運動によるダイエット
  1. HOME
  2. 運動によるダイエット
  3. コラム
  4. ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ

人気ダイエットコラム

スポンサードリンク

ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む
ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ (全2枚)

仕事や家事、育児に追われて、なかなか運動できない……という人も多いですよね。でも日頃のちょっとした運動は、ダイエットだけでなく、脳にもうれしい効果があります。運動がもたらす脳へのうれしい効果を3つ、あすけん栄養士がご紹介します。

・合わせて読みたい→
脳にゴミが溜まる!?その対処方法とは(https://cocokara-next.com/fitness/garbage-to-the-brain-st/)

運動を続けることで得ることができるうれしい効果とは?


1.運動をすると「幸せホルモン」のセロトニンが出る
リズムが一定の運動を毎日20分以上行うことによって、セロトニンという幸せホルモンの分泌が多くなります。セロトニンは心のバランスを整えてくれるので、気持ちよく仕事や家事、育児に集中することができます。
●まずはウォーキングから
運動を始めようと思ったら、まずは有酸素運動のひとつであるウォーキングから始めてみましょう。ウォーキングを行う上でのポイントは2つ。歩くことに集中することと、20分以上継続して行うことです。これを3か月間継続して行うと、セロトニンが出やすい体質になります。

2.中高強度の運動で脳の神経細胞を強化!
ある程度の強度がある運動を続けることにより、脳の神経細胞が強くなります。自分の体力に合ったものから始めてみましょう。
●ジョギング
中強度の運動として、ジョギングを20分以上行うことをおすすめします。ウォーキング同様、走ることに集中することがポイントです。
●高強度の運動
ジョギングも出来るようになったら、さらに高強度の運動がおすすめです。ランニングや200mダッシュ・インターバルトレーニングなど、かなりきついと感じる運動です。これらの高強度の運動は、脳の再構築などの効果がさらに期待できます。
ただ、高強度の運動は2日連続して行わないように注意しましょう。神経細胞を強化するためには、回復の時間も必要です。

3.脳が活性化!記憶力もアップ
運動は続けることも大切ですが、時間や環境も大切です。
●午前中に運動を行う
運動をすると、脳の血流がアップし、思考力や集中力が飛躍的に高まります。その運動を午前中に行うと、脳が最も活性化している時に仕事を始めることができます。
●室内よりも自然の中で運動をする
自然の中で運動をすると、視覚・嗅覚・触覚・聴覚が刺激され、脳がより活性化します。その結果脳細胞を増やすことができ、記憶力・実行力・集中力を高めることができるのです。朝に20分以上、自然の中でウォーキングから始めるのはいかがでしょうか?
●複雑な動きの全身運動
ヨガやピラティス・エアロビクスや太極拳などの複雑で全身を使う運動を行うことにより、脳の活性化が期待できます。これらの運動は体をリラックスさせる効果も期待できるので、無理なく続けることができますよ。

それでもなかなか運動を続けにくいという方には、あすけんアプリをはじめ、運動を記録できるさまざまなアプリが出ています。仲間と励ましあい、楽しみながら続けることができますので、これらを上手に活用しつつ、ダイエットや脳のために運動を始めてみましょう。

脳の健康のために食事だけでなく、運動にも目をむけてみてはいかがでしょうか?

「あすけんダイエット-栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ 外部サイト やめられない!甘いお菓子の食べ過ぎを防ぐためには 仕事中にリフレッシュ!ストレス対策におすすめの間食5つ 知っておきたい!コーヒーのメリットとデメリット 日々快適に、そして各々が目指す結果に向けてサポートするマガジンとして、多くの方々の「ココロ」と「カラダ」のコンディショニングを整えるのに参考になる媒体(誌面&WEB)を目指していきます。

スポンサードリンク

2019/05/15 21:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 後で読む

「ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ」に関するコラム

「ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ」に関する動画

「ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ」に関する評判

@ri_na_o_

@@ri_na_o_

★ウォーキングは脳も活性化してくれます。歩き始めて15分以上経過すると、幸せを感じる脳内物質「セロトニン」が分泌され、少々の落ち込みも解消し、すっきりリフレッシュします。
@qbutu

@@qbutu

ゆっくり休むことも大事なんだけど、できたら週に3~4日、30分から1時間くらいかけて有酸素運動をすることもセルフケアとして重要だよ。セロトニンやノルアドレナリンといった大事な脳内物質の分泌が促されるからね。音楽を聴きながらのウォーキングなんかいいんじゃないかな。
@hona19900202

@@hona19900202

【痩せるための地道な努力】 ①お腹が空いたら歯みがき ②筋トレ、ウォーキングなどをしてセロトニンを分泌させる ③お腹が空いたらシュガーレスガムを噛む ④グレープフルーツの香りを嗅ぐ ⑤睡眠をたっぷりとる 朝食抜きは太る!
@ti57402414

@@ti57402414

返信先:@Lion_oreyade ウォーキングだけたまにしますが、気持ちが楽しくなって心が楽になります。これってセロトニンですよね〜?
@rika_40mens

@@rika_40mens

【ウォーキングの効果】 1、2、1、2、とリズミカルに歩くことで、ハッピーホルモン「セロトニン」が分泌。 気持ちが前向きになります! また、セロトニンは、睡眠ホルモン「メラトニン」の原料。 夜ぐっすり眠れるようになり、美容にもGOOD♪
@qbutu

@@qbutu

ゆっくり休むことも大事なんだけど、できたら週に3~4日、30分から1時間くらいかけて有酸素運動をすることもセルフケアとして重要だよ。セロトニンやノルアドレナリンといった大事な脳内物質の分泌が促されるからね。音楽を聴きながらのウォーキングなんかいいんじゃないかな。
@KaseZirou

@@KaseZirou

今日は、梅雨の合間のいい天気です。 セロトニンアップ日和です。 ウォーキングなど、いかが~? pic.twitter.com/1yjDXRotuX
@kennkouiinnkai

@@kennkouiinnkai

メンタルヘルスに大切な「セロトニン」は、ウォーキングなどの軽い運動や腹式呼吸を行うことや朝日を浴びることでも分泌を増やすことから、早寝早起きを心がけ、朝30分程度の散歩をすることは心身ともに一石二鳥な生活習慣だといえます。
@MedicalHerbSt

@@MedicalHerbSt

セロトニンを増やす矯めにはできれば朝から午前中の陽に当たることとリズム運動(ウォーキング、体操、打楽器演奏)が有効だと言われている。 #メディカルハーブ
@renai_sin

@@renai_sin

☆痩せるための地道な努力 ♪☆ ①お腹が空いたら歯みがき ②筋トレ、ウォーキングなどをしてセロトニンを分泌させる ③お腹が空いたらシュガーレスガムを噛む ④グレープフルーツの香りを嗅ぐ ⑤睡眠をたっぷりとる

「ダイエットだけじゃない!運動がもたらす脳へのうれしい効果3つ」に関するキーワード

お腹・小顔ダイエット研究所 でとらぼ

お腹・小顔ダイエット研究所で肥満解消してダイエットの悩み解消 当サイト、お腹・小顔ダイエット研究所「でとらぼ」は酵素ダイエット、太ももダイエット、炭水化物ダイエット、骨盤ダイエットなど、食事レシピやサプリから運動に至るまで様々なダイエットに関する情報を口コミやニュース、動画、芸能人などのブログや日記から取得してダイエット速報としてお届けしております。

ダイエット情報の新着コラム