低いものを食べた方が太りにくいとはいえますが、同じカロリーを摂っても、太る人、現状維持の人、痩せる人がいるのが当たり前です。そして食べ物も元は生き物ですから、どれだけの栄養素やカロリーを持っているかなど、誰にも正確にはわかりません。

そこで、基準になるのは今の食生活。何をどれだけ食べると、体重・体脂肪が、増えるのか、減るのか、それともステイなのか。そのように日々、自分の体に起こる変化が唯一、目安になります。

体脂肪を落とすのは“摂取カロリーを減らす”だけが手じゃない

私自身の体で説明しましょう。ボディビルの大会に向けた減量期、私の1日の摂取カロリーは3000〜3500kcalです。一方、特に減量をしていない今は、2000〜2500kcalと、減量期よりも大分少ない。それは何故か?減量中の方が、激しい筋トレをするため、食べても太れないからです。同じ人間の体でも、そのときの生活次第で、体に必要なカロリーはこれだけ変わってしまいます。

痩せるか太るかの決め手は結局、摂取エネルギーと消費エネルギーの収支バランスです。しかし、それぞれの絶対値を持って論じてもあまり意味はありません。もちろん、トップアスリートのようにほんの僅かであっても情報を得たい人たちであれば、カロリーを計算して「参考」にするのも有効です。ただ、一般の人の場合、計算する努力と得られる成果が噛み合わないことが多い。であれば、面倒なカロリー計算をしなくても、今の生活から運動をプラスするか、食事をマイナスにするだけで十分なのです。

また、カロリーの数値にこだわりすぎて、日ごろから小食の人が減量しようとすると、本当に何も食べられなくなります。

体脂肪を落とすには、何も摂取カロリーを減らすだけが手ではありません。筋トレで運動を増やし、食べる量も増やして筋肉をつけ、エネルギー消費のベース(基準)を上げるのも一つの手。もちろん筋トレでもエネルギーは消費できますし、筋肉を増やせば代謝の良い体=消費エネルギーの多い体が出来上がります。そうやって、食べて消費できるような生活を作ってから、減量に入る。つまり、ヤセの大食いを目指すのです。

カロリーという数値にしばられ、食べられない苦しみを味合わっていては、結局、減量は続きません。すると結果も得られません。特に、そもそも小食の人は、食事を減らすことは後回しでいいくらいです。運動を取り入れつつ、自分の体の変化をモニタリングしながら、ぜひ、自分にあった食事量を見極めてください。(長島恭子/KyokoNagashima)

長島恭子
編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビューや健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌などで編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(共に中野ジェームズ修一著、サンマーク出版)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、サンマーク出版)、『カチコチ体が10秒でみるみるやわらかくなるストレッチ』(永井峻著、高橋書店)など。

岡田隆
1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では、柔道7階級のメダル制覇に貢献。大学で教鞭を執りつつ、骨格筋評論家として「バズーカ岡田」の異名でテレビ、雑誌などメディアでも活躍。トレーニング科学からボディメーク、健康、ダイエットなど幅広いテーマで情報を発信する。また、現役ボディビルダーでもあり、2016年に日本社会人ボディビル選手権大会で優勝。「つけたいところに最速で筋肉をつける技術」「HIIT体脂肪が落ちる最強トレーニング」(ともにサンマーク出版)他、著書多数。「バズーカ岡田」公式サイトでメディア情報他、日々の活動を掲載している。

スポンサードリンク

2019/04/15 11:53

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「【バズーカ岡田の最強の筋肉ゼミ2限目】1日何キロカロリーな...」に関するコラム

「【バズーカ岡田の最強の筋肉ゼミ2限目】1日何キロカロリーな...」に関する評判

@okadatakashi_AT

@@okadatakashi_AT

バズーカ 岡田隆 公式ブログを更新しました。 『告知』 ameblo.jp/takashi-okada/…
@yaramaika

@@yaramaika

② この商品を監修したバズーカ岡田こと日本体育大学"岡田隆"准教授とのトークセッション。 この商品、2月まで私が在籍していたインセル株式会社でメンバーと一緒にプロデュースした商品なんです。
@JudoJournal

@@JudoJournal

【バズーカ岡田の最強の筋肉ゼミ2限目】1日何キロカロリーなら食べても痩せられますか?(THE ANSWER) - Yahoo!ニュース 岡田 隆 1980年、愛知県生まれ。日体大准教授、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、理学療法士。16年リオデジャネイロ五輪では… #柔道 headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…
@poplarbooks1

@@poplarbooks1

RT @DT_humanity: 【イベント】4/30(火)19:00〜 人生最高のボディメイクの実現に導く『無敵の筋トレ食』 今より食事を質の良いものにかえる為に必要な知識、続けるためのコツを『無敵の筋トレ食』の著者でバズーカ岡田こと日体大准教授の岡田隆さんに伺います。 ht…
@VITUPofficial

@@VITUPofficial

昨日は #日体大バーベルクラブ を取材させていただきました! VITUP!は今年、学ボをさらに応援してきます! @nssu_bbc #学生ボディビル #学ボ #日体大 #学ボ #岡田隆 #バズーカ岡田 pic.twitter.com/QQreByJVbe
@DT_humanity

@@DT_humanity

【イベント】4/30(火)19:00〜 人生最高のボディメイクの実現に導く『無敵の筋トレ食』 今より食事を質の良いものにかえる為に必要な知識、続けるためのコツを『無敵の筋トレ食』の著者でバズーカ岡田こと日体大准教授の岡田隆さんに伺います。 store.tsite.jp/item-detail/hu…
@speakers_jp

@@speakers_jp

RT @okadatakashi_AT: バズーカ 岡田隆 公式ブログを更新しました。 『ご報告&広報』 ameblo.jp/takashi-okada/…
@okadatakashi_AT

@@okadatakashi_AT

バズーカ 岡田隆 公式ブログを更新しました。 『ご報告&広報』 ameblo.jp/takashi-okada/…
@okadatakashi_AT

@@okadatakashi_AT

バズーカ 岡田隆 公式ブログを更新しました。 『ご報告&広報』 ameblo.jp/takashi-okada/…
@teranish

@@teranish

RT @nikkeihealth: AmazonファッションウィークTOKYOのランウェイに日経ヘルスでもおなじみ、骨格筋評論家「バズーカ岡田」こと日本体育大学准教授 岡田隆さんが登場!昨年フィットネスビキニの全日本選手権10位に輝き、今春日体大を卒業した三井すみれさんと一緒の…

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム